取材&インタビュー

『リスタート』品川ヒロシ監督インタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『リスタート』品川ヒロシ監督インタビュー

今回はお笑い芸人、映画監督として活躍されている品川ヒロシさんにインタビューをさせていただきました。これまでさまざまなタイプの映画を作ってきた品川監督に、今回女性を主人公にした経緯や、監督の映画にまつわるルーツについていろいろとお話をお聞きしました。

<PROFILE>
品川ヒロシ(しながわ ひろし):監督・脚本
1972年4月26日生まれ。東京都出身。1995年8月に相方の庄司智春とお笑いコンビ“品川庄司”を結成。お笑い芸人として第一線で活躍する傍らで、2009年に自身の自伝的小説を原作とした映画『ドロップ』で長編監督デビューを飾る。2011年には、原作・監督・脚本作品第2弾『漫才ギャング』が公開し、その後も『サンブンノイチ』『Zアイランド』などの作品を手掛ける。また、2021年には舞台“池袋ウエストゲートパーク”の演出も担当するなど、多方面で活躍中。


スクリーンで映画を観る気持ち良さって全然違うし、1本に対する思い出が変わってくる

映画『リスタート』EMILY(HONEBONE)/SWAY(DOBERMAN INFINITY/劇団EXILE)

マイソン:
今回女性を主人公に撮ろうと思ったきっかけは何かありましたか?

品川ヒロシ監督:
特に女性でというのはなく、北海道の下川町に行った時に、主人公がなんとなく傷ついて下川町に来て歌を歌うという設定を急に思いついたという感じです。

マイソン:
EMILYさんの起用はどんな風に決まったのでしょうか?

品川ヒロシ監督:
下川町でその設定を思いついて、歌の上手い女優さんがいないかなと思っていろいろ検索しながら東京に帰ってきたんですけど、家に着いてテレビを観たらEMILYが出ていて、歌は上手いし喋りもおもしろいなと思ったんです。それでHONEBONE(EMILYとKAWAGUCHIのフォークデュオ)のYouTubeを観て、カッコ良いなと思ってツイッターでHONEBONEのことをつぶやいたらEMILYが「仕事をください」って反応してくれて。EMILYは音楽の仕事という意味で言ったらしいのですが、僕は「女優に興味ある?」と怪しいダイレクトメールを送りました(笑)。それで「えー!!まさか」となり、彼女は最初信じていなかったみたいですけど、僕は真剣でアルバムも全部聴いて当て書きのようなことをしていきました。調べていくと現状に満足していなくてフツフツしていてというEMILYのあのキャラクターがおもしろいなと。

映画『リスタート』EMILY(HONEBONE)

マイソン:
そうだったんですね!女性を主人公に描くおもしろさや難しさはありましたか?

品川ヒロシ監督:
やっぱり綺麗に撮ってあげたいと思うんですけど、人間らしさとか汚い綺麗さとか、会っている時の人間っぽさを撮りたいから、それは男性とは違うところかもしれないです。僕だけかもしれませんが、スクリーンだと不細工な男でもカッコ良く見えませんか?汚くても、むしろ画になるというか。女性も綺麗には撮りたいけど、ライティングを調整してシワとかシミを目立たなくするというようなことではなく、人間らしく撮りたいんです。汚い綺麗さみたいなものを出した上で、人間臭い泥臭い美しさだったのが最後ステージではちゃんとメイクをして綺麗な服を着て出ていくっていうそこですかね。

マイソン:
今お話をお聞きしていて“汚い綺麗さ”こそ映画的だなと思いました。劇中では主人公に起きた出来事によってSNSで炎上したり、マスコミが憶測で報道することで主人公を苦しめるシーンもありました。品川監督はSNSに対して何か思うところはありますか?

品川ヒロシ監督:
僕も一時期好感度が低いとか嫌われているとかありましたが、街で会うと「ファンです」って言ってくれたり、「写真を撮ってください」って喜んでくれることのほうが多かったんです。だからその箱の中にそのまま囚われていなければ、“いいね!“もなければ炎上もない、目の前にあるものがすべてでしょって思うところはあります。そこに囚われていると目の前の優しい人が見えなくなってしまうと思うんです。もちろんSNSの良いところはいっぱいあるんですけどね。現にこの映画なんてSNS以外で広めようがないですから(笑)。

映画『リスタート』EMILY(HONEBONE)/SWAY(DOBERMAN INFINITY/劇団EXILE)/中野英雄ほか

マイソン:
すごく拡散力がありますもんね。では話題が変わりますが、品川監督はお笑い芸人も映画監督もされていますが、映画を作りたいと思ったきっかけは何かありますか?

品川ヒロシ監督:
10代の頃から映画が好きでした。芸人になる時にビートたけしさんが映画を撮っていたので、成功したら映画も撮れたりするのかなとなんとなく思って、夢の1つとしてありました。

マイソン:
どちらかというと映画を撮りたいというのが先だったんですか?

品川ヒロシ監督:
いえ、10代の時ですから映画がちょっと好きだからって映画を撮るも何もないし、もっと言えばお笑いがちょっと好きだからってお笑いができるわけでもないし、当時はまだ強く信念を持って映画を撮りたいとか、絶対にお笑いをやりたいという感じではなかったです。でも、NSC(吉本興業の芸能養成学校)という間口ができてお笑いを始めやすくなり、入ってからどんどん火が付いて30歳くらいの時にショートムービーを撮らせてもらったんです。それが現実におもしろいとなって、さらに撮りたい撮りたいとなっていきました。

マイソン:
10代で観ていた映画ってどんな映画でしたか?

品川ヒロシ監督:
最初はクエンティン・タランティーノとか映画はいっぱい観ていましたけど、15歳の頃、中学生の時に“ROADSHOW(ロードショー)”という雑誌を読んでいて、『トップガン』とかも観に行きました。でも映画は小学校の頃から好きで、“土曜洋画劇場”に始まり、小学校3年生くらいになると1人で映画館に行って映画を観ていました。

映画『リスタート』品川ヒロシ監督インタビュー

マイソン:
当時と今とで映画の観方は変わっていますか?

品川ヒロシ監督:
カット割りがどうとか脚本がどうとかは考えないように、とにかく純粋にお客さんとして楽しみたいという感じで観ています。僕の場合はですけど、評論をブログやツイッターに書くとなると、やっぱりセンスが良いって思われたいじゃないですか(笑)。そうなると何か良い感じで寸評したいなという目線で観てしまうから、とにかくお客さんとして映画を楽しみたいという感じです。好きな映画は何度も観て、「あのシーン、カッコ良いよね!」「こうやってカット割りをしているのか」となるのはその後ですね。

マイソン:
じゃあ初回は純粋に。

品川ヒロシ監督:
初回は純粋に観ています。それでメイキングも観たり、何回も同じ映画を観て「ここはこういう風に撮っていたんだ」「これはもう1回観てみよう」とか。

マイソン:
なるほど〜。その中でも特に印象に残っていたり影響を受けた作品はありますか?

品川ヒロシ監督:
やっぱりタランティーノですかね。『パルプ・フィクション』を観た時に衝撃を受けすぎて、「なんておもしろくてカッコ良い映画なんだ!」って思いました。それまでも映画が好きでしたが、とにかくカッコ良いって思いました。

マイソン:
じゃあそこから興味が深くなっていったんですね。

映画『リスタート』メイキング、品川ヒロシ監督

品川ヒロシ監督:
『パルプ・フィクション』で1個ギアが入った感じがあったかもしれないですね。

マイソン:
今は海外の方ともコミュニケーションがとりやすくなったと思うのですが、海外作品とか海外の方に出演してもらうとか、そういうことは今後ありそうですか?

品川ヒロシ監督:
海外で映画を撮りたいなと思いますね。予算の大きなハリウッド映画っていうのはいきなり無理ですけど、向こうに行って地道にみたいなことは考えたりもしますね。

マイソン:
ハリウッド、ヨーロッパ、アジアなどいろいろありますが、やっぱりハリウッドが良いですか?

品川ヒロシ監督:
やっぱりアメリカ映画が好きなのでアメリカが良いですね。あと、ハリウッドは天気が良いのでロケのスケジュールも組みやすそうですよね(笑)。ハリウッドって雨が少なくて日差しが強いからすごくパキッとしたカッコ良い映像になりますし、それが映画の街になった所以だと思います。

マイソン:
ハリウッドってそうなんですね!ぜひ将来ハリウッドでも撮っていただきたいです。今コロナ禍で良くも悪くもいろいろなことが変化を遂げているというか、変化を余儀なくされていると思うのですが、これを機に映画業界がこう変われば良いなとか思うところはありますか?

映画『リスタート』メイキング、品川ヒロシ監督

品川ヒロシ監督:
コロナを機にというわけではありませんが、僕は仕事の時はタクシー移動なのですが、映画館に行くのに電車に乗って地下の長いエスカレーターを登ってっていうのが好きなんです。この映画館でこれを観て、あの映画館ではあれを観て、間にお昼ご飯を食べてという風に計画を立てて1日3本綺麗に観られたりすると「お〜!」みたいな。同じシネコンで3本観るよりも、どちらかというと最後にテアトル新宿に駆け込むことができたら、今日は綺麗な1日だったなと思います。それはすごく楽しいですよね。だからまたそんな風に映画を観られる時が来たら良いなと思います。今は映画館が閉まっているわけではありませんが、映画館が閉まっていた時期は特にインディーズの監督さんとか1本延期になると本当にご飯が食べられなくなってしまったり、すごく才能のある人がなかなか映画を撮れなくなってしまうという状況もあります。なんとか才能のある人が映画を撮って映画館でかけられるという世の中に戻って欲しいです。今は皆本当に公開できるのかなとヒヤヒヤしながら映画を撮っているし、ロケもマスクやアクリル板を用意したり体温を測ったりして、それなりにコストもかかるから、若い監督さんも大変だと思います。この作品もコロナ禍の撮影だったらもう少し予算がかかったと思うんですよね。辛いのは僕らだけではありませんし、日本中、世界中同じなので、映画業界も元気になって欲しいなと思います。

マイソン:
今映画館に行きづらいというのもあるし、技術的にもいろいろなデバイスで観られるようになったなか、作り手側としてはどうでしょうか?

品川ヒロシ監督:
僕もめちゃくちゃ配信を観るんですよ。コロナでしばらく映画館には行きませんでしたから、配信でずっと観ているとこれで良いじゃんって思ったりもするんですけど、緊急事態宣言が明けた時に久しぶりに映画館に行ったらやっぱり良いんですよね。映画館の椅子に座って飲み物を置いてCMを観て、スクリーンで映画を観る気持ち良さって全然違うし、1本に対する思い出が変わってくるなと感じました。

映画『リスタート』品川ヒロシ監督インタビュー
スタイリスト:渡邊浩司/ヘアメイク:竹中真奈美
衣装:SMACK  ENGINEER
(問い合わせ先:GRAND TURKEY  077-551-5872)

マイソン:
日常で映画を消費するという感覚ではなく、映画館で観る時って一つひとつが出来事、思い出になっていきますよね。

品川ヒロシ監督:
やっぱり家で観ていると、途中で止めてトイレに行ったりとか、飲み物を取りに行ったりとかしますもんね。けど、映画館はそこに行ってスクリーンしかないので集中力も違うし。

マイソン:
そうですよね。早く何も気にせず映画館に行ける日が戻ると良いですね。本日はありがとうございました!

2021年5月26日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『リスタート』EMILY(HONEBONE)/SWAY(DOBERMAN INFINITY/劇団EXILE)/中野英雄ほか

『リスタート』
2021年7月9日より北海道先行公開中/7月16日より全国公開
監督・脚本:品川ヒロシ
出演:EMILY(HONEBONE)/SWAY(DOBERMAN INFINITY/劇団EXILE)/品田誠/朝倉ゆり(エラバレシ)/夏目ベール(純情のアフィリア)/藤井俊輔/向井日菜海/阿部隼也/かんた/岩崎う大/もりももこ/西野亮廣(キングコング)/松田大輔(東京ダイナマイト)/庄司智春(品川庄司)/小杉竜一(ブラックマヨネーズ)/黒沢あすか/中野英雄
配給:吉本興業

シンガーソングライターになるという夢を追いかけ、北海道の下川町から高校卒業を機に上京した未央は、その10年後、地下アイドルとして活動していた。そんなある日、交際中の人気アーティストに妊娠中の婚約者がいることを明かされると同時に週刊誌に報じられ、そのスキャンダルによって未央は地下アイドルとしても窮地に立たされてしまい…。

公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

©吉本興業

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『極主夫道 ザ・シネマ』玉木宏/川口春奈/志尊淳/古川雄大/玉城ティナ/松本まりか/滝藤賢一/安達祐実/吉田鋼太郎/稲森いずみ/竹中直人 極主夫道 ザ・シネマ

大人気コミックが実写映画化された本作は、まさに“王道コメディ”という感じで…

映画『帰らない日曜日』オデッサ・ヤング/ジョシュ・オコナー 帰らない日曜日

物語の舞台は1924年の母の日。母の日には、イギリス中のメイド達にも里帰りが許されます。でも…

映画『キャメラを止めるな!』第75回カンヌ国際映画祭、ミシェル・アザナヴィシウス監督、ロマン・デュリス、ベレニス・ベジョ、竹原芳子 ロマン・デュリス、ベレニス・ベジョら主要キャストと共に竹原芳子も登場!『キャメラを止めるな!』ワールドプレミア

日本で社会現象を起こした『カメラを止めるな!』を、『アーティスト』のミシェル・アザナヴィシウス監督が『キャメラを止めるな!』としてリメイク!このたび第75回カンヌ国際映画祭のオープニング作品としてプレミア上映され、ロマン・デュリス、ベレニス・ベジョら主要キャストと共に竹原芳子も登場しました。

映画『ホリック xxxHOLiC』柴咲コウ 柴咲コウ(しばさき こう)

1981年8月5日生まれ。東京都出身。2000年に出演した『バトル・ロワイアル』で注目を集め…

Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ 「国内旅行についてしゃべろう」トーキョー女子映画部“リアル交流会”参加者募集

トーキョー女子映画部には“映画が好き”という共通項を持つ部員の方々が集まっています。その中でもさらに共通の関心事についておしゃべりすれば楽しいんじゃないかということで、今回のリアル交流会の話題は、「国内旅行」で実施します。国内旅行好きの皆さん、夏休みの計画を立てようとしている皆さん、この交流会で情報交換しませんか?

映画『私だけ聴こえる』松井至監督インタビュー 『私だけ聴こえる』松井至監督インタビュー

音のない世界と聴こえる世界の狭間で居場所を失ったコーダの子ども達の姿を追ったドキュメンタリー映画『私だけ聴こえる』。今回はその監督を務めた松井至さんに、本作制作の裏話や、監督が肌で感じたコーダの方々のリアルな意見について聞いてみました。

映画『アネット』マリオン・コティヤール マリオン・コティヤール

1975年9月30日生まれ。フランス、パリ出身。両親共に舞台俳優。幼少の頃から舞台に立ち…

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎 冬薔薇(ふゆそうび)

ゼロからの再スタートといえる伊藤健太郎が主演の本作は、阪本順次監督が彼からじっくり話を聞き…

映画『トップガン マーヴェリック』マイルズ・テラー マイルズ・テラー

1987年2月20日アメリカ、ペンシルベニア州生まれ。2010年にジョン・キャメロン・ミッチェル監督作…

映画『トップガン マーヴェリック』来日記者会見:トム・クルーズ、ジェリー・ブラッカイマー(プロデューサー) 経験と知識と技術と誰にも負けない熱意でとことんリアルにこだわった傑作『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ&ジェリー・ブラッカイマー来日記者会見

36年もの間、多くのファンが待ち望んでいた『トップガン』の続編が遂に2022年5月27日より公開されます。公開を目前にして、主演のトム・クルーズ、製作のジェリー・ブラッカイマーが揃って来日を果たしました。

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  2. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2
  5. MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真

おすすめ記事

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ 働く20代部員限定「仕事とキャリアについて話そう」“リアル交流会”vol.2参加者募集

トーキョー女子映画部では部員さん同士の交流機会を増やすべく、さまざまな交流会を企画しています。そして、この度【働く20代部員限定】で“仕事”“キャリア”をテーマにした交流会を開催します。

Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ 24歳以下部員限定「就職について話そう」“リアル交流会”vol.1参加者募集

今回は新たな交流会企画の第1弾として、【24歳以下の部員の方限定】で“就職”をテーマにした交流会を開催します。

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより 『神様のえこひいき』みんなのレビュー

今回は、Huluオリジナル『神様のえこひいき』3話までを正式部員の皆さんに観ていただきました。ジェンダー、性指向、アイデンティティがテーマとなっており、表現について奇譚のないご意見もいただきました。さまざまな感想があがっていて、本作の見どころが伝わってきます。

映画『ゴッドファーザー』マーロン・ブランド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ゴッドファーザー』

掟を重んじるマフィア一族の盛衰を、家族愛と壮絶なバイオレンスで描き、2度のアカデミー賞作品賞を受賞した名作“ゴッドファーザー”。今回は『ゴッドファーザー トリロジー 50th アニバーサリー 4K Ultra HD+ブルーレイセット』の発売にちなんで「勝手にキャスティング企画!」として、ドン・コルレオーネ役のマーロン・ブランドとマイケル・コルレオーネ役のアル・パチーノをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに俳優名を挙げていただきました。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 映画好きが選んだ2021邦画ベスト

今回は、日本アカデミー賞(2022年は3月11日に発表)の時期にちなんで、私達も2021年の邦画ベストを選んでみました。候補作品は2021年に劇場公開した邦画(実写)の中から編集部独断で選抜したほか、日本アカデミー賞ノミネート作品も含め、正式部員の皆さんに好きな作品へ投票していただきました。どの作品が2021年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングでご確認ください!

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会 4Kニューマスター版』トム・ハンクス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『フォレスト・ガンプ/一期一会』

ロバート・ゼメキス監督と名優トム・ハンクスがタッグを組み、米アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した不朽の名作『フォレスト・ガンプ/一期一会』。今回は本作4Kニューマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてフォレスト・ガンプ役のトム・ハンクス、ジェニー・カラン役のロビン・ライトをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

REVIEW

  1. 映画『極主夫道 ザ・シネマ』玉木宏/川口春奈/志尊淳/古川雄大/玉城ティナ/松本まりか/滝藤賢一/安達祐実/吉田鋼太郎/稲森いずみ/竹中直人
  2. 映画『帰らない日曜日』オデッサ・ヤング/ジョシュ・オコナー
  3. 映画『キャメラを止めるな!』第75回カンヌ国際映画祭、ミシェル・アザナヴィシウス監督、ロマン・デュリス、ベレニス・ベジョ、竹原芳子
  4. 映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎
  5. 映画『ゴースト・フリート 知られざるシーフード産業の闇』
  6. 映画『20歳のソウル』神尾楓珠
    20歳のソウル

  7. 映画『クリーチャー・デザイナーズ ハリウッド特殊効果の魔術師たち』フィル・ティペット
  8. 映画『チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ』
  9. 映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』チャン・イー/リウ・ハオツン
  10. 映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ
PAGE TOP