REVIEW

テッド・バンディ

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『テッド・バンディ』ザック・エフロン

何も知らずに観たい方は、下記のレビューは映画を観終わってから読んでください。

現代の日本で、テッド・バンディのことをどれくらいの人が知っているでしょうか。彼が何者かを知って観るか、知らずに観るかで、この物語がどう見えるかに影響すると思いますが、テッド・バンディと聞いて、実在の連続殺人犯の名前だということはわかった上で観た私でも、真相までは詳しく知らなかったので、本作を観るうちに「彼は冤罪だったの?」と思ってしまうほどでした。本作は、実在の連続殺人犯テッド・バンディの物語ですが、彼の犯行の裏側を暴く物語ではなく、彼の長年の恋人リズ(エリザベス・クレプファー)の著書「The Phantom Prince:My Life with Ted Bundy」(1981年出版)を原作として、彼女の視点を通した1人の男性としてのテッド・バンディの姿を映し出しています。なので、観ている側もリズと同じように、彼が本当に卑劣で凶悪な連続殺人犯なのか疑いながら、同時に彼が無罪だと信じたいという気持ちにだんだんなってきます。ザック・エフロンが演じたからテッド・バンディが魅力的に見えるということももちろんありますが、実際のテッド・バンディ自身、ハンサムでIQ160の頭脳を持ち、法に詳しく知的な人物でした。そんなイメージもあり、彼の周囲の人は彼を疑うこともなく、逮捕されてからも多くのファンレターが届いていたそうです。本作を観ると、いかに彼が殺人犯に見えないかがよくわかるのですが、具体的な言葉で表現するのに抵抗感があるほど、彼の実際の犯行はむごくて、非人間的で、表の顔とのギャップで余計にゾッとさせられます。本作は、ドキュメンタリーシリーズ『殺人鬼との対談 テッド・バンディの場合』を監督したジョー・バリンジャーが、同じく監督をしていますが、本作では敢えて彼が犯行に及んでいる姿を描きませんでした。逆にドキュメンタリーでは、彼がどんな人物だったか、4話に渡り綴られていて、いかに恐ろしい人物だったかがわかります。監督のお話について詳しくは、来日した監督にインタビューをさせて頂いたので、そちらもぜひ合わせて読んで頂ければと思います(12/19掲載予定)。
とにかく、本作を観ているとテッド・バンディという人物に引き込まれるのは言うまでもなく、だからこそラストは背筋が凍ります。彼の本当の怖さを犯行場面で見せるのではなく、ラストのあのシーンで表現したのは見事で、あういう一面こそ彼が恐ろしい人間であることを証明しています。人間はやはり見た目ではわかりませんね。

デート向き映画判定
映画『テッド・バンディ』ザック・エフロン/リリー・コリンズ

テッドとリズのラブストーリーとして観る部分がありつつ、これは実話で、最後の最後でゾッとさせられるので、ロマンチックなムードになるのは難しいでしょう。ただ、愛する人を信じたいと願う気持ちには共感できると思うので、パートナーと一緒に観ると、感想は語り甲斐があると思います。でも、少し相手に何らかの怖さを感じているなら、1人で観に行くか、仲の良い友達と観て、冷静に客観視するきっかけにするほうが良いでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『テッド・バンディ』ザック・エフロン

R-15なので15歳未満の人は観られません。本作の主人公テッド・バンディは、30人以上の女性を殺害し、その方法は本当に残虐で信じられないものでした。犠牲になったのは、若い女性ばかりで、悪人には見えず、むしろ魅力的な男性に見えた彼に油断してしまったり、彼の卑劣なやり方に騙されてついていってしまった人もいるようです。本作はすぐ身近に危険な人物がいること、そしてそれは全く殺人犯には見えない可能性があることを実感させてくれるお話です。信じられないけれど、これは実話です。観るならば、教訓として欲しいと思います。

映画『テッド・バンディ』ザック・エフロン/リリー・コリンズ

『テッド・バンディ』
2019年12月20日より全国公開
R-15+
ファントム・フィルム
公式サイト

©2018 Wicked Nevada,LLC

合わせて観て欲しいテッド・バンディ本人の映像、肉声によるドキュメンタリー
『殺人鬼との対談 テッド・バンディの場合』

先に映画『テッド・バンディ』を観てから、本シリーズを観ました。映画でも彼が恐ろしい人物であることはラストでわかりましたが、このドキュメンタリーを観て、彼の本当の恐ろしさを痛感しました。そして、真相を知れば知るほど、彼は魅力的などころか、あまりに屈折していて、卑劣な人間かがわかります。彼が事件を起こして逃げていた1970年代には、まだ法医学や科学捜査が今ほど進んでいないばかりか、アメリカの州同士で警察の捜査の連携もとれていない状況でした。今の時代だったらすぐに捕まっていただろう状況に思えますが、彼は何度も逃げ延び、捕まっても脱獄を繰り返しています。また、彼はメディアを利用したことでも特殊ですが、彼がいかにして自分を無罪に見せるためにパフォーマンスしていたかも、本作を観るとよくわかります。ジョー・バリンジャー監督は、『テッド・バンディ』とこのドキュメンタリーと、両軸でテッド・バンディという人物を描いていますが、近視眼的に観るテッド・バンディと、客観的に観るテッド・バンディとの比較で、より彼の複雑な闇の部分が浮き彫りにされています。このドキュメンタリーでは、彼を犯人だとするヒントに何度も近づきながら捕まえられなかったもどかしさも綴られていましたが、その教訓を活かすべく、テッド・バンディのケースがきっかけでFBIや警察の捜査方法が変わったことも語られており、その影響の大きさがわかります。
彼を観ていると、殺人鬼は私達のすぐそばにいるかも知れないということを痛感させられると同時に、人の持つイメージの影響力の強さに驚かされます。また、彼が恐ろしい人物だとわかっていてもファンになってしまう女性達の心理も、人間の危なっかしさを物語っています。とにかく世の中にはとんでもない人間がいるという恐ろしさを知らしめるドキュメンタリーです。

『殺人鬼との対談 テッド・バンディの場合』
Netflixにて配信中

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス シーズン2』スターリング・K・ブラウン スターリング・K・ブラウン

1976年4月5日アメリカ、ミズリー州生まれ。『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』(2016)でエミー賞を受賞。さらに『THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから』…

映画『WAVES/ウェイブス』ケルヴィン・ハリソン・Jr/テイラー・ラッセル WAVES/ウェイブス

2部構成となっている本作の前半は“タイラーの罪”と題して、裕福な家庭に長男として生まれたタイラーの物語が綴られています。一家が裕福であるのは父の苦労と努力の…

海外ドラマ『シカゴ・ファイア』テイラー・キニー、ミランダ・レイ・メイヨ ジェシー・スペンサー、テイラー・キニー、ジェイソン・ベギーらがドラマ“シカゴ”シリーズの魅力を語る!

クロスオーバー・エピソードが醍醐味で“One Chicago”で称される全米で大人気のドラマ“シカゴ”シリーズ。日本では、現在連続リリースされていることでも話題沸騰中!今回は、そんな“シカゴ”シリーズのスタジオに潜入取材が敢行され、各作品のキャストが、シリーズの魅力や思いを語っている様子をお届けします。

映画『囚われた国家』アシュトン・サンダース アシュトン・サンダース

1995年10月24日アメリカ、ロサンゼルス生まれ。ロサンゼルス演劇学校を卒業後、シカゴのデポール大学で演劇を専攻。主な映画出演作に…

映画『劇場』山﨑賢人 心理学から観る映画7-1:大人になるまで待って【モラトリアム】

春はスタートの季節ということで、将来に向けていろいろと考えたり、準備をし始める時期でもあります。特に学生は、学年が上がるにつれて、どんな仕事に就きたいかを具体的に考えますよね。それは同時に、1人の人間として自分の意志で、どんな大人になりたいか…

海外ドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス シーズン2』ジャスティン・ハートリー/クリッシー・メッツ/スターリング・K・ブラウン THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから

ピアソン家の3きょうだいの過去と未来を交錯させて描く、温かい家族の物語。切なくて温かいストーリーに涙腺が刺激されます。

映画『アドリフト 41日間の漂流』サム・クラフリン サム・クラフリン

1986年6月27日イングランド生まれ。2009年にロンドンの名門演劇学校“ロンドン・アカデミーナイト・オブ・ミュージック・アンド・ドラマティック・アート(LAMDA)”を卒業後、イギリスのTVシリーズなどに出演。その後…

映画『囚われた国家』アシュトン・サンダース 囚われた国家

タイトルから社会派サスペンスというのはおわかり頂けると思いますが、そこにSF要素が入ることでより…

映画『フェアウェル』ツィ・マー ツィ・マー

1962年6月10日生まれ。香港出身の中国系アメリカ人で、カナダでも活躍中。主な出演作に『ラッシュアワー』(98)と『ラッシュアワー3』(07)、マイケル・ケインと共演した『愛の落日』…

映画『ケアニン~こころに咲く花~』戸塚純貴さんインタビュー 『ケアニン~こころに咲く花~』戸塚純貴さんインタビュー

シリーズ1作目『ケアニン~あなたでよかった~』の上映会は全国各地で行われ、1300回(2020年2月現在)を突破し、台湾や香港など海外にまで支持が拡大しています。この度、前作に引き続き本シリーズ2作目となる『ケアニン~こころに咲く花~』で主演を果たした戸塚純貴さんにインタビューをさせて頂きました。俳優さんという立場からできることはないかと考えられていて、映画作りについての思いなどもお聞きできました。

おすすめ記事

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー 笑ったり、驚いたり、映画館でのリアクションはOK?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査3】

今回は、映画鑑賞中のリアクションについて調査しました。映画館で、おもしろいシーンや怖いシーンが出てきた時、皆さんはどんな風にリアクションしていますか?今回は、そんな映画館でのリアクションについて、自身のスタンス、周囲に求めるスタンスを聞いてみました。さらに、リアクションしながら楽しみたい編集部オススメ作品も紹介。

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』エディ・レッドメイン イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 総合ランキング>

海外30代俳優最終回は、ついに総合ランキングを発表!これまで発表した各部門ランキングの上位俳優が、…

映画『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』エディ・レッドメイン イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 演技力部門編>

今回は俳優にとって重要な演技力部門の結果を発表します。認知度のある俳優も多いですが、皆さんはそれぞれの演技力をどう評価したのでしょうか?

映画『ボヘミアン・ラプソディ』来日、ラミ・マレック イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 個性・ユーモア部門編>

今回は、海外30代俳優個性部門TOP15、ユーモア部門TOP10を発表します!30代はどんどん個性が発揮されてくる印象ですが、上位を争ったのは一体どの俳優なのでしょうか?結果に注目です!!

映画『グレイテスト・ショーマン』ザック・エフロン イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 ルックス・セクシー部門編>

今回からイイ男セレクションランキング海外30代俳優編の結果を発表!編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている海外30代(1981年以降、1990年以前の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい下記25名を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。まずは、ルックス部門TOP15&セクシー部門TOP15を発表します!

映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』オースティン・ザユル 洋画あるある「ツッコミどころ編」

映画を観ていると、「何でやねん!」とツッコミを入れたくなるような、お約束と感じる設定に出くわすことがありますよね。そこで今回は、どれくらい皆さんがそう思って観ているのか調査しました!さらに、ツッコミながら楽しめる編集部オススメ作品も紹介。

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2:鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは? 鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2】

今回は前回に引き続き、映画好き女子の鑑賞スタイルの調査結果を発表します。欲しい情報がすぐに手に入る世の中で、映画情報とは皆さんどのように付き合っているのでしょうか?「繰り返し観たくなる!編集部オススメ作品」も紹介。

映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー 女子100%共感!『スキャンダル』部活リポート

本作は、アメリカで視聴率NO.1を誇るニュース放送局“FOXニュース”にまつわるスキャンダラスな実話を映画化したもので、テレビ界の帝王と呼ばれるFOXニュース・チャンネルのCEOによるハラスメント問題に対して、さまざまな立場の女性達がどう向き合うかを描いています。この度トーキョー女子映画部では本作の部活を実施。本作を観た皆さんが、女性目線でどのように感じたか、アンケート結果を発表します。

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査1 映画を観る前、どこまで情報を入れる?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査1】

以前とある映画監督にインタビューした際、「(本当は映画を観る前に情報を入れずに)何も知らないで観て欲しい」とおっしゃっていました。トーキョー女子映画部スタッフも観る前に情報を極力入れないで観たい派なのですが、そういえば皆さんどうなんだろうと気になりました。今回のアンケートでは、映画ファンの方のスタンスはどういったタイプがあるのか調査!さらに、「何も知らずに観たら数倍楽しめる!アッと驚く編集部オススメ作品」も紹介。

海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル あの人は敵?味方?転職した凄腕ジェシカの処世術がスゴい『SUITS:ジェシカ・ピアソン』部活リポート

本作は、人気海外ドラマ『SUITS/スーツ』のメインキャラクターの1人、ジェシカ・ピアソンを主人公にしたスピンオフです。今回の部活では、本家『SUITS/スーツ』を観たことがある方、ない方の両方に…

REVIEW

  1. 映画『WAVES/ウェイブス』ケルヴィン・ハリソン・Jr/テイラー・ラッセル
  2. 海外ドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス シーズン2』ジャスティン・ハートリー/クリッシー・メッツ/スターリング・K・ブラウン
  3. 映画『囚われた国家』アシュトン・サンダース
  4. 映画『フェアウェル』オークワフィナ/チャオ・シュウチェン
    フェアウェル

  5. 映画『ポップスター』ナタリー・ポートマン
    ポップスター

  6. 映画『エジソンズ・ゲーム』ベネディクト・カンバーバッチ
  7. 映画『ケアニン~こころに咲く花~』戸塚純貴/島かおり
  8. 映画『デッド・ドント・ダイ』ビル・マーレイ/アダム・ドライバー/クロエ・セヴィニー
  9. 映画『サーホー』プラバース
    サーホー

  10. 映画『最高の花婿 アンコール』メディ・サドゥアン/アリ・アビタン/フレデリック・チョウ/ヌーム・ディアワラ/フレデリック・ベル/ジュリア・ピアトン/エミリー・カーン/エロディー・フォンタン/パスカル・ンゾンジ/サリマタ・カマテ/タチアナ・ロホ/クローディア・タグボ

部活・イベント

  1. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  2. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP