心理学

心理学から観る映画45:【映画でウェルビーイングを見つける】Vol.2『窓ぎわのトットちゃん』

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『窓ぎわのトットちゃん』

【映画でウェルビーイングを見つける】第2弾で選んだ映画は、黒柳徹子の自伝小説を映画化した『窓ぎわのトットちゃん』です。本企画では、ウェルビーイングを感覚としてつかむ上で有用な映画をご紹介していきます。

ウェルビーイング(Well-being)とは
●身体的・精神的・社会的に良い状態にあること(文部科学省)
●持続的な幸福のあり方(セリグマン,2014)
→さらに詳細はこちら

ウェルビーイングの5要素

  • ポジティブ感情
  • エンゲージメント(何かに夢中になり没我する感覚。フロー状態と関係がある)
  • 意味・意義
  • ポジティブな関係性
  • 達成感

※ウェルビーイングの構成要素は研究者によって諸説ある中で、上記は、セリグマン(2014)を採用しています。

昨今、国内外でウェルビーイングに注目が集まってきており、研究者も増えてきました。研究者によって定義や構成要素が微妙に異なりますが、本記事では上記のセリグマン(2014)が提唱する要素をもとにしています。

今回の題材映画

映画『窓ぎわのトットちゃん』
映画『窓ぎわのトットちゃん』

『窓ぎわのトットちゃん』
2023年12月8日より全国公開中
東宝
原作:黒柳徹子
監督・脚本:八鍬新之介
声の出演:大野りりあな/小栗旬/杏/滝沢カレン/役所広司
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 ムビチケ購入はこちら

第二次世界大戦中の日本が舞台となっている本作では、お転婆なトットちゃん(子どもの頃の黒柳徹子)と、学校の友達や先生、家族の日常が描かれています。子どもでものびのびと過ごすことができない時代にめげず、トットちゃんが何事にも明るく一生懸命に取り組む姿がとても印象的です。そんな本作のストーリーをウェルビーイングの5つのポイントと結び付けて考えてみました。

©黒柳徹子/2023映画「窓ぎわのトットちゃん」製作委員会

『窓ぎわのトットちゃん』に観る、ウェルビーイング5つのポイント

映画『窓ぎわのトットちゃん』

ポジティブ感情:説明不要なくらい、トットちゃんは何に対してもポジティブに考えているのが伝わってきます。トットちゃんはポジティブ感情に溢れています。
エンゲージメント:トットちゃんは何に対しても一生懸命です。お財布をある場所に落っことして気が済むまで探したり、仲良しのやすあきちゃんに自慢の眺めを見せてあげようと試行錯誤したり、幾度となく無我夢中な姿が観られます。
意味・意義:利他的なトットちゃんの言動の数々も印象に残るでしょう。自分が楽しくてやっていたとしても、相手のためを思ってやっている部分が常にあるとわかります。
ポジティブな関係性:家族はもちろん、トモエ学園の先生や友達ととても良い関係を築いています。そして、トットちゃんはいつも周りの人を幸せにします。特に一番の仲良し、やすあきちゃんとの絆はトットちゃんに大きな影響を与えていることが見て取れます。
達成感:トットちゃんはやる前から諦めることがありません。“エンゲージメント”で取り上げたシーンも含め、トットちゃんは何事にも全力投球なので、観ているだけでも達成感が伝わってきます。

上記はあくまで私の視点です。皆さんも自由に感じたまま当てはめて観てみてください。

映画『窓ぎわのトットちゃん』

本作を観た時にまさにウェルビーイングのヒントが詰まった作品だなと感じました。戦争中で誰もがとても辛い思いをしている時代にもかかわらず、トットちゃんの元気な姿、彼女の周りの人達の優しさを観ていると、幸福感に包まれます。トットちゃん自身がとても優しくて前向きだからこそ、幸福感に溢れているのはもちろんのこと、トットちゃんの周りの人達も優しさに溢れていて、幸福の連鎖、相互作用があるように感じます。

トットちゃんだけでなく、トットちゃんの両親、トモエ学園の小林先生、やすあきちゃんの姿にもウェルビーイングのヒントがたくさんあります。

映画『窓ぎわのトットちゃん』

ぜひ、年齢を問わず多くの方に観ていただきたい作品です。初見は純粋に映画を楽しんでいただき、2回目、3回目と繰り返し観る機会に、ウェルビーイングの要素をイメージしながら観てみてください。

<参考・引用文献>
文部科学省「ウェルビーイングの向上について(次期教育振興基本計画における方向性)」中央教育審議会教育振興基本計画部会(第13回)会議資料【資料8】
マーティン・セリグマン(2014)(宇野カオリ訳)『ポジティブ心理学の挑戦“幸福”から“持続的幸福”へ』ディスカヴァー・トゥエンティワン,東京
前野隆司・前野マドカ(2022)『ウェルビーイング』日本経済新聞出版

原作本「窓ぎわのトットちゃん」

Amazonで書籍を購入する

TEXT by Myson(武内三穂・認定心理士)

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2023年12月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP