REVIEW

ガラスの城の約束

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ガラスの城の約束』ブリー・ラーソン

ジャネット・ウォールズの自叙伝「The Glass Castle」を映画化した本作は、ホームレスの両親に育てられた子どもの半生を描いています。 これはただ貧しいだけの家族の話ではなく、どうしてホームレスなのかという理由は、特に父親の価値観に強く結びついているのですが、その背景となる事実が1つずつ明らかになっていく度に、この家族の子ども達が受けたであろうショックを、観客も受けることになります。一見すると、この親は子どもに悪影響を及ぼしているのですが、これが愛情深い親だというところがポイントで、「子どものために」という思いで抱いた親の夢が結果的に子どもに重くのしかかり、両方とも幸せになれていない状況がとても皮肉です。さらに、子離れできない親の執着に見える部分もありますが、子どものために抱いた夢であるからこそ、子どもが大人になって巣立ってしまったら、親の夢は叶わないで終わるというジレンマがそこにはあり、また、親の人生がうまくいかない背景には親の子どもの頃の辛い出来事も絡んでいたりして、根本は誰も悪くないという事実が、やるせなさを増大させます。どんな親でも、愛されたり、憎まれたりするものだと思いますが、親に似て嬉しい気持ちと、親に似たくないという気持ちが混在するジャネットの心情がとてもリアルで、娘目線で観ると、すごく心を掻き乱されます。同時にそこには大きな親子愛が描かれていて、結果的には家族という存在の大きさを実感させられ、育った環境や家族関係だけに、人の人生が左右されるという偏った話ではない点でも共感できます。次女ジャネット役のブリー・ラーソンをはじめ、豪快に見えてとても繊細な父親を演じるウディ・ハレルソン、子どもと夫への愛情で混乱しながらも家族を繋ぎ止めようとする母親を演じるナオミ・ワッツと、俳優の演技も見事。家族と上手くいっていた人はもちろん、家族の良い思い出が思い当たらないという方にもぜひ観て欲しい秀作です。

デート向き映画判定
映画『ガラスの城の約束』ブリー・ラーソン

主人公と同じような体験をしていなくても、観ているだけで辛くなるストーリーなので、デートのムードが盛り上がることはないでしょう。主人公のジャネットと恋人との関係性についても、デートで観るには少々気まずい要素となりそうです。ただ、これから結婚しようと自分の心の内だけで考えている人は、一緒に観てお互いの価値観を話し合うと、結婚相手としてどうなのか、一歩踏み込んでリアルに考えることができるかも知れません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ガラスの城の約束』ウディ・ハレルソン

まだ自分でお金を稼いだり、遠くに出かけたり、意志決定をできない(保護者の同意がないと意志が認められない)年齢のあいだは、親の言うことを聞いて暮らすのが当然ではありますが、本作の主人公のジャネットは、自分自身の意志をもって、大きくなってから行動を起こします。本作は、親を大切にすることと、自分の人生を大切にすること、その両方が大切で、辛い体験でも何かしら将来の人生に役に立つことがあるということを描いているので、ぜひ若い皆さんにも観て欲しいと思います。

映画『ガラスの城の約束』ブリー・ラーソン/ウディ・ハレルソン

『ガラスの城の約束』
2019年6月14日より全国順次公開
ファントム・フィルム
公式サイト

© 2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画館【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】 座席は毎回予約する?映画好き女子行きつけの映画館とは?

映画館についてのアンケート第3弾!今回は、劇場で映画鑑賞をする際に事前に座席予約をするのか、行きつけの映画館はあるのかについて結果発表。さらに、6月28日にオープンの【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】についての情報も掲載!

映画『ある町の高い煙突』渡辺大 渡辺大(わたなべ だい)

1984年8月1日東京都生まれ。2002年に『新春ワイド時代劇壬生義士伝』で俳優デビュー後、テレビドラマ、映画で活躍。2018年には…

映画『神と共に 第二章:因と縁』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/D.O.(EXO)/マ・ドンソク 神と共に 第二章:因と縁

第一章から語られている概念は共通していながら、視点がガラリと変わって、本作のほうが人間のダークな面にフォーカスした内容になっています。でも、だからこそ人間味が感じられるストーリーになっていて…

映画『きみと、波にのれたら』 きみと、波にのれたら

爽やかな青春ラブストーリーという枠に留まらず、予期せず辛い経験をした若いカップルが心に大きな傷を抱えながら、それを…

映画『アラジン』メナ・マスード メナ・マスード

1992年エジプト生まれ、カナダで育つ。ライアソン大学の演劇プログラムを卒業後、テレビシリーズ『ニキータ』や『コンバット・ホスピタル 戦場救命』などのドラマや短編映画など…

映画『ある町の高い煙突』渡辺大さんインタビュー 『ある町の高い煙突』渡辺大さんインタビュー

今回は実際に日立鉱山で起きた出来事を映画化した『ある町の高い煙突』で、キーパーソンとなる加屋淳平役を演じた渡辺大さんにインタビューをさせて頂きました。今回の役柄についてや、俳優という職業について、お話を伺いました。

映画『新聞記者』北村有起哉 北村有起哉(きたむら ゆきや)

1974年4月29日、東京都生まれ。1998年に舞台“めざめ”と映画『カンゾー先生』でデビュー。以降、舞台と映像の両方で活躍中。劇団☆新感線の“メタルマクベス”や…

おすすめ記事

【劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント】 劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント

映画館アンケート特集第2弾!今回は劇場で映画鑑賞をする際に、満足度に影響する要素&映画館のサービスで力を入れて欲しいことについての結果を発表。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

映画”PARASITE(英題)”カンヌ国際映画祭 映画好き女子が映画賞・映画祭で気にするポイント!

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第3弾!今回は、映画好き女子が作品選びをする際にどの賞に影響を受けるのかについての結果を発表します。今年のパルムドール受賞作品のニュースも!

東京国際映画祭レッドカーペット『カメラを止めるな!』 映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング【国内編】

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第2弾!今回は映画好き女子が信頼を寄せる日本の映画賞と映画祭について、結果を発表します!

第72回カンヌ国際映画祭2019:映画『初恋』窪田正孝、小西桜子、三池崇史監督 映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング【世界編】

今回はカンヌ国際映画祭の時期にちなんで、国内、海外で開催される数々の映画祭・映画賞についてのアンケートを行いました。今回はその第1弾として、映画好き女子が信頼を寄せる映画祭やアメリカの映画賞についての結果を発表します!

REVIEW

  1. 映画『神と共に 第二章:因と縁』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/D.O.(EXO)/マ・ドンソク
  2. 映画『きみと、波にのれたら』
  3. 新聞記者

  4. クリス・ヘムズワース/テッサ・トンプソン
  5. 映画『ザ・ファブル』岡田准一/木村文乃/山本美月
    ザ・ファブル

  6. 映画『パピヨン』チャーリー・ハナム/ラミ・マレック
    パピヨン

  7. 映画『ある町の高い煙突』井手麻渡/渡辺大
  8. 映画『ハウス・ジャック・ビルト』マット・ディロン
  9. 映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』ソフィー・ターナー/ジェームズ・マカヴォイ/マイケル・ファスベンダー/ジェニファー・ローレンス/ジェシカ・チャステイン/ニコラス・ホルト/エヴァン・ピーターズ/コディ・スミット=マクフィー/アレクサンドラ・シップ/タイ・シェリダン
  10. 映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』二宮慶多/水野哲志/奥村門土/中島セナ

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
PAGE TOP