REVIEW

キング

  • follow us in feedly
  • RSS
Netflix映画『キング』ティモシー・シャラメ

本作はイギリス国王ヘンリー五世にまつわる実話を基にしたストーリーで、ウィリアム・シェイクスピアの戯曲から着想を得ています。監督は『アニマル・キングダム』のデヴィッド・ミショッド、製作にはPLAN Bが参加していて、プロデューサーにブラッド・ピットが名を連ねているのはもちろん、出演のジョエル・エドガートンも製作、脚本に参加しています(デヴィッド・ミショッド監督と共同脚本)。
物語の舞台は15世紀初頭。ハル王子=ヘンリー五世(ティモシー・シャラメ)は、城を出て町で自堕落な生活を送っていましたが、突如王位を継ぐことになります。そんな折、フランスの皇太子から王位継承の祝いとして、メッセージもなくテニスボールが贈られてきます。周囲の者はこれをヘンリー五世に対する侮辱だとして、王にフランスとの戦争をけしかけますが、ヘンリー五世は戦争による無駄な死を避けるべく、挑発には乗ろうとしません。でも、やがて戦争を避けてはいられない状況になり、本作ではヘンリー五世がどんな経験を経て、真の王になっていくのかが描かれていきます。放蕩息子でありながら、実は王としての資質を持ち、頭がキレるハルは、人間の弱さと強さ、王としての孤独と威厳を見せていきますが、ティモシー・シャラメがそれを見事に演じています。ティモシー・シャラメって、なぜセクシーなんだろうと、いろいろな作品を観てずっと考えていましたが、あの美しく中性的な雰囲気を持ちながら、ここぞという時にすごく“男”を感じさせるからなんじゃないかなと本作を観て思いました。ギャップ萌えってやつですね(笑)。そんな彼の魅力を堪能して頂けると同時に、脇役もジョエル・エドガートン、ロバート・パティンソン、ベン・メンデルソーン、ショーン・ハリス、トム・グリン=カーニー、リリー=ローズ・デップ、トーマシン・マッケンジーと豪華なので、映画ファンには堪りません。そして、本作ではアジャンクールでの戦いがメインに描かれていますが、数では圧倒的に負けているイギリス軍がどうフランス軍に立ち向かうのか、その戦略も見ものです。さらに本作のおもしろさは最後に隠されていて、ゾッとする真実を知ったヘンリー五世が、どんな思いを胸に刻み王としての人生を受け入れるのか、観る側も体感できるストーリーとなっています。

デート向き映画判定
Netflix映画『キング』ジョエル・エドガートン

宮廷内ですら誰を信じて良いのかわからない状態で、国を統治しようとするヘンリー五世の物語はとてもドラマチックで見応えがあり、老若男女問わず引き込まれると思います。ラブロマンスの要素はほぼありませんが、国を背負った者同士が何を肝に銘じて結婚するのかを覚悟する姿も描かれていて、状況は全く違えど、結婚しようとするカップルにとっては、我が身に置き換えて想像できるところもあるでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
Netflix映画『キング』ロバート・パティンソン

「え!そこそのまま映すんだ〜」っていうショッキングなシーンもあり、R-15というのも納得です。本作をきっかけに英国史に興味が湧くと、歴史の勉強にも役に立ち、一石二鳥なので、本が好きな人、演劇、戯曲に興味がある人は、ウィリアム・シェイクスピアの「ヘンリー四世」「ヘンリー五世」も合わせて読んでみたり、歴史の本や教科書で史実と照らし合わせてみたりするのはどうでしょうか。

『キング』
2019年11月1日よりNetflixにて配信
R-15+
公式サイト

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  2. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  3. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  4. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  5. 映画『ザ・タワー』

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP