REVIEW

アベンジャーズ/エンドゲーム

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』ロバート・ダウニーJr.

始まってすぐウルウルきて、途中はたくさん笑って、そして最後にまたウルウルきて、もう胸がいっぱい!映画そのものに感動すると同時に、こんなにスゴい映画を作り上げたという偉業を目にして、キャストはもちろん、裏方で活躍された方々の存在の大きさもすごく感じて、鳥肌が立ちました。劇中では、アベンジャーズのメンバーが力を合わせて戦うわけですが、映画を作っている人達、キャストもスタッフも同じく、驚異のチームワークでこの作品を作ったんだとしみじみ。そして平日の昼間なのに公開初日の劇場が満席で、皆がすごい集中力で観入っている状況で鑑賞したので、作り手、観客皆が1つになったという感覚があり、本当にスゴい映画を観てしまったなといろんな思いが込み上げました。
さらに、これだけ壮大なスケールで描いていながら、遊び心も忘れず、クスッと笑えるセリフや仕掛けも満載。常識を覆す演出も散りばめられていて、「どんだけファンを喜ばせたら気が済むんですか(喜)!」と言いたくなるはず。“アベンジャーズ”シリーズはもちろん、各キャラクターが辿ってきた作品、そしてドラマの『エージェント・オブ・シールド』や『エージェント・カーター』を観てる人、皆が何かしらビビッとくるシーンも細かく入れられていて、作り手のこの作品に対する愛情をすごく感じます。これまでの作品の“皆”が何かしらの方法で登場する集大成になっていて、ただおもしろかったという言葉では決して収まらない、「だから映画はやめられない」と改めて思わせてくれる最高傑作になっています。これぞ映画だというのを感じて欲しいので、できるだけ大きなスクリーンで観て欲しいです。

デート向き映画判定
映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』クリス・エヴァンス

“アベンジャーズ”シリーズや、各キャラクターの過去作を一通り観ているほうがやはり何倍も感動する内容なので、2人の鑑賞歴に差がある場合は、予め2人で過去作を観てから本作を観るほうが良いと思います。とはいえ、関連作が大量にあるので、絞って観るとしたら、『アベンジャーズ』『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『アントマン&ワスプ』は最低限おさえておくと良いでしょう。『キャプテン・マーベル』も観ておいたほうが良いのですが、本作公開直前に公開が終了して、まだDVDやデジタル配信などもリリースされていないので(2019年4月26日現在)、観られるようになった時にぜひ観てください。なので、そんな先の予定も含めて、本作に関連する作品を一緒に観るために何度もデートができますよ(笑)。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』スカーレット・ヨハンソン

小学校高学年以上なら、桁違いのスケールとスピード感、そしてドラマチックなストーリーで飽きることは決してないので、上映時間の長さはあまり気にしなくて良いと思います。観終わった後は、パンフレットを買って、キャラクター達についてやこれまでのいきさつなどおさらいをするのもアリでしょう。仲間、家族の大切さを実感させられるストーリーで、本当に皆カッコ良いので、ぜひキッズやティーンの皆さんにも観て欲しいし、この作品を機に映画ファンが増えると良いなと期待しています。

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』ロバート・ダウニー Jr./クリス・ヘムズワース/マーク・ラファロ/クリス・エヴァンス/スカーレット・ヨハンソン/ジェレミー・レナー/ポール・ラッド/ブリー・ラーソン

『アベンジャーズ/エンドゲーム』
2019年4月26日より全国公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

©Marvel Studios 2019

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『チャイルド・プレイ』 チャイルド・プレイ

“チャイルド・プレイ”シリーズ第1作目は1988年に公開されたとのことで、始まってからもう30年も経ったんですね。本作は大ヒットホラー『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の製作陣を迎え、新しい設定で…

映画『エクソシスト』 ワーナー・ブラザースが贈る新しいホラー体験【ワーナー ホラーエンターテイメント】が発足!

ワーナー・ブラザース映画が、ホラー作品をより多くの方に楽しんでもらいたいという思いから、このたび【ワーナー ホラーエンターテイメント】を立ち上げました! さらに公式Twitterアカウント<ワーナーホラー部>も始動。

映画『ニューヨーク 最高の訳あり物件』ハルク・ビルギナー ハルク・ビルギナー

1954年トルコ、イズミル生まれ。アンカラで自らの劇場を設立し、後にイスタンブールにも劇場を開く。トルコの国民的俳優で、カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した…

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック/ギョーム・カネ/ブノワ・ポールヴールド/ジャン=ユーグ・アングラード シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢

本作は、俳優としても活躍するジル・ルルーシュが監督と脚本(共同脚本:アメッド・アミディ、ジュリアン・ランブロスキーニ)を務め、マチュー・アマルリック、ギョーム・カネといった、フランスの人気実力派俳優が出演しています。個人的に…

映画『今日も嫌がらせ弁当』佐藤寛太 佐藤寛太(さとう かんた)

1996年6月16日生まれ、福岡県出身。2015年に「劇団EXILE」に加入し、俳優活動を開始。大ヒット映画“HiGH&LOW”シリーズ(2016~17年)のテッツ役で人気を博す。その後…

映画『Diner ダイナー』藤原竜也 藤原竜也(ふじわら たつや)

1982年5月15日、埼玉県生まれ。1997年、15歳のときに蜷川幸雄演出の舞台「身毒丸」のオーディションでグランプリを獲得し…

映画『五億円のじんせい』望月歩 五億円のじんせい

親の願う人生を子どもが背負うとはどういうことかというテーマを、すごくわかりやすい喩えで描いています。親が子に何かを願うのは…

おすすめ記事

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

映画館【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】 座席は毎回予約する?映画好き女子行きつけの映画館とは?

映画館についてのアンケート第3弾!今回は、劇場で映画鑑賞をする際に事前に座席予約をするのか、行きつけの映画館はあるのかについて結果発表。さらに、6月28日にオープンの【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】についての情報も掲載!

【劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント】 劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント

映画館アンケート特集第2弾!今回は劇場で映画鑑賞をする際に、満足度に影響する要素&映画館のサービスで力を入れて欲しいことについての結果を発表。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

映画”PARASITE(英題)”カンヌ国際映画祭 映画好き女子が映画賞・映画祭で気にするポイント!

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第3弾!今回は、映画好き女子が作品選びをする際にどの賞に影響を受けるのかについての結果を発表します。今年のパルムドール受賞作品のニュースも!

REVIEW

  1. 映画『チャイルド・プレイ』
  2. 映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック/ギョーム・カネ/ブノワ・ポールヴールド/ジャン=ユーグ・アングラード
  3. 映画『五億円のじんせい』望月歩
  4. 映画『マーウェン』スティーヴ・カレル
    マーウェン

  5. 海外ドラマ『ギフテッド 新世代X-MEN誕生 シーズン2』ジェイミー・チャン/ナタリー・アリン・リンド
  6. 映画『ハッピー・デス・デイ 2U』ジェシカ・ロース
  7. 映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』窪田正孝
  8. 映画『トイ・ストーリー4』
  9. 映画『ワイルドライフ』ジェイク・ギレンホール/キャリー・マリガン
  10. 映画『ゴールデン・リバー』ジョン・C・ライリー/ホアキン・フェニックス

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  2. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP