REVIEW

ミラベルと魔法だらけの家【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ミラベルと魔法だらけの家』

魔法が登場する作品では、主人公が魔法を使える、もしくは辛い修行の末にすごい魔法使いになるといった設定で描かれていることが多い印象ですが、本作では主人公ミラベルの家族、マドリガル家が皆“魔法のギフト”を授かっているなか、ミラベルだけは授かっていないという設定になっています。このユニークな設定から、まず物語がどう進行していくのか予想できないおもしろさがあります。
そして、物語はある不吉な幻覚の真相を突き止めることを軸に展開していき、ミラベルの宿命が徐々に明かされていきます。ここで新鮮なのは、物語はほぼ“魔法だらけの家”の中で展開されていくことです。主人公が遠くまで冒険をしに行ったり、すごく危ない目に遭うという試練よりも、身近にある人間関係をキーポイントにしている点で私達にとってとても身近な物語だと感じることができると思います。
また、この物語の着眼点が素晴らしいのは、世の中で良しとされている価値観の裏側に目を向けていることです。「あの人は幸せそう」と誰もが思う物事に対して、「本当にそうなの?」「本当はこういう辛さもあるんじゃない?」といった視点を持ち込む内容で、“ギフト(才能)”とは何かという定義から変えていく力を持っています。こんな風に皆が世界を見るようになれば、きっと今私達がいる世界は良い意味で“魔法だらけ”に思えて素敵だなと思います。これまでのディズニー映画ではさまざまな魔法が描かれてきましたが、こういった新しい視点を取り入れてきたというところで時代の変化を感じると同時に、ディズニーが子ども達や社会に与えてきた影響が大きいことを考えると、とても有意義な内容だと感じます。そういう意味でもこの作品を作られた方々もすごく素敵だし尊敬します。ラストは涙腺が崩壊する可能性があるので、ぜひハンカチを手元に置いて観てください。

デート向き映画判定
映画『ミラベルと魔法だらけの家』

誰でも少なからず何かを背負って生きていると思いますが、そんな肩の荷をすっと下ろしてくれるストーリーです。視野が広がることで人に優しくなれる部分もあると思うので、ぜひデートでも観てください。特に仕事や勉強などに追われている時こそ観ると安らげると思います。一緒に、もっと気楽に幸せに生きるための思考の変化ができれば、2人の中も一層安定するのではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ミラベルと魔法だらけの家』

キッズやティーンの皆さんはこれから何にでもなれる、何でもできる可能性をいっぱい持っているからこそ、それがプレッシャーに思えたり、何かの才能に恵まれたとしてもいろいろな迷いや悩みが出てきますよね。そんな皆さんにドンピシャなストーリーなのでぜひ観て欲しいと思います。自分が変わっても周囲の人達(特に大人)の考えまで変えることは難しいですが、本当に大切なものは何かを教えてくれるストーリーなので、それを忘れないでいれば周りに振り回されてしまうことも少なくなるはずです。友達と観ても楽しめるし、親の圧力に悩む方は敢えて親子で観るのも良いでしょう。

映画『ミラベルと魔法だらけの家』

『ミラベルと魔法だらけの家』
2021年11月26日より全国公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

© 2021 Disney. All Rights Reserved

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP