取材&インタビュー

『下忍 赤い影』寛 一 郎さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『下忍 赤い影』寛 一 郎さんインタビュー

今回は『下忍 赤い影』で忍者を演じた寛一郎さんにインタビューさせて頂きました。小さい頃から、俳優というお仕事や、映画という存在が身近にあった寛一郎さんは、映画界の未来や過去にどんな思いを持たれているのか、聞いてみました。

<PROFILE>
寛 一 郎(かんいちろう):竜 役
1996年8月16日生まれ。東京都出身。父親は俳優の佐藤浩市。瀬々敬久監督の『菊とギロチン』(2018年公開)で俳優デビュー。劇場公開順は前後するが、2017年、廣木隆一監督作『ナミヤ雑貨店の奇蹟』など話題作に続けて出演し、数々の新人賞を受賞した。その他の主な映画出演作に『心が叫びたがってるんだ。』『チワワちゃん』『君がまた走り出すとき』『雪子さんの足音』などがある。また、チェン・カイコー監督作『空海-KU-KAI-美しき王妃の謎』では、日本語吹き替え版キャストを務めた。テレビドラマでは、『ミッドナイトジャーナル』『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』『ドロ刑-警視庁捜査三課-』などに出演。

日本の本気を見てみたい!

映画『下忍 赤い影』寛 一 郎/結木滉星

マイソン:
今回忍者の役を演じるにあたり、アクション監修の坂口拓さんからは何かアドバイスはありましたか?

寛一郎さん:
坂口さんは自称現代忍者なので、忍びは昔こうやっていたっていうことなどを教えてもらいました。

マイソン:
やって見せてもらったりもされたんですか?

寛一郎さん:
はい、やって見せてもらいました。見せてもらうと坂口さんって、やっぱりすごいんだなってなります。

映画『下忍 赤い影』

マイソン:
さすがですね。普段から時代劇とか殺陣は観るほうですか?

寛一郎さん:
時代劇や殺陣っていうのは、あんまり観てなくて、それこそ小さい頃は“スター・ウォーズ”とかが流行っていたので、チャンバラという部類では男の子なのでカッコ良いなと思って、そこから映画が好きになっていろいろ観ていました。今回のアクションは、型にはまった静と動の動きみたいなものではなくて、どちらかというとアクロバティックな現代風のアクションだったので、そこは時代とは逆行したところにあるのかなって思います。

マイソン:
今の人が観やすいアクション映画になっていますよね。本当に忍者になれたらやりたいことってありますか?

寛一郎さん:
忍術ってどこまでできるんですかね。できるとしたら、分身の術は使ってみたいです。自分が2人いて、片方に仕事してもらって、もう片方は遊んでとか、してみたくないですか(笑)?皆が思いますよね。交代交代でって。

マイソン:
確かに!実用的なのが良いですよね。

寛一郎さん:
実用的なのが良いですね。分身の術ができたら何でもできますよね。

映画『下忍 赤い影』寛 一 郎

マイソン:
そうですよね。では、お芝居をしていておもしろいなと思う瞬間ってどんな時ですか?

寛一郎さん:
芝居がおもしろい人、良い役者さんと一緒にお芝居をする時は、おもしろいですね。刺激って言葉とはまた別なんですけど、シナジーが生まれますし、そのシナジーを僕は与えたいと思いますしね。そういう関係でお芝居ができるってことはおもしろいことだなって思います。

マイソン:
先ほどよく映画をご覧になるというお話があったんですけど、洋画と邦画だと、どちらをよく観ますか?

寛一郎さん:
どっちも観ますけど、邦画のほうが多いかも知れないです。

映画『下忍 赤い影』寛 一 郎さんインタビュー

マイソン:
気になる俳優さんとか、映画に興味を持ったきっかけの作品とかありますか?

寛一郎さん:
よく俳優になったきっかけとかを聞かれるんですが、僕は環境柄、映画とか俳優って職業がすぐ隣にあって、映画を観る環境下にいたので、きっかけというきっかけはないんですが、映画は昔からずっと好きですね。

マイソン:
国を問わず共通してこの俳優さん良いなって思う要素はありますか?

寛一郎さん:
この人の芝居すごいなって思うのは目なんですよね。表情っていうか、何て言うんでしょう、動きとかそういう小芝居ではなくて、その俳優の中にある核みたいなもの。言語化するのがすごく難しいんですけど、それが見える時ってあるじゃないですか。例えば、今こうして話していて、「この人は嘘をついていないな」とかわかる時ってあるじゃないですか。それが感じとれる瞬間があって、僕はそれが映画の醍醐味だと思うんです。

映画『下忍 赤い影』寛 一 郎

マイソン:
セリフがない芝居でもすごく通じる時ってありますもんね。では今後やってみたいことはありますか?

寛一郎さん:
50億円くらいかけて映画を作ってみたいですね(笑)。本当に制限なく予算があって邦画を作るってなったら、どんな映画を作るんだろう、今の日本の映画界はどういう映画を作るんだろうって本当に思っていて。50億円あったらさすがにつまらない映画は作らないだろうって、どう作るのかが気になります。僕は出なくて良いので。

マイソン:
監督やプロデューサーっていう立場でもなく?

寛一郎さん:
どちらでもなく、普通に1人の観客として観てみたいです。

マイソン:
低予算で上手く作る人はいっぱいいそうですもんね。

寛一郎さん:
皆それに慣れ過ぎてしまっていて、低予算でも良い映画が作れるからそうなっちゃうんですけど、日本の本気を見てみたいですね(笑)。

マイソン:
見てみたいですね!でもどうせなら出たくないですか?

寛一郎さん:
もちろん出たいです!でもまずは作ってみて欲しいなって。

映画『下忍 赤い影』PANTA(頭脳警察)

マイソン:
では今回現代風の時代劇をやってみて、今後はもっとどっぷりとした時代劇をやってみたいと思いましたか?

寛一郎さん:
1970〜80年代の邦画がおもしろ過ぎるので、どっぷり時代劇もやってみたいです。リアリティというより整合性を持たせるのって、どこか説得力が必要ですし、それは難しいけどやってみたいなって思います。

マイソン:
70〜80年代の邦画がおもしろいとのことですが、特にお好きな作品は何ですか?

寛一郎さん:
やっぱり黒澤明さんはすごいですよね。『七人の侍』とかはシビれますね。

マイソン:
身近に映画があって、既にこれまでいろいろな映画を観ていらっしゃると思うんですけど、若い方達にそういう映画も身近に感じられるオススメポイントや見どころはありますか?映画を楽しむというか、古い作品も楽しむみたいな。

映画『下忍 赤い影』寛 一 郎さんインタビュー

寛一郎さん:
古い作品を映画好きじゃない人が観たところで、画質の違いとかに抵抗感があると思うんです。僕らはフィルムって良いなってなるんですけど。あと(昔の映画は)セリフも何を言ってるのかわかりづらかったり、1カット長回ししたところで観客はそれの何がすごいのはわからないだろうし。でも、ジブリと黒澤明監督作品は本当に世界に通用するものだと思うので、皆教科書として観て欲しいですけどね。ただ、映画は娯楽なので、好きなものを観たほうが良いと思います。

マイソン:
無理に映画を好きにならなくても、そのうちにってことですね。

寛一郎さん:
そうなんです。自分が観たいものを観れば良いんです。極論、好みですからね。イケメンが観たかったら青春キラキラものを観れば良いし。ただ観客の問題じゃなくて、全部作り手の問題です。だから僕らも頑張ります!

マイソン:
楽しみにしています!本日はありがとうございました。

2019年8月23日取材 PHOTO & TEXT by Myson

映画『下忍 赤い影』寛 一 郎/山口まゆ/結木滉星

『下忍 赤い影』
2019年10月4日よりシネマート新宿ほか公開
監督:山口義高
出演:寛一郎/山口まゆ/結木滉星/中谷太郎/行平あい佳/PANTA(頭脳警察)/榊英雄/津田寛治
配給:AMGエンタテインメント

武士による統治が終わろうとしている幕末では、忍者の役目もなくなりつつあり、忍者組織の最下層“下忍”の末裔である竜は抜け忍となっていた。だがある日、江戸で暮らしていた竜は、勝海舟に素性を見抜かれ、スカウトされて密命を受ける。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

© 2019「下忍」製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

『ダウントン・アビー』日本語吹き替え版声優 一城みゆ希さんインタビュー

世界的に大ブームを起こした海外ドラマ『ダウントン・アビー』が劇場版になり再び話題になっていますが、本シリーズでマギー・スミスが演じたバイオレット役の声優を務めた一城みゆ希さんにインタビューをさせて頂きました。一城さんのお話からも、この作品の素晴らしさが伝わってきたとともに、声優さん達の熱い思いも伝わってきました。それくらい魅力的な作品なんだと改めて感じました。

映画『サヨナラまでの30分』上杉柊平 上杉柊平(うえすぎ しゅうへい)

1992年5月18日生まれ、東京都出身。2015年にドラマ『ホテルコンシェルジュ』で俳優デビューを飾る。主な出演作に…

映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』ダニエル・クレイグ ダニエル・クレイグ

1968年3月2日イイギリス、チェスター生まれ。リヴァプール近郊で育ち、ロンドンのナショナル・ユース・シアターとギルドホール音楽演劇学校で学び1991年に卒業。1992年ジョン・G・アヴィルドセン監督の…

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ フォー・ライフ

シリーズのノリはそのままに、主人公の“今”に合ったストーリーになっていて、ウィル・スミスが演じるマイクと、マーティン・ローレンスが演じるマーカスの個性にも…

殺人イメージ写真AC(包丁) 心理学から観る映画1-3:犯罪と脳

先天的な理由の一つとして、脳の神経構造の研究が行われています。果たして、連続殺人犯の脳と、一般の人の脳に違いはあるのでしょうか?

映画『風の電話』モトーラ世理奈/西島秀俊 風の電話

“風の電話”は、2011年に岩手県大槌町在住の庭師である佐々木格さんが、自宅の庭に設置した電話ボックスで、東日本大震災で多くの方がお亡くなりになり、故人と…

映画『パラサイト 半地下の家族』チェ・ウシク チェ・ウシク

1990年3月26日生まれ。大韓民国、ソウル特別市出身。幼少期にカナダに移住し、学生生活を過ごす。その後韓国に戻り、2011年にテレビドラマ『チャクペー相棒ー』で俳優デビューを飾る。その後…

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』オルガ・キュリレンコ/アレックス・ロウザー 9人の翻訳家 囚われたベストセラー

巧みなトリックとどんでん返しの繰り返しで、気持ち良く騙される快感を得られます。物語は、全世界待望のミステリー小説の新刊を世界同時出版するため、9名の翻訳家がフランスの人里離れた村にある要塞のような洋館に集められるところから…

映画『サヨナラまでの30分』萩原健太郎監督インタビュー 『サヨナラまでの30分』萩原健太郎監督インタビュー

本作は、1年前に死んだバンドのボーカル・アキ(新田真剣佑)と、人付き合いが苦手な大学生、颯太(北村匠海)が1つの体を共有するというユニークな青春音楽ラブストーリー。今回、本作でメガホンを執った萩原健太郎監督にインタビューをさせて頂きました。監督のこだわり、俳優さん達について、そしてアメリカと日本の映画作りの違いなど、いろいろなお話を聞けました。

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』ステラン・スカルスガルド ステラン・スカルスガルド

1951年6月13日、スウェーデン生まれ。1968年、TVシリーズの主演に抜擢され俳優デビューし、1972年ストックホルム王立劇場の一員となり…

おすすめ記事

【東京コミコン2018】オープニングセレモニー、エズラ・ミラー イイ男セレクションランキング2020<海外20代俳優 個性・ユーモア部門ランキング>

今回は、海外20代俳優の個性部門TOP20、ユーモア部門TOP15を発表!若い時から個性やユーモアが光る俳優は、今後も演技の幅をどんどん広げていきそうな気がします。注目のランキング結果はいかに!?

映画『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』ティモシー・シャラメ イイ男セレクションランキング2020<海外20代俳優 ルックス・セクシー部門ランキング>

今回からいよいよイイ男セレクションランキング海外俳優編がスタート!まずは20代俳優についてのランキングを発表します。編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている海外20代(1990年以降の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい下記30名を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。今回は、ルックス部門TOP20&セクシー部門TOP15を発表します!

映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン ドラマを観ずに、劇場版『ダウントン・アビー』を観てみた結果を発表!

世界的に社会現象を巻き起こした人気ドラマ『ダウントン・アビー』が映画化され、2020年1月10日より劇場公開されます。本作の部活では…

映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックス トーキョー女子映画部が選ぶ 2019年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ2019年 ベスト5を発表します!劇場公開中の作品や、デジタル配信中のもの、DVDレンタル・発売中のものなど、ぜひ冬休みに観てください。

映画『ある船頭の話』オダギリジョー監督 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 総合ランキング>

いよいよ今回は、40代&50代俳優の総合ランキングを発表!各部門でランキングの入れ替えが多かった40代50代俳優ですが、果たして栄冠は誰の手に!?

映画『ドクター・スリープ』原作者:スティーヴン・キング これほど多く作品が映画化された作家はいない!スティーヴン・キング特集

2019年は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』、2020年1月には『ペット・セメタリー』と、立て続けにスティーヴン・キング原作の映画化が公開されます…

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

映画『50回目のファーストキス』完成披露試写会舞台挨拶、山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 総合ランキング>

今回は、いよいよ30代俳優の総合ランキングを発表します!20代の各部門ランキングに比べると、30代のランキングは部門毎で変動が多かった印象ですが、果たして総合ランキングはどのような結果になったのでしょうか?

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

REVIEW

  1. 映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  2. 映画『風の電話』モトーラ世理奈/西島秀俊
    風の電話

  3. 映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』オルガ・キュリレンコ/アレックス・ロウザー
  4. 映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』アダム・ドライバー/ジョナサン・プライス
  5. 映画『ロマンスドール』高橋一生/蒼井優
  6. 映画『キャッツ』フランチェスカ・ヘイワード
    キャッツ

  7. 映画『サヨナラまでの30分』新田真剣佑/北村匠海
  8. 映画『私の知らないわたしの素顔』ジュリエット・ビノシュ/フランソワ・シビル
  9. 映画『ジョジョ・ラビット』ローマン・グリフィン・デイビス/タイカ・ワイティティ
  10. 映画『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』フェリシティ・ジョーンズ/エディ・レッドメイン

部活・イベント

  1. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン シーズン1』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  2. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP