REVIEW

ミラベルと魔法だらけの家

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ミラベルと魔法だらけの家』

魔法が登場する作品では、主人公が魔法を使える、もしくは辛い修行の末にすごい魔法使いになるといった設定で描かれていることが多い印象ですが、本作では主人公ミラベルの家族、マドリガル家が皆“魔法のギフト”を授かっているなか、ミラベルだけは授かっていないという設定になっています。このユニークな設定から、まず物語がどう進行していくのか予想できないおもしろさがあります。
そして、物語はある不吉な幻覚の真相を突き止めることを軸に展開していき、ミラベルの宿命が徐々に明かされていきます。ここで新鮮なのは、物語はほぼ“魔法だらけの家”の中で展開されていくことです。主人公が遠くまで冒険をしに行ったり、すごく危ない目に遭うという試練よりも、身近にある人間関係をキーポイントにしている点で私達にとってとても身近な物語だと感じることができると思います。
また、この物語の着眼点が素晴らしいのは、世の中で良しとされている価値観の裏側に目を向けていることです。「あの人は幸せそう」と誰もが思う物事に対して、「本当にそうなの?」「本当はこういう辛さもあるんじゃない?」といった視点を持ち込む内容で、“ギフト(才能)”とは何かという定義から変えていく力を持っています。こんな風に皆が世界を見るようになれば、きっと今私達がいる世界は良い意味で“魔法だらけ”に思えて素敵だなと思います。これまでのディズニー映画ではさまざまな魔法が描かれてきましたが、こういった新しい視点を取り入れてきたというところで時代の変化を感じると同時に、ディズニーが子ども達や社会に与えてきた影響が大きいことを考えると、とても有意義な内容だと感じます。そういう意味でもこの作品を作られた方々もすごく素敵だし尊敬します。ラストは涙腺が崩壊する可能性があるので、ぜひハンカチを手元に置いて観てください。

デート向き映画判定
映画『ミラベルと魔法だらけの家』

誰でも少なからず何かを背負って生きていると思いますが、そんな肩の荷をすっと下ろしてくれるストーリーです。視野が広がることで人に優しくなれる部分もあると思うので、ぜひデートでも観てください。特に仕事や勉強などに追われている時こそ観ると安らげると思います。一緒に、もっと気楽に幸せに生きるための思考の変化ができれば、2人の中も一層安定するのではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ミラベルと魔法だらけの家』

キッズやティーンの皆さんはこれから何にでもなれる、何でもできる可能性をいっぱい持っているからこそ、それがプレッシャーに思えたり、何かの才能に恵まれたとしてもいろいろな迷いや悩みが出てきますよね。そんな皆さんにドンピシャなストーリーなのでぜひ観て欲しいと思います。自分が変わっても周囲の人達(特に大人)の考えまで変えることは難しいですが、本当に大切なものは何かを教えてくれるストーリーなので、それを忘れないでいれば周りに振り回されてしまうことも少なくなるはずです。友達と観ても楽しめるし、親の圧力に悩む方は敢えて親子で観るのも良いでしょう。

映画『ミラベルと魔法だらけの家』

『ミラベルと魔法だらけの家』
2021年11月26日より全国公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

© 2021 Disney. All Rights Reserved

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット 『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李 52ヘルツのクジラたち【レビュー】

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を映画化した本作は、声に出して助けを求められない孤独な人々が出会い…

映画『夜明けのすべて』上白石萌音 上白石萌音【プロフィールと出演作一覧】

1998年1月27日生まれ。鹿児島県出身。2011年、第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞。同年…

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李
  2. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  3. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  4. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  5. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮

PRESENT

  1. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  2. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  3. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
PAGE TOP