REVIEW

キング

  • follow us in feedly
  • RSS
Netflix映画『キング』ティモシー・シャラメ

本作はイギリス国王ヘンリー五世にまつわる実話を基にしたストーリーで、ウィリアム・シェイクスピアの戯曲から着想を得ています。監督は『アニマル・キングダム』のデヴィッド・ミショッド、製作にはPLAN Bが参加していて、プロデューサーにブラッド・ピットが名を連ねているのはもちろん、出演のジョエル・エドガートンも製作、脚本に参加しています(デヴィッド・ミショッド監督と共同脚本)。
物語の舞台は15世紀初頭。ハル王子=ヘンリー五世(ティモシー・シャラメ)は、城を出て町で自堕落な生活を送っていましたが、突如王位を継ぐことになります。そんな折、フランスの皇太子から王位継承の祝いとして、メッセージもなくテニスボールが贈られてきます。周囲の者はこれをヘンリー五世に対する侮辱だとして、王にフランスとの戦争をけしかけますが、ヘンリー五世は戦争による無駄な死を避けるべく、挑発には乗ろうとしません。でも、やがて戦争を避けてはいられない状況になり、本作ではヘンリー五世がどんな経験を経て、真の王になっていくのかが描かれていきます。放蕩息子でありながら、実は王としての資質を持ち、頭がキレるハルは、人間の弱さと強さ、王としての孤独と威厳を見せていきますが、ティモシー・シャラメがそれを見事に演じています。ティモシー・シャラメって、なぜセクシーなんだろうと、いろいろな作品を観てずっと考えていましたが、あの美しく中性的な雰囲気を持ちながら、ここぞという時にすごく“男”を感じさせるからなんじゃないかなと本作を観て思いました。ギャップ萌えってやつですね(笑)。そんな彼の魅力を堪能して頂けると同時に、脇役もジョエル・エドガートン、ロバート・パティンソン、ベン・メンデルソーン、ショーン・ハリス、トム・グリン=カーニー、リリー=ローズ・デップ、トーマシン・マッケンジーと豪華なので、映画ファンには堪りません。そして、本作ではアジャンクールでの戦いがメインに描かれていますが、数では圧倒的に負けているイギリス軍がどうフランス軍に立ち向かうのか、その戦略も見ものです。さらに本作のおもしろさは最後に隠されていて、ゾッとする真実を知ったヘンリー五世が、どんな思いを胸に刻み王としての人生を受け入れるのか、観る側も体感できるストーリーとなっています。

デート向き映画判定
Netflix映画『キング』ジョエル・エドガートン

宮廷内ですら誰を信じて良いのかわからない状態で、国を統治しようとするヘンリー五世の物語はとてもドラマチックで見応えがあり、老若男女問わず引き込まれると思います。ラブロマンスの要素はほぼありませんが、国を背負った者同士が何を肝に銘じて結婚するのかを覚悟する姿も描かれていて、状況は全く違えど、結婚しようとするカップルにとっては、我が身に置き換えて想像できるところもあるでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
Netflix映画『キング』ロバート・パティンソン

「え!そこそのまま映すんだ〜」っていうショッキングなシーンもあり、R-15というのも納得です。本作をきっかけに英国史に興味が湧くと、歴史の勉強にも役に立ち、一石二鳥なので、本が好きな人、演劇、戯曲に興味がある人は、ウィリアム・シェイクスピアの「ヘンリー四世」「ヘンリー五世」も合わせて読んでみたり、歴史の本や教科書で史実と照らし合わせてみたりするのはどうでしょうか。

『キング』
2019年11月1日よりNetflixにて配信
R-15+
公式サイト

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』佐藤健/武井咲/新田真剣佑/青木崇高/蒼井優/有村架純/江口洋介 るろうに剣心 最終章 The Final

大人気の本シリーズもいよいよ最終章です。本作は最終章2部作のうちの1作目。物語は…

映画『トムとジェリー』クロエ・グレース・モレッツ クロエ・グレース・モレッツ

1997年2月10日アメリカ生まれ。現在、カリフォルニア州ロサンゼルスに在住。2010年『キック・アス』で…

映画『SNS-少女たちの10日間-』 ここだけの話16:最近観た、いろんな意味で衝撃的だった映画(2021年春)

今回は、最近観た映画の中で、いろんな意味で衝撃的、印象的だった映画について、ツラツラとお話しています。気楽に聞いて頂けると嬉しいです。

Netflix映画『マ・レイニーのブラックボトム』ヴィオラ・デイヴィス/ マ・レイニーのブラックボトム

物語の舞台は1927年夏のシカゴ。”ブルースの母”といわれた実在の歌手マ・レイニーと彼女のバンドメンバーが…

映画『水を抱く女』ヤコブ・マッチェンツ ヤコブ・マッチェンツ

1984年1月1日ドイツ、ベルリン生まれ。2008年、デニス・ガンゼル監督作…

Netflix映画『私というパズル』ヴァネッサ・カービー/シャイア・ラブーフ 私というパズル

私は毎度なるべく映画についての内容、情報を入れずに観るので、余計に…

Netflix映画『マ・レイニーのブラックボトム』ヴィオラ・デイヴィス ヴィオラ・デイヴィス

1965年8月11日アメリカ生まれ。2008年、『ダウト~あるカトリック学校で~』で…

映画『AVA/エヴァ』ジェシカ・チャステイン AVA/エヴァ

主人公は、完璧な容姿と知性、圧倒的な戦闘能力を持つ暗殺者のエヴァで…

映画『奥様は、取り扱い注意』綾瀬はるか 綾瀬はるか(あやせ はるか)

1985年3月24日生まれ。広島県出身。ドラマ、映画、CMなど…

映画『ホムンクルス』綾野剛/成田凌 心理学から観る映画29:右脳と左脳ってそれぞれどんな働きをしてるの?

映画『ホムンクルス』を観ていたら、「あれ?右脳と左脳ってそれぞれどんな働きをしているの?」と気になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は右脳と左脳の働きについて…

部活・イベント

  1. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  2. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  3. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  4. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  5. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

おすすめ記事

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

REVIEW

  1. 映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』佐藤健/武井咲/新田真剣佑/青木崇高/蒼井優/有村架純/江口洋介
  2. Netflix映画『マ・レイニーのブラックボトム』ヴィオラ・デイヴィス/
  3. Netflix映画『私というパズル』ヴァネッサ・カービー/シャイア・ラブーフ
  4. 映画『AVA/エヴァ』ジェシカ・チャステイン
    AVA/エヴァ

  5. Netflix映画『彼女』水原希子/さとうほなみ
    彼女

  6. 映画『約束の宇宙』エヴァ・グリーン
    約束の宇宙

  7. 映画『パーム・スプリングス』アンディ・サムバーグ/クリスティン・ミリオティ
  8. 映画『ザ・バッド・ガイズ』マ・ドンソク/キム・サンジュン/キム・アジュン/チャン・ギヨン
  9. 映画『ドリームランド』マーゴット・ロビー
  10. 映画『21ブリッジ』チャドウィック・ボーズマン
    21ブリッジ

PAGE TOP