取材&インタビュー

『喝風太郎!!』市原隼人さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『喝風太郎!!』市原隼人さんインタビュー

「サラリーマン金太郎」でお馴染み、本宮ひろ志の人気漫画「喝 風太郎!!」の映画化作品で主演を果たした市原隼人さんにインタビューをさせて頂きました。今回、僧侶の役ということもあり、深いお話をたくさんして頂きましたが、市原さんの俳優としての姿勢や熱い思いもひしひしと伝わってきました。

<PROFILE>
市原隼人(いちはら はやと): 喝風太郎(かつ ふうたろう)役
1987年2月6日生まれ、神奈川県出身。2001年に『リリイ・シュシュのすべて』で映画主演デビューを飾り、2008年にドラマ『ROOKIES』、2009年に映画『ROOKIES-卒業―』に出演し、人気を博す。ほか主なドラマ出演作に、『カラマーゾフの兄弟』、大河ドラマ『おんな城主 直虎』、『リバース』などがある。主な映画出演作には、『偶然にも最悪な少年』『ボックス』『ホテルコパン』『無限の住人』『あいあい傘』ほか、2019年は『空母いぶき』『3人の信長』や、オムニバス映画『桜咲く頃に君と』と出演作が続々公開。さらに主演ドラマ『おいしい給食』は、10月よりテレビ神奈川、TOKYO MX、BS12トゥエルビほかにて順次放送。劇場版『おいしい給食』の制作も決定し、2020年春に全国公開される。また、近年はフォトグラファーや映像監督としても活躍中。

30代はもう一度改めて自分を見つめ直せる時

映画『喝風太郎!!』市原隼人

マイソン:
今回は原作があるので、元のキャラクターのイメージもありつつ、ご自身が作り上げていく部分もあったと思うんですが、特にこだわった点はありますか?

市原隼人さん:
まずは僧侶という役柄です。僧侶とは何なのか、仏法とは何なのか、1つ1つの行いや所作、言葉にどんな意味があるのかを考えました。やはりリアリティを求めたくなるのですが、役者っていうのは追いかけることしかできない切ないところがあって、僧侶というもののすべてを知るということはできないと思いました。すべての概念を外して無になってみないとわからない領域がある、ということを改めて深く感じさせて頂いて、そのなかでもしっかりと学んでから現場に入りました。

マイソン:
風貌が最初に出てきた時にすごくインパクトがあって、おもしろかったです(笑)。

市原隼人さん:
キャラクターがマスコットみたいな感じになっていますよね(笑)。

マイソン:
ここまで濃いと逆に楽しめる部分がたくさんあったんじゃないかと思いました。

市原隼人さん:
毎回楽しいです。ヒゲを付けて風太郎に扮装することによってスイッチが入っていました。

マイソン:
やっぱりスイッチが入るんですね。

映画『喝風太郎!!』市原隼人/鶴田真由

市原隼人さん:
はい。「喝 風太郎!!」は、サラリーマンなど社会のシステムの中で生きる人の思いとか、SNSに悩まされる人の思いとか、肉親に対する思いとか、それが本当に核心を突く作品なんです。もちろん肩の力を抜いて観られるエンタテインメントなんですけど、世の中は何で回っているのかっていうことを教科書のように教えて頂ける作品であって、その本質を見抜いていくと、おもしろいところが本当にあるんです。

マイソン:
キャラクター設定でも、良い人だと思っていたら…という人物もいたり、意外な展開がすごくおもしろかったです。

市原隼人さん:
人には、見せなければいけない姿と見せてはいけない姿があるんですけど、この作品には見せてはいけない姿も入っています。現代でも見せ方とか、表面的な部分に捕らわれることが多いと思います。

マイソン:
言われてみればそうだなっていうことを教えてくれるストーリーのようにも感じました。

市原隼人さん:
昔はあったかも知れないことが、今失われようとしていて、それを改めて思い出させてもらえると思うんです。なぜ寺というものがあって、なぜ今それが必要なのか、なぜ僧侶がいるのか。今の時代に何のために人間は生まれて、何をして、何をやるべきなのか。昔なら何かをするには大義名分があって、生まれながらに主君に仕えたり、こうやって生きていくっていうものが決まっていて、死ぬことによって、自分の存在意義をまた見出していくっていう、死に向かっていく時代がありました。今は死を迎える時代になっていて、そのなかで自分の居場所がわからなくなったり、ぶれてしまったり、多くの人がそう思うことがあると思うんです。何が良くて、何が悪いかっていう判断が本当に難しくて、ネット社会になって情報が増えたことによって、すごく便利になったこともありますが、僕にはそれが良いことか悪いことなのかわからないんです。風太郎の”喝”は正しい道に戻してくれて、僧侶とか寺は、本来の命の在り方、なぜ人間には命があって、何をすべきなのか、なぜ生まれたのか、死んでどうなるのかとか、そういう意味を見出してくれる場所でもあると思います。侍はいなくなったのに、寺や僧侶がずっと続いているというのは、そういう教えを繋げるためなのだと僕は感じています。

映画『喝風太郎!!』市原隼人/藤田富/工藤綾乃

マイソン:
この作品をやる前から、今お話頂いたようなことに興味があったんですか?今回でより興味がわいたのでしょうか?

市原隼人さん:
この作品をきっかけに、より興味がわいた部分がすごく大きいです。一つ一つ様々な概念を取り除いて、物事の本質を見抜いて捉えていくっていうのが、仏法の1つの教えでもあって、すごくシンプルで昔はできていたことができなくなっているっていうことが、今の世の中にもあると思うんです。人に声をかけづらくなったり、隣人の顔も知らなかったり、自分の意見を言うことがいけないことなんじゃないかと思って人とぶつかることを恐れたり…。生きているのは人間なのに、どんどんシステム化されて、人間の感情とか思いよりも先にシステムが先行して、なくなっていくものが多いと思います。そのなかで『喝風太郎!!』っていう作品と出会えて、映画化されるという意味は、何かここに頼っているものがあるのかなと。僕はそれがご縁だと思っています。

マイソン:
今お話を聞いていたら、風太郎さんとしゃべっているような感覚になりました(笑)。そんな深い話でもありながら、劇中ではすごく体を鍛えていらっしゃるのがわかるシーンもありました。普段から体作りはされているんでしょうか?

市原隼人さん:
最近は全くできていないのですが、2歳から器械体操、水泳、空手、ボクシングをやっていて、父も柔道と器械体操をやっていたので、体を動かすことがすごく好きなんです。ちょっとでも時間があったらジムに行ったり、サンドバッグを叩いたり、縄跳びを飛んだりしています。

マイソン:
じゃあ、運動をしていないほうが違和感があるというか。

映画『喝風太郎!!』市原隼人

市原隼人さん:
はい、やっていないほうがダメです。良いのか悪いのか(笑)。たくさん食べてたくさん動くっていう。

マイソン:
服を着られていてもわかるんですけど、劇中で上を脱いでいらっしゃるシーンがあって、すごくマッチョだなと思いました(笑)。

市原隼人さん:
いやいや、最近細くなったんです(笑)。

マイソン:
長年俳優をされていて、30代に入ってからのお仕事でご自身の中で変化や新鮮に感じることはありますか?

市原隼人さん:
全部新鮮です。今まで作ってきたものが全部壊れていくので、30代はもう一度自分を見つめ直せる時だなと思っています。現場の入り方、ものの見方、捉え方も10代20代とは全然違うんです。悩むということではありませんが、考えることが多くなって、新鮮です。

マイソン:
今までは考え留まっていなかったことに、今は気付くようになったということでしょうか?

市原隼人さん:
そういうこともあると思います。本当にいろいろと見えなかったものが見えてきたり、自分の善意が逆にブレーキをかけてしまうことになったり。自分が信じるものとか役者がすべてで、そのためだったら悪にもなれるような感覚が、俯瞰で見られるようになっているのかも知れません。逆に10代20代の時よりも、もっと何かを吸収したい、何か刺激を受けたい、何かに向かっていきたい、何かとぶつかりたいというバイタリティに溢れています。

映画『喝風太郎!!』市原隼人さんインタビュー
ヘアメイク:大森裕行(VANITES)
スタイリスト:小野和美(Post Foundation)
衣裳協力:wjk

マイソン:
じゃあ、30代に入ってますますおもしろくなってきたということですね?

市原隼人さん:
おもしろいです、本当に。昔は何でも言われる側じゃないですか。それがだんだん誰にも何も言われなくなることが増えると寂しくなります。時代のせいにしてはいけないんですけど、昔から僕は年関係なく、上の方にも何でも話す人間で、だからこそ切磋琢磨してその物事の本質を見出せていたと思います。

マイソン:
そうなんですね。では最後の質問で、今まで観た映画で人生を変えられた映画、もしくは1番好きな映画はありますか?

市原隼人さん:
『蒲田行進曲』です。1番最後に「これは映画です」ってネタばらしがあって、結局映画に魅せられていたんだって思ったのがすごく印象的で引き込まれた作品です。今でも映画は憧れですし、役者も憧れです。この時に、これだけ人の心を動かせて、こんな感情にしてくれて、映画って良いなと感じましたし、映画を観た時間がより大切に思えました。

マイソン:
今日はありがとうございました!

2019年9月24日取材 PHOTO & TEXT by Myson

映画『喝風太郎!!』市原隼人/藤田富/工藤綾乃/板野友美/鶴田真由/近藤芳正/麿赤兒

『喝風太郎!!』
2019年11月1日より全国順次公開
監督:柴田啓佑
出演:市原隼人/藤田富/工藤綾乃/二ノ宮隆太郎/木村知貴/藤代太一/吉岡そんれい/板野友美/鶴田真由/近藤芳正/麿赤兒
配給:SDP

長年の修行を経て、庶民の生活ぶりを見るべく、町へ出てきた僧侶の風太郎は、大の女好きだし、酒も大量に飲むわで、周囲を振り回してしまう。そんな世間知らずな風太郎をカモにしようと近づいた健司は、風太郎に取り入って金儲けを企むが、風太郎はお構いなしで、人々に生き方を説いていく。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

© 本宮ひろ志/集英社 ©2019 株式会社浜友商事

関連記事

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アドリフト 41日間の漂流』シャイリーン・ウッドリー アドリフト 41日間の漂流

主演のシャイリーン・ウッドリーが製作も務め、『エベレスト 3D』のバルタザール・コルマウクルが監督を務める本作は、1983年に婚約者リチャードとタヒチからサンディエゴへと旅に出て遭難した女性タミーの手記を基にして作られた作品です…

海外ドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス シーズン2』スターリング・K・ブラウン スターリング・K・ブラウン

1976年4月5日アメリカ、ミズリー州生まれ。『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』(2016)でエミー賞を受賞。さらに『THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから』…

映画『WAVES/ウェイブス』ケルヴィン・ハリソン・Jr/テイラー・ラッセル WAVES/ウェイブス

2部構成となっている本作の前半は“タイラーの罪”と題して、裕福な家庭に長男として生まれたタイラーの物語が綴られています。一家が裕福であるのは父の苦労と努力の…

海外ドラマ『シカゴ・ファイア』テイラー・キニー、ミランダ・レイ・メイヨ ジェシー・スペンサー、テイラー・キニー、ジェイソン・ベギーらがドラマ“シカゴ”シリーズの魅力を語る!

クロスオーバー・エピソードが醍醐味で“One Chicago”で称される全米で大人気のドラマ“シカゴ”シリーズ。日本では、現在連続リリースされていることでも話題沸騰中!今回は、そんな“シカゴ”シリーズのスタジオに潜入取材が敢行され、各作品のキャストが、シリーズの魅力や思いを語っている様子をお届けします。

映画『囚われた国家』アシュトン・サンダース アシュトン・サンダース

1995年10月24日アメリカ、ロサンゼルス生まれ。ロサンゼルス演劇学校を卒業後、シカゴのデポール大学で演劇を専攻。主な映画出演作に…

映画『劇場』山﨑賢人 心理学から観る映画7-1:大人になるまで待って【モラトリアム】

春はスタートの季節ということで、将来に向けていろいろと考えたり、準備をし始める時期でもあります。特に学生は、学年が上がるにつれて、どんな仕事に就きたいかを具体的に考えますよね。それは同時に、1人の人間として自分の意志で、どんな大人になりたいか…

海外ドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス シーズン2』ジャスティン・ハートリー/クリッシー・メッツ/スターリング・K・ブラウン THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから

ピアソン家の3きょうだいの過去と未来を交錯させて描く、温かい家族の物語。切なくて温かいストーリーに涙腺が刺激されます。

映画『アドリフト 41日間の漂流』サム・クラフリン サム・クラフリン

1986年6月27日イングランド生まれ。2009年にロンドンの名門演劇学校“ロンドン・アカデミーナイト・オブ・ミュージック・アンド・ドラマティック・アート(LAMDA)”を卒業後、イギリスのTVシリーズなどに出演。その後…

映画『囚われた国家』アシュトン・サンダース 囚われた国家

タイトルから社会派サスペンスというのはおわかり頂けると思いますが、そこにSF要素が入ることでより…

映画『フェアウェル』ツィ・マー ツィ・マー

1962年6月10日生まれ。香港出身の中国系アメリカ人で、カナダでも活躍中。主な出演作に『ラッシュアワー』(98)と『ラッシュアワー3』(07)、マイケル・ケインと共演した『愛の落日』…

おすすめ記事

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー 笑ったり、驚いたり、映画館でのリアクションはOK?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査3】

今回は、映画鑑賞中のリアクションについて調査しました。映画館で、おもしろいシーンや怖いシーンが出てきた時、皆さんはどんな風にリアクションしていますか?今回は、そんな映画館でのリアクションについて、自身のスタンス、周囲に求めるスタンスを聞いてみました。さらに、リアクションしながら楽しみたい編集部オススメ作品も紹介。

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』エディ・レッドメイン イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 総合ランキング>

海外30代俳優最終回は、ついに総合ランキングを発表!これまで発表した各部門ランキングの上位俳優が、…

映画『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』エディ・レッドメイン イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 演技力部門編>

今回は俳優にとって重要な演技力部門の結果を発表します。認知度のある俳優も多いですが、皆さんはそれぞれの演技力をどう評価したのでしょうか?

映画『ボヘミアン・ラプソディ』来日、ラミ・マレック イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 個性・ユーモア部門編>

今回は、海外30代俳優個性部門TOP15、ユーモア部門TOP10を発表します!30代はどんどん個性が発揮されてくる印象ですが、上位を争ったのは一体どの俳優なのでしょうか?結果に注目です!!

映画『グレイテスト・ショーマン』ザック・エフロン イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 ルックス・セクシー部門編>

今回からイイ男セレクションランキング海外30代俳優編の結果を発表!編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている海外30代(1981年以降、1990年以前の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい下記25名を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。まずは、ルックス部門TOP15&セクシー部門TOP15を発表します!

映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』オースティン・ザユル 洋画あるある「ツッコミどころ編」

映画を観ていると、「何でやねん!」とツッコミを入れたくなるような、お約束と感じる設定に出くわすことがありますよね。そこで今回は、どれくらい皆さんがそう思って観ているのか調査しました!さらに、ツッコミながら楽しめる編集部オススメ作品も紹介。

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2:鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは? 鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2】

今回は前回に引き続き、映画好き女子の鑑賞スタイルの調査結果を発表します。欲しい情報がすぐに手に入る世の中で、映画情報とは皆さんどのように付き合っているのでしょうか?「繰り返し観たくなる!編集部オススメ作品」も紹介。

映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー 女子100%共感!『スキャンダル』部活リポート

本作は、アメリカで視聴率NO.1を誇るニュース放送局“FOXニュース”にまつわるスキャンダラスな実話を映画化したもので、テレビ界の帝王と呼ばれるFOXニュース・チャンネルのCEOによるハラスメント問題に対して、さまざまな立場の女性達がどう向き合うかを描いています。この度トーキョー女子映画部では本作の部活を実施。本作を観た皆さんが、女性目線でどのように感じたか、アンケート結果を発表します。

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査1 映画を観る前、どこまで情報を入れる?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査1】

以前とある映画監督にインタビューした際、「(本当は映画を観る前に情報を入れずに)何も知らないで観て欲しい」とおっしゃっていました。トーキョー女子映画部スタッフも観る前に情報を極力入れないで観たい派なのですが、そういえば皆さんどうなんだろうと気になりました。今回のアンケートでは、映画ファンの方のスタンスはどういったタイプがあるのか調査!さらに、「何も知らずに観たら数倍楽しめる!アッと驚く編集部オススメ作品」も紹介。

海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル あの人は敵?味方?転職した凄腕ジェシカの処世術がスゴい『SUITS:ジェシカ・ピアソン』部活リポート

本作は、人気海外ドラマ『SUITS/スーツ』のメインキャラクターの1人、ジェシカ・ピアソンを主人公にしたスピンオフです。今回の部活では、本家『SUITS/スーツ』を観たことがある方、ない方の両方に…

REVIEW

  1. 映画『アドリフト 41日間の漂流』シャイリーン・ウッドリー
  2. 映画『WAVES/ウェイブス』ケルヴィン・ハリソン・Jr/テイラー・ラッセル
  3. 海外ドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス シーズン2』ジャスティン・ハートリー/クリッシー・メッツ/スターリング・K・ブラウン
  4. 映画『囚われた国家』アシュトン・サンダース
  5. 映画『フェアウェル』オークワフィナ/チャオ・シュウチェン
    フェアウェル

  6. 映画『ポップスター』ナタリー・ポートマン
    ポップスター

  7. 映画『エジソンズ・ゲーム』ベネディクト・カンバーバッチ
  8. 映画『ケアニン~こころに咲く花~』戸塚純貴/島かおり
  9. 映画『デッド・ドント・ダイ』ビル・マーレイ/アダム・ドライバー/クロエ・セヴィニー
  10. 映画『サーホー』プラバース
    サーホー

部活・イベント

  1. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  2. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP