イイ男セレクション

ドニー・イェン

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『イップ・マン 完結』ドニー・イェン

1963年7月27日中国、広東省生まれ。2歳で香港へ渡り、幼少の頃から武術家である母のもとで少林拳や太極拳の訓練を積む。その後、ブルース・リーの映画に衝撃を受けたことをきっかけに、18歳から北京の体育学校で本格的に武術を学ぶ。その後、ユエン・ウーピン監督に見出され、1984年に『ドラゴン酔太極拳』に出演し、香港映画界に進出。1992年には『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱』で、香港電影金像奨助演男優賞にノミネートされる。その後も本格アクション俳優として活躍し『ドラゴン危機一発’97』などに出演し、1998年『ドニー・イェン COOL』では監督とアクション監督も兼任した。2000年には『ハイランダー 最終戦士』でハリウッドデビューを飾る。2005年には『SPL 狼よ静かに死ね』で、香港電影金像奨アクション監督賞を受賞。さらに2008年『イップ・マン 序章』の大ヒットで、中国で最も人気のあるアクションスターとなる。また、日本映画『修羅雪姫』にも出演し、さらにプレイステーション2用のゲームソフト「鬼武者3」でアクション監督を務めるなど、ワールドワイドに活躍している。

イイ男セレクション/出演作

『ドラゴン酔太極拳』『タイガー刑事』『クライム・キーパー 香港捜査官』『タイガー・コネクション』『ドラゴン・バーニング』『ドニー・イェン 邪神拳』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱』『ドラゴン・イン』『新流星蝴蝶剣』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ外伝/アイアンモンキー』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地雷鳴』『詠春拳』『ドラゴン電光石火’98』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ外伝/アイアンモンキーグレート』『ドラゴン危機一発’97』『新・ドラゴン危機一発』『ドニー・イェン COOL』『HERO』『セブンソード』『SPL 狼よ静かに死ね』『かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート』『導火線 FLASH POINT』『エンプレス/運命の戦い』『イップ・マン 序章』『孫文の義士団』『イップ・マン 葉問』『レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳』『処刑剣 14BLADES』『捜査官X』『スペシャルID 特殊身分』『モンキー・マジック 孫悟空誕生』『アイスマン 超空の戦士』『カンフー・ジャングル』『Crouching Tiger Hidden Dragon: ソード・オブ・デスティニー』『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』『トリプルX:再起動』『イップ・マン 継承』『イップ・マン 完結』など

イイ男セレクション/イイ男ポイント

以前の作品もいくつか観ていましたが、特に“イップ・マン”シリーズを観て、とても好きになりました。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』では、一際輝いていて、彼のアクションシーンは、舞いを観ているようで見とれてしまいます。アジアのスターが“スター・ウォーズ”シリーズに登場するという意味でもすごく嬉しいです。『トリプルX:再起動』でも、主役を喰う輝きを放っていて、アクションシーンに華を添えています。ぶっちゃけ今までは、顔はそんなにカッコ良いと思ってなかったんですが、若返ったんじゃないかなと思えるくらい輝いて見えて、だんだん顔もカッコ良く思えてきました(笑)。すっかりドニー・マジックにかかってます。

Recommended by Myson

©2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
© 2016 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
© 2016 Starbright Communications Limited All Rights Reserved
© Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved.

from 2016/12/21

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『キング・オブ・シーヴズ』ジム・ブロードベント ジム・ブロードベント

1949年5月24日イギリス、リンカン生まれ。2001年に『アイリス』で…

鍵のイメージの画像:写真AC インタビュー2020総集編1「映画人の皆さんが影響を受けた映画」

映画人の皆さんに影響を与えた映画や映画人って、気になりますよね?今回は2020年に掲載したインタビュー総集編として、映画人の皆さんにインタビュー時に聞いた「これまで影響を受けた映画もしくは俳優・監督について」の回答をまとめました。2回に分けてお届けします。

映画『名も無き世界のエンドロール』岩田剛典/新田真剣佑 名も無き世界のエンドロール

冒頭から「?」と思う伏線が多く張られていくので、最初から最後まで…

Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ザッカリー・クイント ザッカリー・クイント

1977年6月2日アメリカ、ペンシルバニア州生まれ。11歳の頃から…

映画『天国にちがいない』エリア・スレイマン 天国にちがいない

なんて可愛らしい映画なんでしょうか。人間は…

映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン イ・ビョンホン

1970年7月12日韓国生まれ。1991年、TVドラマ『アスファルト我が故郷』で俳優活動を開始し…

映画『わたしの叔父さん』イェデ・スナゴー わたしの叔父さん

のどかで美しいデンマークの農場が舞台の本作。主人公は、27歳の女性クリスで…

映画『ヤクザと家族 The Family』綾野剛/舘ひろし ヤクザと家族 The Family

人には人との繋がりが大切で、どんな環境どんな関係であっても、家族と呼べる関係が…

映画『あまくない砂糖の話』 映画で“食”について考えてみよう8:三大栄養素は体を動かすエネルギー源

今回は栄養素の基礎となる“糖質”“脂質”“たんぱく質”の三大栄養素について紹介します。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 花束みたいな恋をした

20歳前後、大学生の頃の出会いって独特だなと、本作を観ると改めて感じます…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『名も無き世界のエンドロール』岩田剛典/新田真剣佑
  2. 映画『天国にちがいない』エリア・スレイマン
  3. 映画『わたしの叔父さん』イェデ・スナゴー
  4. 映画『ヤクザと家族 The Family』綾野剛/舘ひろし
  5. 映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純
  6. 映画『キル・チーム』ナット・ウルフ
    キル・チーム

  7. 映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン
  8. 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル
  9. 映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ
    天空の結婚式

  10. 映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳
PAGE TOP