取材&インタビュー

『ミセス・ノイズィ』天野千尋監督インタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ミセス・ノイズィ』天野千尋監督インタビュー

壮絶なご近所バトルから始まる人間ドラマ『ミセス・ノイズィ』を撮った天野千尋監督にインタビューをさせていただきました。1度会社員になってから、映画監督の道へ進んだ天野監督は、どんな経緯を辿ってきたのかなど、聞いてみました。

<PROFILE>
天野千尋(あまの ちひろ):監督、脚本
1982年生まれ。約5年の会社勤めを経て、映画を撮り始める。ぴあフィルムフェスティバルをはじめ、国内外多数の映画祭に入選・入賞を果たす。主な監督作に『フィガロの告白』『どうしても触れたくない』『うるう年の少女』などがある。

始めは会社務めをしながら映画作りをして、やがて映画監督へ

映画『ミセス・ノイズィ』篠原ゆき子

マイソン:
都会は特にご近所付き合いがほとんどないことが多いと思うのですが、映画の2人はきっかけはどうあれ、皆が面倒くさいって思うところに踏み込んでいましたよね。監督ご自身は、こういう状況の場合どんなスタンスをとりますか?

天野千尋監督:
私は喧嘩が嫌いなので、和やかに接しようとします(笑)。

マイソン:
隣に住んでいるだけだと価値観もわからないし、家族構成もわからないところがあるし、やっぱりどんな人かわからないですもんね。

天野千尋監督:
そうですね。そういう意味ではやっぱりあまり踏み込もうとしないかもしれません。現代の多くの人と同じように、厄介なことには関わりたくないって思っちゃう気がしますね。ただ映画を撮る立場としては、やっぱり人との関わり合いからドラマって生まれるじゃないですか。だからコミュニケーションにおいて結構グイグイ踏み込む人の話を聞くとすごくおもしろくて、ネタがあって良いなって思います(笑)。私は自分からは全然ネタが生み出せないんです。たとえば世の中で起こった事件や出来事に対しても、強い意見を抱いたり怒ったりできる人もいますが、私はそこまでのモチベーションになれないというか、ものすごく強烈な怒りや主張をなかなか抱かないタイプなんです。妙に客観的になって、こっちから見たら確かに腹が立つけど、違う立場から見たら仕方ないよなって、自分の中で納得してしまうんですよね。出来事に対しても人に対してもその傾向があるので、ドラマを作りにくいタイプなんです。だから映画作家としては、この脚本を書く前もそれにすごく悩んでいました。社会でリアルに起きたことを題材にしたいなとは考えていたんですけど、強烈にこの不条理を訴えたいって題材が全然なくて、どうしようかなと。いろいろ考えている時に、それだったら自分の頭の中そのものを表現したらおもしろいかなと。こっちから見たらこう見えたものが、逆から見たら全く違って見えるみたいなのは、もしかしたら私だからこそ描けることかもしれないと思って、それを題材にしようとなったのがこの作品ですかね。

映画『ミセス・ノイズィ』大高洋子

マイソン:
この映画を観ていて、前半と後半で180度真逆の心境になるので、今お話を聞いて、監督の個性がそういうところにすごく出ていたんだなって、今改めて思いました。

天野千尋監督:
良かったです。一方で、結構「監督、主人公みたいだね」って言われることもあります。自分ではあんなに突っ走っているつもりはないんですけど、端から見たらガンガン行っているタイプなのかもしれないです(笑)。

マイソン:
そうなんですね(笑)。今だと何でもSNSやネットに上がってしまって、その時間、その場所にいなくても野次馬的になれるというところで新たな問題も起きると思いつつ、ネットやSNSがあることのメリットもあると思うんですが、ネットで他人の問題に介入してくる人達の功罪って何だと思いますか?

天野千尋監督:
愚痴でも批判でも、家族や身近な人に直に話している分には何の問題もないじゃないですか。でもそれをSNSで世の中に発信すると、1つの意見として強烈に広まっていく可能性があって、もちろん当事者にも届くかもしれないし、当事者以外の人も傷付けるかもしれないってことを、皆がそれほど意識せずに発信をしているような気がします。しかも、SNSは言葉が短い分、すごく一面的な情報というか、多面的なものが1つに集約されてラベリングされてしまうみたいな性質があると思うので、それはすごく怖いなと思います。見えやすくて伝わりやすいのは良いところでもあるんですけど、すごく一面的なものばかりが見えて、奧にあるものが全く見えなくなっているような感覚があります。

映画『ミセス・ノイズィ』篠原ゆき子

マイソン:
確かにそういうところがあるかもしれないですね。ではちょっと話題が変わるんですが、監督は5年間会社勤めをされてから映画監督になられたと資料に書かれていました。映画監督になりたいと前から思っていたのか、なるつもりはなかったけど結果こうなったということなのか、お聞きしたかったんです。

天野千尋監督:
なるつもりは全然ありませんでした。映画も20歳くらいまで全然観ていなくて、自分が今映画を撮っているのが不思議なくらいです(笑)。

マイソン:
そうねんですね!何かきっかけがあったんですか?

天野千尋監督:
子どもの頃は周りにあまり映画好きの人がいなかったこともあり、ほとんど映画に触れてこず、『タイタニック』や『インデペンデンス・デイ』のようなハリウッドの超大作が映画だと思っていたので、あまり興味が湧かず観にもいきませんでした。だけど、大学生の時にたまたま深夜のテレビで白黒映画が放送されていて、観始めたらすごくおもしろくて、気づけば最後まで観ていました。それが今考えると、フェデリコ・フェリーニ監督の『道』でした。そこから映画っておもしろいものかも、と気付き始めて。また深夜にテレビを点けたら、『バスを待ちながら』っていうキューバの映画をやっていたんです。それほど有名な作品ではないんですけど、それもすごくおもしろくて。小さい身近な題材でも映画って撮れるんだなと思いました。ちょうどその頃、中国に1年間くらい留学したんですけど、日本映画、中国映画、韓国映画、例えばポン・ジュノ監督とか、イ・チャンドン監督の作品、中国映画だとチャン・イーモウ監督やジャ・ジャンクー監督の作品をたくさん観て、映画を撮りたいって思うようになりました。それで日本に帰国してから大学の最後に短い期間だけ映研に入って、友達と1本撮ったっていうのが最初の映画制作体験です。

マイソン:
すごく短い間に劇的な変化があったんですね!!

天野千尋監督:
思い立ったんでしょうね(笑)。でも、中国にいた時に撮りたいなって気持ちがすごく高まったんですよね。邦画業界も1980年代にかけて低迷気味だったのが、1990~2000年代で盛り上がっていたような時期で、豊かな作品がたくさん生まれていて。

映画『ミセス・ノイズィ』新津ちせ

マイソン:
そのお話を聞くと、監督が周りの方に主人公みたいに突っ走る感じって言われるのが、そういうところなのかもしれないなって思いました(笑)。

天野千尋監督:
そうなのかもしれないです(笑)。大学で映研に入ったのも留学後の5年生の冬くらいだったので、映研の人も「今さら何しに来たの?」みたいな感じでしたが、撮らせてくれました。

マイソン:
そこから会社勤めをしながら、映画制作についても温めつつやろうみたいな。

天野千尋監督:
はい。就職して数年が経って、ENBUゼミナールという映画専門学校に夜間で通い始めました。そこで映画を一緒に作れる仲間と出会って、卒業制作を撮ったのが踏み入れたきっかけですね。

マイソン:
じゃあ、そこからやるって決めて準備をしていったんですか?

天野千尋監督:
というわけでもなく、映画でやっていける可能性があるかわからないけど、とりあえず作り続けたいという気持ちが強かったです。何本か自主映画を撮っているうちに、映画祭で入選するようになって、それなら会社を辞めてやろうかってなりました。

マイソン:
最初は会社員をしながら映画を作っていたんですね!すごい!

天野千尋監督:
いえいえ、楽しかったので。

映画『ミセス・ノイズィ』天野千尋監督インタビュー

マイソン:
では最後の質問で、監督がこれまでですごく大きな影響を受けた映画か、監督、俳優がいらしたら教えてください。

天野千尋監督:
たくさんあって1つ選ぶとなると迷うんですけど…。1本を挙げるとしたら、ロマン・ポランスキー監督の『水の中のナイフ』です。初期の作品で、影響を受けたというか、とにかく大好きです。船に男女3人が乗ることになって、湖の上で一夜を過ごすんです。3人のうち2人は夫婦で、そこにナイフが1本あるんですけど、サスペンスもあり、ラブロマンスもあって、すごくアーティスティックでもあって、ジャズも美しくて、そこに映画のすべてがあるみたいな感じなんです。しかも設定がものすごくシンプルなんです。男女が3人いてナイフがあったら、何か起こりそうじゃないですか。そのシンプルな設定で1本貫いているのが秀逸で、素晴らしいです。

マイソン:
本日はありがとうございました!

2020年11月11日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『ミセス・ノイズィ』篠原ゆき子/大高洋子/新津ちせ

『ミセス・ノイズィ』
2020年12月4日よりTOHOシネマズ 日比谷 ほか全国公開
監督・脚本:天野千尋
出演:篠原ゆき子/大高洋子/長尾卓磨/新津ちせ/宮崎太一/米本来輝/洞口依子/和田雅成/縄田かのん/田中要次/風祭ゆき
配給:アークエンタテインメント

子育てをしながら、小説を書く吉岡真紀は、スランプ中で新作がなかなか書けないでいた。新居に引っ越し、心機一転小説の執筆に打ち込もうとする真紀だったが、早朝から隣人が布団を叩く音で集中できず…。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

©「ミセス・ノイズィ」製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル どん底作家の人生に幸あれ!

本作は、イギリスの国民的作家チャールズ・ディケンズの半自伝的小説「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化…

映画『滑走路』寄川歌太 寄川歌太(よりかわ うた)

2004年3月11日生まれ、大阪府出身。2010年、歌舞伎平成中村座で…

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ 天空の結婚式

2016年にイタリアの下院議会で同性カップルの結婚に準ずる権利を認めるシビル・ユニオン法が…

映画『滑走路』吉村界人 吉村界人

1993年2月2日、東京都生まれ。2014年、『PORTRAIT -ポルトレ-』で…

映画『Merry Christmas! ~ロンドンに奇跡を起こした男~』ダン・スティーヴンス 小説家で観る映画特集Vol.1

この特集では実在の小説家自身の物語や、その小説家に影響を受けた人物が主人公の作品、またはその作家の小説の映画化作品にフォーカスを当ててご紹介します。一度ではご紹介しきれないので、最初からシリーズ化し、今回は第1弾としてお届けします。

映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳 さんかく窓の外側は夜

霊が見える男と、霊を祓える男が主人公ということで、ホラーだなとは予測…

映画『野球少女』イ・ジュヨン 『野球少女』10名様 日本最速オンライン試写会ご招待

映画『野球少女』10名様 日本最速オンライン試写会ご招待

映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』トルーマン・カポーティ トルーマン・カポーティ

1924年9月30日アメリカ、ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれ。19歳のときに執筆した…

映画『Swallow/スワロウ』ヘイリー・ベネット 心理学から観る映画26:異食症はなぜ起こる?

幼児に多く見られると言われる異食症ですが、大人にもその症状がある場合、どんなことが起こっているのでしょうか?今回は映画『Swallow/スワロウ』を題材に考えてみます。

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル
  2. 映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ
    天空の結婚式

  3. 映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳
  4. Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/ザカリー・クイント(ザッカリー・クイント)/マット・ボマー/アンドリュー・ラネルズ/チャーリー・カーヴァー/ロビン・デ・ヘスス/ブライアン・ハッチソン/マイケル・ベンジャミン・ワシントン/タック・ワトキンス
  5. 映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』エマニュエル・ドゥヴォス
  6. 映画『キング・オブ・シーヴズ』マイケル・ケイン/ジム・ブロードベント/トム・コートネイ/チャーリー・コックス/ポール・ホワイトハウス/レイ・ウィンストン/マイケル・ガンボン
  7. 映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア
    聖なる犯罪者

  8. 映画『エマの秘密に恋したら』アレクサンドラ・ダダリオ/タイラー・ホークリン
  9. Netflixドラマ『ザ・ポリティシャン シーズン1』ベン・プラット
  10. 映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』ミシェル・ロドリゲス
PAGE TOP