心理学

心理学から観る映画22:産後うつの知られざる背景とは

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『82年生まれ、キム・ジヨン』チョン・ユミ

子育ては尊い、母は偉大である…。もちろんその通りなのだと思いますが、逆にその一般的なイメージが、子育てに悩むお母さんを苦しめている部分があるのかもしれません。今回は産後うつについて考えてみます。

子どもはかわいいし、とても大切。だからってお母さんが無条件に幸せとは限らない

産後うつの話をする前に、まずは“抑うつ”について簡単に説明します。丹野・坂本(2001)によると、抑うつ(depression)は、“抑うつ気分”“抑うつ症状”“うつ病”の異なる3つの意味で使われます。

■抑うつ気分:滅入った(悲しくなった、憂鬱になった、ふさぎ込んだ、落ち込んだ)気分。
■抑うつ症状:抑うつ気分とともに生じやすい状態で、抑うつ気分の他にも、興味を失う、疲れやすい、自殺をしたいと思う、ものごとに集中できない、食欲や体重が大幅に増えたり減ったりする、将来について悲観的に考えることなどをが含まれる。
■うつ病:抑うつ症状とは異なる概念である※。うつ病と判断するには、次のaからdすべてを満たしていることが必要。(a)抑うつ気分が一定期間持続すること、(b)抑うつ気分に関連したいくつかの抑うつ症状が存在すること、(c)器質的原因(体の状態による原因、例えば脳炎、てんかんなど)や物質性の原因(アルコールやその他の薬物)によって抑うつ症状が生じたものではないこと、(d)統合失調症などの精神疾患に該当しないこと。

※抑うつ症状は、うつ病以外の病気(統合失調症やアルコール依存など)でも生じることがあるため、異なる概念とされている。

(丹野・坂本, 2001)

抑うつを招く要因や、重症化する要因は、複数考えられますが、産後うつに関連する要因として、1つはホルモンバランスが挙げられます。丹野ほか(2015)によると、「有病率は男性に比べ女性が高いこと、産後うつ病の存在や月経前不快気分障害においても気分の変動が見られることから、ホルモンバランスもうつ症状を呈する原因となることが指摘できる」とされています。

映画『ママをやめてもいいですか!?』

でも子育てに忙しい日々を送っていると、お母さん自身、自分の体調の変化に気付く余裕がないかもしれません。疲れ気味だったとしても子育てで忙しいし、寝る時間がないからだと結論づけて、体調不良を放置してしまうこともありそうです。ホルモンバランスが崩れているかどうかは見てわかることではないので、周囲も気付きにくいですが、その可能性を念頭に入れて、サポートしてあげたいですね。
特に産褥期(さんじょくき/産後の肥立ちとも言われる)とされる6〜8週間は注意が必要と言われています。身体的にも心身的にも回復が必要な時期なので、無理をしない、させないようにしましょう。

また、落ち込んだ時に自己に注意を向けるか、自己から注意をそらすかが、抑うつからの回復を決める鍵を握っているようです。ノレンーホエクセーマらによる研究によると、落ち込んだ気分とは無関係の行動をするという気晴らし的な対処をしたほうが、落ち込んだ気分について考え込むよりも、落ち込み気分からの回復が早いことが報告されているとのことです(丹野・坂本, 2001)。そりゃそうだよなと思いますが、育児をするお母さんはその気晴らしができないから、しんどくなってしまうんですよね(苦笑)。

映画『ママをやめてもいいですか!?』

子育てや産後うつの実態を捉えたドキュメンタリー『ママをやめてもいいですか!?』では、いろいろなお母さんの日常が映し出されています。自由気ままな子ども達の相手を一日中しながら、家事もやって、ヘトヘトになっているお母さん達の姿を観ていると、気晴らしをするにはパートナーなど周囲の理解やサポートなしでは叶わないことが伝わってきます。また、「お母さんなんだから」「もっと良いお母さんにならなきゃ」という思いからわき上がる罪悪感も、お母さん達の気晴らしを邪魔しているのかもしれません。それは引いて見ると、世間一般に持たれているお母さんの理想像、暗黙の圧力からくるものとも言えます。社会がステレオタイプのお母さんのイメージを捨てる必要もあるのではと思います。

そして、人が自己について考えてしまうタイミングや方法も、抑うつに関係しています。丹野・坂本(2001)は、人が自己について考える状況を、①対人的状況、②ネガティブ状況、③ポジティブ状況、④観察者状況、⑤ひとり状況、⑥うらやみ状況に大別し、自己没入が高い人は“ひとり状況”で自己に注意が向きやすいとしています。自己に目を向けること自体は時に必要なことですが、落ち込んでいる時にネガティブな思考を反芻すると、どんどん辛くなっていきます。

『ママをやめてもいいですか!?』のお母さんの言葉にも出てきましたが、1人じゃないから(子どもといるから)孤独ではないということではありません。そう考えると、心理的に“ひとり”の状況が多いお母さんは、ついついネガティブ思考を頭の中で巡らせてしまうのではないでしょうか。パートナーとの会話が重要である背景には、そういった意味合いもあると思います。

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』チョン・ユミ

『82年生まれ、キム・ジヨン』では、子どもを連れて散歩に出た先で、働く女性を羨ましげに見る主人公の姿も印象的に映ります。自分が置かれた状況が、自分の本意とは異なる場合、そのギャップに苦しんだり、先が見えない状況で、途方に暮れてもおかしくありません。本作を観ていると、夫を含め周囲は子育てをするお母さんとして見るばかりで、1人の人間、女性としての問題には気付きにくいのだと気付かされます。

産後うつは、誰でもなる可能性があります。子どもを2人、3人と育てたお母さんでも例外ではありません。『タリーと私の秘密の時間』は、3人目を生み育てるママの物語です。端から見ると、もう既に2人育てたんだから大丈夫でしょうと思ってしまいがちですが、人知れず苦しんでいるのがわかります。でも限界がきて、主人公に異変が起きます。『タリーと私の秘密の時間』の主人公や、『82年生まれ、キム・ジヨン』の主人公に起こる不思議な現象は、産後うつの象徴的な症状というわけではありませんが、お母さんがどれだけ追い詰められているかを投影しています。頑張らなければいけいないと自分を追い詰めながら子育てをするお母さん達の心がいかに閉じられていて、1人で抱え込んでいるかを表しているとも解釈できます。

映画『タリーと私の秘密の時間』シャーリーズ・セロン

産後うつに限らずですが、結婚や出産、昇進など、人生のハッピーな出来事がきっかけで、精神的に辛くなることはあります。「幸せなはずなのに」と思っても辛い時は、誰かに相談したり頼りましょう。

<参考・引用文献>
丹野義彦・坂本真士(2001)「自分のこころからよむ臨床心理学入門」東京大学出版会
丹野義彦・石垣琢磨・毛利伊吹・佐々木淳・杉山明子(2015)「臨床心理学」有斐閣

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』チョン・ユミ/コン・ユ

『82年生まれ、キム・ジヨン』
2020年10月9日より全国公開

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

夫や周囲の人間が、主人公の辛さの根源になかなか気付かないもどかしさを体感。産後うつは、社会が生み出していると思える実態も映し出しています。

© 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

映画『ママをやめてもいいですか!?』

『ママをやめてもいいですか!?』
2020年2月29日より劇場公開/自主上映会&オンライン配信中

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

実際に産後うつを経験したお母さんや、家族を産後うつで失った方の日々を映し出しています。母親だけでなく、父親の心情にも迫っていて、夫婦としてどう子育てをしたらよいか考えるきっかけにできます。子育てに悩む背景にさまざまな要因があることも理解できます。

『タリーと私の秘密の時間』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

子育てでヘロヘロになっている主人公の前に現れたタリーという女性。彼女は主人公の良き理解者となるのですが…。子育ては1人ではできません。お母さんには助ける人が必要なんです。

タリーと私の秘密の時間(字幕版)

© 2017 TULLY PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

TEXT by Myson(認定心理士)

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ブックセラーズ』 ブックセラーズ

文化的な歴史のなかで、本には長い歴史があります。今では…

映画『モンスターハンター』ミラ・ジョヴォヴィッチ ミラ・ジョヴォヴィッチ

1975年12月17日、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国生まれ。1998年に『トゥー・ムーン』で…

映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』ロバート・デ・ニーロ/オークス・フェグリー グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告

本作は、とある事情で娘一家の家に移り住むことになったおじいちゃん(ロバート・デ・ニーロ)と、おじいちゃんに部屋を取られ…

映画『スプリー』ジョー・キーリー スプリー

SNSでバズろうと躍起になり、我を失う若者を描いた本作は、サンダンス映画祭で話題を呼び、全米では33館という小規模の公開ながら…

映画『すばらしき世界』六角精児 六角精児(ろっかく せいじ)

1962年6月24日生まれ。兵庫県出身。1982年に劇団”善人会議(現・扉座)”の旗揚げに参加し、…

Netflix映画『彼女』インタビュー:廣木隆一監督&さとうほなみさん Netflix映画『彼女』廣木隆一監督、さとうほなみさんインタビュー

Netflix映画『彼女』の廣木隆一監督、さとうほなみさんにインタビュー。監督、主演の立場から、本作の魅力をいろいろと語っていただきました。お2人の楽しい掛け合いから、撮影現場でも和気あいあいとされていたのかなというのが伝わってきました。

映画『SNS-少女たちの10日間-』 SNS-少女たちの10日間-

SNSが普及した昨今、ネット上で子ども達が危険な目に遭っていることが問題視されています。これは…

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』安藤政信 安藤政信(あんどう まさのぶ)

1975年5月19日、神奈川県生まれ。1996年、北野武監督&脚本作…

映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』佐藤健/武井咲/新田真剣佑/青木崇高/蒼井優/有村架純/江口洋介 るろうに剣心 最終章 The Final

大人気の本シリーズもいよいよ最終章です。本作は最終章2部作のうちの1作目。物語は…

映画『トムとジェリー』クロエ・グレース・モレッツ クロエ・グレース・モレッツ

1997年2月10日アメリカ生まれ。現在、カリフォルニア州ロサンゼルスに在住。2010年『キック・アス』で…

部活・イベント

  1. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  2. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  3. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  4. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  5. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

おすすめ記事

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

REVIEW

  1. 映画『ブックセラーズ』
  2. 映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』ロバート・デ・ニーロ/オークス・フェグリー
  3. 映画『スプリー』ジョー・キーリー
    スプリー

  4. 映画『SNS-少女たちの10日間-』
  5. 映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』佐藤健/武井咲/新田真剣佑/青木崇高/蒼井優/有村架純/江口洋介
  6. Netflix映画『マ・レイニーのブラックボトム』ヴィオラ・デイヴィス/
  7. Netflix映画『私というパズル』ヴァネッサ・カービー/シャイア・ラブーフ
  8. 映画『AVA/エヴァ』ジェシカ・チャステイン
    AVA/エヴァ

  9. Netflix映画『彼女』水原希子/さとうほなみ
    彼女

  10. 映画『約束の宇宙』エヴァ・グリーン
    約束の宇宙

PAGE TOP