REVIEW

テッド・バンディ

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『テッド・バンディ』ザック・エフロン

何も知らずに観たい方は、下記のレビューは映画を観終わってから読んでください。

現代の日本で、テッド・バンディのことをどれくらいの人が知っているでしょうか。彼が何者かを知って観るか、知らずに観るかで、この物語がどう見えるかに影響すると思いますが、テッド・バンディと聞いて、実在の連続殺人犯の名前だということはわかった上で観た私でも、真相までは詳しく知らなかったので、本作を観るうちに「彼は冤罪だったの?」と思ってしまうほどでした。本作は、実在の連続殺人犯テッド・バンディの物語ですが、彼の犯行の裏側を暴く物語ではなく、彼の長年の恋人リズ(エリザベス・クレプファー)の著書「The Phantom Prince:My Life with Ted Bundy」(1981年出版)を原作として、彼女の視点を通した1人の男性としてのテッド・バンディの姿を映し出しています。なので、観ている側もリズと同じように、彼が本当に卑劣で凶悪な連続殺人犯なのか疑いながら、同時に彼が無罪だと信じたいという気持ちにだんだんなってきます。ザック・エフロンが演じたからテッド・バンディが魅力的に見えるということももちろんありますが、実際のテッド・バンディ自身、ハンサムでIQ160の頭脳を持ち、法に詳しく知的な人物でした。そんなイメージもあり、彼の周囲の人は彼を疑うこともなく、逮捕されてからも多くのファンレターが届いていたそうです。本作を観ると、いかに彼が殺人犯に見えないかがよくわかるのですが、具体的な言葉で表現するのに抵抗感があるほど、彼の実際の犯行はむごくて、非人間的で、表の顔とのギャップで余計にゾッとさせられます。本作は、ドキュメンタリーシリーズ『殺人鬼との対談 テッド・バンディの場合』を監督したジョー・バリンジャーが、同じく監督をしていますが、本作では敢えて彼が犯行に及んでいる姿を描きませんでした。逆にドキュメンタリーでは、彼がどんな人物だったか、4話に渡り綴られていて、いかに恐ろしい人物だったかがわかります。監督のお話について詳しくは、来日した監督にインタビューをさせて頂いたので、そちらもぜひ合わせて読んで頂ければと思います(12/19掲載予定)。
とにかく、本作を観ているとテッド・バンディという人物に引き込まれるのは言うまでもなく、だからこそラストは背筋が凍ります。彼の本当の怖さを犯行場面で見せるのではなく、ラストのあのシーンで表現したのは見事で、あういう一面こそ彼が恐ろしい人間であることを証明しています。人間はやはり見た目ではわかりませんね。

デート向き映画判定
映画『テッド・バンディ』ザック・エフロン/リリー・コリンズ

テッドとリズのラブストーリーとして観る部分がありつつ、これは実話で、最後の最後でゾッとさせられるので、ロマンチックなムードになるのは難しいでしょう。ただ、愛する人を信じたいと願う気持ちには共感できると思うので、パートナーと一緒に観ると、感想は語り甲斐があると思います。でも、少し相手に何らかの怖さを感じているなら、1人で観に行くか、仲の良い友達と観て、冷静に客観視するきっかけにするほうが良いでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『テッド・バンディ』ザック・エフロン

R-15なので15歳未満の人は観られません。本作の主人公テッド・バンディは、30人以上の女性を殺害し、その方法は本当に残虐で信じられないものでした。犠牲になったのは、若い女性ばかりで、悪人には見えず、むしろ魅力的な男性に見えた彼に油断してしまったり、彼の卑劣なやり方に騙されてついていってしまった人もいるようです。本作はすぐ身近に危険な人物がいること、そしてそれは全く殺人犯には見えない可能性があることを実感させてくれるお話です。信じられないけれど、これは実話です。観るならば、教訓として欲しいと思います。

映画『テッド・バンディ』ザック・エフロン/リリー・コリンズ

『テッド・バンディ』
2019年12月20日より全国公開
R-15+
ファントム・フィルム
公式サイト

©2018 Wicked Nevada,LLC

合わせて観て欲しいテッド・バンディ本人の映像、肉声によるドキュメンタリー
『殺人鬼との対談 テッド・バンディの場合』

先に映画『テッド・バンディ』を観てから、本シリーズを観ました。映画でも彼が恐ろしい人物であることはラストでわかりましたが、このドキュメンタリーを観て、彼の本当の恐ろしさを痛感しました。そして、真相を知れば知るほど、彼は魅力的などころか、あまりに屈折していて、卑劣な人間かがわかります。彼が事件を起こして逃げていた1970年代には、まだ法医学や科学捜査が今ほど進んでいないばかりか、アメリカの州同士で警察の捜査の連携もとれていない状況でした。今の時代だったらすぐに捕まっていただろう状況に思えますが、彼は何度も逃げ延び、捕まっても脱獄を繰り返しています。また、彼はメディアを利用したことでも特殊ですが、彼がいかにして自分を無罪に見せるためにパフォーマンスしていたかも、本作を観るとよくわかります。ジョー・バリンジャー監督は、『テッド・バンディ』とこのドキュメンタリーと、両軸でテッド・バンディという人物を描いていますが、近視眼的に観るテッド・バンディと、客観的に観るテッド・バンディとの比較で、より彼の複雑な闇の部分が浮き彫りにされています。このドキュメンタリーでは、彼を犯人だとするヒントに何度も近づきながら捕まえられなかったもどかしさも綴られていましたが、その教訓を活かすべく、テッド・バンディのケースがきっかけでFBIや警察の捜査方法が変わったことも語られており、その影響の大きさがわかります。
彼を観ていると、殺人鬼は私達のすぐそばにいるかも知れないということを痛感させられると同時に、人の持つイメージの影響力の強さに驚かされます。また、彼が恐ろしい人物だとわかっていてもファンになってしまう女性達の心理も、人間の危なっかしさを物語っています。とにかく世の中にはとんでもない人間がいるという恐ろしさを知らしめるドキュメンタリーです。

『殺人鬼との対談 テッド・バンディの場合』
Netflixにて配信中

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『あまくない砂糖の話』 映画で“食”について考えてみよう8:三大栄養素は体を動かすエネルギー源

今回は栄養素の基礎となる“糖質”“脂質”“たんぱく質”の三大栄養素について紹介します。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 花束みたいな恋をした

20歳前後、大学生の頃の出会いって独特だなと、本作を観ると改めて感じます…

映画『日本独立』小林薫 小林薫(こばやし かおる)

1951年9月4日、京都府生まれ。1971年から80年までの間、唐十郎主催の状況劇場に…

映画『キル・チーム』ナット・ウルフ キル・チーム

アフガニスタンに赴任していた米軍の兵士達が、現場の状況を偽装して民間人を殺害していた実話を映画化…

映画『青い、森』田中偉登 田中偉登(たなか たけと)

2000年1月24日生まれ、大阪府出身。2012年に『宇宙兄弟』で映画デビュー。以降…

映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン KCIA 南山の部長たち

1979年10月26日、韓国のパク・チョンヒ(朴正煕)大統領は、自らの側近だった中央情報部(通称:KCIA)の部長キム・ジェギュ(金載圭)に殺害…

映画『青い、森』門下秀太郎 門下秀太郎(かどした しゅうたろう)

1998年9月11日、長崎県生まれ。2016年、第3回SonyMusic×smart オーディションで…

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル どん底作家の人生に幸あれ!

本作は、イギリスの国民的作家チャールズ・ディケンズの半自伝的小説「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化…

映画『滑走路』寄川歌太 寄川歌太(よりかわ うた)

2004年3月11日生まれ、大阪府出身。2010年、歌舞伎平成中村座で…

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純
  2. 映画『キル・チーム』ナット・ウルフ
    キル・チーム

  3. 映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン
  4. 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル
  5. 映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ
    天空の結婚式

  6. 映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳
  7. Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/ザカリー・クイント(ザッカリー・クイント)/マット・ボマー/アンドリュー・ラネルズ/チャーリー・カーヴァー/ロビン・デ・ヘスス/ブライアン・ハッチソン/マイケル・ベンジャミン・ワシントン/タック・ワトキンス
  8. 映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』エマニュエル・ドゥヴォス
  9. 映画『キング・オブ・シーヴズ』マイケル・ケイン/ジム・ブロードベント/トム・コートネイ/チャーリー・コックス/ポール・ホワイトハウス/レイ・ウィンストン/マイケル・ガンボン
  10. 映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア
    聖なる犯罪者

PAGE TOP