REVIEW

ワンダーウーマン 1984

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット

2020年は新型コロナウィルス感染症の影響でハリウッド・アクション超大作の多くが公開延期となったので、それに飢えている映画ファンにとっては、本作そのものが救世主となるといっても良いのではないでしょうか。冒頭のアマゾン族のシーンから壮大なスケールで描かれていて、一気にこの世界観に引き込まれます。そして本作では“真実”が重要なテーマになっていて、真実がダイアナのその後の運命にどれだけ大きなインパクトを与えるものになるか、冒頭のシーンでしっかりと伏線が張られています。
また、シリーズ前作を観た人はクリス・パインが演じるスティーブがなぜ出てくるのか不思議に思うはず。今作では、スティーブがまたダイアナのもとに現れることこそがダイアナの試練となり、ラブストーリーとしての見どころにもなっています。そして、今回はダイアナのファッションだけでなく、スティーブのファッションにも要注目。2人のやり取りのなかにコミカルなシーンもあって、緊張と緩和が程よい感じでテンポも良く、上映時間の2時間半もあっという間です。
全体として今作は、ダイアナの身体的な強さだけでなく、真の強さが試されるストーリーになっていると同時に、現代社会に蔓延する行き過ぎた個人主義にも一石を投じるテーマを描いています。ダイアナがラストで発するメッセージは、ある意味新しいなとも思えて、現代社会を見つめ直す意味でも見応えのある作品となっています。もちろんダイアナがめちゃめちゃ美しくてカッコ良いので、爽快感も存分に味わってください。

デート向き映画判定
映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット/クリス・パイン

今作はラブストーリーといっても良いくらいの内容で、ロマンチックなシーンが多く、ダイアナがスティーブと一緒にいて幸せというムードが存分に伝わってきます。切ないシーンもあってキュンとするので、隣りにいる好きな人を一層愛おしく感じられるかもしれません。アクションは当然迫力があり、老若男女楽しめる内容で、どんなカップルのデートにもピッタリです。初デートでも安心して観られますよ。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット

冒頭のシーンでは、幼き頃のダイアナが登場してカッコ良い姿を披露しているので、キッズの皆さんもグッと引き込まれると思います。また、ダイアナ以外のキャラクターのストーリーでは親子関係が重要な鍵を握っているので、親子で観るのもアリでしょう。上映時間は長めですが、見せ場が要所要所にあるので、飽きないはず。またダイアナ自身が華やかでスタイル抜群なので、彼女のファッションを観ているだけでも楽しめます。

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット

『ワンダーウーマン 1984』
2020年12月18日より全国公開
ワーナー・ブラザース映画
公式サイト

© 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC Comics

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』倍賞美津子 倍賞美津子【プロフィールと出演作一覧】

1946年11月22日生まれ。茨城県出身。1967年『純情二重奏』で…

映画『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー 『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー

『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』の赤澤遼太郎さんと高橋健介さんにインタビューさせていただきました。お話中もお二人は和気あいあいとした雰囲気で、とても楽しいインタビューでした。

映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ 『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

映画『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス ファーストレディ【レビュー】

ミシェル・オバマ、ベティ・フォード、エレノア・ルーズベルト、3人のファーストレディの半生を描く本作は、複数の時代を行き来しながら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  2. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  3. 映画『蛇の道』柴咲コウ
  4. 映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン
  5. 海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP