REVIEW

滑走路

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『滑走路』水川あさみ/浅香航大/寄川歌太

本作は、32歳で命を絶った若き歌人、萩原慎一郎が遺した「歌集 滑走路」を原作としているのですが、私はいつも前情報を極力入れずに観るので、今回も本作を観た後に、萩原慎一郎の背景を資料で読みました。ストーリーの鍵となっている部分は、彼が経験してきたことに由来することを知り、短歌に込めた思いの深さを思うと、余計に胸が痛くなります。そんな原作者が遺した短歌から想像を広げてここまでの物語に作り上げたスタッフ、キャストの手腕もスゴいと思います。最初3人の主要な登場人物にどんな繋がりがあるのかは明かされていないのですが、どんどんそれが繋がっていく構成や、根底にあるストーリーがそれぞれに及ぼす影響によって作られていくキャラクター設定にもセンスの良さが見えます。
「強い人間、弱い人間って、何だろう?」と考えさせられると同時に、生きる辛さを痛感させられます。今という瞬間を生きる勇気と、ずっと生き続ける勇気があるとしたら、その両方を使いこなすのはなかなか難しい。そして、自分の弱さを自覚して必死に強く生きようとする人もいれば、強いのに弱いふりをする人もいて、人間は単純に強い、弱いでは言い表せないのではないかと思えてきます。観終わった後にずしーんと心にきますが、キャラクター達の選択を否定するでも肯定するでもなく、それぞれにエールを贈るようなスタンスが清々しくもあります。人はいろいろな過ちを犯し、後悔を積み重ね、それをすべて消化できないまま大人になっていきますが、そんな自分を見つめ直し、それでも今からできることは何かあるかもしれないと思わせてくれる優しさがある作品です。

デート向き映画判定
映画『滑走路』水川あさみ

正直なところ、内容が重いのでロマンチックなムードは期待しないほうが良いでしょう。主要キャラクターの1人は女性で、その夫婦の物語にはかなり深刻なテーマが含まれています。結婚する前に、将来こういうこともあり得るというのを知っておく意味では参考になる部分もあるかもしれませんが、カップルで一緒に観ると感想に困る部分も出てくる可能性があるので、1人で観るか、仲の良い友達と観ることをオススメします。既に結婚していて、似たようなシチュエーションにある場合は、どんな影響をもたらすのかがわかりませんが、夫婦関係の根幹といえる部分に切り込んでいく展開がある点だけ頭の片隅に入れた上で、デートで観るかどうか検討してください。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『滑走路』浅香航大/吉村界人

キッズやティーンの皆さんに大いに関わりがある話題が取り上げられているので、等身大で感情移入できると思います。もしかしたらこういう出来事が身近にあるかもしれませんが、本作を観てシミュレーションできる部分もあると思うので、友達関係や学校での悩みなどを客観視するきっかけに観るのも良いと思います。詳しいことはネタバレになるので伏せますが、ぜひ仲の良い友達と一緒に観て欲しい内容です。

映画『滑走路』水川あさみ/浅香航大/寄川歌太

『滑走路』
2020年11月20日より全国公開
PG-12
KADOKAWA
公式サイト

TEXT by Myson

© 2020 「滑走路」製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』ローラ・ダーン ローラ・ダーン

1967年2月10日アメリカ、カリフォルニア州生まれ。1991年『ランブリング・ローズ』で…

映画『PLAN 75』倍賞千恵子 倍賞千恵子(ばいしょう ちえこ)

1941年6月29日生まれ、東京都出身。松竹音楽舞踊学校を卒業後…

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

<ジャン=ポール・ベルモンド傑作選3>『勝負をつけろ』 <ジャン=ポール・ベルモンド傑作選3>チケットプレゼント 3組6名様ご招待

<ジャン=ポール・ベルモンド傑作選3>チケットプレゼント 3組6名様ご招待

映画『セイント・フランシス』ケリー・オサリヴァン/ラモーナ・エディス・ウィリアムズ セイント・フランシス

34歳で独身のブリジットは、子どもを持つ友達の存在や親からのプレッシャーを…

映画『ゴーストブック おばけずかん』新垣結衣 新垣結衣(あらがき ゆい)

1988年6月11日生まれ。沖縄県出身。主な映画出演作に『恋空』『ミックス。』『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』などがあり…

映画『ストーリ・オブ・マイ・ワイフ』レア・セドゥ/ハイス・ナバー 映画に隠された恋愛哲学とヒント集67:「結婚に愛は不要」は通じない!?

始まりに愛は不要、でも結婚を続けるには…

Netflix映画『グレイマン』ライアン・ゴズリング グレイマン

ライアン・ゴズリングとクリス・エヴァンスが共演する本作は、マーク・グリーニーの人気小説「暗殺者グレイマン」を原作に…

映画『L.A.コールドケース』フォレスト・ウィテカー フォレスト・ウィテカー

1961年7月15日アメリカ、テキサス州生まれ。テレビや舞台での活躍を経て1982年に映画デビュー。1988年に…

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』来日記者会見、ディワンダ・ワイズ ディワンダ・ワイズ

1984年5月30日アメリカ、メリーランド州出身。2022年公開の映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』では…

部活・イベント

  1. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  2. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2

おすすめ記事

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』ジム・キャリー “俳優引退!?”記念 ジム・キャリー人気作品ランキング

『マスク』『エターナル・サンシャイン』『トゥルーマン・ショー』など、数々の名作に出演の名俳優、ジム…

映画『ブレット・トレイン』ブラッド・ピット/アーロン・テイラー=ジョンソン 映画好き目線でそそる2022年初秋公開映画を紹介

今回は一足お先に初秋の映画をご紹介。正式部員から立候補してくださった皆さんと「映画好き目線でそそる初秋公開映画」を選びました。そそる項目も皆で決めてチャートも作ってみました。参考にしてみてください。

映画『なまず』イ・ジュヨン キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年7月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッ…

記事作成部活20220720:初秋最新作 一緒に記事を作りませんか?【記事作成部活】2022年8月度参加者募集

2022年8月は4回開催します。オンラインとリアル、それぞれテーマを変えて行います。

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ショーシャンクの空に』

今回は『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてアンディ(アンドリュー・デュフレーン)役のティム・ロビンスとレッド(エリス・ボイド・レディング)役のモーガン・フリーマンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

REVIEW

  1. 映画『セイント・フランシス』ケリー・オサリヴァン/ラモーナ・エディス・ウィリアムズ
  2. Netflix映画『グレイマン』ライアン・ゴズリング
    グレイマン

  3. Amazon Prime Video映画『ムーンフォール』ハル・ベリー/パトリック・ウィルソン/ジョン・ブラッドリー
  4. 海外ドラマ『ビッグ・リトル・ライズ <シーズン2>』ニコール・キッドマン/リース・ウィザースプーン /シェイリーン・ウッドリー/ローラ・ダーン/ゾーイ・クラビッツ
  5. 映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』
  6. 映画『コンビニエンス・ストーリー』成田凌/前田敦子
  7. ディズニープラス映画『プレデター:ザ・プレイ』
  8. 映画『TANG タング』二宮和也
  9. 映画『L.A.コールドケース』ジョニー・デップ
  10. 映画『長崎の郵便配達』イザベル・タウンゼンド
PAGE TOP