REVIEW

ティル【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ティル』ダニエル・デッドワイラー/ジェイリン・ホール

REVIEW

1955年、アメリカ、ミシシッピ州のマネーで、アフリカ系アメリカ人の14歳の少年エメット・ティルが殺害された事件を映画化。当時母親とシカゴに住んでいたエメットは、夏休みに従兄弟が住むマネーへ1人で遊びに行きます。人種差別が一層酷い地域であるマネーでの“ルール”がまだわかっていないエメットは、悪気なく白人女性キャロライン・ブライアント(ヘイリー・ベネット)に口笛を吹いてしまいます。たったそれだけの行為で、彼はリンチの末、殺されてしまいます。エメットの母メイミーは息子の無惨な姿を見て、自身の身の安全も脅かされるなか、人種差別による理不尽な行為がまかり通る社会を相手に過酷な戦いに挑みます。
エメットが受けた仕打ちがあまりに酷く、衝撃を受けました。人種の違いだけでここまで酷いことを平気でできる神経は、同じ人間とは思えません。人種差別に年齢は関係ないとはいえ、14歳の子どもにさえこのような仕打ちをする犯人達の神経を疑います。ましてや彼等にも子どもがいることを思うと余計に理解不能です。本作に限らず、アメリカを舞台にした映画やドラマを観ていると、有色人種は白人に対して言動に注意する必要があるとされる場面をよく目にします。その状況自体がそもそもおかしいというのは置いておいたとして、気をつけていればどうにかなるという状況でもない事実を突きつける描写が本作にはあります。本作を観ると、本当に日常的に命の危険に晒されている実態を実感します。
劇中にはかなり衝撃的なシーンが出てきます。観ていると本当に辛くて涙が止まりませんでした。でも、このシーンはとても重要で、私達もこのシーンから目を背けてはいけないということに納得がいきます。この事件がきっかけで、“エメット・ティル反リンチ法”が2022年3月に成立しました。映画公式資料によるとこの法律は「人種差別に基づくリンチを連邦法の憎悪犯罪(ヘイトクライム)とする」法律とのことです。エメットの死後から67年もかかってからようやく成立したこと、逆に67年経った今でもこうした法律が必要である状況が続いていることを、私達は重く受けとめなければいけないと感じます。

デート向き映画判定
映画『ティル』ダニエル・デッドワイラー

とても重いテーマが描かれていて、観た後すぐに気持ちを切り替えるのは難しい方もいると思います。ただ、カップルとしてこういった社会問題をどう捉えるのか、自分達が当事者だったらどうするのか、一緒に観て感想を共有するのはとても有意義だと思います。初デートには少しハードルが高いかもしれませんが、何度か一緒に映画を観ている仲なら、デートで観るのもアリなのではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ティル』ダニエル・デッドワイラー/ジェイリン・ホール

エメットと同世代のティーンの皆さんにも観て欲しい作品です。こんなことがあってはならないけれど、世の中には自分達と全く倫理観が異なる人達がいます。そして、信じられないような差別や偏見をもとに、平気で人を傷つける人達がいます。たとえ日本であっても同じです。そうした事実を知っておいたほうが良いと思います。かなり衝撃的なシーンもある点は覚悟の上、観てみてください。

映画『ティル』ダニエル・デッドワイラー/ジェイリン・ホール

『ティル』
2023年12月15日より全国公開
PG-12
パルコ、ユニバーサル映画
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2022 Orion Releasing LLC. All rights reserved.

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2023年11月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット 『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李 52ヘルツのクジラたち【レビュー】

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を映画化した本作は、声に出して助けを求められない孤独な人々が出会い…

映画『夜明けのすべて』上白石萌音 上白石萌音【プロフィールと出演作一覧】

1998年1月27日生まれ。鹿児島県出身。2011年、第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞。同年…

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李
  2. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  3. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  4. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  5. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮

PRESENT

  1. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  2. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  3. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
PAGE TOP