取材&インタビュー

『下忍 赤い影』寛 一 郎さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『下忍 赤い影』寛 一 郎さんインタビュー

今回は『下忍 赤い影』で忍者を演じた寛一郎さんにインタビューさせて頂きました。小さい頃から、俳優というお仕事や、映画という存在が身近にあった寛一郎さんは、映画界の未来や過去にどんな思いを持たれているのか、聞いてみました。

<PROFILE>
寛 一 郎(かんいちろう):竜 役
1996年8月16日生まれ。東京都出身。父親は俳優の佐藤浩市。瀬々敬久監督の『菊とギロチン』(2018年公開)で俳優デビュー。劇場公開順は前後するが、2017年、廣木隆一監督作『ナミヤ雑貨店の奇蹟』など話題作に続けて出演し、数々の新人賞を受賞した。その他の主な映画出演作に『心が叫びたがってるんだ。』『チワワちゃん』『君がまた走り出すとき』『雪子さんの足音』などがある。また、チェン・カイコー監督作『空海-KU-KAI-美しき王妃の謎』では、日本語吹き替え版キャストを務めた。テレビドラマでは、『ミッドナイトジャーナル』『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』『ドロ刑-警視庁捜査三課-』などに出演。

日本の本気を見てみたい!

映画『下忍 赤い影』寛 一 郎/結木滉星

マイソン:
今回忍者の役を演じるにあたり、アクション監修の坂口拓さんからは何かアドバイスはありましたか?

寛一郎さん:
坂口さんは自称現代忍者なので、忍びは昔こうやっていたっていうことなどを教えてもらいました。

マイソン:
やって見せてもらったりもされたんですか?

寛一郎さん:
はい、やって見せてもらいました。見せてもらうと坂口さんって、やっぱりすごいんだなってなります。

映画『下忍 赤い影』

マイソン:
さすがですね。普段から時代劇とか殺陣は観るほうですか?

寛一郎さん:
時代劇や殺陣っていうのは、あんまり観てなくて、それこそ小さい頃は“スター・ウォーズ”とかが流行っていたので、チャンバラという部類では男の子なのでカッコ良いなと思って、そこから映画が好きになっていろいろ観ていました。今回のアクションは、型にはまった静と動の動きみたいなものではなくて、どちらかというとアクロバティックな現代風のアクションだったので、そこは時代とは逆行したところにあるのかなって思います。

マイソン:
今の人が観やすいアクション映画になっていますよね。本当に忍者になれたらやりたいことってありますか?

寛一郎さん:
忍術ってどこまでできるんですかね。できるとしたら、分身の術は使ってみたいです。自分が2人いて、片方に仕事してもらって、もう片方は遊んでとか、してみたくないですか(笑)?皆が思いますよね。交代交代でって。

マイソン:
確かに!実用的なのが良いですよね。

寛一郎さん:
実用的なのが良いですね。分身の術ができたら何でもできますよね。

映画『下忍 赤い影』寛 一 郎

マイソン:
そうですよね。では、お芝居をしていておもしろいなと思う瞬間ってどんな時ですか?

寛一郎さん:
芝居がおもしろい人、良い役者さんと一緒にお芝居をする時は、おもしろいですね。刺激って言葉とはまた別なんですけど、シナジーが生まれますし、そのシナジーを僕は与えたいと思いますしね。そういう関係でお芝居ができるってことはおもしろいことだなって思います。

マイソン:
先ほどよく映画をご覧になるというお話があったんですけど、洋画と邦画だと、どちらをよく観ますか?

寛一郎さん:
どっちも観ますけど、邦画のほうが多いかも知れないです。

映画『下忍 赤い影』寛 一 郎さんインタビュー

マイソン:
気になる俳優さんとか、映画に興味を持ったきっかけの作品とかありますか?

寛一郎さん:
よく俳優になったきっかけとかを聞かれるんですが、僕は環境柄、映画とか俳優って職業がすぐ隣にあって、映画を観る環境下にいたので、きっかけというきっかけはないんですが、映画は昔からずっと好きですね。

マイソン:
国を問わず共通してこの俳優さん良いなって思う要素はありますか?

寛一郎さん:
この人の芝居すごいなって思うのは目なんですよね。表情っていうか、何て言うんでしょう、動きとかそういう小芝居ではなくて、その俳優の中にある核みたいなもの。言語化するのがすごく難しいんですけど、それが見える時ってあるじゃないですか。例えば、今こうして話していて、「この人は嘘をついていないな」とかわかる時ってあるじゃないですか。それが感じとれる瞬間があって、僕はそれが映画の醍醐味だと思うんです。

映画『下忍 赤い影』寛 一 郎

マイソン:
セリフがない芝居でもすごく通じる時ってありますもんね。では今後やってみたいことはありますか?

寛一郎さん:
50億円くらいかけて映画を作ってみたいですね(笑)。本当に制限なく予算があって邦画を作るってなったら、どんな映画を作るんだろう、今の日本の映画界はどういう映画を作るんだろうって本当に思っていて。50億円あったらさすがにつまらない映画は作らないだろうって、どう作るのかが気になります。僕は出なくて良いので。

マイソン:
監督やプロデューサーっていう立場でもなく?

寛一郎さん:
どちらでもなく、普通に1人の観客として観てみたいです。

マイソン:
低予算で上手く作る人はいっぱいいそうですもんね。

寛一郎さん:
皆それに慣れ過ぎてしまっていて、低予算でも良い映画が作れるからそうなっちゃうんですけど、日本の本気を見てみたいですね(笑)。

マイソン:
見てみたいですね!でもどうせなら出たくないですか?

寛一郎さん:
もちろん出たいです!でもまずは作ってみて欲しいなって。

映画『下忍 赤い影』PANTA(頭脳警察)

マイソン:
では今回現代風の時代劇をやってみて、今後はもっとどっぷりとした時代劇をやってみたいと思いましたか?

寛一郎さん:
1970〜80年代の邦画がおもしろ過ぎるので、どっぷり時代劇もやってみたいです。リアリティというより整合性を持たせるのって、どこか説得力が必要ですし、それは難しいけどやってみたいなって思います。

マイソン:
70〜80年代の邦画がおもしろいとのことですが、特にお好きな作品は何ですか?

寛一郎さん:
やっぱり黒澤明さんはすごいですよね。『七人の侍』とかはシビれますね。

マイソン:
身近に映画があって、既にこれまでいろいろな映画を観ていらっしゃると思うんですけど、若い方達にそういう映画も身近に感じられるオススメポイントや見どころはありますか?映画を楽しむというか、古い作品も楽しむみたいな。

映画『下忍 赤い影』寛 一 郎さんインタビュー

寛一郎さん:
古い作品を映画好きじゃない人が観たところで、画質の違いとかに抵抗感があると思うんです。僕らはフィルムって良いなってなるんですけど。あと(昔の映画は)セリフも何を言ってるのかわかりづらかったり、1カット長回ししたところで観客はそれの何がすごいのはわからないだろうし。でも、ジブリと黒澤明監督作品は本当に世界に通用するものだと思うので、皆教科書として観て欲しいですけどね。ただ、映画は娯楽なので、好きなものを観たほうが良いと思います。

マイソン:
無理に映画を好きにならなくても、そのうちにってことですね。

寛一郎さん:
そうなんです。自分が観たいものを観れば良いんです。極論、好みですからね。イケメンが観たかったら青春キラキラものを観れば良いし。ただ観客の問題じゃなくて、全部作り手の問題です。だから僕らも頑張ります!

マイソン:
楽しみにしています!本日はありがとうございました。

2019年8月23日取材 PHOTO & TEXT by Myson

映画『下忍 赤い影』寛 一 郎/山口まゆ/結木滉星

『下忍 赤い影』
2019年10月4日よりシネマート新宿ほか公開
監督:山口義高
出演:寛一郎/山口まゆ/結木滉星/中谷太郎/行平あい佳/PANTA(頭脳警察)/榊英雄/津田寛治
配給:AMGエンタテインメント

武士による統治が終わろうとしている幕末では、忍者の役目もなくなりつつあり、忍者組織の最下層“下忍”の末裔である竜は抜け忍となっていた。だがある日、江戸で暮らしていた竜は、勝海舟に素性を見抜かれ、スカウトされて密命を受ける。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

© 2019「下忍」製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ロード・オブ・カオス』ロリー・カルキン 俳優ファミリー特集Vol.1

この特集では親子、兄弟姉妹、親戚揃って活躍する俳優達をご紹介します。一度ではご紹介しきれないので、シリーズ化して、随時お届けしようと思います。今回はその第1弾です。

映画『ビバリウム』ジェシー・アイゼンバーグ/イモージェン・プーツ ビバリウム

「新居を探しに行ったらエライ目に遭ってもうた!」というストーリーで…

映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア バルトシュ・ビィエレニア

1992年5月15日ポーランド生まれ。2016年クラコフにある国立アカデミー・オブ・シアター・アーツを…

映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実

本作は、ベトナム戦争中の1966年4月11日に行われた救出作戦で、アメリカ空軍の落下傘救助隊の医療兵として60人以上の兵士達を救い戦死した、ウィリアム・H・ピッツェンバーガーについての実話…

海外ドラマ『シカゴ・ファイア シーズン7』ジェシー・スペンサー ジェシー・スペンサー

1979年2月12日、オーストラリアのビクトリア州生まれ。主な出演作に、ドラマ…

映画『ラーヤと龍の王国』 ラーヤと龍の王国

かつて聖なる龍達に守られていた“龍の国”クマンドラは、ドルーンと呼ばれる魔物に襲われ…

Netflix映画『Mank/マンク』チャールズ・ダンス チャールズ・ダンス

1946年10月10日、イギリス生まれ。俳優で映画監督。これまで多くの作品に俳優として…

Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン ここだけの話15:パートナーと収集のつかない喧嘩をした後、気持ちをどう整理する?

PodCast【トーキョー女子映画部ここだけの話】では、トーキョー女子映画部のマイソンが、記事には…

映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真 太陽は動かない

心臓に爆弾を埋め込まれ、任務から逃げられない運命にある主人公の奮闘を…

Nerflixドラマ『ザ・ポリティシャン』ベン・プラット ベン・プラット

1993年9月24日アメリカ、ロサンゼルス生まれ。映画『ピッチ・パーフェクト』へ…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

REVIEW

  1. 映画『ビバリウム』ジェシー・アイゼンバーグ/イモージェン・プーツ
    ビバリウム

  2. 映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート
  3. 映画『ラーヤと龍の王国』
  4. 映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真
  5. 映画『野球少女』イ・ジュヨン
    野球少女

  6. Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ
  7. Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン
  8. 映画『DAU. ナターシャ』ナターリヤ・ベレジナヤ/オリガ・シカバルニャ/リュック・ビジェ
  9. Netflix映画『時の面影』キャリー・マリガン/レイフ・ファインズ
    時の面影

  10. 映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥
PAGE TOP