REVIEW

ソン・ランの響き

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ソン・ランの響き』エン・ビン・ファット/アイザック

ベトナムの民族楽器であるソン・ランには、「2人の男」という意味があるそうで、ユンとリン・フンがそれを象徴しているのだろうとわかります。2人は惹かれ合いますが、短絡的に同性愛へ結び付けるわけではなく、性別を超えた、いち存在としてお互いに呼応しているような関係性が、美しい音色を出す民族楽器ソン・ランを象徴しているように思えて、芸術的、文学的表現に好感が持てます。物語の舞台となる1980年代は、ベトナム戦争終結後、1978年のカンボジア侵攻から中越戦争に発展した厳しい時代。ユンは借金の取り立て屋として生計を立てていて、一見悪役のように振る舞っていますが、ふとしたところで根が優しい面が現れ、無理やりいろいろなものを割り切って生きてきた背景が見え隠れします。そんな彼が、リン・フンとの出会いで変わっていき、リン・フンもユンとの出会いで変わっていく様子が微笑ましく、表裏一体のような2人の関係が素敵です。このストーリーにはとても切ない展開もありますが、捉え方によっては、浄化されたということなのかも知れません。あと急に軽いレコメンドになりますが(笑)、ユン、リン・フンがイケメンというところもオススメポイントです。

デート向き映画判定
映画『ソン・ランの響き』エン・ビン・ファット/アイザック

カップルで観て気まずいシーンはあまりなく、私達の生活に近過ぎず遠過ぎずなので、カップルで観るのもアリでしょう。切ないストーリーも、良い意味でしっとりしたムードをもたらしてくれそうです。ハリウッドのアクション大作など派手な映画が好きな人には不向きかも知れませんが、ドラマ性のある作品が好きな人なら誘ってもオーケーでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ソン・ランの響き』エン・ビン・ファット/アイザック

ユンと両親との話も出てきて、子どもの頃の思いも綴られています。社会背景は違っても、親の仕事の状況や、両親の夫婦としての関係を子どもながらに心配する気持ちは、時代も問わず、万国共通だと思います。何かに傷ついて、一度別の道を選択したユンが、自分のルーツを見直す姿は、今後の皆さんの未来を想像する上で良いシミュレーションにもなるでしょう。

映画『ソン・ランの響き』エン・ビン・ファット/アイザック

『ソン・ランの響き』
2020年2月22日より全国順次公開
ムービー・アクト・プロジェクト
公式サイト

©2018 STUDIO68

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『i ai』富田健太郎/堀家一希 i ai【レビュー】

GEZANのフロントマンであり、小説執筆や映画出演、フリーフェス「全感覚祭」や反戦デモの主催など…

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『i ai』富田健太郎/堀家一希
  2. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  3. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  4. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  5. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP