REVIEW

アベンジャーズ/エンドゲーム

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』ロバート・ダウニーJr.

始まってすぐウルウルきて、途中はたくさん笑って、そして最後にまたウルウルきて、もう胸がいっぱい!映画そのものに感動すると同時に、こんなにスゴい映画を作り上げたという偉業を目にして、キャストはもちろん、裏方で活躍された方々の存在の大きさもすごく感じて、鳥肌が立ちました。劇中では、アベンジャーズのメンバーが力を合わせて戦うわけですが、映画を作っている人達、キャストもスタッフも同じく、驚異のチームワークでこの作品を作ったんだとしみじみ。そして平日の昼間なのに公開初日の劇場が満席で、皆がすごい集中力で観入っている状況で鑑賞したので、作り手、観客皆が1つになったという感覚があり、本当にスゴい映画を観てしまったなといろんな思いが込み上げました。
さらに、これだけ壮大なスケールで描いていながら、遊び心も忘れず、クスッと笑えるセリフや仕掛けも満載。常識を覆す演出も散りばめられていて、「どんだけファンを喜ばせたら気が済むんですか(喜)!」と言いたくなるはず。“アベンジャーズ”シリーズはもちろん、各キャラクターが辿ってきた作品、そしてドラマの『エージェント・オブ・シールド』や『エージェント・カーター』を観てる人、皆が何かしらビビッとくるシーンも細かく入れられていて、作り手のこの作品に対する愛情をすごく感じます。これまでの作品の“皆”が何かしらの方法で登場する集大成になっていて、ただおもしろかったという言葉では決して収まらない、「だから映画はやめられない」と改めて思わせてくれる最高傑作になっています。これぞ映画だというのを感じて欲しいので、できるだけ大きなスクリーンで観て欲しいです。

デート向き映画判定
映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』クリス・エヴァンス

“アベンジャーズ”シリーズや、各キャラクターの過去作を一通り観ているほうがやはり何倍も感動する内容なので、2人の鑑賞歴に差がある場合は、予め2人で過去作を観てから本作を観るほうが良いと思います。とはいえ、関連作が大量にあるので、絞って観るとしたら、『アベンジャーズ』『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『アントマン&ワスプ』は最低限おさえておくと良いでしょう。『キャプテン・マーベル』も観ておいたほうが良いのですが、本作公開直前に公開が終了して、まだDVDやデジタル配信などもリリースされていないので(2019年4月26日現在)、観られるようになった時にぜひ観てください。なので、そんな先の予定も含めて、本作に関連する作品を一緒に観るために何度もデートができますよ(笑)。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』スカーレット・ヨハンソン

小学校高学年以上なら、桁違いのスケールとスピード感、そしてドラマチックなストーリーで飽きることは決してないので、上映時間の長さはあまり気にしなくて良いと思います。観終わった後は、パンフレットを買って、キャラクター達についてやこれまでのいきさつなどおさらいをするのもアリでしょう。仲間、家族の大切さを実感させられるストーリーで、本当に皆カッコ良いので、ぜひキッズやティーンの皆さんにも観て欲しいし、この作品を機に映画ファンが増えると良いなと期待しています。

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』ロバート・ダウニー Jr./クリス・ヘムズワース/マーク・ラファロ/クリス・エヴァンス/スカーレット・ヨハンソン/ジェレミー・レナー/ポール・ラッド/ブリー・ラーソン

『アベンジャーズ/エンドゲーム』
2019年4月26日より全国公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

©Marvel Studios 2019

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『エクスパッツ ~異国でのリアルな日常~』ニコール・キッドマン エクスパッツ ~異国でのリアルな日常~【レビュー】

ニコール・キッドマン(主演兼製作総指揮)と『フェアウェル』のルル・ワンがタッグを組んだ本シリーズは…

映画『ハクソー・リッジ』ルーク・ブレイシー ルーク・ブレイシー【プロフィールと出演作一覧】

1989年4月26日生まれ。オーストラリア、シドニー出身。ベルビュー・ヒルにあるスコッツ・カレッジで学び…

映画『悪は存在しない』西川玲 悪は存在しない【レビュー】

『悪は存在しない』というタイトルにインパクトがあり、鑑賞中はどういう意味が込められているのか…

中国ドラマ『花の告発~煙雨に仇打つ九義人~』QUOカード 中国ドラマ『花の告発~煙雨に仇打つ九義人~』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『花の告発~煙雨に仇打つ九義人~』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『アバウト・ライフ 幸せの選択肢』ウィリアム・H・メイシー ウィリアム・H・メイシー【プロフィールと出演作一覧】

1950年3月13日アメリカ、フロリダ生まれ。1994年から放送されたTVシリーズ『ER 緊急救命室』に出演し…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 青春 18×2 君へと続く道【レビュー】

『余命10年』『新聞記者』を手掛けた藤井道人が、台湾で話題を呼んだシジミー・ライの紀行エッセイ「青春 18×2 日本慢車流浪記」を…

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 海外ドラマ『エクスパッツ ~異国でのリアルな日常~』ニコール・キッドマン
  2. 映画『悪は存在しない』西川玲
  3. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  4. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  5. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス

PRESENT

  1. 中国ドラマ『花の告発~煙雨に仇打つ九義人~』QUOカード
  2. 映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉
  3. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
PAGE TOP