REVIEW

リスタートはただいまのあとで

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『リスタートはただいまのあとで』古川雄輝/竜星涼

ココミ著の同名コミックを映画化した本作は、ガッツリBLという感じではなく、一つの出会いを通して、傷付いた2人の青年、光臣と大和が人生を再スタートするという内容です。光臣は家業を継がず、田舎町を出て東京に就職していましたが、上司に人間性を否定され、会社を辞めて実家に戻ってきます。そんな彼を出迎えたのは、初対面の大和。天真爛漫な大和は、大人しい光臣をグイグイと引っ張り、徐々に光臣のやる気を引き出していきます。一見、大和が光臣の心を癒して、彼を立ち直らせるだけなのかなと思いきや、光臣の問題がだんだん解決してくると、大和のほうにも大きな問題があることがわかっていきます。そんな彼等が最終的にどうなるのかは観てのお楽しみですが、その流れの中で恋愛が鍵となっていて、恋愛要素と人間ドラマの要素がバランス良く入っている物語となっています。古川雄輝と竜星涼が主人公で、コミックが原作なので、若者向けかなと思いつつ、若干古風な演出があり、そこは好みが分かれるかも知れません。なので、逆に年配の方が「BLって何のこと?」と思いながら観るのには観やすいのではないでしょうか。それはともかく、2人がお互いの気持ちを受け止めるまでの初々しい姿がキュートなので、年齢を問わずキュンとしたい人は観てください。

デート向き映画判定
映画『リスタートはただいまのあとで』古川雄輝/竜星涼

友達から恋人に発展するのって、結構難しいんだなと思わされる展開です。異性愛、同性愛に関わらず、恋心が芽生えてから恋愛に発展できるかどうかという段階に行くまでのシミュレーションとして観ると、勇気をもらえる部分があると思います。そういった意味で、友達以上恋人未満の2人にオススメです。何となくお互いの気持ちに気付いているけど踏み出せない2人は、観終わった後のムードを利用して、告白してみてはどうでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『リスタートはただいまのあとで』古川雄輝

今の大人達は「異性愛が当たり前」というような社会で育ちましたが、今の子ども達はもっと広い視野を持ってくれていると良いなと思います。相手が異性だろうと同性だろうと、恋する気持ちが芽生えたら、抑えないで向き合ってみてください。時間をかけないと自分でもはっきりしないことはありますが、ゆっくり考えてみましょう。いろいろな恋愛の形、いろいろな恋愛の発展の仕方がある例として、本作を観て観てもらえればと思います。

映画『リスタートはただいまのあとで』古川雄輝/竜星涼

『リスタートはただいまのあとで』
2020年9月4日より全国順次公開
キャンター
公式サイト

©2020映画「リスタートはただいまのあとで」製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  2. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  3. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  4. 映画『ザ・タワー』
  5. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP