取材&インタビュー

『リスタート』品川ヒロシ監督インタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『リスタート』品川ヒロシ監督インタビュー

今回はお笑い芸人、映画監督として活躍されている品川ヒロシさんにインタビューをさせていただきました。これまでさまざまなタイプの映画を作ってきた品川監督に、今回女性を主人公にした経緯や、監督の映画にまつわるルーツについていろいろとお話をお聞きしました。

<PROFILE>
品川ヒロシ(しながわ ひろし):監督・脚本
1972年4月26日生まれ。東京都出身。1995年8月に相方の庄司智春とお笑いコンビ“品川庄司”を結成。お笑い芸人として第一線で活躍する傍らで、2009年に自身の自伝的小説を原作とした映画『ドロップ』で長編監督デビューを飾る。2011年には、原作・監督・脚本作品第2弾『漫才ギャング』が公開し、その後も『サンブンノイチ』『Zアイランド』などの作品を手掛ける。また、2021年には舞台“池袋ウエストゲートパーク”の演出も担当するなど、多方面で活躍中。


スクリーンで映画を観る気持ち良さって全然違うし、1本に対する思い出が変わってくる

映画『リスタート』EMILY(HONEBONE)/SWAY(DOBERMAN INFINITY/劇団EXILE)

マイソン:
今回女性を主人公に撮ろうと思ったきっかけは何かありましたか?

品川ヒロシ監督:
特に女性でというのはなく、北海道の下川町に行った時に、主人公がなんとなく傷ついて下川町に来て歌を歌うという設定を急に思いついたという感じです。

マイソン:
EMILYさんの起用はどんな風に決まったのでしょうか?

品川ヒロシ監督:
下川町でその設定を思いついて、歌の上手い女優さんがいないかなと思っていろいろ検索しながら東京に帰ってきたんですけど、家に着いてテレビを観たらEMILYが出ていて、歌は上手いし喋りもおもしろいなと思ったんです。それでHONEBONE(EMILYとKAWAGUCHIのフォークデュオ)のYouTubeを観て、カッコ良いなと思ってツイッターでHONEBONEのことをつぶやいたらEMILYが「仕事をください」って反応してくれて。EMILYは音楽の仕事という意味で言ったらしいのですが、僕は「女優に興味ある?」と怪しいダイレクトメールを送りました(笑)。それで「えー!!まさか」となり、彼女は最初信じていなかったみたいですけど、僕は真剣でアルバムも全部聴いて当て書きのようなことをしていきました。調べていくと現状に満足していなくてフツフツしていてというEMILYのあのキャラクターがおもしろいなと。

映画『リスタート』EMILY(HONEBONE)

マイソン:
そうだったんですね!女性を主人公に描くおもしろさや難しさはありましたか?

品川ヒロシ監督:
やっぱり綺麗に撮ってあげたいと思うんですけど、人間らしさとか汚い綺麗さとか、会っている時の人間っぽさを撮りたいから、それは男性とは違うところかもしれないです。僕だけかもしれませんが、スクリーンだと不細工な男でもカッコ良く見えませんか?汚くても、むしろ画になるというか。女性も綺麗には撮りたいけど、ライティングを調整してシワとかシミを目立たなくするというようなことではなく、人間らしく撮りたいんです。汚い綺麗さみたいなものを出した上で、人間臭い泥臭い美しさだったのが最後ステージではちゃんとメイクをして綺麗な服を着て出ていくっていうそこですかね。

マイソン:
今お話をお聞きしていて“汚い綺麗さ”こそ映画的だなと思いました。劇中では主人公に起きた出来事によってSNSで炎上したり、マスコミが憶測で報道することで主人公を苦しめるシーンもありました。品川監督はSNSに対して何か思うところはありますか?

品川ヒロシ監督:
僕も一時期好感度が低いとか嫌われているとかありましたが、街で会うと「ファンです」って言ってくれたり、「写真を撮ってください」って喜んでくれることのほうが多かったんです。だからその箱の中にそのまま囚われていなければ、“いいね!“もなければ炎上もない、目の前にあるものがすべてでしょって思うところはあります。そこに囚われていると目の前の優しい人が見えなくなってしまうと思うんです。もちろんSNSの良いところはいっぱいあるんですけどね。現にこの映画なんてSNS以外で広めようがないですから(笑)。

映画『リスタート』EMILY(HONEBONE)/SWAY(DOBERMAN INFINITY/劇団EXILE)/中野英雄ほか

マイソン:
すごく拡散力がありますもんね。では話題が変わりますが、品川監督はお笑い芸人も映画監督もされていますが、映画を作りたいと思ったきっかけは何かありますか?

品川ヒロシ監督:
10代の頃から映画が好きでした。芸人になる時にビートたけしさんが映画を撮っていたので、成功したら映画も撮れたりするのかなとなんとなく思って、夢の1つとしてありました。

マイソン:
どちらかというと映画を撮りたいというのが先だったんですか?

品川ヒロシ監督:
いえ、10代の時ですから映画がちょっと好きだからって映画を撮るも何もないし、もっと言えばお笑いがちょっと好きだからってお笑いができるわけでもないし、当時はまだ強く信念を持って映画を撮りたいとか、絶対にお笑いをやりたいという感じではなかったです。でも、NSC(吉本興業の芸能養成学校)という間口ができてお笑いを始めやすくなり、入ってからどんどん火が付いて30歳くらいの時にショートムービーを撮らせてもらったんです。それが現実におもしろいとなって、さらに撮りたい撮りたいとなっていきました。

マイソン:
10代で観ていた映画ってどんな映画でしたか?

品川ヒロシ監督:
最初はクエンティン・タランティーノとか映画はいっぱい観ていましたけど、15歳の頃、中学生の時に“ROADSHOW(ロードショー)”という雑誌を読んでいて、『トップガン』とかも観に行きました。でも映画は小学校の頃から好きで、“土曜洋画劇場”に始まり、小学校3年生くらいになると1人で映画館に行って映画を観ていました。

映画『リスタート』品川ヒロシ監督インタビュー

マイソン:
当時と今とで映画の観方は変わっていますか?

品川ヒロシ監督:
カット割りがどうとか脚本がどうとかは考えないように、とにかく純粋にお客さんとして楽しみたいという感じで観ています。僕の場合はですけど、評論をブログやツイッターに書くとなると、やっぱりセンスが良いって思われたいじゃないですか(笑)。そうなると何か良い感じで寸評したいなという目線で観てしまうから、とにかくお客さんとして映画を楽しみたいという感じです。好きな映画は何度も観て、「あのシーン、カッコ良いよね!」「こうやってカット割りをしているのか」となるのはその後ですね。

マイソン:
じゃあ初回は純粋に。

品川ヒロシ監督:
初回は純粋に観ています。それでメイキングも観たり、何回も同じ映画を観て「ここはこういう風に撮っていたんだ」「これはもう1回観てみよう」とか。

マイソン:
なるほど〜。その中でも特に印象に残っていたり影響を受けた作品はありますか?

品川ヒロシ監督:
やっぱりタランティーノですかね。『パルプ・フィクション』を観た時に衝撃を受けすぎて、「なんておもしろくてカッコ良い映画なんだ!」って思いました。それまでも映画が好きでしたが、とにかくカッコ良いって思いました。

マイソン:
じゃあそこから興味が深くなっていったんですね。

映画『リスタート』メイキング、品川ヒロシ監督

品川ヒロシ監督:
『パルプ・フィクション』で1個ギアが入った感じがあったかもしれないですね。

マイソン:
今は海外の方ともコミュニケーションがとりやすくなったと思うのですが、海外作品とか海外の方に出演してもらうとか、そういうことは今後ありそうですか?

品川ヒロシ監督:
海外で映画を撮りたいなと思いますね。予算の大きなハリウッド映画っていうのはいきなり無理ですけど、向こうに行って地道にみたいなことは考えたりもしますね。

マイソン:
ハリウッド、ヨーロッパ、アジアなどいろいろありますが、やっぱりハリウッドが良いですか?

品川ヒロシ監督:
やっぱりアメリカ映画が好きなのでアメリカが良いですね。あと、ハリウッドは天気が良いのでロケのスケジュールも組みやすそうですよね(笑)。ハリウッドって雨が少なくて日差しが強いからすごくパキッとしたカッコ良い映像になりますし、それが映画の街になった所以だと思います。

マイソン:
ハリウッドってそうなんですね!ぜひ将来ハリウッドでも撮っていただきたいです。今コロナ禍で良くも悪くもいろいろなことが変化を遂げているというか、変化を余儀なくされていると思うのですが、これを機に映画業界がこう変われば良いなとか思うところはありますか?

映画『リスタート』メイキング、品川ヒロシ監督

品川ヒロシ監督:
コロナを機にというわけではありませんが、僕は仕事の時はタクシー移動なのですが、映画館に行くのに電車に乗って地下の長いエスカレーターを登ってっていうのが好きなんです。この映画館でこれを観て、あの映画館ではあれを観て、間にお昼ご飯を食べてという風に計画を立てて1日3本綺麗に観られたりすると「お〜!」みたいな。同じシネコンで3本観るよりも、どちらかというと最後にテアトル新宿に駆け込むことができたら、今日は綺麗な1日だったなと思います。それはすごく楽しいですよね。だからまたそんな風に映画を観られる時が来たら良いなと思います。今は映画館が閉まっているわけではありませんが、映画館が閉まっていた時期は特にインディーズの監督さんとか1本延期になると本当にご飯が食べられなくなってしまったり、すごく才能のある人がなかなか映画を撮れなくなってしまうという状況もあります。なんとか才能のある人が映画を撮って映画館でかけられるという世の中に戻って欲しいです。今は皆本当に公開できるのかなとヒヤヒヤしながら映画を撮っているし、ロケもマスクやアクリル板を用意したり体温を測ったりして、それなりにコストもかかるから、若い監督さんも大変だと思います。この作品もコロナ禍の撮影だったらもう少し予算がかかったと思うんですよね。辛いのは僕らだけではありませんし、日本中、世界中同じなので、映画業界も元気になって欲しいなと思います。

マイソン:
今映画館に行きづらいというのもあるし、技術的にもいろいろなデバイスで観られるようになったなか、作り手側としてはどうでしょうか?

品川ヒロシ監督:
僕もめちゃくちゃ配信を観るんですよ。コロナでしばらく映画館には行きませんでしたから、配信でずっと観ているとこれで良いじゃんって思ったりもするんですけど、緊急事態宣言が明けた時に久しぶりに映画館に行ったらやっぱり良いんですよね。映画館の椅子に座って飲み物を置いてCMを観て、スクリーンで映画を観る気持ち良さって全然違うし、1本に対する思い出が変わってくるなと感じました。

映画『リスタート』品川ヒロシ監督インタビュー
スタイリスト:渡邊浩司/ヘアメイク:竹中真奈美
衣装:SMACK  ENGINEER
(問い合わせ先:GRAND TURKEY  077-551-5872)

マイソン:
日常で映画を消費するという感覚ではなく、映画館で観る時って一つひとつが出来事、思い出になっていきますよね。

品川ヒロシ監督:
やっぱり家で観ていると、途中で止めてトイレに行ったりとか、飲み物を取りに行ったりとかしますもんね。けど、映画館はそこに行ってスクリーンしかないので集中力も違うし。

マイソン:
そうですよね。早く何も気にせず映画館に行ける日が戻ると良いですね。本日はありがとうございました!

2021年5月26日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『リスタート』EMILY(HONEBONE)/SWAY(DOBERMAN INFINITY/劇団EXILE)/中野英雄ほか

『リスタート』
2021年7月9日より北海道先行公開中/7月16日より全国公開
監督・脚本:品川ヒロシ
出演:EMILY(HONEBONE)/SWAY(DOBERMAN INFINITY/劇団EXILE)/品田誠/朝倉ゆり(エラバレシ)/夏目ベール(純情のアフィリア)/藤井俊輔/向井日菜海/阿部隼也/かんた/岩崎う大/もりももこ/西野亮廣(キングコング)/松田大輔(東京ダイナマイト)/庄司智春(品川庄司)/小杉竜一(ブラックマヨネーズ)/黒沢あすか/中野英雄
配給:吉本興業

シンガーソングライターになるという夢を追いかけ、北海道の下川町から高校卒業を機に上京した未央は、その10年後、地下アイドルとして活動していた。そんなある日、交際中の人気アーティストに妊娠中の婚約者がいることを明かされると同時に週刊誌に報じられ、そのスキャンダルによって未央は地下アイドルとしても窮地に立たされてしまい…。

公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

©吉本興業

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『Sin Clock』窪塚洋介 Sin Clock

会社をクビになり、離婚して息子とも離れて暮らす主人公の高木(窪塚洋介)は…

海外ドラマ『ウォーキング・デッド ファイナル・シーズン』ジェフリー・ディーン・モーガン ジェフリー・ディーン・モーガン

1966年4月22日アメリカ生まれ。1991年に『赤いドレスの女』でデビュー。テレビを中心にキャリ…

映画『FALL/フォール』グレイス・フルトン どっちも勘弁!高さの恐怖と深さの恐怖特集

今回は、高さや深さで魅せる映画をご紹介。高い、低い、深いというシンプルな設定だけで、こんなにドラマチックになるのだなと感心します。

映画『七人の秘書 THE MOVIE』室井滋 室井滋(むろい しげる)

1958年10月22日生まれ。富山県出身。 1981年、『風の歌を聴け』でデビュー。『居酒屋ゆうれい』(1995)…

映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ 崖上のスパイ

『紅いコーリャン』をはじめ、数々の大ヒット作を手掛けてきたチャン・イーモウ監督が手掛けた本格スパイ・サスペンス。1934年…

中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン 『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『君だけが知らない』キム・ガンウ キム・ガンウ

1978年7月11日、韓国生まれ。2001年にドラマ『あなたは愛と言う 私は欲望だと思う』でデビュー。映画『シルミド』…

映画『スクロール』北村匠海/中川大志 スクロール

1991年生まれ、高校から執筆活動を始めた橋爪駿輝が、2017年に作家デビューを果たした小説「スクロール」(講談社)を映画化…

映画『レジェンド&バタフライ』木村拓哉 木村拓哉(きむら たくや)

1972年11月13日生まれ。東京都出身。主な映画出演作に…

映画『エゴイスト』鈴木亮平/宮沢氷魚 エゴイスト

『エゴイスト』というタイトルから、人間の影の部分が描かれているのかと思いきや…

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

映画『恋とニュースのつくり方』レイチェル・マクアダムス 新年にやる気がわくサクセスストーリー特集

今回は、新年にやる気がわくサクセスストーリーのオススメ作品を正式部員の皆さんから募りました。素敵なサクセスストーリーを観て、やる気をアップしましょう!

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ トーキョー女子映画部が選ぶ 2022年ベスト10

年末恒例の本企画は、今回から作品はBEST10に変更、俳優はMVPとして1名選出することにしましたマイソンとシャミがそれぞれ選んだ作品を、ぜひ冬休みにご覧ください。

映画『ドリーム・ホース』トニ・コレット 十数億円を稼ぐ名馬を逃す!?リアル一口馬主が語る醍醐味&新人騎手『ドリーム・ホース』に感動のコメント!!

実は日本でもジャンのように馬主になれるってご存じでしたか?今回は『ドリーム・ホース』をリアル体験中ともいえる…

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』メイキング、ジェームズ・キャメロン監督、サム・ワーシントン 映画好きが選んだジェームズ・キャメロン監督人気作品ランキング

『ターミネーター』『タイタニック』『アバター』など、数々の名作を手掛てきたジェームズ・キャメロン。今回は、これまでジェームズ・キャメロンが監督を務めた作品で、どの作品が好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『Sin Clock』窪塚洋介
    Sin Clock

  2. 映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ
  3. 映画『スクロール』北村匠海/中川大志
    スクロール

  4. 映画『エゴイスト』鈴木亮平/宮沢氷魚
    エゴイスト

  5. 映画『バビロン』ブラッド・ピット/ディエゴ・カルバ
    バビロン

  6. 映画『すべてうまくいきますように』ソフィー・マルソー/アンドレ・デュソリエ
  7. 映画『バイオレント・ナイト』デヴィッド・ハーバー/アレックス・ハッセル
  8. 映画『ピンク・クラウド』ヘナタ・ジ・レリス
  9. 映画『金の国 水の国』
  10. 映画『レジェンド&バタフライ』木村拓哉/綾瀬はるか

PRESENT

  1. 中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン
  2. 映画『レッドシューズ』朝比奈彩
  3. 映画『いつかの君にもわかること』ジェームズ・ノートン/ダニエル・ラモント
PAGE TOP