REVIEW

ドライビング・バニー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ドライビング・バニー』エシー・デイヴィス/トーマシン・マッケンジー

キービジュアルから、ポップで可愛い映画なのかと思いきや、良い意味で想像を裏切るストーリーで見応えがあります。エシー・デイヴィスが演じるバニーは、路上に立って車の窓拭きでコツコツとお金を稼いでいます。そして彼女は家に帰ると家主一家の世話をしています。ここまで観て、彼女はどういう立場なのだろうと頭の中は謎でいっぱいになるでしょう。他のキャラクターとのやり取りを観ていても、不思議に思うところが多々出てきます。彼女が抱える問題は物語が進むにつれて徐々にわかっていきますが、不可解に思えた点がどんどん伏線として繋がっていくので、ぜひ最初から注意深く観てください。
本作の主人公はバニーですが、バニーの姪トーニャ(トーマシン・マッケンジー)もキーパーソンです。叔母と姪という関係と2人の距離感もこの物語をドラマチックにする大切な要素となっています。親子ほど近過ぎない分、逆に気付くところもあるといおうか、親戚だけど戦友のような関係がとても素敵です。2人の一生懸命な姿を観ていると、なぜささやかな幸せすら叶わないのかもどかしくなります。でも、最後は清々しい気持ちにさせてくれる作品です。

デート向き映画判定
映画『ドライビング・バニー』エシー・デイヴィス/トーマシン・マッケンジー

交際相手の良からぬ一面を周囲の親しい人から指摘されている方は、最終的に誰を信じる、何を信じるかは別として、状況は違えど、本作を観ると物事を冷静に考えるきっかけになるかもしれません。なので本作はデートで観るよりも、仲の良い友人と観るか、1人でじっくり観るほうが良いのではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ドライビング・バニー』エシー・デイヴィス

本作には、子どもとの約束をどうにかして守ろうとする母(=主人公)の必死な姿が描かれています。「そこまでして…」と思えるくらい必死な母の姿を観ていると、子どもってこんなに愛されてるんだなと実感できます。本作の主人公は諸事情で社会的には問題児のように扱われますが、真相は違います。本作は、ちゃんと自分の目で人を見極めることが大事だということも教えてくれるでしょう。

映画『ドライビング・バニー』エシー・デイヴィス/トーマシン・マッケンジー

『ドライビング・バニー』
2022年9月30日より全国公開
アルバトロス・フィルム
公式サイト

© 2020 Bunny Productions Ltd

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『親のお金は誰のもの 法定相続人』三浦翔平さんインタビュー 『親のお金は誰のもの 法定相続人』三浦翔平さんインタビュー

時価6億円の伝説の真珠を巡る家族の大騒動と相続問題について描いた映画『親のお金は誰のもの 法定相続…

映画『あの花が咲く丘で、 君とまた出会えたら。』福原遥/水上恒司 『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』最速試写会 5組10名様ご招待

映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』最速試写会 5組10名様ご招待

映画『イコライザー THE FINAL』デンゼル・ワシントン イコライザー THE FINAL

シリーズ最終章となる本作は、シリーズで初めてR-15とされただけあって…

映画『春に散る』山口智子 山口智子(やまぐち ともこ)

1964年10月20日生まれ。夫は俳優の唐沢寿明。1988年、NHK連続テレビ小説『純ちゃんの応援歌』で主演デビュー。その後…

映画『BAD LANDS バッド・ランズ』安藤サクラ/山田涼介 映画と人の研究11:洋画選択時・邦画選択時の「好きな俳優出演作か」参考度の比較

今回は、洋画選択時・邦画選択時の「好きな俳優出演作か」参考度を比較しました。

映画『アナログ』二宮和也/波瑠 アナログ

ビートたけしによる原作を、二宮和也と波瑠の共演で映画化した本作では…

Netflix映画『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。』新木優子 新木優子(あらき ゆうこ)

1993年12月15日東京都生まれ。スカウトをきっかけに2008年にデビュー。2015年、ゼクシィの8代目CMガールとして…

映画『オペレーション・フォーチュン』ジェイソン・ステイサム/オーブリー・プラザ/バグジー・マローン オペレーション・フォーチュン

ジェイソン・ステイサムが型破りな敏腕諜報員役を演じるスパイ・アクション大作です。監督はガイ・リッチーが務め…

映画『コカイン・ベア』 コカイン・ベア

タイトルからおわかりの通り、本作はコカインと熊のお話…

Netflix映画『ちひろさん』有村架純 ちひろさん

物語が進むほど、人間の深いところに潜っていけるストーリーです。元風俗嬢の“ちひろさん…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

おすすめ記事

映画『ヒッチコックの映画術』アルフレッド・ヒッチコック 映画好きが選んだアルフレッド・ヒッチコック監督人気作品ランキング

アルフレッド・ヒッチコックが監督をした作品(1950年以降に制作された作品)について正式部員の皆さんに投票いただきランキングを作成しました。名作揃いのなか、どの作品が1位となったのでしょうか?

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』来日記者会見:クエンティン・タランティーノ 映画好きが選んだクエンティン・タランティーノ監督人気作品ランキング

今回は、これまでクエンティン・タランティーノが監督をした作品(脚本担当作は除く)について正式部員の皆さんに投票いただきランキングを作成しました。

映画『アイスクリームフィーバー』吉岡里帆/詩羽(水曜日のカンパネラ) 映画好き女子が選んだ【ガールズムービー邦画ランキング】

今回は邦画のガールズムービー(女性同士の友情や交流などを描いた作品)を集めました。候補作品は編集部が独断で選抜し、正式部員の皆さんの投票によるランキングを作成しました 。部員の皆さんによる熱いコメントも参考に、お気に入りのガールズムービーを探してみてください!

TSUTAYA TV

REVIEW

  1. 映画『イコライザー THE FINAL』デンゼル・ワシントン
  2. 映画『アナログ』二宮和也/波瑠
    アナログ

  3. 映画『オペレーション・フォーチュン』ジェイソン・ステイサム/オーブリー・プラザ/バグジー・マローン
  4. 映画『コカイン・ベア』
  5. Netflix映画『ちひろさん』有村架純
    ちひろさん

PRESENT

  1. 映画『あの花が咲く丘で、 君とまた出会えたら。』福原遥/水上恒司
  2. 映画『北極百貨店のコンシェルジュさん』
  3. 中国ドラマ『千紫万華(せんしばんか)〜重紫(ちょうし)に捧ぐ不滅の愛〜』QUOカード、ヤン・チャオユエ/シュー・ジェンシー
PAGE TOP