取材&インタビュー

『喝風太郎!!』市原隼人さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『喝風太郎!!』市原隼人さんインタビュー

「サラリーマン金太郎」でお馴染み、本宮ひろ志の人気漫画「喝 風太郎!!」の映画化作品で主演を果たした市原隼人さんにインタビューをさせて頂きました。今回、僧侶の役ということもあり、深いお話をたくさんして頂きましたが、市原さんの俳優としての姿勢や熱い思いもひしひしと伝わってきました。

<PROFILE>
市原隼人(いちはら はやと): 喝風太郎(かつ ふうたろう)役
1987年2月6日生まれ、神奈川県出身。2001年に『リリイ・シュシュのすべて』で映画主演デビューを飾り、2008年にドラマ『ROOKIES』、2009年に映画『ROOKIES-卒業―』に出演し、人気を博す。ほか主なドラマ出演作に、『カラマーゾフの兄弟』、大河ドラマ『おんな城主 直虎』、『リバース』などがある。主な映画出演作には、『偶然にも最悪な少年』『ボックス』『ホテルコパン』『無限の住人』『あいあい傘』ほか、2019年は『空母いぶき』『3人の信長』や、オムニバス映画『桜咲く頃に君と』と出演作が続々公開。さらに主演ドラマ『おいしい給食』は、10月よりテレビ神奈川、TOKYO MX、BS12トゥエルビほかにて順次放送。劇場版『おいしい給食』の制作も決定し、2020年春に全国公開される。また、近年はフォトグラファーや映像監督としても活躍中。

30代はもう一度改めて自分を見つめ直せる時

映画『喝風太郎!!』市原隼人

マイソン:
今回は原作があるので、元のキャラクターのイメージもありつつ、ご自身が作り上げていく部分もあったと思うんですが、特にこだわった点はありますか?

市原隼人さん:
まずは僧侶という役柄です。僧侶とは何なのか、仏法とは何なのか、1つ1つの行いや所作、言葉にどんな意味があるのかを考えました。やはりリアリティを求めたくなるのですが、役者っていうのは追いかけることしかできない切ないところがあって、僧侶というもののすべてを知るということはできないと思いました。すべての概念を外して無になってみないとわからない領域がある、ということを改めて深く感じさせて頂いて、そのなかでもしっかりと学んでから現場に入りました。

マイソン:
風貌が最初に出てきた時にすごくインパクトがあって、おもしろかったです(笑)。

市原隼人さん:
キャラクターがマスコットみたいな感じになっていますよね(笑)。

マイソン:
ここまで濃いと逆に楽しめる部分がたくさんあったんじゃないかと思いました。

市原隼人さん:
毎回楽しいです。ヒゲを付けて風太郎に扮装することによってスイッチが入っていました。

マイソン:
やっぱりスイッチが入るんですね。

映画『喝風太郎!!』市原隼人/鶴田真由

市原隼人さん:
はい。「喝 風太郎!!」は、サラリーマンなど社会のシステムの中で生きる人の思いとか、SNSに悩まされる人の思いとか、肉親に対する思いとか、それが本当に核心を突く作品なんです。もちろん肩の力を抜いて観られるエンタテインメントなんですけど、世の中は何で回っているのかっていうことを教科書のように教えて頂ける作品であって、その本質を見抜いていくと、おもしろいところが本当にあるんです。

マイソン:
キャラクター設定でも、良い人だと思っていたら…という人物もいたり、意外な展開がすごくおもしろかったです。

市原隼人さん:
人には、見せなければいけない姿と見せてはいけない姿があるんですけど、この作品には見せてはいけない姿も入っています。現代でも見せ方とか、表面的な部分に捕らわれることが多いと思います。

マイソン:
言われてみればそうだなっていうことを教えてくれるストーリーのようにも感じました。

市原隼人さん:
昔はあったかも知れないことが、今失われようとしていて、それを改めて思い出させてもらえると思うんです。なぜ寺というものがあって、なぜ今それが必要なのか、なぜ僧侶がいるのか。今の時代に何のために人間は生まれて、何をして、何をやるべきなのか。昔なら何かをするには大義名分があって、生まれながらに主君に仕えたり、こうやって生きていくっていうものが決まっていて、死ぬことによって、自分の存在意義をまた見出していくっていう、死に向かっていく時代がありました。今は死を迎える時代になっていて、そのなかで自分の居場所がわからなくなったり、ぶれてしまったり、多くの人がそう思うことがあると思うんです。何が良くて、何が悪いかっていう判断が本当に難しくて、ネット社会になって情報が増えたことによって、すごく便利になったこともありますが、僕にはそれが良いことか悪いことなのかわからないんです。風太郎の”喝”は正しい道に戻してくれて、僧侶とか寺は、本来の命の在り方、なぜ人間には命があって、何をすべきなのか、なぜ生まれたのか、死んでどうなるのかとか、そういう意味を見出してくれる場所でもあると思います。侍はいなくなったのに、寺や僧侶がずっと続いているというのは、そういう教えを繋げるためなのだと僕は感じています。

映画『喝風太郎!!』市原隼人/藤田富/工藤綾乃

マイソン:
この作品をやる前から、今お話頂いたようなことに興味があったんですか?今回でより興味がわいたのでしょうか?

市原隼人さん:
この作品をきっかけに、より興味がわいた部分がすごく大きいです。一つ一つ様々な概念を取り除いて、物事の本質を見抜いて捉えていくっていうのが、仏法の1つの教えでもあって、すごくシンプルで昔はできていたことができなくなっているっていうことが、今の世の中にもあると思うんです。人に声をかけづらくなったり、隣人の顔も知らなかったり、自分の意見を言うことがいけないことなんじゃないかと思って人とぶつかることを恐れたり…。生きているのは人間なのに、どんどんシステム化されて、人間の感情とか思いよりも先にシステムが先行して、なくなっていくものが多いと思います。そのなかで『喝風太郎!!』っていう作品と出会えて、映画化されるという意味は、何かここに頼っているものがあるのかなと。僕はそれがご縁だと思っています。

マイソン:
今お話を聞いていたら、風太郎さんとしゃべっているような感覚になりました(笑)。そんな深い話でもありながら、劇中ではすごく体を鍛えていらっしゃるのがわかるシーンもありました。普段から体作りはされているんでしょうか?

市原隼人さん:
最近は全くできていないのですが、2歳から器械体操、水泳、空手、ボクシングをやっていて、父も柔道と器械体操をやっていたので、体を動かすことがすごく好きなんです。ちょっとでも時間があったらジムに行ったり、サンドバッグを叩いたり、縄跳びを飛んだりしています。

マイソン:
じゃあ、運動をしていないほうが違和感があるというか。

映画『喝風太郎!!』市原隼人

市原隼人さん:
はい、やっていないほうがダメです。良いのか悪いのか(笑)。たくさん食べてたくさん動くっていう。

マイソン:
服を着られていてもわかるんですけど、劇中で上を脱いでいらっしゃるシーンがあって、すごくマッチョだなと思いました(笑)。

市原隼人さん:
いやいや、最近細くなったんです(笑)。

マイソン:
長年俳優をされていて、30代に入ってからのお仕事でご自身の中で変化や新鮮に感じることはありますか?

市原隼人さん:
全部新鮮です。今まで作ってきたものが全部壊れていくので、30代はもう一度自分を見つめ直せる時だなと思っています。現場の入り方、ものの見方、捉え方も10代20代とは全然違うんです。悩むということではありませんが、考えることが多くなって、新鮮です。

マイソン:
今までは考え留まっていなかったことに、今は気付くようになったということでしょうか?

市原隼人さん:
そういうこともあると思います。本当にいろいろと見えなかったものが見えてきたり、自分の善意が逆にブレーキをかけてしまうことになったり。自分が信じるものとか役者がすべてで、そのためだったら悪にもなれるような感覚が、俯瞰で見られるようになっているのかも知れません。逆に10代20代の時よりも、もっと何かを吸収したい、何か刺激を受けたい、何かに向かっていきたい、何かとぶつかりたいというバイタリティに溢れています。

映画『喝風太郎!!』市原隼人さんインタビュー
ヘアメイク:大森裕行(VANITES)
スタイリスト:小野和美(Post Foundation)
衣裳協力:wjk

マイソン:
じゃあ、30代に入ってますますおもしろくなってきたということですね?

市原隼人さん:
おもしろいです、本当に。昔は何でも言われる側じゃないですか。それがだんだん誰にも何も言われなくなることが増えると寂しくなります。時代のせいにしてはいけないんですけど、昔から僕は年関係なく、上の方にも何でも話す人間で、だからこそ切磋琢磨してその物事の本質を見出せていたと思います。

マイソン:
そうなんですね。では最後の質問で、今まで観た映画で人生を変えられた映画、もしくは1番好きな映画はありますか?

市原隼人さん:
『蒲田行進曲』です。1番最後に「これは映画です」ってネタばらしがあって、結局映画に魅せられていたんだって思ったのがすごく印象的で引き込まれた作品です。今でも映画は憧れですし、役者も憧れです。この時に、これだけ人の心を動かせて、こんな感情にしてくれて、映画って良いなと感じましたし、映画を観た時間がより大切に思えました。

マイソン:
今日はありがとうございました!

2019年9月24日取材 PHOTO & TEXT by Myson

映画『喝風太郎!!』市原隼人/藤田富/工藤綾乃/板野友美/鶴田真由/近藤芳正/麿赤兒

『喝風太郎!!』
2019年11月1日より全国順次公開
監督:柴田啓佑
出演:市原隼人/藤田富/工藤綾乃/二ノ宮隆太郎/木村知貴/藤代太一/吉岡そんれい/板野友美/鶴田真由/近藤芳正/麿赤兒
配給:SDP

長年の修行を経て、庶民の生活ぶりを見るべく、町へ出てきた僧侶の風太郎は、大の女好きだし、酒も大量に飲むわで、周囲を振り回してしまう。そんな世間知らずな風太郎をカモにしようと近づいた健司は、風太郎に取り入って金儲けを企むが、風太郎はお構いなしで、人々に生き方を説いていく。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

© 本宮ひろ志/集英社 ©2019 株式会社浜友商事

関連記事

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ブレイブ ‐群青戦記-』新田真剣佑/山崎紘菜/鈴木伸之/渡邊圭祐/濱田龍臣/鈴木仁/飯島寛/三浦春馬/松山ケンイチ ブレイブ -群青戦記-

戦国時代に迷い込んだ高校生達が、自分達の得意とするスポーツの技を…

映画『エマの秘密に恋したら』タイラー・ホークリン タイラー・ホークリン

1987年9月11日アメリカ生まれ。DCユニバースを描いたシリーズ『SUPERGIRL/スーパーガール』(15~)のシーズン…

映画『ロード・オブ・カオス』ロリー・カルキン 俳優ファミリー特集Vol.1

この特集では親子、兄弟姉妹、親戚揃って活躍する俳優達をご紹介します。一度ではご紹介しきれないので、シリーズ化して、随時お届けしようと思います。今回はその第1弾です。

映画『ビバリウム』ジェシー・アイゼンバーグ/イモージェン・プーツ ビバリウム

「新居を探しに行ったらエライ目に遭ってもうた!」というストーリーで…

映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア バルトシュ・ビィエレニア

1992年5月15日ポーランド生まれ。2016年クラコフにある国立アカデミー・オブ・シアター・アーツを…

映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実

本作は、ベトナム戦争中の1966年4月11日に行われた救出作戦で、アメリカ空軍の落下傘救助隊の医療兵として60人以上の兵士達を救い戦死した、ウィリアム・H・ピッツェンバーガーについての実話…

海外ドラマ『シカゴ・ファイア シーズン7』ジェシー・スペンサー ジェシー・スペンサー

1979年2月12日、オーストラリアのビクトリア州生まれ。主な出演作に、ドラマ…

映画『ラーヤと龍の王国』 ラーヤと龍の王国

かつて聖なる龍達に守られていた“龍の国”クマンドラは、ドルーンと呼ばれる魔物に襲われ…

Netflix映画『Mank/マンク』チャールズ・ダンス チャールズ・ダンス

1946年10月10日、イギリス生まれ。俳優で映画監督。これまで多くの作品に俳優として…

Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン ここだけの話15:パートナーと収集のつかない喧嘩をした後、気持ちをどう整理する?

PodCast【トーキョー女子映画部ここだけの話】では、トーキョー女子映画部のマイソンが、記事には…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

REVIEW

  1. 映画『ブレイブ ‐群青戦記-』新田真剣佑/山崎紘菜/鈴木伸之/渡邊圭祐/濱田龍臣/鈴木仁/飯島寛/三浦春馬/松山ケンイチ
  2. 映画『ビバリウム』ジェシー・アイゼンバーグ/イモージェン・プーツ
    ビバリウム

  3. 映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート
  4. 映画『ラーヤと龍の王国』
  5. 映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真
  6. 映画『野球少女』イ・ジュヨン
    野球少女

  7. Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ
  8. Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン
  9. 映画『DAU. ナターシャ』ナターリヤ・ベレジナヤ/オリガ・シカバルニャ/リュック・ビジェ
  10. Netflix映画『時の面影』キャリー・マリガン/レイフ・ファインズ
    時の面影

PAGE TOP