REVIEW

ルース・エドガー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ルース・エドガー』ナオミ・ワッツ/オクタヴィア・スペンサー/ケルヴィン・ハリソン・Jr.

人種差別に関する映画はたくさんありますが、こういった視点のものはあまりなかったのではないでしょうか。勉強もスポーツも万能で学校中から一目置かれている優等生のルースは、歴史の授業で出された課題で過激な内容を提出します。また彼が違法な花火をロッカーに入れていたことで歴史担当の教師ハリエット・ウィルソンは、養母のエイミーにそのことについて懸念を伝えます。そこからルースと養父母との間で信頼関係が揺らぎ始め、ルースに不可解な行動が増えていきます。ここから先は映画で観て頂くとして、本作の特徴は、優秀で一見恵まれていて幸せそうなアフリカ系アメリカ人を主人公としている点です。彼は皆から常に羨望の眼差しを向けられていますが、大きなプレッシャーを抱えています。彼は養母に出会う前、エリトリアで育ち、幼いながらも戦場に駆り出された辛い経験を持っていて、トラウマを克服するために長年苦労してきました。だからこそ、自分はそんな辛い経験を乗り越えた黒人として“象徴”に仕立てあげられるんだと考えていて、本当は皆自分のことを信じておらず、聖人でなければ怪物だと思われているという葛藤を抱えています。
本作で印象深いのは、結局成功してようとしてまいと、「黒人は黒人」という扱いからは抜け出せていない現実がアメリカにはあり、そういう意味でのアメリカン・ドリームもまやかしに過ぎないということです。エリトリアで戦場に駆り出されていた不憫な7歳の少年をアメリカ人夫婦が引き取って優等生に育て上げたことは、世間では美談とされるかも知れませんが、ルース本人はありのままの自分ではなく、完璧な自分を周囲から求められることに生きづらさを感じているのです。ルースの表の顔ともう一つの顔を観ていると、人が本当の意味で認めるということ=称賛ではないのだなと気付かされます。人種差別問題だけでなく、青少年が抱える苦悩を知る上でもとても勉強になる作品です。

デート向き映画判定
映画『ルース・エドガー』ナオミ・ワッツ/ティム・ロス

ラブロマンスではなく、テーマにも重みがあるので、気楽な気分で過ごしたい日のデートにはあまり向いていないでしょう。でも、本当の自分を知って欲しい、わかって欲しいと思っている人にはとても共感できるストーリーなので、本作を観終わった後は自分の話をしやすくなると思います。なので、今日は映画デートの日という時には一緒に観て、語り合うきっかけにすると良いのではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ルース・エドガー』オクタヴィア・スペンサー/ケルヴィン・ハリソン・Jr.

中高生くらいになると、主人公のルースの気持ちはとても身近なものに思えて、共感ポイントも多いのではないでしょうか。親や学校の先生に褒めてもらいたくて必死に頑張っているけれど、何だか居心地が悪かったり、孤独や空しさを感じている人もきっとたくさんいると思います。でも、優等生ほどそのイメージを崩せなくて本当の気持ちや自分の姿をさらけ出す勇気が持てないこともあるはずです。本作を観て解決策が見つかるとは言えませんが、このままで良いのかどうか、自分が最初に自分と向き合うきっかけに観てください。

映画『ルース・エドガー』ナオミ・ワッツ/オクタヴィア・スペンサー/ケルヴィン・ハリソン・Jr./ティム・ロス

『ルース・エドガー』
2020年6月5日より全国公開
PG-12
キノフィルムズ、東京テアトル
公式サイト

© 2018 DFG PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル どん底作家の人生に幸あれ!

本作は、イギリスの国民的作家チャールズ・ディケンズの半自伝的小説「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化…

映画『滑走路』寄川歌太 寄川歌太(よりかわ うた)

2004年3月11日生まれ、大阪府出身。2010年、歌舞伎平成中村座で…

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ 天空の結婚式

2016年にイタリアの下院議会で同性カップルの結婚に準ずる権利を認めるシビル・ユニオン法が…

映画『滑走路』吉村界人 吉村界人

1993年2月2日、東京都生まれ。2014年、『PORTRAIT -ポルトレ-』で…

映画『Merry Christmas! ~ロンドンに奇跡を起こした男~』ダン・スティーヴンス 小説家で観る映画特集Vol.1

この特集では実在の小説家自身の物語や、その小説家に影響を受けた人物が主人公の作品、またはその作家の小説の映画化作品にフォーカスを当ててご紹介します。一度ではご紹介しきれないので、最初からシリーズ化し、今回は第1弾としてお届けします。

映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳 さんかく窓の外側は夜

霊が見える男と、霊を祓える男が主人公ということで、ホラーだなとは予測…

映画『野球少女』イ・ジュヨン 『野球少女』10名様 日本最速オンライン試写会ご招待

映画『野球少女』10名様 日本最速オンライン試写会ご招待

映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』トルーマン・カポーティ トルーマン・カポーティ

1924年9月30日アメリカ、ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれ。19歳のときに執筆した…

映画『Swallow/スワロウ』ヘイリー・ベネット 心理学から観る映画26:異食症はなぜ起こる?

幼児に多く見られると言われる異食症ですが、大人にもその症状がある場合、どんなことが起こっているのでしょうか?今回は映画『Swallow/スワロウ』を題材に考えてみます。

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル
  2. 映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ
    天空の結婚式

  3. 映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳
  4. Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/ザカリー・クイント(ザッカリー・クイント)/マット・ボマー/アンドリュー・ラネルズ/チャーリー・カーヴァー/ロビン・デ・ヘスス/ブライアン・ハッチソン/マイケル・ベンジャミン・ワシントン/タック・ワトキンス
  5. 映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』エマニュエル・ドゥヴォス
  6. 映画『キング・オブ・シーヴズ』マイケル・ケイン/ジム・ブロードベント/トム・コートネイ/チャーリー・コックス/ポール・ホワイトハウス/レイ・ウィンストン/マイケル・ガンボン
  7. 映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア
    聖なる犯罪者

  8. 映画『エマの秘密に恋したら』アレクサンドラ・ダダリオ/タイラー・ホークリン
  9. Netflixドラマ『ザ・ポリティシャン シーズン1』ベン・プラット
  10. 映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』ミシェル・ロドリゲス
PAGE TOP