REVIEW

どん底作家の人生に幸あれ!

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル

本作は、イギリスの国民的作家チャールズ・ディケンズの半自伝的小説「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化。母と家政婦と3人で幸せに暮らしていたデイヴィッド少年が、母の再婚により継父に家を追い出され、貧しく苦しい日々を乗り越えようと奮闘する物語です。一難去ってまた一難といった具合に、デイヴィッドはずっと大変な苦労ばかりをしていくので、本来なら暗くて辛い話に見えてもおかしくないのですが、デイヴィッドをはじめ、それぞれのキャラクターがとても魅力的に描かれていて、悪役と善役のメリハリがあると同時に、悪役でもどこかおもしろい人間として見て、彼らからの嫌がらせも笑い飛ばすかのような雰囲気が作品全体を明るく包んでいます。また、デイヴィッドは少年の頃から周囲の人が話すおもしろい言葉を書き留めていますが、それを宝箱の中に入れて大事にしている姿も印象的に描かれています。彼は長く苦境の中にいますが、彼が集めたその言葉がいつかミラクルを起こすのかもしれないとワクワクさせられて、著者のチャールズ・ディケンズもこんな風に物語を作っていたのかなと想像が膨らみます。
そして、貧しさだけが敵というわけではなく、やっぱり人を貶めるのは人というところで、いわゆる悪役的なキャラクターが何人か出てくるのですが、そのキャラクターの中には根っから悪役というのではなく、デイヴィッドと同じように辛い人生を送ってきたなかで、野心の強さから人を陥れて這い上がろうとする人物もいたり、そういった人間描写の深さに引き込まれます。一方で人を助けるのもやはり人というところで、人間の温かさが描かれている点も本作の魅力です。最後は清々しい気持ちになれるので、人間関係にお疲れ気味の方は、視点を変えて気持ちを楽にするきっかけにぜひご覧ください。

デート向き映画判定
映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル/ヒュー・ローリー/ティルダ・スウィントン

本作にはデイヴィッドの恋愛模様も描かれていて、彼がどんな恋愛を辿るかというところに彼の成長が見えます。ロマンチックな展開や、観ていて微笑ましいシーンもありますが、後半はとても現実的な方向に進んでいくので、ラブラブで浮かれまくっているカップルが観ると、途中から「アレレレレ?」となる可能性があります(笑)。なので、ビギナーカップルよりも、お互いに恋愛で一山、二山越えてきた末に出会ったカップルのほうが共感しながら観られると思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『どん底作家の人生に幸あれ!』

デイヴィッドはとても辛い体験をしますが、ワクワクするような体験もします。そして彼は持ち前の明るさと強さでいろいろな苦難を乗り越え、たくさんの人と出会い、成長していきます。その出会いの中には良い出会いもあれば悪い出会いもありますが、生きていく上で悪い出会いを誰も避けることはできません。それでもデイヴィッドが負けずにいられるのはなぜなのか、ぜひ考えながら観てみてください。

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル/ピーター・キャパルディ/ヒュー・ローリー/ティルダ・スウィントン/ベン・ウィショー

『どん底作家の人生に幸あれ!』
2021年1月22日より全国順次公開
ギャガ
公式サイト

©2019 Dickensian Pictures, LLC and Channel Four Television Corporation

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  2. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  3. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  4. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  5. 映画『蛇の道』柴咲コウ

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP