REVIEW

コロニアの子供たち

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『コロニアの子供たち』

物語の舞台は1989年のチリにある“コロニア・ディグニダ”(現在名:ビシャ・バビエラ)。このコミュニティは元ナチス党員でキリスト教バプテスト派のパウル・シェーファーによって作られました。“コロニア・ディグニダ”については、Netflixでもドキュメンタリーシリーズ『コロニア・ディグニダ チリに隠された洗脳と拷問の楽園』が配信されています。Netflix上の同作についての情報によると、パウル・シェーファーは、第二次世界大戦後にドイツで青年の家を作り性的虐待で訴えられ、チリへ逃れて、“コロニア・ディグニダ”を創設したとあります。
話を本作に戻します。本作の主人公は12歳の少年パブロ。彼は奨学生として“コロニア・ディグニダ(以下、コロニア)”に迎え入れられます。一見、楽園のように見えるこの場所がまさか恐ろしい場所だとは知らず、パブロは好奇心満々です。一方、コロニアにいる他の少年や大人達はコソコソ、オドオドしています。そして、不可解な状況をいくつも目にしたパブロはコミュニティの中をいろいろ探っていきます。
本作は実話をベースにしています。“コロニア・ディグニダ”(現在名:ビシャ・バビエラ)を検索すれば、このコミュニティがどんなところかわかります。本作の劇中では露骨な描写はないものの、パウルによる支配がいかに徹底されていたかが伝わってきます。さらに恐ろしいのは、表向きに楽園のようなコミュニティだと思われているため、騙されて入所してしまう人がいることです。パブロもその1人といえます。また、この場所がどれくらい物理的に閉鎖されているのかは映画を観るだけではわかりませんが、どんなに虐げられても逃げようとする人がわずかなことです。そこにも、精神的な支配の恐ろしさが見えます。カルト宗教、グルーミングによる性虐待と、昨今の日本でも問題となっているテーマが取り上げられています。関心のある方は観てみてはいかがでしょうか。

デート向き映画判定
映画『コロニアの子供たち』

露骨な描写がないとはいえ、テーマが重いので、デートでには向いていないでしょう。虐げられるカップルも出てくるので、胸が痛むと思います。一方、お子さんがいらっしゃる方も心穏やかには観られないとは思いますが、注意喚起の意味で観てみるのもアリでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『コロニアの子供たち』ハンス・ジシュラー

子どものうちは特に、甘い言葉に釣られてしまうこともあるでしょう。一見悪く見えない人、組織もあるので、注意が必要です。本作を観て、こういう現実もあるのだということを知っておくと、普段から自分の身を守るために少し警戒心を持てそうです。

映画『コロニアの子供たち』

『コロニアの子供たち』
2023年6月9日より全国公開
シノニム、エクストリーム
公式サイト

© 2021 Quijote Films – Rampante Films – Mandra Films – Klinkerfilm – Autocroma – Septima films


関連作:“コロニア・ディグニダ”にまつわる物語

『コロニア』

ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
Amazon Prime Videoで観る U-NEXT

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

映画『リトル・マーメイド』ハリー・ベイリー ハリー・ベイリー【プロフィールと出演作一覧】

2000年3月27日アメリカ、ジョージア州生まれ。3歳の頃から子役として活動を始め…

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  2. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  3. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  4. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ
  5. 映画『ストリートダンサー』

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP