REVIEW

アベンジャーズ/エンドゲーム

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』ロバート・ダウニーJr.

始まってすぐウルウルきて、途中はたくさん笑って、そして最後にまたウルウルきて、もう胸がいっぱい!映画そのものに感動すると同時に、こんなにスゴい映画を作り上げたという偉業を目にして、キャストはもちろん、裏方で活躍された方々の存在の大きさもすごく感じて、鳥肌が立ちました。劇中では、アベンジャーズのメンバーが力を合わせて戦うわけですが、映画を作っている人達、キャストもスタッフも同じく、驚異のチームワークでこの作品を作ったんだとしみじみ。そして平日の昼間なのに公開初日の劇場が満席で、皆がすごい集中力で観入っている状況で鑑賞したので、作り手、観客皆が1つになったという感覚があり、本当にスゴい映画を観てしまったなといろんな思いが込み上げました。
さらに、これだけ壮大なスケールで描いていながら、遊び心も忘れず、クスッと笑えるセリフや仕掛けも満載。常識を覆す演出も散りばめられていて、「どんだけファンを喜ばせたら気が済むんですか(喜)!」と言いたくなるはず。“アベンジャーズ”シリーズはもちろん、各キャラクターが辿ってきた作品、そしてドラマの『エージェント・オブ・シールド』や『エージェント・カーター』を観てる人、皆が何かしらビビッとくるシーンも細かく入れられていて、作り手のこの作品に対する愛情をすごく感じます。これまでの作品の“皆”が何かしらの方法で登場する集大成になっていて、ただおもしろかったという言葉では決して収まらない、「だから映画はやめられない」と改めて思わせてくれる最高傑作になっています。これぞ映画だというのを感じて欲しいので、できるだけ大きなスクリーンで観て欲しいです。

デート向き映画判定
映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』クリス・エヴァンス

“アベンジャーズ”シリーズや、各キャラクターの過去作を一通り観ているほうがやはり何倍も感動する内容なので、2人の鑑賞歴に差がある場合は、予め2人で過去作を観てから本作を観るほうが良いと思います。とはいえ、関連作が大量にあるので、絞って観るとしたら、『アベンジャーズ』『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『アントマン&ワスプ』は最低限おさえておくと良いでしょう。『キャプテン・マーベル』も観ておいたほうが良いのですが、本作公開直前に公開が終了して、まだDVDやデジタル配信などもリリースされていないので(2019年4月26日現在)、観られるようになった時にぜひ観てください。なので、そんな先の予定も含めて、本作に関連する作品を一緒に観るために何度もデートができますよ(笑)。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』スカーレット・ヨハンソン

小学校高学年以上なら、桁違いのスケールとスピード感、そしてドラマチックなストーリーで飽きることは決してないので、上映時間の長さはあまり気にしなくて良いと思います。観終わった後は、パンフレットを買って、キャラクター達についてやこれまでのいきさつなどおさらいをするのもアリでしょう。仲間、家族の大切さを実感させられるストーリーで、本当に皆カッコ良いので、ぜひキッズやティーンの皆さんにも観て欲しいし、この作品を機に映画ファンが増えると良いなと期待しています。

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』ロバート・ダウニー Jr./クリス・ヘムズワース/マーク・ラファロ/クリス・エヴァンス/スカーレット・ヨハンソン/ジェレミー・レナー/ポール・ラッド/ブリー・ラーソン

『アベンジャーズ/エンドゲーム』
2019年4月26日より全国公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

©Marvel Studios 2019

TEXT by Myson

関連記事

新着記事

映画『僕はイエス様が嫌い』佐藤結良 僕はイエス様が嫌い

子どものピュアな気持ち、まっすぐなモノの見方を改めて実感させられるストーリーです。宗教を否定するわけではありませんが、祈ってもどうにもならないことが現実世界にはあることを、子どもが受け入れようとしているのに…

映画『居眠り磐音』柄本佑 柄本佑(えもと たすく)

1986年12月16日、東京都生まれ。2001年に、映画『美しい夏キリシマ』の主人公の少年役のオーディションを受け合格し…

「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門」(森岡毅 著/KADOKAWA) USJって、そうだったんだ!最近読んだ本のお話

あっという間に終わってしまった、10連休のゴールデンウィークでしたが、「映画もたくさん観たいし、本も読みたい」ということで、3冊の本を買いました。その中の1冊をご紹介します。

映画『ロケットマン』カンヌ国際映画祭、タロン・エガ-トン、エルトン・ジョン 映画『ロケットマン』タロン・エガートン、エルトン・ジョンが、第72回カンヌ国際映画祭&ロンドンプレミアに登場!

伝説的ミュージシャン“エルトン・ジョン”の半生を映画化した話題のミュージック・エンタテインメント大作『ロケットマン』が、8月23日(金)より全国公開。タロン・エガートン、エルトン・ジョンらがカンヌ国際映画祭&ロンドンプレミアに登場!

映画『チア男子!!』岩谷翔吾 岩谷翔吾(いわや しょうご)

1997年、大阪府出身。THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのメンバー。2016年『HiGH&LOW THE MOVIE』、2017年…

映画『長いお別れ』蒼井優/竹内結子/松原智恵子/山﨑努 長いお別れ

本作は、認知症の家族にどう向き合うかを、妻、娘、孫の立場で描いており、長い期間におけるそれぞれのキャラクターの変化を綴っています。介護の大変さだけを描いているわけではなく…

映画『さよならくちびる』小松菜奈/門脇麦 さよならくちびる

主題歌の作詞、作曲は秦基博、挿入歌はあいみょんが担当しているとのことで、音楽性に気合いを感じる本作。彼らが書き下ろした楽曲は、小松菜奈と門脇麦が演じる、女性ギター・デュオ“ハルレオ”が劇中で何度も歌う…

おすすめ記事

東京国際映画祭レッドカーペット『カメラを止めるな!』 女子の本音調査:映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング【国内編】

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第2弾!今回は映画好き女子が信頼を寄せる日本の映画賞と映画祭について、結果を発表します!

第72回カンヌ国際映画祭2019:映画『初恋』窪田正孝、小西桜子、三池崇史監督 女子の本音調査:映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング【世界編】

今回はカンヌ国際映画祭の時期にちなんで、国内、海外で開催される数々の映画祭・映画賞についてのアンケートを行いました。今回はその第1弾として、映画好き女子が信頼を寄せる映画祭やアメリカの映画賞についての結果を発表します!

映画『ボヘミアン・ラプソディ』ラミ・マレック/グウィリム・リー/ジョー・マッゼロ/ベン・ハーディ 映画好き女子のお気に入りは?本作俳優&クイーンのメンバーについて調査『ボヘミアン・ラプソディ』

伝説のバンド“クイーン”の知られざる姿を描き、国内では興行収入128.5億円(2019年4月12日現在)を突破し、社会現象を巻き起こした『ボヘミアン・ラプソディ』。今回のアンケートでは、本作の出演俳優やクイーンのメンバーについて映画好き女子の反応を探ってみました!

映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ 鑑賞後に答え合わせがしたくなる!『マローボーン家の掟』

映画『マローボーン家の掟』スニークプレビュー部活今回は当部初の“男女ペア限定部活”として、さらにこれまた初の“スニークプレビュー”として、部活を行いました。タイトルや内容などは一切伏せて、“震撼スリラー”というヒントだけを出して募集をかけましたが、皆さんドキドキしながら参加して頂いたようで…

REVIEW

  1. 映画『僕はイエス様が嫌い』佐藤結良
  2. 映画『長いお別れ』蒼井優/竹内結子/松原智恵子/山﨑努
    長いお別れ

  3. 映画『さよならくちびる』小松菜奈/門脇麦
  4. 映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』レオナルド・シャイヒャー/トム・グラメンツ/ヨナス・ダスラ―/レナ・クレンク/イザイア・ミカルスキ
  5. 映画『バイオレンス・ボイジャー』
  6. 映画『神と共に 第一章:罪と罰』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/チャ・テヒョン
  7. 映画『空母いぶき』西島秀俊/佐々木蔵之介
    空母いぶき

  8. 映画『ガルヴェストン』エル・ファニング
  9. 映画『ベン・イズ・バック』ジュリア・ロバーツ/ルーカス・ヘッジズ
  10. 映画『居眠り磐音』松坂桃李
    居眠り磐音

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
PAGE TOP