取材&インタビュー

『シノノメ色の週末』穐山茉由監督インタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『シノノメ色の週末』穐山茉由監督インタビュー

2019年9月に乃木坂46を卒業し、俳優としても注目を集める桜井玲香を主演に迎え、社会で働く女性達の複雑な心情や友情を描いた『シノノメ色の週末』。今回は本作でオリジナル脚本と監督を務めた穐山茉由さんにオンラインでお話を伺いました。学生時代と現在とで関係性の変わった女性達を描く上で意識した点や、監督自身が映画の道へと進んだルーツについても聞いてみました。

<PROFILE>
穐山茉由(あきやま まゆ):監督、脚本
東京都出身。30代はやりたい事をやろうと思い立ち、ファッション業界で会社員として働きながら、映画美学校で映画制作を学ぶ。修了制作作品の短編『ギャルソンヌ -2つの性を持つ女-』(2017)が、第11回田辺・弁慶映画祭2017に入選し、注目される。長編デビュー作『月極オトコトモダチ』(2018)は、第31回東京国際映画祭に出品され、MOOSIC LAB 2018で長編部門グランプリを受賞他、4冠に輝いた。その後、短編『嬉しくなっちゃって』(2019)、『蒲田前奏曲/呑川ラプソディ』(2020)の監督を務め、dtvドラマ『猿に会う』では脚本を担当した。長編2作目となる『シノノメ色の週末』では、監督と脚本を務める。

自分の気持ちを信じてあげられるのは自分しかいない

映画『シノノメ色の週末』桜井玲香/岡崎紗絵/三戸なつめ

シャミ:
本作では20代半ばの女性達が母校で再会して当時を懐かしむ様子が映し出されつつ、彼女達の仕事での葛藤や人間関係に悩む姿が描かれていましたが、本作のテーマや物語はどのように生まれたのでしょうか?

穐山茉由監督:
私自身が女子校出身なのですが、その当時は全然気づかず、卒業してから「なかなか変わった環境だったんだな」と思った経験がありました。あとは、「女同士だとすごくギスギスしていそう」とか、「女子校って怖そう」と言われて、世間からのイメージを知ったんです。でも、実は女子校って意外と平和なんです(笑)。そういう世間とのギャップがあることを感じて、リアルな女子校の雰囲気を描いてみたいという気持ちがずっとありました。ただ、私がやるとしたらティーンが主人公の学園ものというよりは、20代後半かちょっと大人の女性の現在の悩みを描きつつ何かやれないかなと思い、この物語が生まれました。

シャミ:
美玲(桜井玲香)、アンディ(三戸なつめ)、まりりん(岡崎紗絵)の3人が学生時代と今とで関係性が変わっている点もおもしろいと思ったのですが、3人を描く上で1番意識した部分はどんなところでしょうか?

穐山茉由監督:
今回は回想シーンを入れずにずっと現在を軸に描いていたのですが、廃校になった学校という設定で、誰もいないなか登場人物達だけで過去と現在の関係性の違いを描き分けるというところは意識しました。主人公の美玲はわりと皆に憧れられるタイプ、まりりんは地味で真面目な委員長タイプ、アンディは文化系女子の癒し系タイプという感じで、普段交わらなさそうなタイプの人達でも女子校だと意外と仲良くなれるところもあって、再会した時もその当時の感覚をすぐに思い出せる空気感とかを自然に出せたら良いなと思いました。実際にクランクインしてみて、桜井さん、三戸さん、岡崎さんの3人がすぐに仲良くなってくれたのですごく助かりました。

映画『シノノメ色の週末』桜井玲香/岡崎紗絵

シャミ:
なるほど。客観的に見て監督が3人の中で1番共感できたのはどの人物でしょうか?

穐山茉由監督:
主人公の美玲でしょうか。美玲には人に見られなくない部分とか、本当は隠したい感情みたいなものを語ってもらうつもりで描きました。美玲は今もモデルをやっていて普通の人からするとちょっと違う世界の人に見えてしまう人物なのですが、抱えている悩み自体は誰もが経験していそうな悩みで、そういう部分は私自身の経験ではありませんが、私にわりと近いところがあるかもしれません。

シャミ:
監督ご自身の実体験を入れているパートなどもありますか?

穐山茉由監督:
私自身というよりは、身の回りで起きていることを結構リアルに入れています。私はファッション業界でも働いていて、モデルの人達とも仕事で関わることが多くて、それこそまりりんのようにオーディションをしていたこともあります。選ばれることで仕事ができる人達を端から見ていて、仕方がないとはいえ本当に見た目だけで切り捨てられていくので、結構思うところがありました。切り捨てられる側の気持ちになった時にどうなのかなと思い、実際にモデルをやっている方にも取材をさせていただき、この作品にもファッション業界の描写を少し入れました。

シャミ:
この作品でも選ぶ側と選ばれる側がいて、友達同士なのに複雑だなと思いました。

穐山茉由監督:
そうですよね。あそこまで逆転することはあまりないかもしれませんが、学校を卒業してその当時と今の関係性が逆転してしまうことや、久しぶりに友達と再会して、「この人は今こういう仕事をしているんだ」と思うことも実際にありますよね。それぞれの過去の関係性と現在の考え方や仕事で食い違いが出てきたり、立場によってパワーバランスが崩れたり、そういったことから自然に発生していく人間関係の揺れみたいな。そういう繊細な部分や、見過ごしがちな部分は少しクローズアップして描きたいなと思ってこだわりました。

シャミ:
ありがとうございます。本作では主人公達が母校で当時を振り返る姿が映し出されていました。「あの頃は良かった」「あの頃に戻りたい」という言葉は大人からよく聞く言葉で、美玲達のように現状に不満や悩みを抱えている人も多いと思うのですが、監督はそういった人達を客観的にどのように見ていますか?

映画『シノノメ色の週末』桜井玲香/岡崎紗絵/三戸なつめ

穐山茉由監督:
私も実際に美玲達と同じくらいの年の時は、すごく悩んでかなりくすぶっていました(笑)。同じ道を通ってきたからこそ、何かやってみたいと思ったところもあって、私が映画を撮るきっかけにもなっています。私が映画を撮り始めたのは20代後半からですが、周りからのイメージとか既成概念とかに囚われてしまいがちなところがあって、結構苦しみました。結婚とかもそうですけど、仕事もある程度慣れてきて、次に自分は出世したいのか、この仕事をこのまま続けるのかとか、壁にぶち当たって周りと比べてしまうのですが、周りから来ている価値観みたいなものを取っ払った時にようやく自分の本当にやりたいことが見えてきた気がします。そういう自分の体験を今悩んでいる人達に1つの形として提示できたら良いなと思い、この作品を作りました。

シャミ:
今のお話にもありましたが、監督のプロフィールに「30代はやりたいことをやろうと思い立ち、ファッション業界で会社員として働きながら、映画美学校で映画制作を学んだ」とあったのですが、監督という仕事に興味を持ったきっかけは何かあったのでしょうか?

穐山茉由監督:
映画を観ることは元々好きだったのですが、実際に作ろうと思ったのは、会社員になってからです。元々もの作りをしたかったのですが、当時の仕事はものを作るのではなく宣伝したりする仕事でした。それはそれですごく楽しかったのですが、会社員として求められる適応力や、社会的な適応力が必要で、結局自分がやりたいことをやるといった部分が少しずつこぼれ落ちている気がしていました。それをどうにか形にしたいという気持ちが出てきて、写真をやったり、バンドを組んだり、いろいろやってみて、そのうちの1つに映画を撮ってみたいというのがありました。それでワークショップに行って実際に映画を1回撮ってみたらすごくおもしろくて、本格的にちゃんと勉強したいと思い、働きながら夜間で映画美学校に通って勉強したという感じです。

シャミ:
すごいですね!映画以外にもいろいろなことにチャレンジされたんですね。

穐山茉由監督:
興味を持ったことは1回やってみました。でも映画以外のことは続きませんでした(笑)。他にも小説を書きたいというのもあって、それは当時やらなかったのですが、今回の『シノノメ色の週末』をノベライズ化することになって、それを自分で書きました。

映画『シノノメ色の週末』三戸なつめ

シャミ:
では夢がまた1つ叶ったんですね!

穐山茉由監督:
だいぶ遠回りしましたけど、ここに来て小説の夢も叶いました。

シャミ:
やっぱり大人になればなるほど、キャリアや周りの目を気にしてなかなか新しいことにチャレンジすることができず躊躇してしまう人が多いと思うのですが、そういった方に向けて何かアドバイスがあればお願いします。

穐山茉由監督:
周りの目と戦っていくのは、私もたまにしんどいなと思うことがあります。でも、選択したことの責任を取るのは自分で、自分の気持ちを信じてあげられるのは自分しかいないと思うんです。1歩踏み出すことはハードルが高くてなかなか難しいと思いますし、仕事とか大事にしているものを捨ててまではできないと思っても、決断して1回それを捨てるというか、自分の中で整理ができた時にまた新しいものがポンと入ってくると思うので、結局上手くいくのではないでしょうか。人生一度きりなので、自分で決断してやってみて欲しいなと思います。大胆に変えて何かを切り捨てなくても、私みたいに働きながらやってみるとか、軸足をちょっと変えてやるという方法もあるので、自分のやりやすいほうでやって欲しいと思います。

シャミ:
ありがとうございます。監督が実際に映画業界で働いてみる前と後でイメージが変わった点などはありますか?

穐山茉由監督:
映画業界のことをあまり詳しく知らずに飛び込んだのですが、まだまだ改善すべきところがたくさんあるなと感じました。例えば働き方の部分だと、やりたいという気持ちが強い人達が集まっているから、そこに甘えがちな部分もあるんです。労働時間とか金銭面とかは時代的にも改善する流れになっていますけど、やっぱり日本の映画業界の特に制作の部分では、まだ昔のやり方が残っていて、外から来た者からするとそこがまだ他の業界と比べて追いついていないなと感じました。でも、その分映画が好きという気持ちで集まっているというのはすごく感じますし、だからこそ私は映画を続けられるんだと思います。映画は1人では作れないので、いろいろな人の力を借りて1つの作品を作っていくのですが、映画を撮る前は、監督が全部やっているのかと思っていました。それが意外とチームプレイだなと感じて、そこは会社員生活でやってきたことに近いところもあると思います。組織を作って、ジャッジする監督が1番上にいて、それぞれの部署にエキスパートがいて、そういう部分は会社の組織と似ています。

映画『シノノメ色の週末』桜井玲香/岡崎紗絵/三戸なつめ

シャミ:
では最後の質問です。これまでで1番影響を受けた作品、もしくは俳優や監督など人物がいらっしゃったら教えてください。

穐山茉由監督:
本当に絞りきれないのですが、映画を撮るきっかけになったのは、井口奈己監督の『人のセックスを笑うな』という作品です。映画館を出た時に良い映画を観たという高揚感だけでなく、すごく複雑な気持ちになって、私もこういう映画を撮りたいと思ったのを覚えています。だからあの作品は私にとって特別な作品です。

シャミ:
本日はありがとうございました!

2021年11月1日取材 TEXT by Shamy

映画『シノノメ色の週末』桜井玲香/岡崎紗絵/三戸なつめ

『シノノメ色の週末』
大ヒット上映中
監督・脚本:穐山茉由
出演:桜井玲香 岡崎紗絵 三戸なつめ/中井友望 山田キヌヲ/工藤阿須加
配給:イオンエンターテイメント

学生時代から読者モデルとして活躍し人気者だった美玲、地味系だったまりりん、サブカル好きのアンディは、同じ女子校の放送クラブに所属していた同級生。3人は、母校の取り壊しが決まったことをきっかけに10年ぶりに再会し、以降“篠の目女子週末クラブ”として週末に会うことになる。何にでもなれると思っていたあの頃の自分に戻ったつもりの3 人だったが、事態は全く違う方向へと転がっていく…。

公式サイト  REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© 2021映画「シノノメ色の週末」製作委員会

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』トム・シリング 『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』キャストによるオンライントーク付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』キャストによるオンライントーク付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』チャン・イー/リウ・ハオツン ワン・セカンド 永遠の24フレーム

これは、大切なもののために必死になっている人人間を描いた…

映画『マリー・ミー』ジェニファー・ロペス ジェニファー・ロペス

1969年7月24日アメリカ、ニューヨーク市ブロンクス生まれ。俳優、歌手、プロデューサー、ファッションデザイナー、作家、起業家、人道主義者として…

映画『神は見返りを求める』ムロツヨシ/岸井ゆきの 『神は見返りを求める』キャスト&スタッフ登壇・完成披露試写会 20組40名様ご招待

映画『神は見返りを求める』キャスト&スタッフ登壇・完成披露試写会 20組40名様ご招待

映画『今日も嫌がらせ弁当』芳根京子 映画で“食”について考えてみよう20:日本の食料自給率を知って食事情の問題点を考えよう

現代の食生活は、“飽食の時代”と呼ばれるほど、豊かで満ち足りています。しかし、私達が口にする食べ物がどこからやってきているかご存知でしょうか?今回はそんな日本の食料事情について紹介します。

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ トップガン マーヴェリック

本作を観て、トム・クルーズって本当にスゴいなと改めて感じました。本作を観ていると…

映画『女子高生に殺されたい』大島優子 大島優子(おおしま ゆうこ)

1988年10月17日、栃木県出身。AKB48のメンバーとして活動した後、2014年に卒業。俳優としては、2014年に『紙の月』で…

<THE TOKYO TOILETプロジェクト>記者発表会:ヴィム・ヴェンダース(映画監督)、役所広司(俳優)、安藤忠雄(建築家)、長谷部健(渋谷区長)、柳井康治(プロジェクトオーナー)、高崎卓馬(クリエイティブディレクター) ヴィム・ヴェンダース監督がトイレを舞台にした新作映画のヒントを明かす!?<THE TOKYO TOILETプロジェクト>記者発表会

2022年5月11日に<THE TOKYO TOILETプロジェクト>の記者発表会が行われ、ヴィム・ヴェンダース監督、俳優の役所広司をはじめ、安藤忠雄(建築家)、長谷部健(渋谷区長)、柳井康治(プロジェクトオーナー)、高崎卓馬(クリエイティブディレクター)らが登壇し、プロジェクトについて語りました。

映画『大河への道』中井貴⼀/松⼭ケンイチ/北川景⼦ 大河への道

日本地図を完成させたとして知られる伊能忠敬で有名な千葉県香取市の市役所で「伊能忠敬にまつわる大河ドラマを作ろう」という企画が持ち上がり…

映画『TITANE/チタン』アガト・ルセル アガト・ルセル

1988年6月14日生まれ。20代で俳優学校に通い、2015年に短編映像作品“5 vagues de l ’avenir(原題)”に…

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  2. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2
  4. MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真
  5. 映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』

おすすめ記事

Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ 働く20代部員限定「仕事とキャリアについて話そう」“リアル交流会”vol.2参加者募集

トーキョー女子映画部では部員さん同士の交流機会を増やすべく、さまざまな交流会を企画しています。そして、この度【働く20代部員限定】で“仕事”“キャリア”をテーマにした交流会を開催します。

Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ 24歳以下部員限定「就職について話そう」“リアル交流会”vol.1参加者募集

今回は新たな交流会企画の第1弾として、【24歳以下の部員の方限定】で“就職”をテーマにした交流会を開催します。

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより 『神様のえこひいき』みんなのレビュー

今回は、Huluオリジナル『神様のえこひいき』3話までを正式部員の皆さんに観ていただきました。ジェンダー、性指向、アイデンティティがテーマとなっており、表現について奇譚のないご意見もいただきました。さまざまな感想があがっていて、本作の見どころが伝わってきます。

映画『ゴッドファーザー』マーロン・ブランド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ゴッドファーザー』

掟を重んじるマフィア一族の盛衰を、家族愛と壮絶なバイオレンスで描き、2度のアカデミー賞作品賞を受賞した名作“ゴッドファーザー”。今回は『ゴッドファーザー トリロジー 50th アニバーサリー 4K Ultra HD+ブルーレイセット』の発売にちなんで「勝手にキャスティング企画!」として、ドン・コルレオーネ役のマーロン・ブランドとマイケル・コルレオーネ役のアル・パチーノをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに俳優名を挙げていただきました。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 映画好きが選んだ2021邦画ベスト

今回は、日本アカデミー賞(2022年は3月11日に発表)の時期にちなんで、私達も2021年の邦画ベストを選んでみました。候補作品は2021年に劇場公開した邦画(実写)の中から編集部独断で選抜したほか、日本アカデミー賞ノミネート作品も含め、正式部員の皆さんに好きな作品へ投票していただきました。どの作品が2021年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングでご確認ください!

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会 4Kニューマスター版』トム・ハンクス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『フォレスト・ガンプ/一期一会』

ロバート・ゼメキス監督と名優トム・ハンクスがタッグを組み、米アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した不朽の名作『フォレスト・ガンプ/一期一会』。今回は本作4Kニューマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてフォレスト・ガンプ役のトム・ハンクス、ジェニー・カラン役のロビン・ライトをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

映画『ドリームプラン』ウィル・スミス/サナイヤ・シドニー/デミ・シングルトン 映画好きが選んだスポーツ映画ランキング<実話編>

今回は、『ドリームプラン』(2022年2月23日全国公開)にちなんで、実話が基になったスポーツ映画…

REVIEW

  1. 映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』チャン・イー/リウ・ハオツン
  2. 映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ
  3. 映画『大河への道』中井貴⼀/松⼭ケンイチ/北川景⼦
    大河への道

  4. 映画『ハケンアニメ!』吉岡里帆/中村倫也/柄本佑/尾野真千子
  5. 映画『流浪の月』広瀬すず/松坂桃李
    流浪の月

  6. 映画『シング・ア・ソング!~笑顔を咲かす歌声~』クリスティン・スコット・トーマス
  7. 映画『グロリアス 世界を動かした女たち』ジュリアン・ムーア
  8. ディズニープラス『ホワット・イフ…?』
  9. 映画『フォーエバー・パージ』キャシディ・フリーマン
  10. 映画『バブル』
    バブル

PAGE TOP