REVIEW

この世の果て、数多の終焉

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『この世の果て、数多の終焉』ギャスパー・ウリエル

1945年3月、フランス兵のロベールは、フランス領インドシナで、それまでフランス軍と協力関係にあった日本軍によるクーデターで一斉攻撃に遭いましたが、現地の住民に助けられ生き延びます。彼は再び軍に戻りますが、彼の頭の中は、兄夫婦の殺害に関与したベトナム解放軍の将校ヴォー・ビン・イェンへの復讐心でいっぱい。本作はそんなロベールが、指令や軍規を無視して、復讐を遂げようとしながらも、現地で一人の女性に恋心を抱き、どう生きるのか葛藤する姿を映し出しています。現地の状況はとても複雑で、フランス領になっていることに反発するベトナム解放軍もいれば、食べ物に困りフランス軍に簡単に寝返る者もいます。なのである意味誰が味方で誰が敵かもわからない状態です。そんななか、ベトナム解放軍はものすごくむごいやり方で虐殺を繰り返したり、村の女性を犯したり、蛮行を繰り返していくのですが、ロベールの兄達の最期も彼が言葉で表すだけでいかに狂気的な行いがなされたかが伝わってきます。でも、自分の身の危険を顧みず、復讐することだけを願ってきたロベールは、マイと出会ったことで彼女への愛情と、ヴォー・ビン・イェンへの復讐で葛藤します。ロベールがどんな決断をするかは本編をご覧頂ければと思いますが、なかなか姿を現さないヴォー・ビン・イェンへの執着のために、ロベールの仲間が犠牲になったり、ロベール自身も人生を台無しにしようとしている姿を観ていると、何のための彼等はそこにいるのかと考えずにはいられません。なぜあんなにひどいことができるのかと目を疑うシーンが数々出てきますが、戦争はそれほど人を狂わせるということがわかります。観終わった後は何とも言えない感覚に陥りますが、それでもこういった状況があったことは、私達が知っておかなくてはいけないことなのだと思います。

デート向き映画判定
映画『この世の果て、数多の終焉』ギャスパー・ウリエル/ラン=ケー・トラン

性描写もあり、惨殺なシーンも多くあるので、デートには向いていません。ラブストーリーがキーポイントになっていますが、狂気に満ちた環境下でのことなので、ロマンチックな雰囲気で観るというよりは、彼等の苦悩に共感しながら観るといった感じになると思います。いろいろな映画を一緒に観慣れているカップルなら大丈夫かも知れませんが、初デートや交際がまだ浅いカップルにはあまりオススメできません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『この世の果て、数多の終焉』ギャスパー・ウリエル/ギョーム・グイ

R-18なので、18歳未満の人は観られません。かなりむごい殺され方をした死体が映ったり、18歳以上であっても、映画を観慣れていないとショッキングなので、覚悟して観てください。歴史的背景に詳しくなくても、劇中の説明でついていけると思いますが、フランス軍を受け容れているベトナム人と、抵抗しているベトナム人とがいたり、ベトナム解放軍に対する現地の人の捉え方もさまざまなので、その辺は集中して観て理解してください。

映画『この世の果て、数多の終焉』ギャスパー・ウリエル

『この世の果て、数多の終焉』
2020年8月15日より全国順次公開
R-18+
キノフィルムズ、木下グループ
公式サイト

© 2017 Les films du Worso-Les Armateurs-Orange Studio-Score Pictures-Rectangle Productions-Arena Films-Arches Films-Cinéfeel 1- Same Player- Pan Européenne- Move Movie- Ce Qui Me Meut

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ 『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ
  2. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  3. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
PAGE TOP