REVIEW

ロスト・キング 500年越しの運命【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ロスト・キング 500年越しの運命』サリー・ホーキンス

筋痛性脳脊髄炎を患いながらも、子育てと仕事を両立させてきたフィリッパ(サリー・ホーキンス)は、上司から正当な評価を受けていない状況に耐えかねていました。そんな時、舞台で観たリチャード3世の姿に自分を重ね、歴史上のリチャード3世像に疑問を感じたフィリッパは、リチャード3世にまつわる書物を読み漁り、リチャード3世ファンのコミュニティに入り、専門家にも会いに行きます。そうして、フィリッパはリチャード3世の遺骨を探し出す決意をします。
本作は500年以上、行方不明だったリチャード3世の遺骨を発見したフィリッパ・ラングレーの実話を映画化した作品です。人生の壁にぶつかっていた1人の女性が、直感を頼りに歴史的偉業を果たします。でも、その過程でも彼女は主導者にも関わらず、軽んじられていることに苦しみ、手柄を横取りする人達とのストレスのあるやり取りに耐えることになります。フィリッパは最初リチャード3世の専門家でも何でもなく、地位や名誉もない一般人です。でも、彼女は彼女を見下している誰よりも熱心で、リチャード3世の理解者であるのが伝わってきます。そんな彼女が弱い立場でありながら、負けずに信念を通す姿に胸を打たれます。同時に、元夫や2人の息子が温かくフィリッパを支える姿にも心が温まります。
利害関係がなく、純粋に”心が動く”ことに打ち込めるって本当に素敵。フィリッパは大きな勇気で実行に移し、周囲の人達の心も動かしていきます。結婚し、子どもができ、自分よりも家族を優先する姿勢もリスペクトします。ただ、やっぱり自分も幸せになって欲しいし、そうなるべきだと思います。でも、第二の人生を歩もうとした時、ワクワクすることの見つけ方を忘れてしまっていたり、見つけても踏み出す勇気が持てないまま、諦めてしまう人も多いと思います。そんな方々に希望と勇気を与えてくれる作品です。

デート向き映画判定
映画『ロスト・キング 500年越しの運命』サリー・ホーキンス/ハリー・ロイド

フィリッパと元夫のジョンは形として夫婦ではないとしても、とても強い絆で繋がっていて素敵です。衝突しても2人ともお互いに正直である点にも、とても共感します。相手のためにと遠慮したり、我慢したりすることも思いやりからくる行動であると同時に、自分に正直に生きることもお互いが幸せに生きる秘訣のように感じます。この2人を観てどんな風に感じるか語り合うと、お互いの価値観が合うかどうか知ることができそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ロスト・キング 500年越しの運命』サリー・ホーキンス/ハリー・ロイド

リチャード3世にまつわるストーリーなので、世界史の勉強に興味を持つきっかけにもできそうです。また、フィリッパの2人の息子もとても良い味を出していて、やんちゃながらお母さんを影で支える姿をぜひ皆さんにも観て欲しいです。子どもには見せないお母さんの素顔、戦うお母さんの姿から学ぶものは大いにあると思います。そして、本作を観て、大人になっても人生はおもしろいと思えるきっかけになれば嬉しいです。

映画『ロスト・キング 500年越しの運命』サリー・ホーキンス

『ロスト・キング 500年越しの運命』
2023年9月22日より全国公開
カルチュア・パブリッシャーズ
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© PATHÉ PRODUCTIONS LIMITED AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2022 ALL RIGHTS RESERVED.

TEXT by Myson

本ページの情報は2023年9月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン 『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎 もしも徳川家康が総理大臣になったら【レビュー】

タイトルを聞いただけでも興味をそそりつつ、どうやって徳川家康が現代の総理大臣になるのかなと…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  2. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  3. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  4. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム
  5. 映画『呪葬』セリーナ・レン

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP