投稿

あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『氷の微笑』

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『氷の微笑 4Kレストア版』マイケル・ダグラス/シャロン・ストーン

鬼才、ポール・ヴァーホーヴェンによるエロティック・スリラー『氷の微笑』。今回は「勝手にキャスティング企画!」としてニック・カラン役のマイケル・ダグラスとキャサリン・トラメル役のシャロン・ストーンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。今回も国内外問わずさまざまなキャスティング案が挙がりました!

★『氷の微笑』とは
監督は『ロボコップ』『トータル・リコール』『ショーガール』『ELLE エル』『ベネデッタ』の鬼才ポール・ヴァーホーヴェン。ある殺害事件の捜査をする刑事のニックをマイケル・ダグラス、ニックを惑わす作家のキャサリンをシャロン・ストーンが演じる。刑事のニックは、かつてのロックスター殺害事件の捜査に乗り出し、容疑者であるキャサリンを尋問する。しかし、キャサリンは殺人を否定し、状況を楽しんでいる様子だった。そんなキャサリンにニックは次第に翻弄されていく。駆け引き、愛、そして新たに起こる不可解な事件の数々。果たしてニックの運命は!?

『氷の微笑』
1992年製作
監督: ポール・ヴァーホーヴェン
出演: マイケル・ダグラス(ニック・カラン )/シャロン・ストーン(キャサリン・トラメル)/ジョージ・ズンザ(ガス・モラン)


部員が選んだニック&キャサリンはこの人!

映画『氷の微笑 4Kレストア版』マイケル・ダグラス
ニック・カラン (マイケル・ダグラス)

■ニック・カラン役は少し影のある役がハマるジェイク・ギレンホール、キャサリン・トラメル役は悪役もこなせて、スマートでミステリアスな雰囲気もあるガル・ガドットで観たいです!(匿名)

■キャサリン役は現役だった頃の飯島直子さんが色気や目線がドキッとして合うと思いました。また、壇蜜さんの『氷の微笑』もまたガラリと感じが変わって観てみたい!!ニック役は堤真一さんが適任かと。真面目そうでいて優しさが隠せず、なおかつ確かな演技力と可愛らしさと色気があります。(ゆうら)

■ニック・カラン役をブレンダン・フレイザー。キャサリンに翻弄され、それでも自分の勘を信じる刑事をあの訴えるような切ない目で演じて欲しいです。たぶんマイケル・ダグラスよりも、もっと共感できてドキドキする気がします。キャサリン・トラメル役はマーゴット・ロビー。自信たっぷりに堂々とした演技ができて、セクシーさも演技力もバツグンなので。(デイジー)

■足を組み替えるシーンが似合って、知性のあるエロスを醸し出せるのは、米倉涼子さんしか浮かばない。(美味い棒)

■だんだん理性を失っていく紳士ニック・カラン役を演じてもらうとすれば、ジェレミー・レナーが思い浮かびました。『ホークアイ』で渋いヒーローを演じたり、『S.W.A.T.』ではギャンブルで欲望から仲間を裏切る役を演じていたので、多面的な演技が観られそうです。キャサリン・トラメル役はエリザベス・デビッキが良いと思います!『コードネーム U.N.C.L.E』での美しいヒール役のイメージや、『ザ・クラウン』のダイアナ妃役のような儚さや強さが合う気がします。1番引き継いで欲しいポイントはキャサリンの妖艶さではないかと思います。(あり)

映画『氷の微笑 4Kレストア版』シャロン・ストーン
キャサリン・トラメル(シャロン・ストーン)

■『氷の微笑』をリメイクするなら、色気溢れるジョニー・デップと、クールな美女ジェニファー・ローレンスが私のオススメです。(匿名)

■ニック役はカンヌ国際映画祭で最優秀男優賞に輝いた役所広司さん!キャサリン役は黒木瞳さんでどうでしょう。『失楽園』でもすごい演技を披露してる2人。近年、共演はなかったのでしばらくぶりに観たい!黒木瞳さんが足を組み換えるシーンなど、今だってエロチックで老若男女がドキッとしそう。(tomie)

■日本ならニック役は鈴木亮平さん。シャロン・ストーンの役は真木よう子さん。2人とも演技が上手く、色気があるので。真木よう子さんはグラマーなので、足の組み換えをしたら最高でしょ!日本で1番色っぽい!この2人で観たいです。(めぐみんちゃん)

■キャサリン役はエマ・ストーンで、ニックはヴィゴ・モーテンセンが良いと思います。エマさんはヴィラン役がとても似合っていて、容疑者ではあるが艶やかさも持っているキャサリンにピッタリです。ヴィゴさんはデビューが刑事映画ものだったこともあり、刑事役が似合っています。“イケおじ”なので、容疑者のキャサリンに惹かれる刑事というもどかしい役どころを演じれられるのは彼だと思います。(A.M.さん)

■ニック・カラン役は鈴木亮平さん。ニックのオールバック姿を想像した時に顔が浮かんだのが鈴木亮平さんです!演技も素晴らしいので合いそうです!キャサリン・トラメル役は菜々緒さん。理由は菜々緒さんがキャラクターの容姿と似ているからです!SNSに載せていた写真がキャサリンそっくりでした!(ぴーち)

編集部が選んだリメイク版キャスティング

■ここは敢えて冒険で、ニック・カランをヘイデン・クリステンセン、キャサリン・トラメルをナタリー・ポートマンという“スター・ウォーズ”コンビにしてみてはどうでしょうか(笑)?すっかり大人になった2人の共演を違ったシチュエーションで観てみたいということで、いろいろな意味で興味を持ってもらえそう。(マイソン)

■ニック・カランをオスカー・アイザック、キャサリン・トラメルをアマンダ・セイフライドでいかがでしょう。刑事でありながら容疑者に翻弄されるニックをオスカー・アイザックなら魅力的に演じてくれそうです。また、妖艶なキャサリンをアマンダ・セイフライドならとびきり妖しく美しく演じてくれると思います。2人ならオリジナルの良さも継承しつつ、新しい『氷の微笑』を観せてくれる気がします。(シャミ)

映画『氷の微笑 4Kレストア版』

今回もさまざまな俳優の名前が挙がりました!個人的には鈴木亮平と菜々緒の組み合わせで日本版が観てみたいと思いました。本作は、『氷の微笑 4Kレストア版』として2023年6月16日より全国公開となります。大きなスクリーンで本作をお楽しみいただけるこの機会をお見逃しなく!

映画『氷の微笑 4Kレストア版』マイケル・ダグラス/シャロン・ストーン

『氷の微笑 4Kレストア版』
2023年6月16日より全国公開
公式サイト
配給:ファインフィルムズ

© 1992 STUDIOCANAL

オリジナル版はこちら

Amazonプライムビデオで観る

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『お隣さんはヒトラー?』デヴィッド・ヘイマン/ウド・キアー お隣さんはヒトラー?【レビュー】

タイトルは『お隣さんはヒトラー?』で、物語の舞台は1960年のコロンビア…。「むむむ?アドルフ・ヒトラーって…

映画『ロイヤルホテル』ジュリア・ガーナー/ジェシカ・ヘンウィック ロイヤルホテル【レビュー】

『アシスタント』のキティ・グリーン監督と、主演を務めたジュリア・ガーナーが再びタッグを組んだ本作は…

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ 幸せのイタリアーノ【レビュー】

本作は、『パリ、嘘つきな恋』(2018)の舞台をイタリアに移したリメイク作品となっています。主人公のジャンニ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)は…

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

REVIEW

  1. 映画『お隣さんはヒトラー?』デヴィッド・ヘイマン/ウド・キアー
  2. 映画『ロイヤルホテル』ジュリア・ガーナー/ジェシカ・ヘンウィック
  3. 映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ
  4. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  5. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP