心理学

心理学から観る映画1-1:連続殺人犯を生み出すもの

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『テッド・バンディ』関連:テッド・バンディ本人

皆さんは、ザック・エフロン主演の『テッド・バンディ』という映画をご覧になったでしょうか?これは、アメリカ犯罪史上最悪の連続殺人犯テッド・バンディの長年の恋人リズ(エリザベス・クレプファー)の著書「The Phantom Prince:My Life with Ted Bundy」(1981年出版)を原作とした映画で、本作のジョー・バリンジャー監督は、『殺人鬼との対談 テッド・バンディの場合』というドキュメンタリー映画も撮っています。私は先に『テッド・バンディ』を観てから、ドキュメンタリーのほうを観たのですが、両方観てなお、テッド・バンディという男の恐ろしさに驚愕しました。そこで、私達と同じ人間なのに、なぜこれほどまでに恐ろしいことができるのかを考えざるを得なくなりました。

今回の特集は4回に渡り、連続殺人犯にまつわる謎について、考えてみたいと思います。

<参考・引用資料>
『殺人鬼との対談 テッド・バンディの場合』Netflix/ドキュメンタリー
『犯罪者と狂気の火種』Netflix/ドキュメンタリー
下記は、上記で語られている内容から一部引用しまとめたものです。

犯罪者は、先天的?後天的?

この問いは約250年前から議論されていて、さまざまな研究が行われています。ただ、傾向はある程度掴めているとしても、当然ながら犯罪者を一色単にして考えることはできません。先天的な傾向に当てはまっても犯罪の道に走らない人もいて、その違いが後天的な要素に影響されるとも考えられます。というわけで、現在でも明確な答えは出ておらず、やはりどちらかというのではなく、先天的な部分、後天的な部分の両方があって、犯罪者になる可能性が増幅するという考え方が主流となっているようです。

連続殺人犯の共通点1=家庭環境の崩壊と虐待

100%全員に合致することはもちろんありませんが、傾向はあります。その一つは、“家庭環境の崩壊”です。幼い頃に虐待を受けていた者も多いとされています。また、父親が不在か存在が希薄で、母親が支配的という特徴もあり、こういった場合は、母親に対する憎悪が深くなり、成長してからその憎悪が女性に向けられるとも考えられています。

さまざまな分野で研究されているなかで、1960年代には、司法心理学者のマクドナルドが、シリアルキラー(連続殺人犯)の幼少期に出る特徴として、寝小便、放火、動物の殺害(マクドナルドの三角形)を挙げましたが、サンプルの選び方が悪く関係性はないとされ、今では信憑性を失っています。

次に行動科学の視点から、「幼少期の体験で共感する力を失った」という説が台頭します。本来、子どもの頃に両親から共感する心を学びますが、家庭環境が崩壊している場合、まともな人間関係を構築する機会を得られず、共感する心が育ちません。人に共感できないということは、人の痛みがわからないので罪悪感を抱くこともなく、残虐なことをしても、何とも思わないということに繋がります。

テッド・バンディは、未婚の母のもとに生まれ、実の母の両親の養子として育てられ、実の母は姉だと嘘をつかれていました。大人になり、自己を見失い、精神病質者になった原因の一つとも考えられています。さらに祖父から虐待を受けていたようです。キラー・クラウン(殺人ピエロ)の異名を持つ連続殺人犯ジョン・W・ゲイシーは父に厳しく育てられ、幼少時に家族の友人から虐待を受けていたとされています。
安易に彼らと結び付けるわけではありませんが、子どもだからまだわからないと思っていることでも、大人の影響は子どもの将来に大きく反映されます。例えば、子どもが直接暴力を振るわれなくても、父が母に暴力を振るうという場面を目にしているだけでも、子どもの心の成長に悪影響を大きく残すことは、すぐに症状として表れなくても、後々共感力の欠如、罪悪感の欠如という見えない部分で表れてくると考えられます。また子どもはまだ脳が発達段階にあるので、ダメージを受ける可能性もあります。この件については、追って触れたいと思います。

映画『テッド・バンディ』関連:テッド・バンディ本人とザック・エフロン比較

『テッド・バンディ』
2019年12月20日より全国公開
R-15+
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定  
ジョー・バリンジャー監督インタビュー

©2018 Wicked Nevada,LLC

次回は、連続殺人犯の共通点の2つ目“性的錯誤”について取り上げます。

TEXT by Myson(認定心理士)

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ジョーンの秘密』トム・ヒューズ トム・ヒューズ

1986年4月18日イギリス生まれ。2009年バーバリーのキャンペーンモデルに抜擢。アンソニー・ホプキンスやケネス・ブラナーなどの名優を送り出した王立演劇学校(=RADA)を卒業後…

映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』ジーモン・モルツェ ジーモン・モルツェ

1996年に俳優である両親の間にウィーンで生まれた。10歳でニコラウス・ライトナー監督のテレビドラマ“DIE ENTSCHEIDUNG(原題)”でデビューを果たす。その後テレビ番組“Hannas Entscheidung(原題)”(2012)“Die Freischwimmerin(原題)”…

映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ジェームズ・ノートン 赤い闇 スターリンの冷たい大地で

物語の舞台は1933年で、ヒトラー、スターリンという名前が出てくるので戦争映画かと思いきやそうではありません。本作は、ヒトラーに取材した経験を持つ若き英国人記者ガレス・ジョーンズが…

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

映画『午前0時、キスしに来てよ』眞栄田郷敦 眞栄田郷敦(まえだ ごうどん)

2000年1月9日アメリカ生まれ。父は俳優の千葉真一、兄は俳優の新田真剣佑。2019年に映画『小さな恋のうた』で俳優デビューを飾る。また…

映画『ジョーンの秘密』ジュディ・デンチ/ベン・マイルズ ジョーンの秘密

イギリスの郊外で静かにひとり暮らしをしていた80代のジョーンの元へ、ある日突然MI5がやってきて逮捕されてしまいます。ジョーンは、ロシアに機密情報を流したというスパイ容疑で捕まり…

映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』ジーモン・モルツェ 心理学から観る映画18:“無意識”は人間の心の健康にどう関わってる?

精神科医ジークムント・フロイトは“無意識”という概念を生み出し、今私達の生活の中でも当たり前に“無意識”という言葉は使われています。でも、“無意識”って一体何なのでしょうか?ということで、今回はフロイトの理論をごくごく簡単にご紹介します。

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』浜辺美波/北村匠海/福本莉子/赤楚衛二 思い、思われ、ふり、ふられ

前半は、高校生男女4人組のややこしい四角関係が展開されていき、さらに朱里と理央の複雑な関係にドギマギしてしまいます。さらに「そんな偶然あるかいな(笑)」と思いながらも…

映画『貞子』清水尋也 清水尋也(しみず ひろや)

1999年6月9日、東京都生まれ。2014年に出演した『渇き。』で壮絶ないじめを受けるボク役を演じ一躍注目を集める。2018年、ドラマ…

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』赤楚衛二 赤楚衛二(あかそ えいじ)

1994年3月1日愛知県生まれ。テレビシリーズ『仮面ライダービルド』への出演で注目を集める。主な映画出演作に…

おすすめ記事

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ禍のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ禍の映画生活について、調査しました。

銃イメージ画像 あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『レオン』

「勝手にキャスティング企画!」第3回は『レオン』。まだ子役だったナタリー・ポートマンが、当時から可愛くて、演技も素晴らしく、虜になった方も多かったのではないでしょうか?今回はそんな本作をリメイクするとしたら、ジャン・レノが演じたレオン・モンタナ、ナタリー・ポートマンが演じたマチルダ・ランドーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『アトミック・ブロンド』シャーリーズ・セロン 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜アクション俳優編〜

楽しい妄想シリーズとして、新たに「1日あの人になってみたい!」企画をスタート。第1弾は“アクション俳優編”です。皆さんがもし1日だけアクション俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想しながら回答頂きました!

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『タイタニック』

「勝手にキャスティング企画!」第2回は『タイタニック』。名作中の名作で、日本でも一大ムーブメントを起こしたあの頃が懐かしいですね。今回はそんな本作をリメイクするとしたら、レオナルド・ディカプリオが演じたジャック・ドーソン、ケイト・ウィンスレットが演じたローズ・デウィット・ブカターを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ジェームズ・ノートン
  2. 映画『ジョーンの秘密』ジュディ・デンチ/ベン・マイルズ
  3. 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』浜辺美波/北村匠海/福本莉子/赤楚衛二
  4. 映画『ブレスレット 鏡の中の私』メリッサ・ゲール
  5. 映画『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』
  6. 映画『もったいないキッチン』ダーヴィド・グロス/塚本ニキ
  7. 映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』ジーモン・モルツェ/ブルーノ・ガンツ
  8. 映画『ぼくが性別「ゼロ」に戻るとき 空と木の実の9年間』林空雅
  9. 映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』長澤まさみ/東出昌大/小日向文世
  10. 映画『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』メルヴィル・プポー

部活・イベント

  1. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  2. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  3. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  4. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  5. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
PAGE TOP