REVIEW

TITANE/チタン【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『TITANE/チタン』アガト・ルセル

「こ、これは一体…!?」という驚きというか混乱というか困惑というか、何とも言えない感覚が最初から最後までノンストップの衝撃作。主人公は、子どもの頃に交通事故で大きな怪我を負い、頭にチタンプレートが埋められているアレクシア(アガト・ルセル)です。チタンプレートを埋められた彼女にはさっそくある変化が見えるのですが、ここから既に奇想天外な展開が始まっているので、最初から丸ごと楽しめるようにここでは伏せておきます。私と同じように何も知らずに観たほうが最大限に楽しめるはずなので、ぜひ前情報を入れずに観てください。ただ一点だけ、妊婦さんは今観ないでください。

この後は私の解釈をネタバレしないように書いていますが、できれば観終わってからお読みください。

本作は豪快で衝撃的なバイオレンスシーンから、ホラー、スリラーに分類されると思います。ただ根底には、父性、母性が1つのテーマとしてあるように思います。アレクシアと実の父との関係性、後に登場するヴァンサン(ヴァンサン・ランドン)との関係性を比較すると、アレクシアが父という存在に飢えていたことが伝わってきます。また劇中で実母の存在感があまりにも感じられないところも、印象的な描写の1つで、彼女は子どもの立場で親の愛を感じる機会が乏しく、父性や母性に触れる機会にも恵まれなかったと考えられます。また彼女の閉ざされた心や凶暴性は、チタンという素材の硬さや車で比喩されているように感じられ、同時に深く傷つけられた心とそこから生まれる凶暴性はもしかしたら受け継がれてしまう恐れがあることがラストでほのめかされているようにも見えます。一方、彼女が新たに見つけた人間関係の中では、彼女と同じ血筋を持った者でも、彼女とは違った運命になり得る可能性があることを示唆しているようにも思えました。なので、解釈のしようによっては、悲観的にも、前向きにも捉えられるラストなのではないでしょうか。
観客は知らぬ間に未曾有の世界に放り込まれ、ラストで一瞬放心状態にさせられるような強烈な作品ですが、パワフルな描写の裏側に繊細なメッセージが感じられ、それをこのような表現で映像化するとは、ジュリア・デュクルノー監督、お見事です!そして本作が長編映画デビュー作とは思えない気迫満点の演技を披露しているアガト・ルセルは、良い意味でキャラクターに負けない怪物級の俳優だと言えます。映画好きの皆さんにはぜひチェックいただきたい1作です。

デート向き映画判定
映画『TITANE/チタン』アガト・ルセル

本作には強烈なバイオレンスシーンがあり、目を覆いたくなるレベルで特に女性には辛いシーンもあるので、デートには不向きです(苦笑)。作品そのものは見応えがあり、映画好き同士なら鑑賞後にいろいろ語れると思います。友達と観るか、1人でじっくり観るほうが良いでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『TITANE/チタン』ヴァンサン・ランドン

15歳以上の方は観られますが、刺激が強いので、ある程度耐性がついてから観たほうが良さそうです。主人公は大人になっていますが、どこか成長し切れていないところ、新たな出会いによって彼女の中で欠けているものが少しずつ埋まっていく様子、そして彼女が抱える孤独感は、年齢を問わず誰にでも何かしら感じるものがあると思います。観ている最中はジェットコースターに乗っている感覚を味わえて、観終わった後はいろいろな解釈が頭を巡るおもしろさがあるので、興味が湧いたら観てみてください。

映画『TITANE/チタン』アガト・ルセル

『TITANE/チタン』
2022年4月1日より全国公開
R-15+
ギャガ
公式サイト

© KAZAK PRODUCTIONS –FRAKAS PRODUCTIONS –ARTE FRANCE CINEMA –VOO 2020

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン 『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎 もしも徳川家康が総理大臣になったら【レビュー】

タイトルを聞いただけでも興味をそそりつつ、どうやって徳川家康が現代の総理大臣になるのかなと…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  2. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  3. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  4. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム
  5. 映画『呪葬』セリーナ・レン

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP