REVIEW

十二単衣を着た悪魔

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『十二単衣を着た悪魔』伊藤健太郎/三吉彩花

本作は紫式部の「源氏物語」で描かれる世界を新たな解釈で描く、内館牧子の小説「十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞」を原作に映画化したもの。「源氏物語」といえば“光源氏”ですが、本作の主人公は違います。主人公の1人は三吉彩花が演じる弘徽殿女御(こきでんのにょうご)。彼女がタイトルにある“十二単衣を着た悪魔”というわけですが、“悪魔”の定義は字義通りではないところにおもしろみがあります。原作の「十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞」は、『プラダを着た悪魔』でメリル・ストリープが演じたファッション誌の辣腕編集長がヒントになっていると言われており、弘徽殿女御がもし現代人だったら、全く違って見えたのではないかという視点が描かれている点が見どころです。物語のもう1人の主人公は、現代社会で自分の居場所を探し続ける青年、雷(伊藤健太郎)。雷が源氏物語の世界にタイムスリップしてしまい、新たな視点で「源氏物語」の世界を眺めることで、弘徽殿女御をはじめとする人間関係が現代的な視点では全く違って見えることを強調する役割を果たしています。
そういった「源氏物語」の新たな解釈が楽しめるのはもちろん、雷のように居場所が見つけられない人の思いを癒す観方もあります。弘徽殿女御は生まれるべき時代が早過ぎたわけですが、逆に雷というキャラクターは現代に馴染めていないというか、居場所を見つけられていません。彼の場合は時代を間違えたということではなさそうですが、時代を問わず生き抜くために何が必要かを探求するキャラクターとして機能していると思います。結局生まれた時代でどう生きるかを問う内容になっている点で私達の身近なストーリーとなっているので、時代劇という枠にはめずに観て欲しい作品です。
また、三吉彩花さんのインタビューでもお話が出ましたが、黒木瞳監督の並々ならぬこだわりが込められた作品です。女性達の所作の美しさや話し方などにもぜひ注目して観てください。

デート向き映画判定
映画『十二単衣を着た悪魔』伊藤健太郎/三吉彩花

「源氏物語」をベースにしているので、ラブロマンスの要素や男女の複雑な関係はもちろん描かれていますが、時代も違うし世界も違うので、気まずくなることはないでしょう。誰もが知ってるであろう「源氏物語」にまつわるお話なので馴染み易く、初デートでも誘いやすいですよね。歴史や文学が好きなカップルなら鑑賞後にたっぷり語れば良いし、それほどでもないカップルは気楽に観るだけでも良いと思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『十二単衣を着た悪魔』伊藤健太郎/伊藤沙莉

物語の軸が弘徽殿女御なので、あらゆる場面で彼女がどんな決断をするのかが、本作のおもしろみの1つとなっています。古文、日本史に苦手意識がある人は、こういう映画を観てみると親近感が増して、勉強する上でもちょっと興味がわくと思います。雷が抱える悩みや、兄弟関係は、ティーンの皆さんにとっても身近なので、感情移入しやすいでしょう。

映画『十二単衣を着た悪魔』伊藤健太郎/三吉彩花/伊藤沙莉

『十二単衣を着た悪魔』
2020年11月6日より全国公開
キノフィルムズ
公式サイト

© 2019「十二単衣を着た悪魔」フィルムパートナー

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『アバウト・ライフ 幸せの選択肢』ウィリアム・H・メイシー ウィリアム・H・メイシー【プロフィールと出演作一覧】

1950年3月13日アメリカ、フロリダ生まれ。1994年から放送されたTVシリーズ『ER 緊急救命室』に出演し…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 青春 18×2 君へと続く道【レビュー】

『余命10年』『新聞記者』を手掛けた藤井道人が、台湾で話題を呼んだシジミー・ライの紀行エッセイ「青春 18×2 日本慢車流浪記」を…

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  3. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  4. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  5. 映画『陰陽師0』山﨑賢人

PRESENT

  1. 映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉
  2. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  3. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
PAGE TOP