REVIEW

ティル【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ティル』ダニエル・デッドワイラー/ジェイリン・ホール

REVIEW

1955年、アメリカ、ミシシッピ州のマネーで、アフリカ系アメリカ人の14歳の少年エメット・ティルが殺害された事件を映画化。当時母親とシカゴに住んでいたエメットは、夏休みに従兄弟が住むマネーへ1人で遊びに行きます。人種差別が一層酷い地域であるマネーでの“ルール”がまだわかっていないエメットは、悪気なく白人女性キャロライン・ブライアント(ヘイリー・ベネット)に口笛を吹いてしまいます。たったそれだけの行為で、彼はリンチの末、殺されてしまいます。エメットの母メイミーは息子の無惨な姿を見て、自身の身の安全も脅かされるなか、人種差別による理不尽な行為がまかり通る社会を相手に過酷な戦いに挑みます。
エメットが受けた仕打ちがあまりに酷く、衝撃を受けました。人種の違いだけでここまで酷いことを平気でできる神経は、同じ人間とは思えません。人種差別に年齢は関係ないとはいえ、14歳の子どもにさえこのような仕打ちをする犯人達の神経を疑います。ましてや彼等にも子どもがいることを思うと余計に理解不能です。本作に限らず、アメリカを舞台にした映画やドラマを観ていると、有色人種は白人に対して言動に注意する必要があるとされる場面をよく目にします。その状況自体がそもそもおかしいというのは置いておいたとして、気をつけていればどうにかなるという状況でもない事実を突きつける描写が本作にはあります。本作を観ると、本当に日常的に命の危険に晒されている実態を実感します。
劇中にはかなり衝撃的なシーンが出てきます。観ていると本当に辛くて涙が止まりませんでした。でも、このシーンはとても重要で、私達もこのシーンから目を背けてはいけないということに納得がいきます。この事件がきっかけで、“エメット・ティル反リンチ法”が2022年3月に成立しました。映画公式資料によるとこの法律は「人種差別に基づくリンチを連邦法の憎悪犯罪(ヘイトクライム)とする」法律とのことです。エメットの死後から67年もかかってからようやく成立したこと、逆に67年経った今でもこうした法律が必要である状況が続いていることを、私達は重く受けとめなければいけないと感じます。

デート向き映画判定
映画『ティル』ダニエル・デッドワイラー

とても重いテーマが描かれていて、観た後すぐに気持ちを切り替えるのは難しい方もいると思います。ただ、カップルとしてこういった社会問題をどう捉えるのか、自分達が当事者だったらどうするのか、一緒に観て感想を共有するのはとても有意義だと思います。初デートには少しハードルが高いかもしれませんが、何度か一緒に映画を観ている仲なら、デートで観るのもアリなのではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ティル』ダニエル・デッドワイラー/ジェイリン・ホール

エメットと同世代のティーンの皆さんにも観て欲しい作品です。こんなことがあってはならないけれど、世の中には自分達と全く倫理観が異なる人達がいます。そして、信じられないような差別や偏見をもとに、平気で人を傷つける人達がいます。たとえ日本であっても同じです。そうした事実を知っておいたほうが良いと思います。かなり衝撃的なシーンもある点は覚悟の上、観てみてください。

映画『ティル』ダニエル・デッドワイラー/ジェイリン・ホール

『ティル』
2023年12月15日より全国公開
PG-12
パルコ、ユニバーサル映画
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2022 Orion Releasing LLC. All rights reserved.

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2023年11月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン 『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎 もしも徳川家康が総理大臣になったら【レビュー】

タイトルを聞いただけでも興味をそそりつつ、どうやって徳川家康が現代の総理大臣になるのかなと…

映画『怪盗グルーのミニオン超変身』 怪盗グルーのミニオン超変身【レビュー】

“怪盗グルー”シリーズは、本作で4作目、“ミニオン”シリーズを入れると6作目…

中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『ある一生』シュテファン・ゴルスキー ある一生【レビュー】

激動の時代を駆け抜ける感覚があり、『フォレスト・ガンプ/一期一会』を観ているような感覚…

映画『ブルーピリオド』渋谷プレミアイベント:眞栄田郷敦、高橋文哉、板垣李光人、桜田ひより、萩原健太郎監督 劇中には俳優達が描いた絵も採用『ブルーピリオド』眞栄田郷敦、高橋文哉、板垣李光人、桜田ひより、萩原健太郎監督登壇、渋谷プレミアイベント

映画『ブルーピリオド』の渋谷プレミアイベントに眞栄田郷敦、高橋文哉、板垣李光人、桜田ひより、萩原健太郎監督が登壇!

映画『ヒューマニスト・ヴァンパイア・シーキング・コンセンティング・スーサイダル・パーソン』サラ・モンプチさん&アリアーヌ・ルイ・セーズ監督メールインタビュー 『ヒューマニスト・ヴァンパイア・シーキング・コンセンティング・スーサイダル・パーソン』サラ・モンプチさん&アリアーヌ・ルイ・セーズ監督インタビュー

今回は、『ヒューマニスト・ヴァンパイア・シーキング・コンセンティング・スーサイダル・パーソン』で主演を飾ったサラ・モンプチさんとアリアーヌ・ルイ・セーズ監督にメールインタビューをさせていただきました。

映画『コンセント/同意』キム・イジュラン/ジャン=ポール・ルーヴ 『コンセント/同意』特別試写会 10組20名様ご招待

映画『コンセント/同意』特別試写会 10組20名様ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム
  2. 映画『呪葬』セリーナ・レン
  3. 映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎
  4. 映画『怪盗グルーのミニオン超変身』
  5. 映画『ある一生』シュテファン・ゴルスキー

PRESENT

  1. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  2. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
  3. 映画『コンセント/同意』キム・イジュラン/ジャン=ポール・ルーヴ
PAGE TOP