特集

小説家で観る映画特集Vol.1

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『Merry Christmas! ~ロンドンに奇跡を起こした男~』ダン・スティーヴンス

この特集では実在の小説家自身の物語や、その小説家に影響を受けた人物が主人公の作品、またはその作家の小説の映画化作品にフォーカスを当ててご紹介します。一度ではご紹介しきれないので、最初からシリーズ化し、今回は第1弾としてお届けします。

ジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。旧作はすべてブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

チャールズ・ディケンズ

イギリスの国民的作家(1812-1870)。中流階級に生まれたが、父親が破産し10代で働きに出る。その後、新聞記者となり、仕事の合間に小説を書いていたとされている。作品は、「オリバー・ツイスト」「クリスマス・キャロル」「デイヴィッド・コパフィールド」「大いなる遺産」「二都物語」などがある。

映画『Merry Christmas! ~ロンドンに奇跡を起こした男~』

Merry Christmas! ~ロンドンに奇跡を起こした男~

監督:バハラット・ナルルーリ
出演:ダン・スティーヴンス/クリストファー・プラマー/ジョナサン・プライス

「クリスマス・キャロル」にまつわる誕生秘話。彼の不屈の精神と、筆の力で苦難を乗り越えたドラマチックな出来事を知り、ますますチャールズ・ディケンズが好きになります。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~(字幕版)

Disney’s クリスマス・キャロル

監督:ロバート・ゼメキス
出演:ジム・キャリー/ゲイリー・オールドマン/コリン・ファース/ボブ・ホスキンス/ロビン・ライト・ペン

お金持ちが幸せとは限らないこと、でも心1つで誰でも幸せになれるということを教えてくれます。

Disney’s クリスマス・キャロル(吹替版)

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル

どん底作家の人生に幸あれ!

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル/ピーター・キャパルディ/ヒュー・ローリー/ティルダ・スウィントン/ベン・ウィショー

2021年1月22日より全国順次公開
監督:アーマンド・イアヌッチ
出演:デヴ・パテル/ピーター・キャパルディ/ヒュー・ローリー/ティルダ・スウィントン/ベン・ウィショー

チャールズ・ディケンズの半自伝的小説と言われる「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化。どん底にいても輝いているキャラクター達の姿に、幸せの鍵が見えてきます。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

オリバー・ツイスト

監督:ロマン・ポランスキー
出演:バーニー・クラーク/ベン・キングズレー/ハリー・イーデン/エドワード・ハードウィック/マーク・ストロング

これでもかというほど酷い目に遭うオリバーを観ていると辛すぎるのですが、それでも心を失わないオリバーにすごく癒され、勇気をもらえます。

オリバー・ツイスト [DVD]

大いなる遺産

愛への執着とお金への執着が人の人生を狂わせていくストーリー。キャストが異なるバージョンを観比べてもおもしろそうです。

<1998年版>
監督:アルフォンソ・キュアロン
出演:イーサン・ホーク/グウィネス・パルトロウ/アン・バンクロフト/ロバート・デ・ニーロ

大いなる遺産 (字幕版)

<2012年版>
監督:マイク・ニューウェル
出演:ヘレナ・ボナム=カーター/レイフ・ファインズ /ジェレミー・アーヴァイン/サリー・ホーキンス/ロビー・コルトレーン

大いなる遺産(字幕版)

ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン

南アフリカのオレンジ自由国(現・南アフリカ共和国フリーステイト州)ブルームフォンテン生まれのイギリス人作家(1892-1973)。4歳の時に父を亡くし、12歳の時に母を亡くした。オックスフォード大学で学び、言語学、文学を研究。「ホビットの冒険」「指輪物語」を遺した。

映画『トールキン 旅のはじまり』ニコラス・ホルト

トールキン 旅のはじまり

監督:ドメ・カルコスキ
出演:ニコラス・ホルト/リリー・コリンズ/デレク・ジャコビ/トム・グリン=カーニー

早くに親を亡くしたトールキンがどのように育ち、学問がいかに彼の糧になったかを知ることができます。言語学のおもしろさがきっかけとなり、彼の才能が引き出されていく過程が活き活きと描かれています。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

トールキン 旅のはじまり (字幕版)

映画『ホビット 思いがけない冒険』マーティン・フリーマン他

ホビット 思いがけない冒険

※第2部『ホビット スマウグの荒らし場』/第3部『ホビット ゆきて帰りし物語』

監督:ピーター・ジャクソン
出演:イアン・マッケラン/マーティン・フリーマン/リチャード・アーミティッジ/ケイト・ブランシェット/イアン・ホルム/クリストファー・リー/ヒューゴ・ウィーヴィング/イライジャ・ウッド/アンディ・サーキス

彼が作り出した本作の世界には、彼の言語学の才能が溢れています。そして彼の生い立ちを知ってから本作を観ると、より“冒険”が味わい深くなります。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ホビット 思いがけない冒険 (字幕版)

ロード・オブ・ザ・リング

※第2部『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』/第3部『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』

監督:ピーター・ジャクソン
出演:イライジャ・ウッド/イアン・マッケラン/ヴィゴ・モーテンセン/リヴ・タイラー/オーランド・ブルーム/ショーン・アスティン/ケイト・ブランシェット/ドミニク・モナハン/ビリー・ボイド/ショーン・ビーン/アンディ・サーキス/ヒューゴ・ウィーヴィング/イアン・ホルム/ジョン・リス=デイヴィス

指輪を探しにいくのではなく、捨てにいく話というのがこれまたユニーク。

ロード・オブ・ザ・リング (字幕版)

ジェローム・デイヴィッド・サリンジャー

1919年1月1日、ニューヨーク市生まれのアメリカ人作家(1919-2010)。「ライ麦畑でつかまえて」は世界的ロングセラーとなったが、余生は人里離れたところにこもって過ごしたとされている。

映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』ニコラス・ホルト

ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー

監督・脚本:ダニー・ストロング
出演:ニコラス・ホルト/ケヴィン・スペイシー/ゾーイ・ドゥイッチ/ホープ・デイヴィス/サラ・ポールソン

作家を目指していた学生時代から、従軍時代を経て、その後彼がどんな苦しみを抱えて生きていたかを描いています。彼にとって書くことは、生きることだったというのがわかります。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー(字幕版)

映画『ライ麦畑で出会ったら 』アレックス・ウルフ/ステファニア・オーウェン/クリス・クーパー

ライ麦畑で出会ったら

監督:ジェームズ・サドウィズ
出演:アレックス・ウルフ/ステファニア・オーウェン/クリス・クーパー

主人公は「ライ麦畑でつかまえて」に魅了された少年。同作を舞台化したいと考えた少年は、サリンジャーの許可を得ようと、彼を捜し出し…。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ライ麦畑で出会ったら(字幕版)

ジャック・ロンドン

サンフランシスコ生まれのアメリカ人作家(1876-1916)。「野性の呼び声」で人気作家となった。その他、「白い牙」「火を熾す」「犬物語」などの作品を遺した。

映画『マーティン・エデン』ルカ・マリネッリ

マーティン・エデン

映画『マーティン・エデン』ルカ・マリネッリ

2020年9月18日より全国順次公開中
監督・脚本:ピエトロ・マルチェッロ
出演:ルカ・マリネッリ/ジェシカ・クレッシー/デニーズ・サルディスコ/ヴィンチェンツォ・ネモラート/カルロ・チェッキ

ジャック・ロンドンの自伝的小説。工場やアザラシ漁船で働いていた彼の経験が、主人公に投影されています。無学だった青年が独学で作家を志し、這い上がっていきながらも孤独に生きる姿が印象的。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

映画『野性の呼び声』ハリソン・フォード

野性の呼び声

監督:クリス・サンダース
出演:ハリソン・フォード/ダン・スティーヴンス/カレン・ギラン/オマール・シー

ジャック・ロンドンの出世作。暴れん坊の犬が野性にかえり、自分の居場所を見つけていく姿と、それを見守る老人の姿を重ね合わせ、生き甲斐とは何かを問うストーリーとなっています。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

野性の呼び声 (字幕版)

トルーマン・カポーティ

アメリカ、ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれ(1924-1984)。19歳で執筆した「ミリアム」でO・ヘンリ賞を受賞し、その名を広めた。。主な著書に、「遠い声 遠い部屋」「夜の樹」「草の竪琴」「ティファニーで朝食を」「冷血」「叶えられた祈り」などがある。ファッションやアートの世界でも才能を発揮し、社交界でも伝説を遺した。

イイ男セレクション

映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』トルーマン・カポーティ

トルーマン・カポーティ 真実のテープ

映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』トルーマン・カポーティ

2020年11月6日より全国順次公開中
監督・製作:イーブス・バーノー
出演:トルーマン・カポーティ/ケイト・ハリントン/ノーマン・メイラー/ジェイ・マキナニー/アンドレ・レオン・タリー

生前の彼の姿を収めたドキュメンタリー。華やかな世界で注目されながら、孤独感を抱えていた両面が見えます。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ティファニーで朝食を

監督:ブレイク・エドワーズ
出演:オードリー・ヘプバーン/ジョージ・ペパード/パトリシア・ニール/バディ・イブセン/マーティン・バルサ/ホゼ・ルイス・デ・ビラロニア/ミッキー・ルーニー

オードリー・ヘップバーンの代表作の1つとしても知られる不朽の人気作。上記のドキュメンタリーでカポーティの当時の考えを知ってから改めて観ると、違った角度で楽しめます。

ティファニーで朝食を (字幕版)

冷血

PG-12
監督:リチャード・ブルックス
出演:ロバート・ブレイク/スコット・ウィルソン/ジョン・フォーサイス

この作品も、カポーティの歴史を知る上で外せない作品のようです。

冷血 (字幕版)

カポーティ

監督:ベネット・ミラー
出演:フィリップ・シーモア・ホフマン/キャサリン・キーナー/クリフトン・コリンズJr,/クリス・クーパー

「冷血」を書いていた頃のカポーティを描いた作品。故フィリップ・シーモア・ホフマンがカポーティを好演。

カポーティ [DVD]

ジョージ・オーウェル

インド生まれのイギリス人作家でジャーナリスト(1903-1950)。本名はエリック・アーサー・ブレア。1933年に「パリ・ロンドン放浪記」で作家デビュー。1945年に出版された「動物農場」がベストセラーとなった。1948年に出された「1984年」はその後、映画化、テレビドラマ化、漫画化されただけでなく、さまざまな分野で今もなお大きな影響を及ぼしている。

映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ジェームズ・ノートン

赤い闇 スターリンの冷たい大地で

PG-12
監督:アグニェシュカ・ホランド
出演:ジェームズ・ノートン/ヴァネッサ・カービー/ピーター・サースガード

本作の主人公は、スターリン政権下のソビエト連邦の飢饉を暴いた英国人記者ガレス・ジョーンズですが、語りべ的な存在としてジョージ・オーウェルが登場し、「動物農場」になぞらえて、物語が進行していきます。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

赤い闇 スターリンの冷たい大地で(字幕版)

映画『ザ・ハント』ベティ・ギルピン

ザ・ハント

映画『ザ・ハント』

2020年10月30日より全国公開中
R-15+
監督:クレイグ・ゾベル 
製作:ジェイソン・ブラム
出演:ヒラリー・スワンク/ベティ・ギルピン/エマ・ロバーツ

ヒラリー・スワンクが演じるアシーナのセリフに登場し、本作のさまざまな場面で引用されています。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

Netflixアニメシリーズ『日本沈没2020』

日本沈没2020

Netflixにて配信中
監督:湯浅政明
声の出演:上田麗奈/村中知/佐々木優子/てらそま まさき/吉野裕行/森なな子/小野賢章/佐々木梅治/塩田朋子/濱野大輝/ジョージ・カックル/武田太一

シーズン1のストーリーで、「1984年」が何かしら鍵を握るアイテムとして登場します。

ドラマ批評

映画化が難しいとされる小説も多いですが、映画化せずにはいられない魅力があるんだろうと思います。小説家自身の人生が映画化されたものも多くありますが、それだけ作家本人がドラマチックな人生を歩んでいて魅力的だからでしょうね。作家の人生を知りつつ、作品を観るとおもしろさが一層増すので、ぜひ合わせて観てみてください。

TEXT by Myson

©BAH HUMBUG FILMS INC & PARALLEL FILMS (TMWIC) LTD 2017
©2019 Dickensian Pictures, LLC and Channel Four Television Corporation
© The British Film Institute/BBC/Number 9 Films (Great) Limited 2012 All Rights Reserved
© 2019 Twentieth Century Fox
©2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. 
©2012 Warner Bros. Ent. TM Saul Zaentz Co.
© 2016 REBEL MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
©2015 COMING THROUGH THE RYE, LLC ALL RIGHTS RESERVED
© 2020 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.
© FILM PRODUKCJA – PARKHURST – KINOROB – JONES BOY FILM – KRAKOW FESTIVAL OFFICE – STUDIO PRODUKCYJNE ORKA – KINO ŚWIAT – SILESIA FILM INSTITUTE IN KATOWICE
©“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners
©2019 AVVENTUROSA – IBC MOVIE- SHELLAC SUD -BR -ARTE
© 2020 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.
© 2019, Hatch House Media Ltd.

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ももいろそらを』池田愛 ももいろそらを(カラー版)

この物語は、主人公の川島いづみが大金の入った財布を拾ったところから…

映画『RUN/ラン』サラ・ポールソン/キーラ・アレン RUN/ラン

複数の障害を抱え車イス生活をしている娘と、そんな娘を必死に育ててきたシングルマザー。最初はそんな関係に見えている母子の関係が…

ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ『ワンダヴィジョン』キャスリン・ハーン キャスリン・ハーン

1973年7月23日アメリカ、イリノイ州ウェストチェスター生まれ。ノースウェスタン大学で演劇を専攻した後に…

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』岡田准一/木村文乃/平手友梨奈/安藤政信/黒瀬純/好井まさお/橋本マナミ/宮川大輔/山本美月/佐藤二朗/井之脇海/安田顕/佐藤浩市/堤真一 ザ・ファブル 殺さない殺し屋

人気シリーズ第2弾となる本作は、高度なアクションシーンとコミカルなシーンはそのままに、世界観がよりダークになっていて…

映画『スプリー』ジョー・キーリー ジョー・キーリー

1992年4月24日生まれ。アメリカ、マサチューセッツ州ボストン出身。高校時代に、姉に付き添って参加した…

映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』エミリー・ブラント/ノア・ジュプ クワイエット・プレイス 破られた沈黙

物語は前作の続きとなっていて、今作では子ども達が大活躍します。母エヴリン、長女のリーガン、長男のマーカスは、生まれたばかりの末っ子を連れて…

シネマ歌舞伎『籠釣瓶花街酔醒』 シネマ歌舞伎『籠釣瓶花街酔醒』3組6名様 東劇限定鑑賞券プレゼント

シネマ歌舞伎『籠釣瓶花街酔醒』3組6名様 東劇限定鑑賞券プレゼント

映画『彼女来来』山西竜矢監督インタビュー 『彼女来来』山西竜矢監督インタビュー

今回は、俳優、脚本家、演出家、映画監督として幅広く活躍中の山西竜矢監督にリモートインタビューをさせて頂きました。舞台を中心に活動をされてきた山西さんは、今回長編映画で初監督を務められましたが、映画と演劇との違いや、今作『彼女来来』の謎めいた要素の裏にどんな意図があったのかなどお聞きしました。

Netflix映画『彼女』水原希子/田中哲司 水原希子(みずはら きこ)

1990年10月15日アメリカ生まれ。日本語、英語、韓国語を話すトライリンガル。俳優、モデル、デザイナーとして…

【DC展 スーパーヒーローの誕生】 6月25日より開催の【DC展 スーパーヒーローの誕生】開催記念グッズやDCコラボレーションメニュー発表

DCの特別総合展【DC展 スーパーヒーローの誕生】が、2021年6月25日(金)〜9月5日(日)の期間、東京シティビューにて開催。その展覧会開催を記念したグッズやコラボレーションメニューをご紹介。

部活・イベント

  1. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  2. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  3. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  4. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  5. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

おすすめ記事

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

REVIEW

  1. 映画『ももいろそらを』池田愛
  2. 映画『RUN/ラン』サラ・ポールソン/キーラ・アレン
    RUN/ラン

  3. 映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』岡田准一/木村文乃/平手友梨奈/安藤政信/黒瀬純/好井まさお/橋本マナミ/宮川大輔/山本美月/佐藤二朗/井之脇海/安田顕/佐藤浩市/堤真一
  4. 映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』エミリー・ブラント/ノア・ジュプ
  5. 映画『逃げた女』キム・ミニ/ソン・ソンミ
    逃げた女

  6. 映画『漁港の肉子ちゃん』
  7. 映画『彼女来来』前原滉/奈緒
    彼女来来

  8. 映画『青葉家のテーブル』西田尚美/栗林藍希/寄川歌太/忍成修吾
  9. 映画『47歳 人生のステータス』ベン・スティラー/オースティン・エイブラムス
  10. 映画『キャラクター』菅田将暉/Fukase(SEKAI NO OWARI)
PAGE TOP