REVIEW

燃えよデブゴン/TOKYO MISSION

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『燃えよデブゴン/TOKYO MISSION』ドニー・イェン

これまで“デブゴン”といえばサモ・ハン(サモ・ハン・キンポー)で、ぽっちゃりで機敏で最強な役といえば彼しかできないと思っていましたが、今作はドニー・イェンが特殊メイクでデブゴン役に挑戦。物語の最初はいつも見ているのと同じドニー・イェンの姿で主人公を演じているので、どういういきさつでデブゴンになっていくのかと思いきや、至ってシンプルな理由で太っていくのでとても親近感が湧きます(笑)。また、今作は熱血刑事のフクロン(ドニー・イェン)がある任務で日本へやってくるというストーリーで、新宿歌舞伎町や築地市場でデブゴンが大暴れしたり、これまでもアクション監督として数々の国内外の作品を手掛けてきた谷垣健治が監督を務め、竹中直人や渡辺哲、バービーなど日本人キャストも登場して、日本のスパイスがたくさん入った作品となっています。中でも竹中直人はこの作風にフィット感が抜群で、香港映画に決まって出てくる可笑しなキャラクターのような存在感を発揮しています。
とにかくドニー・イェンと谷垣健治監督がタッグを組んだ作品が日本を舞台にして作られるとは、それだけでテンションが上がっちゃいますよね。もう正直物語はどうでも良くて(笑)、ドニー・イェンのアクションがめちゃめちゃカッコ良いだけで大満足です。ぽっちゃり特殊メイクでもあれだけ動けるとは、本当に天才!「なんで下だけジャージやねん!」とか「なんでそんなところにヌンチャクあるねん!」とか心の中でツッコミを入れながら、ぜひいろいろなアクションをご堪能ください。

デート向き映画判定
映画『燃えよデブゴン/TOKYO MISSION』ドニー・イェン

意外にもラブロマンス多めで、コミカルかつロマンチックでもあるので、デートにもピッタリです。フクロンが刑事ということで、いつも身を案じる恋人の気持ちにも共感できて、2人の関係がどうなるのかを見守りつつ、自分だったらどうするかと想像もできます。アクションもすごく爽快なので気楽に観るのもアリですよ。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『燃えよデブゴン/TOKYO MISSION』ドニー・イェン/竹中直人

ドニー・イェンが演じる主人公のフクロンはもちろん、武術に長けたキッズもすごくカッコ良くて、観ている間も観終わった後も爽快感が味わえて、テンションが上がります。本作を観てカンフー映画の虜になるはず人もいるはずなので、ハマったらぜひ他のカンフー映画もいろいろ観てください。サモ・ハン主演の元祖“燃えよデブゴン”シリーズもオススメです。難しいことを考えずに観られるので、小学生でも興味があれば観てみてください。

映画『燃えよデブゴン/TOKYO MISSION』ドニー・イェン

『燃えよデブゴン/TOKYO MISSION』
2021年1月1日より全国公開
ツイン

©2020 MEGA-VISION PROJECT WORKSHOP LIMITED.ALL RIGHTS RESERVED.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『i ai』富田健太郎/堀家一希 i ai【レビュー】

GEZANのフロントマンであり、小説執筆や映画出演、フリーフェス「全感覚祭」や反戦デモの主催など…

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『i ai』富田健太郎/堀家一希
  2. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  3. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  4. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  5. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP