REVIEW

少年の君

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『少年の君』チョウ・ドンユイ/イー・ヤンチェンシー

本作は2011年の中国を舞台に、いじめと受験戦争の実態を描いています。主人公チェン・ニェンは進学校に通う高校3年生で、受験を目前に友達を作らず勉強だけに意識を集中していて成績は優秀です。でも、ある日いじめに遭っていた同級生が飛び降り自殺をしてしまい、他の多くの生徒が無慈悲に現場にカメラを向けることに耐えられなくなったチェンは、亡くなった同級生の遺体を上着で覆います。そのことがきっかけで、今度はチェンが壮絶ないじめに遭っていくというストーリーです。
映画の冒頭の言葉には、本作がいじめ抑止の一助となり、苦しむ人々の希望になることを願うとあります。そんな本作では、チェンに向けられたいじめの陰湿さと壮絶さが描かれているのはもちろん、貧困から抜け出すには受験戦争に勝って名門校に入るしかないといった、貧困と過酷な受験戦争の関係も描かれています。また、チェンと出会うシャオペイが身寄りのない不良少年というところにも、貧困と家庭問題が表れていて、違法なことでしか生計を立てられない若者もいるという現実が突きつけられます。優等生のチェンと不良のシャオペイは運命的な出会いを果たし、それぞれの背景は違えどもその苦しい世界から抜けだそうと奮闘します。チェンは未来を見ることにいじめに耐え、シャオペイはチェンの姿から希望をもらいます。本作は、いじめや貧困という社会問題をテーマに、若者2人の純愛ラブストーリーとすることで、彼等なりのやり方で社会に立ち向かう姿を描いている点でとても魅力的です。社会が助けてくれないなら、自分達の力で自分を守るしかないと思った2人が、お互いだけを信じて戦う姿には思わずウルッとしてしまいます。ここで終わるかと思えるところでは終わらず、その後にさらなる展開があるのも見どころで、物語は二転三転し、最初から最後まで内容が詰まったストーリーとなっています。クライマックスは、本当の意味で幸せになるにはどうすれば良いかと問うてくる展開があり、ただ受験戦争に勝つだけでは意味がなく、何があっても大切にすべきことがあるというのも教えてくれます。
また、いじめる側の生徒の背景にも受験の重圧や家庭問題などが垣間見られ、いじめの問題を解決するには視野を広げて、大人がもっと子ども達に目を向け、大人達の態度から考え直さなければいけないということも実感させられます。いろいろな角度で観られる作品で、ぜひ幅広い層に観て欲しい作品です。

デート向き映画判定
映画『少年の君』チョウ・ドンユイ/イー・ヤンチェンシー

青春純愛ラブストーリーとしてもオススメの作品です。自分の人生を捨ててまで相手に尽くそうとするって、どんな感覚なのか。劇中ではそれは若さだとする大人も出てきますが、若さ以上に苦しみを耐え抜いて生きてきた2人だからこその強い絆に心を打たれます。チェンとシャオペイの2人が徐々に心の距離を縮めていく姿にも共感できるので、中高生カップルや、初デート、交際ホヤホヤカップルにもオススメです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『少年の君』チョウ・ドンユイ

いじめは万国共通、誰にとっても身近な問題であり、キッズやティーンの皆さんは受験の重圧を感じている人もいると思うので、感情移入しやすい作品だと思います。国は違えど、この映画で描かれていることは日本でも起こっていることで、他人事としては観られません。もし何か困っていること、悩んでいることがあったら、相談したいなと考えている人を誘って本作を観てください。そうすれば、少し相談しやすいムードにできるかもしれません。

映画『少年の君』チョウ・ドンユイ/イー・ヤンチェンシー

『少年の君』
2021年7月16日より全国公開
クロックワークス
公式サイト

© 2019 Shooting Pictures Ltd., China (Shenzhen) Wit Media. Co., Ltd., Tianjin XIRON Entertainment Co., Ltd., We Pictures Ltd., Kashi J.Q. Culture and Media Company Limited, The Alliance of Gods Pictures (Tianjin) Co., Ltd., Shanghai Alibaba Pictures Co., Ltd., Tianjin Maoyan Weying Media Co., Ltd., Lianray Pictures, Local Entertainment, Yunyan Pictures, Beijing Jin Yi Jia Yi Film Distribution Co., Ltd., Dadi Century (Beijing) Co., Ltd., Zhejiang Hengdian Films Co., Ltd., Fat Kids Production, Goodfellas Pictures Limited. ALL Rights reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

2023年の洋画人気作はどんな因子で構成される?因子分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖18

今回は、2023年洋画ベストの投票で得たデータをもとに、因子分析を行いました。どんな因子構造になったのでしょうか。

映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩 違国日記【レビュー】

累計発行部数180万部を超える、ヤマシタトモコの人気コミック 「違国日記」を原作とした本作は…

映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン ナイトスイム【レビュー】

難病の発症を機に引退した元メジャーリーガーのレイ(ワイアット・ラッセル)は、心機一転、新しい家を探し…

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩
  2. 映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン
  3. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  4. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  5. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP