REVIEW

ムーンフォール【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
Amazon Prime Video映画『ムーンフォール』ハル・ベリー/パトリック・ウィルソン/ジョン・ブラッドリー

『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』などを手掛け、ディザスター・ムービーの巨匠として知られるローランド・エメリッヒ監督の作品ということで、本作でも迫力満点の映像を楽しめます。物語の舞台は2021年のアメリカ。月が謎の力により軌道から外れ、あと数週間で地球に激突するという衝撃の事実が発覚します。本作では、そんな緊急事態に立ち向かう人々とその家族の物語が描かれています。
1番の見どころは、NASAの副長官ジョー(ハル・ベリー)、あることが原因でNASAを離れた元宇宙飛行士ブライアン(パトリック・ウィルソン)、自称“天文学博士”K.C.(ジョン・ブラッドリー)の3人が地球の危機を救うために奔走する姿です。最初はバラバラの3人が、結託していく様子は、観ている側も応援したくなります。特に後半は、「どうなるの!?」という展開が多く、ハラハラの連続です。さらに、それぞれの家族の様子も描かれ、家族愛を感じられる場面もあるので、隅々まで注目してください。
メインキャストのハル・ベリー、パトリック・ウィルソン、ジョン・ブラッドリーの名演はもちろん、マイケル・ペーニャ、チャーリー・プラマーらも印象に残る演技を披露しています。本作は展開を予想しながら観ても、「そうきたか!?」という場面があり、良い意味で期待を裏切られます。あまりに迫力のある映像だったので、欲を言えば劇場の大きなスクリーンで観たかったと感じます(苦笑)。でも、自宅でできる限り大きな画面で観て、家族や友達同士でワイワイしながら観ても十分楽しめると思います。

デート向き映画判定
Amazon Prime Video映画『ムーンフォール』パトリック・ウィルソン

ロマンチックな展開はないものの、ハラハラする展開が多いのでジェットコースター効果を期待できそうです。また、主人公達の家族愛も感じられる作品なので、鑑賞後はこれを機にお互いの家族の話をするのもアリです。

キッズ&ティーン向き映画判定
Amazon Prime Video映画『ムーンフォール』チャーリー・プラマー/ケリー・ユー

月が地球に迫ってくるという細かい原理の部分はキッズには難しそうです。でも、あれこれ考えずに映像の迫力や物語に没頭して観るだけでも、作品のすごさは十分感じられると思います。ティーンの場合は、細かい点にも注目しつつ展開を予想しながら観ると、より楽しめるのではないでしょうか。本作を楽しめたら、ローランド・エメリッヒ監督の過去作を観てみるのもオススメです。

Amazon Prime Video映画『ムーンフォール』

『ムーンフォール』
2022年7月29日よりAmazon Prime Videoにて配信中

© 2022 UK MOONFALL LLP All Rights Reserved

TEXT by Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  2. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  3. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  4. 映画『ザ・タワー』
  5. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP