取材&インタビュー

『空白』寺島しのぶさんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『空白』寺島しのぶさんインタビュー

今回は日本を代表する演技派俳優、寺島しのぶさんにインタビューをさせていただきました。今回出演されている『空白』でも印象に残るキャラクターを演じている寺島さんに、普段役作りのためにやっていること、普段映画を観る時に目がいくところなどをお聞きしました。

<PROFILE>
寺島しのぶ(てらじま しのぶ):草加部麻子 役
1972年12月28日生まれ、京都市出身。1989年、高校在学中にテレビドラマ『詩城の旅びと』で俳優デビューを飾る。1992年、大学在学中に文学座に入団し、1996年の退団以降は舞台、映画、ドラマなどさまざまなフィールドで活躍している。2003年には、『赤目四十八瀧心中未遂』と『ヴァイブレータ』で第27回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞をはじめ、国内外で数多く受賞。2010年『キャタピラー』では、日本人として35年ぶりにベルリン国際映画祭で銀熊賞(最優秀女優賞)受賞という快挙を成した。2018年、『OH LUCY!』ではインディペンデント・スピリット賞主演女優賞にノミネートされた。その他主な映画出演作に、『やわらかい生活』『愛の流刑地』『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』『千年の愉楽』『ぼくのおじさん』『幼な子われらに生まれ』『STAR SAND —星砂物語—』『止められるか、俺たちを』『ヤクザと家族 The Family』『Arc アーク』『キネマの神様』などがある。


私達はエンタテインメントをやり続けなければいけない

映画『空白』古田新太/松坂桃李

マイソン:
本作で演じられたキャラクターは、一見わかりやすい人間に見えて、内面はすごく複雑なものを抱えている人に思えました。寺島さんが初めて脚本を読んだ時の印象から、演じ終わった後で何か変化はありましたか?

寺島しのぶさん:
あまりなかったです。監督がぶれていないから一貫して撮れた気がします。やっぱりイタいなこの人、一生懸命なんだけど、こういう人いるよねっていう感じですよね。

マイソン:
ほんとにこういう人いるなと思いながら観てました。そんなキャラクターながら共感できたところはありますか?

寺島しのぶさん:
やっぱり人のために頑張ろうと思うのは良いと思うんですよ。スーパーが潰れないように一生懸命頑張って、ちょっと淡い恋心を抱いている彼に対しても「大丈夫だよ。絶対に辞めちゃダメだよ」って励ます。そうやって励ましているのが彼女の生き甲斐になっている。でも励ましがウザいから、自分の熱はヒートアップするのに相手は冷めていってしまう。人間の上手くいかないバランス関係、そういうものが𠮷田監督が描きたかったものなのかなとも思ったりします。ちょっとしたバランスによってガラガラっと崩れていってしまうというところをすごく巧みに描かれているなという気はします。

映画『空白』寺島しのぶさんインタビュー

マイソン:
そうですよね。今作だけでなく、どの作品で演じられている役もいつもリアルだなと思うのですが、普段人間ウォッチングをされたり、ヒントにされていることはありますか?

寺島しのぶさん:
人間ウォッチはすごく好きです。友達もいろいろなタイプがいるのでみんなを見て学んだりしていますね。最近ではコロナワクチンの接種会場が結構勉強になりました。待っていて怒っている人もいれば、すごく謙虚な人、すごく心配そうな人、何となく笑っている人もいたり、ちょっと勉強になりました。

マイソン:
やっぱり非常事態というか、ちょっと恐怖心もありますもんね。今回の役柄はごく普通の一般人という設定でしたが、今までいろいろな役を演じられてこられて、すごく日常に近いものとそうじゃないものって、どちらが難しいというのはありますか?

寺島しのぶさん:
それぞれおもしろいですよね。今回の『空白』ではそこにいるようなおばちゃんっていう感じでやりたかったんです。だから、お客さんから「この人嫌だけど、いそうだな」っていう風に観ていただければ良いなと思いながら演じました。

映画『空白』寺島しのぶ/松坂桃李

マイソン:
実際に完成した作品をご覧になってどんな感想でしたか?

寺島しのぶさん:
私は自分が出演した作品をあまり観ていないんです。自分で観たらろくなことを考えないし、まだ撮影して間もないから「何でこんなことしちゃったんだろう」っていうあら探しばかりしてしまって、作品を楽しめないんですよ。だけど、観た人から意見を聞くのは大好きです。自分の身近な信頼できる人達に観てもらって、ちゃんとジャッジしてもらうのをいつも楽しみにしています。この作品は「とにかく救いようのない人で、イタかったね」という意見が多かったです。

マイソン:
その感想はご自身にとしては嬉しかったですか?

寺島しのぶさん:
すごく嬉しいですね。全うできた感じがします。

マイソン:
この映画の内容とは違いますが、今はコロナ禍ということもあり、理不尽な状況に追い込まれている方が多くいらっしゃると思います。この時期に本作が公開されることによって、観客の方に受け取って欲しいメッセージはありますか?

映画『空白』寺島しのぶさんインタビュー

寺島しのぶさん:
カラッカラに笑える作品でもないし、来て良かったのかなと思っちゃう人もいるだろうし、またどんよりした気分にさせちゃうかもしれないけど、ぜひ観て欲しいです。私達はエンタテインメントをやり続けなければいけないと思いました。コロナ禍にあって、今は映画館に行けないということなら仕方がないと思いますが、観ていただけたら嬉しいです。暗い時に明るいものを観たら良いかっていうとそうでもないような気もするんですよね。この映画の中の人達も皆頑張っていて、どん底から頑張って這い上がっていく人達だから、そこの部分は少し共感していただけるのかなと思います。

マイソン:
ラストはちょっと救われて、希望が持てました。今作にはいろいろな役者さんが出演されていましたが、主演の古田新太さんはどんな印象でしたか?

寺島しのぶさん:
古田さんは古田さんですから、そのままです(笑)。出てきただけであの役になっちゃってるんですよね。古田さんは舞台ではものすごく知られている素晴らしい役者さんですけど、主演の映画でまた何か賞を受賞して欲しいなと思いますね。

映画『空白』古田新太/藤原季節

マイソン:
古田さんはホンモノかなと思うくらい迫力がありました(笑)。では、𠮷田恵輔監督の演出で印象に残ったことは何かありますか?

寺島しのぶさん:
𠮷田さんはイタいことをさせて、カメラの前で「いいですね、いいですね〜!」みたいな感じで笑っていて(笑)。

マイソン:
ハハハハ!そこは監督としても草加部麻子(寺島しのぶさんの役)のイタさを楽しまれていたんですね。

寺島しのぶさん:
そうなんです。監督がものすごくあっさりしているし、あんまりねちっこい演出はしないので、嫌な気分にならずに撮影できたと思うんですよね。草加部麻子は、私がそんなに好きではないキャラクターだから、もしも何回も何回もやっていたらきっと嫌になってしまったと思うんです。だけど、吉田監督って鮮度が良いままあっという間に撮ってしまうので、気持ち良く演じることができました。

マイソン:
そういうところにも監督のぶれのなさが出てたんですね。では、これは皆さんに聞いているんですが、これまでいち観客として大きな影響を受けた映画、もしくは俳優、監督がいらっしゃったら教えてください。

寺島しのぶさん:
伊丹十三監督の『お葬式』を観た時はビックリしました。いつぐらいに観たのかな、エッチなこともちょっとわかっていて、何かちょっと不思議な日本映画をいろいろ観た中で、『お葬式』は鮮烈でしたね。『お葬式』ってタイトルなのに、ずっと笑っているという、この作り方って何なんだろうって思いました。未だに忘れられないです。

映画『空白』松坂桃李

マイソン:
普段映画を観る時にどうしても目が行くところってありますか?

寺島しのぶさん:
ロケーションのリアリティですかね。例えば大阪の設定なのに「ここ大阪じゃないでしょ」ってわかってしまう時があるじゃないですか。ロケーションがチープだと、観ていても演技をしていても残念な気持ちになります。初めて現場に行った時に「ここで芝居をするんだよね」ってスッと入っていける時と、何日間かしてやっと慣れる現場があるんです。初めてロケ場なりスタジオなりに行った時「ここが私の家!」と思えた時は、本当に良い作品ができたりします。

マイソン:
ロケーションは重要ですね。

寺島しのぶさん:
非常に重要です。

マイソン:
日本の映画だと特にその土地を知っていると気づいてしまいますよね。

寺島しのぶさん:
そうなんですよ。今コロナ禍でいろいろな場所でロケーションができなくなっちゃっているから、余計大変だなと思うけど、優れたセットを作る方が日本にもいっぱいいらっしゃるから、なるべく役者をその気にさせて迎えてくれるロケーションでやりたいなと思います。

映画『空白』寺島しのぶさんインタビュー

マイソン:
では最後の質問で、今コロナ禍で映画業界やエンタメ業界がいろいろ大変だと思うんですが、明けた時に楽しみにしていることはありますか?

寺島しのぶさん:
いつでも観られるよねっていうところじゃなくて、自分の時間を割いて足を運んで観るので、そこの特別感は素敵だなって思います。日本の鑑賞料金は海外とかに比べたら高いし、もうちょっと映画館の楽しみ方が増えたら良いですよね。

マイソン:
気軽に映画館で観られるようになると良いですよね。本日はありがとうございました!

2021年9月8日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『空白』古田新太/松坂桃李

『空白』
2021年9月23日より全国公開
PG-12
監督・脚本:𠮷田恵輔
出演:古田新太/松坂桃李/田畑智子/藤原季節/趣里/伊東蒼/片岡礼子/ 寺島しのぶ
配給:スターサンズ、KADOKAWA

漁師をしている添田充は妻と別れ、中学生の娘と2人で暮らしていた。そんなある日、娘がスーパーで店長に万引きを疑われ、追われている時に交通事故に遭い亡くなってしまう。娘が万引きしたなんて信じられない添田は、スーパーの店長に激しく詰め寄り…。

公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

©2021『空白』製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『バズ・ライトイヤー』 バズ・ライトイヤー

“トイ・ストーリー”シリーズで、アンディ少年のお気に入りのおもちゃとして登場する“バズ・ライトイヤー”は、実は…

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:ソン・ガンホ/カン・ドンウォン/イ・ジウン/イ・ジュヨン/是枝裕和監督 是枝監督をはじめ皆の夢が1度に叶った『ベイビー・ブローカー』ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン、イ・ジュヨン来日記念舞台挨拶

第75回カンヌ国際映画祭で最優秀男優賞(ソン・ガンホ)、エキュメニカル審査員賞を受賞した『ベイビー・ブローカー』のキャスト、スタッフが、劇場公開から3日目となる2022年6月26日に舞台挨拶を行いました。

映画『ONE PIECE FILM RED』試写会ビジュアル 『ONE PIECE FILM RED』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ONE PIECE FILM RED』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』シガニー・ウィーバー シガニー・ウィーバー

1949年10月8日アメリカ、ニューヨーク州マンハッタン出身。父親はテレビ局の重役でプロデューサーの…

映画『バズ・ライトイヤー』ノート&ステッカー 『バズ・ライトイヤー』オリジナルグッズ(ノートブック&ステッカー) 3名様プレゼント

映画『バズ・ライトイヤー』オリジナルグッズ(ノートブック&ステッカー) 3名様プレゼント

映画『1640日の家族』メラニー・ティエリー/ガブリエル・パヴィ 『1640日の家族』“感涙”試写会 10組20名様ご招待

映画『1640日の家族』“感涙”試写会 10組20名様ご招待

映画『ブラック・フォン』メイソン・テムズ ブラック・フォン

公式サイトでは「恐怖が同時進行する」という表現を使っている点はまさにその通りで…

映画『死刑にいたる病』中山美穂 中山美穂(なかやま みほ)

1970年3月1日生まれ。1985年に俳優デビュー。同年歌手デビューも果たし…

映画『神は見返りを求める』ムロツヨシ/岸井ゆきの 神は見返りを求める

𠮷田恵輔監督作ということで、絶対心が掻き乱されるのだろうと思いながら観たら…

映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』リウ・ハオツン リウ・ハオツン

2000年5月生まれ。2022年『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』で俳優デビュー。本作には…

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:ミーティング by Klas_lu
  2. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2

おすすめ記事

Pixabayによる写真:ミーティング by Klas_lu 編集部にカモン!【記事作成部活】2022年7月度参加者募集

【記事作成部活】では、トーキョー女子映画部WEBサイト内の記事作成に参加できます!

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ショーシャンクの空に』

今回は『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてアンディ(アンドリュー・デュフレーン)役のティム・ロビンスとレッド(エリス・ボイド・レディング)役のモーガン・フリーマンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより 『神様のえこひいき』みんなのレビュー

今回は、Huluオリジナル『神様のえこひいき』3話までを正式部員の皆さんに観ていただきました。ジェンダー、性指向、アイデンティティがテーマとなっており、表現について奇譚のないご意見もいただきました。さまざまな感想があがっていて、本作の見どころが伝わってきます。

映画『ゴッドファーザー』マーロン・ブランド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ゴッドファーザー』

掟を重んじるマフィア一族の盛衰を、家族愛と壮絶なバイオレンスで描き、2度のアカデミー賞作品賞を受賞した名作“ゴッドファーザー”。今回は『ゴッドファーザー トリロジー 50th アニバーサリー 4K Ultra HD+ブルーレイセット』の発売にちなんで「勝手にキャスティング企画!」として、ドン・コルレオーネ役のマーロン・ブランドとマイケル・コルレオーネ役のアル・パチーノをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに俳優名を挙げていただきました。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 映画好きが選んだ2021邦画ベスト

今回は、日本アカデミー賞(2022年は3月11日に発表)の時期にちなんで、私達も2021年の邦画ベストを選んでみました。候補作品は2021年に劇場公開した邦画(実写)の中から編集部独断で選抜したほか、日本アカデミー賞ノミネート作品も含め、正式部員の皆さんに好きな作品へ投票していただきました。どの作品が2021年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングでご確認ください!

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会 4Kニューマスター版』トム・ハンクス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『フォレスト・ガンプ/一期一会』

ロバート・ゼメキス監督と名優トム・ハンクスがタッグを組み、米アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した不朽の名作『フォレスト・ガンプ/一期一会』。今回は本作4Kニューマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてフォレスト・ガンプ役のトム・ハンクス、ジェニー・カラン役のロビン・ライトをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

REVIEW

  1. 映画『バズ・ライトイヤー』
  2. 映画『ブラック・フォン』メイソン・テムズ
  3. 映画『神は見返りを求める』ムロツヨシ/岸井ゆきの
  4. 映画『彼女たちの革命前夜』キーラ・ナイトレイ/ジェシー・バックリー
  5. 映画『ルッツ 海に生きる』ジェスマーク・シクルーナ
  6. 映画『わたしは最悪。』レナーテ・レインスヴェ
  7. 映画『リコリス・ピザ』アラナ・ハイム/クーパー・ホフマン
  8. 映画『炎の少女チャーリー』ライアン・キーラ・アームストロング
  9. 映画『ザ・ロストシティ』サンドラ・ブロック/チャニング・テイタム
  10. 映画『PLAN 75』倍賞千恵子
    PLAN 75

PAGE TOP