REVIEW

この世の果て、数多の終焉

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『この世の果て、数多の終焉』ギャスパー・ウリエル

1945年3月、フランス兵のロベールは、フランス領インドシナで、それまでフランス軍と協力関係にあった日本軍によるクーデターで一斉攻撃に遭いましたが、現地の住民に助けられ生き延びます。彼は再び軍に戻りますが、彼の頭の中は、兄夫婦の殺害に関与したベトナム解放軍の将校ヴォー・ビン・イェンへの復讐心でいっぱい。本作はそんなロベールが、指令や軍規を無視して、復讐を遂げようとしながらも、現地で一人の女性に恋心を抱き、どう生きるのか葛藤する姿を映し出しています。現地の状況はとても複雑で、フランス領になっていることに反発するベトナム解放軍もいれば、食べ物に困りフランス軍に簡単に寝返る者もいます。なのである意味誰が味方で誰が敵かもわからない状態です。そんななか、ベトナム解放軍はものすごくむごいやり方で虐殺を繰り返したり、村の女性を犯したり、蛮行を繰り返していくのですが、ロベールの兄達の最期も彼が言葉で表すだけでいかに狂気的な行いがなされたかが伝わってきます。でも、自分の身の危険を顧みず、復讐することだけを願ってきたロベールは、マイと出会ったことで彼女への愛情と、ヴォー・ビン・イェンへの復讐で葛藤します。ロベールがどんな決断をするかは本編をご覧頂ければと思いますが、なかなか姿を現さないヴォー・ビン・イェンへの執着のために、ロベールの仲間が犠牲になったり、ロベール自身も人生を台無しにしようとしている姿を観ていると、何のための彼等はそこにいるのかと考えずにはいられません。なぜあんなにひどいことができるのかと目を疑うシーンが数々出てきますが、戦争はそれほど人を狂わせるということがわかります。観終わった後は何とも言えない感覚に陥りますが、それでもこういった状況があったことは、私達が知っておかなくてはいけないことなのだと思います。

デート向き映画判定
映画『この世の果て、数多の終焉』ギャスパー・ウリエル/ラン=ケー・トラン

性描写もあり、惨殺なシーンも多くあるので、デートには向いていません。ラブストーリーがキーポイントになっていますが、狂気に満ちた環境下でのことなので、ロマンチックな雰囲気で観るというよりは、彼等の苦悩に共感しながら観るといった感じになると思います。いろいろな映画を一緒に観慣れているカップルなら大丈夫かも知れませんが、初デートや交際がまだ浅いカップルにはあまりオススメできません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『この世の果て、数多の終焉』ギャスパー・ウリエル/ギョーム・グイ

R-18なので、18歳未満の人は観られません。かなりむごい殺され方をした死体が映ったり、18歳以上であっても、映画を観慣れていないとショッキングなので、覚悟して観てください。歴史的背景に詳しくなくても、劇中の説明でついていけると思いますが、フランス軍を受け容れているベトナム人と、抵抗しているベトナム人とがいたり、ベトナム解放軍に対する現地の人の捉え方もさまざまなので、その辺は集中して観て理解してください。

映画『この世の果て、数多の終焉』ギャスパー・ウリエル

『この世の果て、数多の終焉』
2020年8月15日より全国順次公開
R-18+
キノフィルムズ、木下グループ
公式サイト

© 2017 Les films du Worso-Les Armateurs-Orange Studio-Score Pictures-Rectangle Productions-Arena Films-Arches Films-Cinéfeel 1- Same Player- Pan Européenne- Move Movie- Ce Qui Me Meut

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ブレイブ ‐群青戦記-』新田真剣佑/山崎紘菜/鈴木伸之/渡邊圭祐/濱田龍臣/鈴木仁/飯島寛/三浦春馬/松山ケンイチ ブレイブ -群青戦記-

戦国時代に迷い込んだ高校生達が、自分達の得意とするスポーツの技を…

映画『エマの秘密に恋したら』タイラー・ホークリン タイラー・ホークリン

1987年9月11日アメリカ生まれ。DCユニバースを描いたシリーズ『SUPERGIRL/スーパーガール』(15~)のシーズン…

映画『ロード・オブ・カオス』ロリー・カルキン 俳優ファミリー特集Vol.1

この特集では親子、兄弟姉妹、親戚揃って活躍する俳優達をご紹介します。一度ではご紹介しきれないので、シリーズ化して、随時お届けしようと思います。今回はその第1弾です。

映画『ビバリウム』ジェシー・アイゼンバーグ/イモージェン・プーツ ビバリウム

「新居を探しに行ったらエライ目に遭ってもうた!」というストーリーで…

映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア バルトシュ・ビィエレニア

1992年5月15日ポーランド生まれ。2016年クラコフにある国立アカデミー・オブ・シアター・アーツを…

映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実

本作は、ベトナム戦争中の1966年4月11日に行われた救出作戦で、アメリカ空軍の落下傘救助隊の医療兵として60人以上の兵士達を救い戦死した、ウィリアム・H・ピッツェンバーガーについての実話…

海外ドラマ『シカゴ・ファイア シーズン7』ジェシー・スペンサー ジェシー・スペンサー

1979年2月12日、オーストラリアのビクトリア州生まれ。主な出演作に、ドラマ…

映画『ラーヤと龍の王国』 ラーヤと龍の王国

かつて聖なる龍達に守られていた“龍の国”クマンドラは、ドルーンと呼ばれる魔物に襲われ…

Netflix映画『Mank/マンク』チャールズ・ダンス チャールズ・ダンス

1946年10月10日、イギリス生まれ。俳優で映画監督。これまで多くの作品に俳優として…

Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン ここだけの話15:パートナーと収集のつかない喧嘩をした後、気持ちをどう整理する?

PodCast【トーキョー女子映画部ここだけの話】では、トーキョー女子映画部のマイソンが、記事には…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

REVIEW

  1. 映画『ブレイブ ‐群青戦記-』新田真剣佑/山崎紘菜/鈴木伸之/渡邊圭祐/濱田龍臣/鈴木仁/飯島寛/三浦春馬/松山ケンイチ
  2. 映画『ビバリウム』ジェシー・アイゼンバーグ/イモージェン・プーツ
    ビバリウム

  3. 映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート
  4. 映画『ラーヤと龍の王国』
  5. 映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真
  6. 映画『野球少女』イ・ジュヨン
    野球少女

  7. Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ
  8. Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン
  9. 映画『DAU. ナターシャ』ナターリヤ・ベレジナヤ/オリガ・シカバルニャ/リュック・ビジェ
  10. Netflix映画『時の面影』キャリー・マリガン/レイフ・ファインズ
    時の面影

PAGE TOP