REVIEW

窓ぎわのトットちゃん【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『窓ぎわのトットちゃん』

REVIEW

20以上の国で翻訳され、全世界累計2500万部を超えるベストセラー「窓ぎわのトットちゃん」は、原作者である黒柳徹子自身の幼少期を綴った自伝的小説です。その小説が、この度初めてアニメーション映画化されました。色彩がとても綺麗で、キャラクター達の表情が豊かな作風は、トットちゃんが過ごした日々の楽しさと温かさを象徴していて、観ているこちらもとても心地よく感じます。
主人公のトットちゃんはとても可愛くて、なんといっても性格がお茶目です。そして、とても真っ直ぐな性格で、何事にも一生懸命、周りの人達を幸せにする姿は、現代の私達がテレビで観ている黒柳徹子の姿とそのまま重なります。また、トットちゃんの同級生達も個性豊かで皆とっても可愛いです。特にキーパーソンとなる山本君とトットちゃんのやり取りは心に残ります。子ども達の素直さ、優しさ、ひたむきさ、すべてが目に焼き付きます。
そんな子ども達の魅力を最大限に引き出している立役者、トモエ学園の小林校長先生も本当に素敵です。小林宗作先生は日本で初めてリトミックを導入し普及させたことで知られていて、劇中でもリトミックのシーンが出てきます。前衛的な教育方針はそれだけに留まらず、電車の車輌を教室にしていたり、授業の仕方やお弁当タイムもユニークで、何よりそれぞれの子どもに合わせた対応をしている姿が印象に残ります。枠にはめることがなく、子ども達の良いところを伸ばす教育法は観ていて微笑ましいし、自分が子どもの頃にこんな学校があったら通いたかったと強く感じます。そして、子どものありのままの思いを受け止め見守る包容力と優しさは、スクリーンから溢れ出し、観客にも幸福感を与えてくれます。
本作は戦時中の物語という点で、戦争の影の部分ももちろん描かれています。さらに、子どもにとってとても辛い出来事も起こります。それでもキャラクター達には優しさが溢れていて、観ているだけで温かい気持ちになれます。月並みな表現ですが、敢えてストレートに言いたい。本作はすごく良い映画です!年齢を問わず、たくさんの方にぜひ観て欲しい1作です。

デート向き映画判定

映画『窓ぎわのトットちゃん』

とても温かい気持ちにしてくれる作品で、クスクス笑えるところもあったり、雰囲気が和みます。初デートで観てもOKでしょう。観ている側にさりげなく人生観を問うてくる内容でもあるので、感想の内容によってお互いに価値観が合うか何となく探れるところもありそうです。涙腺を刺激されるシーンが出てくるので、メイク崩れの心配がある方はハンカチとお直しセットを持参しましょう。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『窓ぎわのトットちゃん』

キッズやティーンの皆さんにもぜひ観て欲しいです。何でも楽しむし、何にでも全力で挑むトットちゃんの姿は、年齢を問わず良いお手本になります。トットちゃんと友達、学校の先生、家族との何気ないやり取りも観ていて癒されます。何より、ありのままの自分でいいんだということを教えてくれるストーリーです。友達と観るのも、親子で観るのもオススメです。

映画『窓ぎわのトットちゃん』

映画『窓ぎわのトットちゃん』
2023年12月8日より全国公開
東宝
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

©黒柳徹子/2023映画「窓ぎわのトットちゃん」製作委員会

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2023年11月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット 『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李 52ヘルツのクジラたち【レビュー】

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を映画化した本作は、声に出して助けを求められない孤独な人々が出会い…

映画『夜明けのすべて』上白石萌音 上白石萌音【プロフィールと出演作一覧】

1998年1月27日生まれ。鹿児島県出身。2011年、第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞。同年…

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李
  2. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  3. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  4. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  5. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮

PRESENT

  1. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  2. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  3. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
PAGE TOP