取材&インタビュー

『超・少年探偵団NEO −Beginning−』高杉真宙さん、佐野岳さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『超・少年探偵団NEO −Beginning−』高杉真宙さん、佐野岳さんインタビュー

今回は『超・少年探偵団NEO −Beginning−』に出演の高杉真宙さん、佐野岳さんにインタビューさせて頂きました。本作のお話から、普段お2人が映画をどう楽しんでいらっしゃるのかまで聞いてみました。

<PROFILE>
高杉真宙(たかすぎ まひろ):小林芳狼(こばやし よしろう)役
1996年7月4日生まれ。福岡県出身。2009年、舞台“エブリ リトル シング”で俳優デビュー。 2012年『カルテット!』では、映画初主演を飾り、2013年『仮面ライダー鎧武/ガイム』では、仮面ライダー龍玄を演じた。2016年には、舞台“闇狩人”で単独初主演を果たした。2017年、主演作『逆光の頃』などで、第9回TAMA映画賞最優秀新進男優賞を受賞し、さらに同年『散歩する侵略者』で、毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞を受賞。その他主な映画出演作に『世界でいちばん長い写真』『虹色デイズ』『笑顔の向こうに』『ギャングース』『十二人の死にたい子どもたち』『映画 賭ケグルイ』『見えない目撃者』などの話題作に出演。他にも舞台“カリギュラ”をはじめ、多くの出演作品が控えている。

佐野岳(さの がく):ワタリ役
1992年4月3日生まれ。愛知県出身。第24回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを受賞。2013年、『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』で映画初出演にして初主演を飾る。さらに同年『仮面ライダー鎧武/ガイム』にてテレビドラマ初主演。その後もドラマ、映画、舞台と幅広く活躍。近年の主な出演作品に、映画『ふたつの昨日と僕の未来』『honey』『となりの怪物くん』『純平、考え直せ』ドラマ『陸王』(TBS)『MAGI -天正遣欧少年使節-』(Amazonプライム・ビデオ)、『仮面同窓会』(東海テレビ・フジテレビ系)などがある。

映画好きのお2人は、1人で観る派?誰かと観る派?

映画『超・少年探偵団NEO −Beginning−』高杉真宙/佐野岳/堀田真由

マイソン:
お2人は、『仮面ライダー鎧武/ガイム』で共演されていましたが、数年経ってお互いの印象は変わりましたか?

佐野岳さん:
顔つきも大人になっていますし、現場の向き合い方とかも全然違いました。ただ一貫して変わっていないのは、真面目で、役と向き合って、常に葛藤して演じているっていうところです。良い意味でそこは変わらない部分だなと感じています。

高杉真宙さん:
僕が言うことでもないですけど、佐野くんは当時もお兄さん感はあったんですけど、今はより大人っぽくなった印象が強くて。佐野くんのずっと変わらないところは、初めて会った時から本当に太陽のような人で、その印象が強いです。本当に明るくてフレンドリーで、今はより一層頼れる兄貴という感じがすごくします。

マイソン:
本作でのキャラクターの関係性に似てますね。お互いの好きなシーンはどのシーンでしょうか?

映画『超・少年探偵団NEO −Beginning−』高杉真宙/佐野岳

高杉真宙さん:
僕は橋のシーンですかね。あそこはワタリくんが悩みきって、しっかりと気持ちを伝える感じが良かったですね。

佐野岳さん:
僕はカレーのシーンです。あのシーンはすごく好きで、どんな味のカレーなんだろうって。お父さんとの思い出を知って食べたカレーの味は、芳狼の中で変化があったのかなって思わせてくれるシーンでした。

マイソン:
情緒的というか、芳狼の成長が見えるシーンでしたね。

高杉真宙さん:
懐かしいな〜。

映画『超・少年探偵団NEO −Beginning−』高杉真宙
『超・少年探偵団NEO −Beginning−』

マイソン:
では、お2人が今までに影響を受けた映画とか俳優さんがいたら教えてください。

佐野岳さん:
ジャッキー・チェンさんですね。『酔拳2』が大好きで、小学校の頃とか酔拳を習ったこともないのに、動きを真似をしていました。

高杉真宙さん:
酔拳を習う場所ってあるんですかね?

佐野岳さん:
少林寺かな?すごい好きでしたね。アクションごっことかずっとしていました。

マイソン:
スポーツもすごくやられていると思うのですが。

佐野岳さん:
サッカーと体操をしていました。

映画『超・少年探偵団NEO −Beginning−』高杉真宙/佐野岳/堀田真由/板垣瑞生

マイソン:
俳優になりたいと思ったのもジャッキーさんがきっかけですか?

佐野岳さん:
最初はスタントマンになりたかったんです。でも時間を経て俳優になりたいと思うようになりました。

マイソン:
表に出るほうに興味を持たれたんですね。高杉さんはいかがですか?

高杉真宙さん:
どうでしょうね…。最近は洋画ばっかり観てたんですよね。

マイソン:
1番好きな作品って、ありますか?

高杉真宙さん:
シング・ストリート 未来へのうた』は最近観た中ではずっと好きな作品ですね。ジョン・カーニー監督の作品が毎回良いものばかりで、今はドラマもやっているらしくて、それもすごく楽しみにしています。

マイソン:
音楽映画がお好きなんですか?

高杉真宙さん:
音楽映画は好きですね。自分が一切できないところの1つなので、いつか何かでできたら良いなとは思うんですけど、地獄を見るんだろうなと(笑)。

映画『超・少年探偵団NEO −Beginning−』高杉真宙さんインタビュー

佐野岳さん:
大変そうだよね。

高杉真宙さん:
でもやっぱり大人になってできる青春の1つの気がして、音楽とかは特に。何か良いなと思います。

マイソン:
良いですね。ところでトーキョー女子映画部のサイトにはデート向き映画判定というコーナーがあるのですが、お2人は誰かと観る派か、1人で観る派か、どちらですか?

高杉真宙さん&佐野岳さん:
1人です。

佐野岳さん:
でも映画によっては、人がいたほうが絶対良いなって時もあるので、一概には言えないですけど。

高杉真宙さん:
僕は完全に1人です。

佐野岳さん:
例えば『アベンジャーズ/エンドゲーム』とかは、「やばいやばい!」とか言いたかったのに、1人だったから、誰か一緒に共有したいのにって(笑)。隣りの人も1人だったから話しかけたかったけど、1人で「これめっちゃ熱いぜ!」って心の中でずっと思いながら観てました(笑)。そういう時は誰かが一緒だと良いなと思いますね。

映画『超・少年探偵団NEO −Beginning−』佐野岳さんインタビュー

マイソン:
終わってすぐ喋りたい時とかありますよね。

佐野岳さん:
はい。でも基本的には1人で観ます。観終わった後の余韻も含めて映画な気がしていて、「あれは何て意味だったんだろう」とか、1人で帰り道にちょっと1駅手前で降りて歩いて帰るみたいなのが好きです。

高杉真宙さん:
それはちょっとわかります。余韻に浸って歩くみたいな。

佐野岳さん:
そうそう。

高杉真宙さん:
僕はどんな映画も1人が良いです。自分の中で考えるのがすごく好きなので、それこそ1駅前で降りるとかもすごく好きで、分かち合うというよりは1人で楽しんで余韻を噛み砕くというか、舐めるように楽しんでいる気がします。

佐野岳さん:
後味すら残さないみたいな(笑)。

高杉真宙さん:
そうそう(笑)。それが楽しいですよね。

マイソン:
たまに解釈がいろいろあったり、難しい作品とかもあると思いますが、そういう作品の時は、あとで誰かと話すとか、ネットでいろいろな説を見たりとかしますか?

佐野岳さん:
ネットで調べます。

高杉真宙さん:
僕もです。

佐野岳さん:
でも周囲に同じ作品を観た人がいたら、「あれ何て意味だと思う?」とか、話します。『セッション』も最後に先生が口パクのシーンがあって、「あれは何て言ったんだろう?」「僕は絶対に“Good job”だと思うんだけど」みたいに話します。

マイソン:
じゃあ余韻が残っている時は1人が良いけど、数日経って共感するみたいな。

佐野岳さん:
そうですね、自分の中でまとまったら人に話します。

マイソン:
今のお話からして、たくさん映画をご覧になってそうですね。

映画『超・少年探偵団NEO −Beginning−』高杉真宙さん、佐野岳さんインタビュー

佐野岳さん:
いろいろな作品を観ていく毎にだんだんとこういう映画が好きだなとか、あの監督の作品が好きだなっていうのがどんどん出てくるようになりました。

マイソン:
良いですね!高杉さんは、解釈が難しい作品を観た時は誰かと共有しますか?

高杉真宙さん:
僕自身が感想を伝えたりするのが苦手なので、やっぱり人とはあまり共有しないんですよね。だからネットで調べて、こういう解釈もあるのかって自分の中でまとめて、答えを出していくのがすごく好きですね。映画の感想を言い合うっていうのが苦手なんですよね。

マイソン:
同じ映画を何回も観ることはありますか?

高杉真宙さん:
結構ありますね。

マイソン:
それはやっぱり観方が変わるおもしろさとかがあるからですか?

高杉真宙さん:
それもありますし、最後まで楽しみたいなって思います。何度でも楽しめる作品を見つけるのも大変だから、自分が好きだったなって思っている作品を何度も観ちゃうところがあります。試して他も観るんですけど、それ以上が見つからない場合が結構多いので、笑いたい時はこれとか、泣きたい時はこれとか、そういうのが結構決まっています。それでたまに新しいものに挑戦したりしています。“ハングオーバー!”シリーズが大好きで、あれくらい何も考えずに、笑える時は笑いたいんですよ。でも観すぎて笑えなくなっちゃいましたけど(笑)。

…ここから、“ハングオーバー!”シリーズのトッド・フィリップス監督最新作の話で盛り上がり、楽しい時間はあっという間に終わりました。お2人ともとても映画が好きなんだなと伝わってきて、映画ファンとしても、僭越ながら同志を見つけたという感じで、とても嬉しかったです。

2019年10月10日取材 PHOTO & TEXT by Myson

映画『超・少年探偵団NEO −Beginning−』高杉真宙/佐野岳/堀田真由/長村航希/板垣瑞生/前田旺志郎

『超・少年探偵団NEO −Beginning− 』
2019年10月25日より全国順次公開
監督:芦塚慎太郎
出演:高杉真宙 佐野岳 堀田真由 長村航希 板垣瑞生 前田旺志郎/神谷浩史(声の出演)/佐藤二朗/丸山智己
配給:coyote

少年探偵団の初代“小林少年”のひ孫、小林芳狼は、親友のワタリ、そして明智小五郎のひ孫であり幼馴染の明智小夜と、平凡な高校生活を送っていた。そんなある日、10年ぶりに怪人二十面相と遭遇した芳狼は、自身と怪人二十面相を繋げる謎に迫るべく、学校で起きていた怪事件を調べることに…。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

©2019 PROJECT SBD-NEO

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』ダニエル・クレイグ ダニエル・クレイグ

1968年3月2日イイギリス、チェスター生まれ。リヴァプール近郊で育ち、ロンドンのナショナル・ユース・シアターとギルドホール音楽演劇学校で学び1991年に卒業。1992年ジョン・G・アヴィルドセン監督の…

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ フォー・ライフ

シリーズのノリはそのままに、主人公の“今”に合ったストーリーになっていて、ウィル・スミスが演じるマイクと、マーティン・ローレンスが演じるマーカスの個性にも…

殺人イメージ写真AC(包丁) 心理学から観る映画1-3:犯罪と脳

先天的な理由の一つとして、脳の神経構造の研究が行われています。果たして、連続殺人犯の脳と、一般の人の脳に違いはあるのでしょうか?

映画『風の電話』モトーラ世理奈/西島秀俊 風の電話

“風の電話”は、2011年に岩手県大槌町在住の庭師である佐々木格さんが、自宅の庭に設置した電話ボックスで、東日本大震災で多くの方がお亡くなりになり、故人と…

映画『パラサイト 半地下の家族』チェ・ウシク チェ・ウシク

1990年3月26日生まれ。大韓民国、ソウル特別市出身。幼少期にカナダに移住し、学生生活を過ごす。その後韓国に戻り、2011年にテレビドラマ『チャクペー相棒ー』で俳優デビューを飾る。その後…

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』オルガ・キュリレンコ/アレックス・ロウザー 9人の翻訳家 囚われたベストセラー

巧みなトリックとどんでん返しの繰り返しで、気持ち良く騙される快感を得られます。物語は、全世界待望のミステリー小説の新刊を世界同時出版するため、9名の翻訳家がフランスの人里離れた村にある要塞のような洋館に集められるところから…

映画『サヨナラまでの30分』萩原健太郎監督インタビュー 『サヨナラまでの30分』萩原健太郎監督インタビュー

本作は、1年前に死んだバンドのボーカル・アキ(新田真剣佑)と、人付き合いが苦手な大学生、颯太(北村匠海)が1つの体を共有するというユニークな青春音楽ラブストーリー。今回、本作でメガホンを執った萩原健太郎監督にインタビューをさせて頂きました。監督のこだわり、俳優さん達について、そしてアメリカと日本の映画作りの違いなど、いろいろなお話を聞けました。

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』ステラン・スカルスガルド ステラン・スカルスガルド

1951年6月13日、スウェーデン生まれ。1968年、TVシリーズの主演に抜擢され俳優デビューし、1972年ストックホルム王立劇場の一員となり…

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:フランチェスカ・ヘイワード(ヴィクトリア役)、トム・フーパー(監督)、デブラ・ヘイワード(プロデューサー)/【日本語吹き替え版】葵わかな、山崎育三郎、高橋あず美、秋山竜次、大貫勇輔、大竹しのぶ、蔦谷好位置(音楽プロデューサー) トム・フーパー監督が8歳の頃に一目惚れしたミュージカルを映画化『キャッツ』来日ジャパンプレミア

日本での劇場公開目前となる2020年1月22日、本作を監督したトム・フーパー、主人公ヴィクトリア役を演じたフランチェスカ・ヘイワード、プロデューサーのデブラ・ヘイワードが来日し、日本語版吹き替えキャスト達とともにジャパンプレミアを行いました…

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』ジョナサン・プライス ジョナサン・プライス

1947年6月1日イギリス生まれ。ロンドンの王立演劇学校で学び、ブロードウェイにも進出してトニー賞などを受賞。1985年、テリー・ギリアム監督作『未来世紀ブラジル』で…

おすすめ記事

【東京コミコン2018】オープニングセレモニー、エズラ・ミラー イイ男セレクションランキング2020<海外20代俳優 個性・ユーモア部門ランキング>

今回は、海外20代俳優の個性部門TOP20、ユーモア部門TOP15を発表!若い時から個性やユーモアが光る俳優は、今後も演技の幅をどんどん広げていきそうな気がします。注目のランキング結果はいかに!?

映画『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』ティモシー・シャラメ イイ男セレクションランキング2020<海外20代俳優 ルックス・セクシー部門ランキング>

今回からいよいよイイ男セレクションランキング海外俳優編がスタート!まずは20代俳優についてのランキングを発表します。編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている海外20代(1990年以降の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい下記30名を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。今回は、ルックス部門TOP20&セクシー部門TOP15を発表します!

映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン ドラマを観ずに、劇場版『ダウントン・アビー』を観てみた結果を発表!

世界的に社会現象を巻き起こした人気ドラマ『ダウントン・アビー』が映画化され、2020年1月10日より劇場公開されます。本作の部活では…

映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックス トーキョー女子映画部が選ぶ 2019年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ2019年 ベスト5を発表します!劇場公開中の作品や、デジタル配信中のもの、DVDレンタル・発売中のものなど、ぜひ冬休みに観てください。

映画『ある船頭の話』オダギリジョー監督 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 総合ランキング>

いよいよ今回は、40代&50代俳優の総合ランキングを発表!各部門でランキングの入れ替えが多かった40代50代俳優ですが、果たして栄冠は誰の手に!?

映画『ドクター・スリープ』原作者:スティーヴン・キング これほど多く作品が映画化された作家はいない!スティーヴン・キング特集

2019年は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』、2020年1月には『ペット・セメタリー』と、立て続けにスティーヴン・キング原作の映画化が公開されます…

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

映画『50回目のファーストキス』完成披露試写会舞台挨拶、山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 総合ランキング>

今回は、いよいよ30代俳優の総合ランキングを発表します!20代の各部門ランキングに比べると、30代のランキングは部門毎で変動が多かった印象ですが、果たして総合ランキングはどのような結果になったのでしょうか?

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

REVIEW

  1. 映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  2. 映画『風の電話』モトーラ世理奈/西島秀俊
    風の電話

  3. 映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』オルガ・キュリレンコ/アレックス・ロウザー
  4. 映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』アダム・ドライバー/ジョナサン・プライス
  5. 映画『ロマンスドール』高橋一生/蒼井優
  6. 映画『キャッツ』フランチェスカ・ヘイワード
    キャッツ

  7. 映画『サヨナラまでの30分』新田真剣佑/北村匠海
  8. 映画『私の知らないわたしの素顔』ジュリエット・ビノシュ/フランソワ・シビル
  9. 映画『ジョジョ・ラビット』ローマン・グリフィン・デイビス/タイカ・ワイティティ
  10. 映画『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』フェリシティ・ジョーンズ/エディ・レッドメイン

部活・イベント

  1. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン シーズン1』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  2. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP