REVIEW

聖なる犯罪者

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア

少年院にいる間に熱心なキリスト教徒になり、神父になることを夢見ていた主人公が、前科者は聖職者になれないと知りながら、ひょんなことがきっかけで神父として過ごすという物語。これだけ聞くと、朗らかな良い話に思えますが、R-18作品ということで、恐らく終始心穏やかにはいかないだろうと皆さん想像できるでしょう。本作は、ポーランドで実際に起きた事件を基に描かれていますが、それを思うと余計に胸が痛むストーリーです。
詳細は伏せておきますが、やっぱり人間は罪深いと実感させられる内容です。それは、主人公ダニエルについてというよりも人間の本質についてであり、どんなに人間が悔い改めて、神がそれを赦しても、別の人間がそれを赦さないことで、負の連鎖が続いていくということなのかもしれません。自分の傷を癒すために、人間が人間を罰して、それを都合よく神の仕業だとしてしまう。ダニエルが少年院に入る前に犯した罪は間違いなく罪であり、償わなければいけませんが、彼が神父のふりをしている間にとった行動は罪なのでしょうか。ダニエルはニセモノの神父ですが、彼の言葉や行動に嘘がないからこそ、彼は人々の心を動かしていきます。本作を観ていると、どちらの人間が“聖なる犯罪者”と言えるのかと考えさせられると同時に、何かを本気で信じてそれを実行する力の強さと、それを失った時の負の力の大きさの両方を感じずにはいられません。人を赦せない社会が何を生み出してしまうのか、ぜひ皆さんの目で確かめてください。

デート向き映画判定
映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア/エリーザ・リチェムブル

限られたシーンではありますが性的描写や暴力描写があり、テーマが重いので、ウキウキ過ごしたいデートには向きません。でも、語り甲斐のある内容なので、お互いの映画の好みに合っていて、議論好きなカップルなら、一緒に観るのもアリだと思います。同じ思いを共有できるだけでも、一緒に観る意味がある映画です。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア

世の中には、「それがルールだからダメ」ということは多々ありますが、そのルールが都合よく使われて、本来大切にすべきことをないがしろにする方向に働いている場合もあります。もちろん基本的にルールは守るものですが、それに疑問を持つことも時に必要だということを本作は教えてくれます。本作はR-18なので18歳にならないと観られませんが、若い皆さんにこそ観てもらい、考えて欲しいテーマが描かれているので、18歳になったらぜひ観てください。

映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア

『聖なる犯罪者』
2021年1月15日より全国順次公開
R-18+
ハーク
公式サイト

© 2019 Aurum Film Bodzak Hickinbotham SPJ.- WFSWalter Film Studio Sp.z o.o.- Wojewódzki Dom Kultury W Rzeszowie – ITI Neovision S.A.- Les Contes Modernes

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』倍賞美津子 倍賞美津子【プロフィールと出演作一覧】

1946年11月22日生まれ。茨城県出身。1967年『純情二重奏』で…

映画『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー 『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー

『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』の赤澤遼太郎さんと高橋健介さんにインタビューさせていただきました。お話中もお二人は和気あいあいとした雰囲気で、とても楽しいインタビューでした。

映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ 『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

映画『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス ファーストレディ【レビュー】

ミシェル・オバマ、ベティ・フォード、エレノア・ルーズベルト、3人のファーストレディの半生を描く本作は、複数の時代を行き来しながら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  2. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  3. 映画『蛇の道』柴咲コウ
  4. 映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン
  5. 海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP