取材&インタビュー

『桜色の風が咲く』田中偉登さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『桜色の風が咲く』田中偉登さんインタビュー

9歳で失明し、18歳で聴力を失いながらも世界で初めて盲ろう者の大学教授となった福島智の生い立ちを描いた映画『桜色の風が咲く』。今回は、本作で智役を演じた田中偉登さんにお話を伺いました。実在の人物を演じるプレッシャーや、本作を経て障がいを持つ方達に対する見方で変わった点について聞いてみました。

<PROFILE>
田中偉登(たなか たけと):福島智(青年期)役
2000年1月24日生まれ。大阪府出身。幼少期からモデルとして活動後、2012年『13歳のハローワーク』でドラマデビューし、同年『宇宙兄弟』で映画デビューを飾る。その後も映画『るろうに剣心』『劇場版 仮面ライダー鎧武』『アイスと雨音』『孤狼の血』『朝が来る』、ドラマ『相棒seaso15』『セトウツミ』『無用庵隠居修行』シリーズ、連続テレビ小説『エール』、ドラマ『イチケイのカラス』『もしも、イケメンだけの高校があったら』、連続テレビ小説『ちむどんどん』など、さまざまな作品に出演し、存在感を発揮している。

人として成長できたので、本当にこの役と出会えて良かったです

映画『桜色の風が咲く』小雪/田中偉登

シャミ:
智役はオーディションで決まったそうですが、オーディションに臨むにあたり事前に準備されたことはありますか?

田中偉登さん:
実在する人物ということで少し調べました。あとは、目が見えない、耳も聴こえないということで、どんな生活を送っているのかというところをオーディションでもリアルに表現したいと思いました。審査の課題の1つとして「盲人の日常生活を演じてください」とあり、何をしたら良いのか考えながら生活をしていた時に、お風呂場はどうかと思いつきました。それで、「今日からオーディションの日まで、目を閉じて耳栓をしてお風呂に入ろう」と決めました。いつもなら15分か20分くらいで終わるのに、シャンプーの位置もわからず、すごく時間がかかりました。でも、やっていくうちにシャンプーの容器にギザギザが付いていることがわかったり、そういう細かなところをオーディションでもリアルに演じられたら良いなと思いました。なので、台本を読み込むよりもできる範囲でいろいろなことを体験してみるという準備をしました。

映画『桜色の風が咲く』田中偉登さんインタビュー

シャミ:
いざ役が決まり、福島智さんという実在する人物を演じる上でのプレッシャーはありましたか?

田中偉登さん:
そうですね。原作ものやオリジナル脚本の作品の場合、自分のオリジナリティを組み込める部分があるのですが、福島さんの人生を役として生きるとなると、下手に自分のオリジナリティを入れて違う感じになってしまってもご本人に失礼だし、福島さんの人生を背負っている感じがして、他の作品とは違うプレッシャーを感じました。それは今でも感じていて、たぶん映画が公開しても「これで大丈夫だったかな?」と思う気がします。映画は2時間にまとまっていますが、福島さんには2時間でまとまりきらないほどのいろいろな経験があるので、それを僕が智として上手く表現できているのかというプレッシャーがあります。

シャミ:
他の役を演じるのと今回の智役とでは向き合い方も違いましたか?

田中偉登さん:
そうですね。耳が聴こえないというのは見た目でわかりませんが、盲人に見えるかどうかはかなり意識しました。点字をマスターするのはもちろん、特に目の演技はすごく重要なものだと思っていました。福島さんの場合は義眼で目がずっと下を向いて動かないので、僕も目が反応しないようにしましたが、生理反応として目が動いてしまうので、監督や小雪さんと相談しました。

映画『桜色の風が咲く』田中偉登

シャミ:
目が見える人が目を反応しないようにするのは、とても大変そうですね。

田中偉登さん:
本当に難しかったです。最初は目を完全に閉じていたのですが、映像だとまぶたの上から眼球が動いているのがわかってしまって、かといって目を開いても反応してしまうので、監督ともすごく話し合いました。最終的には、福島さんの目を観察させていただいた時に、目を真ん中に寄せてまぶたを半分閉じた状態にしていて、それが1番良いのではないかとなりました。

シャミ:
本当に見事に体現されていて素晴らしかったです。智を演じる上で他に何か意識されたことや気を付けた点はありますか?

田中偉登さん:
福島さんとお話をした時に本当に明るい方だという印象がありました。障がい者の方と接するとなるとどうしても身構えてしまったのですが、福島さんと会ってみたら、いつも「ビールを飲み過ぎたからこんなお腹になったんだ(笑)」とかジョークを言って温かい空間を作ってくださって、周りにいる人も笑顔になれるんです。それが福島さんの特徴であり個性でもあるので、僕が智を体現する上でもすごく大事にしたいと感じました。物語的にはどうしても暗い部分もあるのですが、悲しいという感情だけで演じるのではなく、そこに福島さんらしさを入れるために、笑顔をプラスすることを意識しました。そうすることで悲しい場面はより悲しく見えますし、福島さんの優しさ、強さ、明るさも出せると思ったので徹底しました。

映画『桜色の風が咲く』田中偉登さんインタビュー

シャミ:
なるほど〜。智の明るさは観ている側としてもとても勇気づけられました。

田中偉登さん:
こういう明るさのある人は本当に強いんだなと身をもって感じました。智役は挑戦でもありましたが、福島さんから学ぶことがたくさんあり、役者としてというより人として成長できたので、本当にこの役と出会えて良かったです。

シャミ:
実際に福島さんのもとに行って点字などを勉強されたそうですが、やってみていかがでしたか?

田中偉登さん:
点字や点字用のタイプライターを1から覚えるところからやって、本当に授業のようでした(笑)。朝の9時くらいから大学に登校して、同級生役の子達と皆で勉強して覚えて、タイプライターで自分の名前を打って福島さんに確認していただくということをずっとやっていました。あとは、盲ろう者や盲人の方がたくさんいる大学だったので、皆さんと一緒にご飯を食べたり散歩をしたりしました。役作りのためではありましたが、本当に生徒として学校に通っている感じでした。

シャミ:
そうやって体験することによって自然と身に付くことも多そうですね。

映画『桜色の風が咲く』田中偉登さんインタビュー

田中偉登さん:
そうですね。やはり資料を読んだり、ネットを見ているだけではわからないことがたくさんあるので、実際に経験をしている方から教わるのは、本当にためになることがたくさんあると思いました。階段も数段飛ばしでどんどん上っていきますし、ご飯も器用に食べていて、目が見えないことを忘れてしまうくらいでした。

シャミ:
本作に出演する前と後とで、障がいを持つ方達に対する見方や考え方も変わりましたか?

田中偉登さん:
元々そんなに意識していたわけではありませんが、今までは街で障がいを持つ方を見かけた時にどう声をかけて良いんだろうと思っていました。でも、この映画を通して障がいを持つ方をより身近に感じることで、「困っているように見えるけど意外と平気だな」とか、「今は本当に困っているな」とか、そういうことがわかるようになりました。どうしてもハンデを背負っていると見てしまいがちですが、目が見えて耳が聴こえる僕達も人にはたくさん助けてもらっているし、そういう意味では僕達と全然変わらないんだと思いました。

映画『桜色の風が咲く』小雪/田中偉登

シャミ:
ありがとうございます。智と母親(小雪)との関係もすごく素敵で、観ていてとても家族愛を感じられました。小雪さんと共演してみていかがでしたか?

田中偉登さん:
昔からテレビで観ていた方だったので、最初はすごく緊張したのですが、実際に会ってお母ちゃんと智になると、本当の親子のような関係が築けました。撮影が終わって僕がメイクを雑に落としていたら、隣りで見ていた小雪さんが「そんなんじゃ肌が荒れちゃうでしょ」と言って、化粧水を出して塗ってくれました(笑)。あと、夏場の暑い撮影の日に、「これ熱中症に良いから」と特製のジュースをくれたこともありました。僕の中では俳優の小雪さんというよりも、今でもお母ちゃんと呼べるくらいの方で、僕もすごく心を許していて安心して接することができます。
あとは、智として見えないように聴こえないようにと意識して演じていたので、すごく孤独な時間が多かったんです。でも、小雪さんと一緒のシーンでは小雪さんの腕をとって介助してもらう形で、その腕があるのとないのとでは全然違いました。圧倒的に腕をとっている時のほうが安心できて、本当に孤独から唯一解放される瞬間でした。

シャミ:
本当の親子のようですね!智は持ち前の明るさや家族の支えがあり、困難な状況を乗り越えているように見えました。もし田中さんが何か困難な壁にぶつかってしまった時にはどう向き合うと思いますか?

映画『桜色の風が咲く』田中偉登さんインタビュー

田中偉登さん:
僕は実は打たれ弱くて、困難なことがあると、「もうダメかもしれない」となりがちなんです。コロナが流行ったことで自分と向き合う時間が増えて、「自分とは?」というネガティブな感情になって落ち込んでしまった時期もありました。その時に自分自身とどう向き合っていたのかわかりませんが、とにかく人を頼るようにしていました。1人では立ち向かえないと思ったら人に助けを求めて、そうすると優しく手を差し伸べてくれる方がたくさんいるんです。自分1人で向き合うより誰かに一緒に向き合ってもらって、逆にその人に何かあったら自分が一緒に向き合ってあげるようにしています。あとは、智にも似ているかもしれませんが、とりあえず元気に振る舞います。どんなに気持ちが落ち込んでいても元気に振る舞っていると自然と気持ちも上を向くので、そうやって向き合っています。

シャミ:
ありがとうございます。あと、田中さんご自身のことも伺いたいのですが、最初に俳優のお仕事に興味を持ったのはいつ頃だったのでしょうか?

田中偉登さん:
この業界に入ったきっかけはスカウトでした。7歳くらいだったので、親のいう通り流されるようにやっていました。でも、『るろうに剣心』という作品で弥彦役をやらせていただいて、その時に初めて本格的な映画の現場に携り、映画はこういう風にできているんだというのを肌で感じてから、「映画ってすごい!芝居をやりたい!」と思いました。

映画『桜色の風が咲く』田中偉登さんインタビュー

シャミ:
実際にその後も俳優を続けていて、やり甲斐を感じるのはどんな時でしょうか?

田中偉登さん:
皆さんから反響があった時に俳優をやっていて良かったなと思います。演じている時や、完成した作品を観てもこれで良かったのかなという想いがあったり、考え込んでしまうタイプなので、公開されて「あれ良かったよ」とか「あの映画がきっかけでこういう道に進みました」という声を聞くと、ちゃんと人のために気持ちを伝えることができたんだ、役者としてちゃんと成せているなと実感します。

シャミ:
では最後の質問で、これまでで1番影響を受けた作品、もしくは俳優や監督など人物がいらっしゃったら教えてください。

田中偉登さん:
先ほど話した『るろうに剣心』がきっかけではありましたが、役者として自分の立ち位置をここだと決めたというか、こういう役者になりたいと思った作品は河瀨直美監督の『朝が来る』です。主人公を妊娠させてしまう男性の役だったのですが、河瀨監督から「あなたは数分しか映らないけど、あなたが演じることで今後相手の方の芝居が変わってくるから、あなたは重要なの」と言われたんです。以前は前に出ようとか主演をやろうと思う気持ちが強かったのですが、その言葉を聞いて、映画のために何かできていたら僕は役者として十分だと思えるようになりました。それからは映画がより良くなるためにどうするべきかという考え方に変わりました。その言葉は僕が役者を続けていく上でとても大事にしていることで、これからも大事にしていきたいと思っています。

映画『桜色の風が咲く』田中偉登さんインタビュー

シャミ:
本日はありがとうございました!

2022年9月28日取材 PHOTO&TEXT by Shamy

映画『桜色の風が咲く』小雪/田中偉登

『桜色の風が咲く』
2022年11月4日より全国公開
監督:松本准平
製作総指揮:結城崇史
出演:小雪/田中偉登/吉沢悠/朝倉あき/リリー・フランキー
配給:ギャガ

教師の夫と3人の息子と関西の町で暮らす令子。末っ子の智は幼少時に視力を失いながらも、家族の愛情を受け天真爛漫に育った。しかし、智は18歳の時に聴力も失ってしまう。暗闇と無音の宇宙空間に放り出されたような孤独にある息子に立ち上がるきっかけを与えたのは、令子が彼との日常から見出したあるコミュニケーションだった…。

公式サイト
文部科学省選定(青年・成人向き)(令和4年10月19日選定)

©THRONE / KARAVAN Pictures

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

海外ドラマ『ウィロー』ワールドプレミア、ワーウィック・デイヴィス、エリー・バンバー、ルビー・クルス、エリン・ケリーマン、トニー・レヴォロリ、アマール・チャーダ・パテル、デンプシー・ブリク、ジョアンヌ・ウォーリー他 グリーンカーペットにワーウィック・デイヴィスら豪華キャスト&スタッフが集結!『ウィロー』ワールドプレミア

ジョージ・ルーカスが原案と製作総指揮を務め、アロン・ハワードが監督を務めた映画『ウィロー』(1988)が、34年の時を経て蘇り、新作オリジナルシリーズ『ウィロー』として、現在ディズニープラス「スター」にて好評配信中です。先日、本作のワールドプレミアが開催され、主演のワーウィック・デイヴィスをはじめ豪華キャスト&スタッフが登場しました。

30周年を迎えたフランス映画祭にロマン・デュリス、バンジャマン・ヴォワザンなどフランス映画界の実力派が揃って来日

今回で30周年を迎える【フランス映画祭2022横浜】には3年ぶりに来日ゲストが大勢詰めかけました。

映画『あのこと』アナマリア・ヴァルトロメイ あのこと

中絶が違法だった1960年代のフランスが舞台の本作では、予期せず妊娠した大学生のアンヌの…

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック 『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック&ステッカーセット 3名様プレゼント

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック&ステッカーセット 3名様プレゼント

映画『夜明けの詩』キム・サンホ キム・サンホ

1970年7月24日生まれ。1994年、舞台“鍾路の猫”で俳優デビュー。2007年…

映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン 心理学から観る映画40:『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』と『ブラックアダム』で求められるリーダーシップの違い

2022年冬の超大作として注目される『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』と『ブラックアダム』。両作には共通点があります。それは、リーダー不在の状況が物語の鍵となっている点です…

映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー 『MEN 同じ顔の男たち』鑑賞券(ムビチケカード) 3組6名様プレゼント

映画『MEN 同じ顔の男たち』鑑賞券(ムビチケカード) 3組6名様プレゼント

映画『泣いたり笑ったり』アレッサンドロ・ガスマン/ファブリツィオ・ベンティヴォッリオ 泣いたり笑ったり

監督及び共同原案を手掛けたのは、注目の気鋭シモーネ・ゴーダノで…

映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン ブラックアダム

圧倒的な強さを誇るキャラクターなので、これはロック様…

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。さらに今回は特別枠まで登場しますよ。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『あのこと』アナマリア・ヴァルトロメイ
    あのこと

  2. 映画『泣いたり笑ったり』アレッサンドロ・ガスマン/ファブリツィオ・ベンティヴォッリオ
  3. 映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン
  4. 映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』ベネディクト・カンバーバッチ/クレア・フォイ
  5. 映画『シスター 夏のわかれ道』チャン・ツィフォン/シャオ・ヤン
  6. 映画『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』
  7. 海外ドラマ『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』モーフィッド・クラーク
  8. 映画『グリーン・ナイト』デヴ・パテル
  9. 映画『マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説』マリー・クワント
  10. 映画『魔法にかけられて2』エイミー・アダムス/マヤ・ルドルフ

PRESENT

  1. 映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック
  2. 映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー
  3. 映画『ブレット・トレイン』オリジナルノートPCケース
PAGE TOP