REVIEW

テッド・バンディ

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『テッド・バンディ』ザック・エフロン

何も知らずに観たい方は、下記のレビューは映画を観終わってから読んでください。

現代の日本で、テッド・バンディのことをどれくらいの人が知っているでしょうか。彼が何者かを知って観るか、知らずに観るかで、この物語がどう見えるかに影響すると思いますが、テッド・バンディと聞いて、実在の連続殺人犯の名前だということはわかった上で観た私でも、真相までは詳しく知らなかったので、本作を観るうちに「彼は冤罪だったの?」と思ってしまうほどでした。本作は、実在の連続殺人犯テッド・バンディの物語ですが、彼の犯行の裏側を暴く物語ではなく、彼の長年の恋人リズ(エリザベス・クレプファー)の著書「The Phantom Prince:My Life with Ted Bundy」(1981年出版)を原作として、彼女の視点を通した1人の男性としてのテッド・バンディの姿を映し出しています。なので、観ている側もリズと同じように、彼が本当に卑劣で凶悪な連続殺人犯なのか疑いながら、同時に彼が無罪だと信じたいという気持ちにだんだんなってきます。ザック・エフロンが演じたからテッド・バンディが魅力的に見えるということももちろんありますが、実際のテッド・バンディ自身、ハンサムでIQ160の頭脳を持ち、法に詳しく知的な人物でした。そんなイメージもあり、彼の周囲の人は彼を疑うこともなく、逮捕されてからも多くのファンレターが届いていたそうです。本作を観ると、いかに彼が殺人犯に見えないかがよくわかるのですが、具体的な言葉で表現するのに抵抗感があるほど、彼の実際の犯行はむごくて、非人間的で、表の顔とのギャップで余計にゾッとさせられます。本作は、ドキュメンタリーシリーズ『殺人鬼との対談 テッド・バンディの場合』を監督したジョー・バリンジャーが、同じく監督をしていますが、本作では敢えて彼が犯行に及んでいる姿を描きませんでした。逆にドキュメンタリーでは、彼がどんな人物だったか、4話に渡り綴られていて、いかに恐ろしい人物だったかがわかります。監督のお話について詳しくは、来日した監督にインタビューをさせて頂いたので、そちらもぜひ合わせて読んで頂ければと思います(12/19掲載予定)。
とにかく、本作を観ているとテッド・バンディという人物に引き込まれるのは言うまでもなく、だからこそラストは背筋が凍ります。彼の本当の怖さを犯行場面で見せるのではなく、ラストのあのシーンで表現したのは見事で、あういう一面こそ彼が恐ろしい人間であることを証明しています。人間はやはり見た目ではわかりませんね。

デート向き映画判定
映画『テッド・バンディ』ザック・エフロン/リリー・コリンズ

テッドとリズのラブストーリーとして観る部分がありつつ、これは実話で、最後の最後でゾッとさせられるので、ロマンチックなムードになるのは難しいでしょう。ただ、愛する人を信じたいと願う気持ちには共感できると思うので、パートナーと一緒に観ると、感想は語り甲斐があると思います。でも、少し相手に何らかの怖さを感じているなら、1人で観に行くか、仲の良い友達と観て、冷静に客観視するきっかけにするほうが良いでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『テッド・バンディ』ザック・エフロン

R-15なので15歳未満の人は観られません。本作の主人公テッド・バンディは、30人以上の女性を殺害し、その方法は本当に残虐で信じられないものでした。犠牲になったのは、若い女性ばかりで、悪人には見えず、むしろ魅力的な男性に見えた彼に油断してしまったり、彼の卑劣なやり方に騙されてついていってしまった人もいるようです。本作はすぐ身近に危険な人物がいること、そしてそれは全く殺人犯には見えない可能性があることを実感させてくれるお話です。信じられないけれど、これは実話です。観るならば、教訓として欲しいと思います。

映画『テッド・バンディ』ザック・エフロン/リリー・コリンズ

『テッド・バンディ』
2019年12月20日より全国公開
R-15+
ファントム・フィルム
公式サイト

©2018 Wicked Nevada,LLC

合わせて観て欲しいテッド・バンディ本人の映像、肉声によるドキュメンタリー
『殺人鬼との対談 テッド・バンディの場合』

先に映画『テッド・バンディ』を観てから、本シリーズを観ました。映画でも彼が恐ろしい人物であることはラストでわかりましたが、このドキュメンタリーを観て、彼の本当の恐ろしさを痛感しました。そして、真相を知れば知るほど、彼は魅力的などころか、あまりに屈折していて、卑劣な人間かがわかります。彼が事件を起こして逃げていた1970年代には、まだ法医学や科学捜査が今ほど進んでいないばかりか、アメリカの州同士で警察の捜査の連携もとれていない状況でした。今の時代だったらすぐに捕まっていただろう状況に思えますが、彼は何度も逃げ延び、捕まっても脱獄を繰り返しています。また、彼はメディアを利用したことでも特殊ですが、彼がいかにして自分を無罪に見せるためにパフォーマンスしていたかも、本作を観るとよくわかります。ジョー・バリンジャー監督は、『テッド・バンディ』とこのドキュメンタリーと、両軸でテッド・バンディという人物を描いていますが、近視眼的に観るテッド・バンディと、客観的に観るテッド・バンディとの比較で、より彼の複雑な闇の部分が浮き彫りにされています。このドキュメンタリーでは、彼を犯人だとするヒントに何度も近づきながら捕まえられなかったもどかしさも綴られていましたが、その教訓を活かすべく、テッド・バンディのケースがきっかけでFBIや警察の捜査方法が変わったことも語られており、その影響の大きさがわかります。
彼を観ていると、殺人鬼は私達のすぐそばにいるかも知れないということを痛感させられると同時に、人の持つイメージの影響力の強さに驚かされます。また、彼が恐ろしい人物だとわかっていてもファンになってしまう女性達の心理も、人間の危なっかしさを物語っています。とにかく世の中にはとんでもない人間がいるという恐ろしさを知らしめるドキュメンタリーです。

『殺人鬼との対談 テッド・バンディの場合』
Netflixにて配信中

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』アダム・ドライバー/ジョナサン・プライス テリー・ギリアムのドン・キホーテ

ある意味ファンタジーであり、喜劇であり、悲劇。結局何を観ていたんだろうという不思議な感覚にさせられますが、それこそが本作に…

映画『転がるビー玉』笠松将 笠松将(かさまつ しょう)

1992年11月4日愛知県生まれ。主な映画出演作に『デメキン』『カランコエの花』『リベンジgirl』『このまちで暮らせば』『響-HIBIKI-』…

映画『ジョジョ・ラビット』タイカ・ワイティティ タイカ・ワイティティ

1975年8月16日ニュージーランド、ウェリントン生まれ。監督、脚本家、俳優として活躍中。最初に注目されたのは、アカデミー賞にノミネートされた、2004年の短編映画“Two Cars, One Night(原題)”。その後…

映画『ロマンスドール』高橋一生/蒼井優 ロマンスドール

恋が始まった時は男と女、それが夫婦になって、お互いの存在がだんだん当たり前になってくる。時に夫婦としての会話が…

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』ジョン・チェスター/モリー・チェスター/愛犬トッド/動物たち 『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『キャッツ』フランチェスカ・ヘイワード キャッツ

ジェニファー・ハドソン、ジュディ・デンチ、ジェームズ・コーデン、レベル・ウィルソン、イアン・マッケラン、イドリス・エルバ、そしてテイラー・スウィフトなど、超豪華メンバーが勢揃いしている、名作ミュージカルの映画化という…

映画『リチャード・ジュエル』サム・ロックウェル/ポール・ウォルター・ハウザー ポール・ウォルター・ハウザー

1986年10月15日アメリカ生まれ。2017年、アカデミー賞ノミネート作品『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』で、実在の人物ショーン・エッカートを演じてブレイク。最近は…

映画『サヨナラまでの30分』新田真剣佑/北村匠海 サヨナラまでの30分

ある人間の魂が、別の人間の身体を借りるという設定はこれまでの映画でもありましたが、本作の設定は捻りがあって…

海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン シーズン1』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル 大人気ドラマのスピンオフ『SUITS:ジェシカ・ピアソン』を語ろう部活参加者募集!

本作は、大人気の海外ドラマ『SUITS/スーツ』の主役の1人であるマイク(パトリック・J・アダムス…

映画『ドクター・ドリトル』ワールド・プレミア、ロバート・ダウニーJr.、ラミ・マレック、ジョン・シナ、セレーナ・ゴメス、スティーヴン・ギャガン監督 ラミ・マレック、ジョン・シナ、セレーナ・ゴメス、ロバート・ダウニーJr.らが登場!映画『ドクター・ドリトル』ワールド・プレミア開催

2020年3月20日より公開となる映画『ドクター・ドリトル』。先日、全米公開を前に、豪華キャスト陣が集結するワールド・プレミアが開催されました!会場には、動物と会話ができる名医ドリトル先生役のロバート・ダウニーJr.をはじめ、ハリー・コレット、ラミ・マレック、ジョン・シナ、セレーナ・ゴメスら豪華ボイスキャスト&スタッフが登場しました。

おすすめ記事

映画『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』ティモシー・シャラメ イイ男セレクションランキング2020<海外20代俳優 ルックス・セクシー部門ランキング>

今回からいよいよイイ男セレクションランキング海外俳優編がスタート!まずは20代俳優についてのランキングを発表します。編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている海外20代(1990年以降の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい下記30名を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。今回は、ルックス部門TOP20&セクシー部門TOP15を発表します!

映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン ドラマを観ずに、劇場版『ダウントン・アビー』を観てみた結果を発表!

世界的に社会現象を巻き起こした人気ドラマ『ダウントン・アビー』が映画化され、2020年1月10日より劇場公開されます。本作の部活では…

映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックス トーキョー女子映画部が選ぶ 2019年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ2019年 ベスト5を発表します!劇場公開中の作品や、デジタル配信中のもの、DVDレンタル・発売中のものなど、ぜひ冬休みに観てください。

映画『ある船頭の話』オダギリジョー監督 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 総合ランキング>

いよいよ今回は、40代&50代俳優の総合ランキングを発表!各部門でランキングの入れ替えが多かった40代50代俳優ですが、果たして栄冠は誰の手に!?

映画『ドクター・スリープ』原作者:スティーヴン・キング これほど多く作品が映画化された作家はいない!スティーヴン・キング特集

2019年は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』、2020年1月には『ペット・セメタリー』と、立て続けにスティーヴン・キング原作の映画化が公開されます…

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

映画『50回目のファーストキス』完成披露試写会舞台挨拶、山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 総合ランキング>

今回は、いよいよ30代俳優の総合ランキングを発表します!20代の各部門ランキングに比べると、30代のランキングは部門毎で変動が多かった印象ですが、果たして総合ランキングはどのような結果になったのでしょうか?

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

REVIEW

  1. 映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』アダム・ドライバー/ジョナサン・プライス
  2. 映画『ロマンスドール』高橋一生/蒼井優
  3. 映画『キャッツ』フランチェスカ・ヘイワード
    キャッツ

  4. 映画『サヨナラまでの30分』新田真剣佑/北村匠海
  5. 映画『私の知らないわたしの素顔』ジュリエット・ビノシュ/フランソワ・シビル
  6. 映画『ジョジョ・ラビット』ローマン・グリフィン・デイビス/タイカ・ワイティティ
  7. 映画『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』フェリシティ・ジョーンズ/エディ・レッドメイン
  8. 映画『ラストレター』松たか子
    ラストレター

  9. 映画『his』宮沢氷魚 /藤原季節
    his

部活・イベント

  1. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン シーズン1』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  2. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP