取材&インタビュー

『太陽の家』広末涼子さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『太陽の家』広末涼子さんインタビュー

『太陽の家』でシングルマザー役を演じた広末涼子さんにインタビューをさせて頂きました。実生活でもお母さんである広末さんは、これまでいろいろな作品で母親役を演じてこられましたが、その心境を聞いてみました。

<PROFILE>
広末涼子(ひろすえ りょうこ):池田芽衣 役
1980年7月18日生まれ。高知県出身。CMコンテストでグランプリ獲得後、同CMに出演しデビュー。以降、ドラマ『ビーチボーイズ』(1997)、『聖者の行進』(1998)、『リップスティック』(1999)など、数々の高視聴率ドラマに出演。1997年には『20世紀ノスタルジア』で映画初主演を飾った。2002年にはリュック・ベッソン製作、ジャン・レノと共演した『WASABI』が公開。ほか主な映画出演作に『おくりびと』(2008)、日本アカデミー賞・優秀主演女優賞を受賞した『ゼロの焦点』(2009)、日本アカデミー賞・優秀助演女優賞を受賞した『鍵泥棒のメソッド』(2012)、『はなちゃんのみそ汁』(15)『ミックス。』(17)『終わった人』(18)などがある。『太陽の家』では、保険会社の営業ウーマンでシングルマザーの池田芽衣役を好演。また、2020年公開の『嘘八百 京町ロワイヤル』(1月31日より全国公開)、『ステップ』(4月3日より全国公開)、WOWOWオリジナルドラマ『ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~』(第3話2月3日放送)にも出演。

1人の母として俳優として感じる、母親役の大きな責任とプレッシャー

映画『太陽の家』広末涼子

マイソン:
これまでもいろいろなお母さん役を演じられてきて、子役の方とのお芝居は、やっぱり大人の方とは違う難しい部分があるんじゃないかと思ったんですが、いつもどんな工夫をされていますか?

広末涼子さん:
子どもって、それぞれの個性もそうですし、年齢によってもすごく違うので、小さいお子さんと共演する時は本当に仲良くならないと、画面で伝わりますよね。だから、コミュニケーションってとても大事だなと思います。それから自分も小さい頃から映画を観てきて、そういう経験のなかでも、動物と子どもには勝てないと思う部分があって。映画なんかでも無条件に涙腺を刺激するその力って何なんだろうって。無垢さなのか純粋さなのか、生命力なのか、計算のなさなのか、だからこそ子どもと向き合う時はなるべくフラットに仲良くなって、彼女彼らがお芝居しやすい環境を作ることが自分の仕事だと思っていますし、一緒に遊ぶことが大事だと感じています。30代でお母さん役をたくさん演じさせて頂いて、本当に大変な思いもたくさんしました(笑)。ですから、子どもは大好きなんですけど、私が母親役をやる時に子役をこれから決めようとしている段階だったら、監督に“その年齢の子を使うということはどういうことなのか”という意見をさせて頂くこともあります(笑)。本当にそれくらい大変で、単純に眠い時やお腹空いた時でも、仕事をさせなきゃいけない。私が1番近くでコントロールしなくてはいけないという部分も含めて、大人達が振り回されながら頑張るからこそ、作品の中で子どもの魅力が引き立てられるんだと思います。潤浩くんは本当にまだお芝居経験も少なかったはずですが、それがすごくプラスに出たと思います。すごくフラットに、無理に演じることなくお芝居に入っているのが今回とても良かったですね。

映画『太陽の家』広末涼子さんインタビュー

マイソン:
やはり広末さんは実生活でもお母さんだからこそ、何歳の子がどんなものかっていうのはすごくわかりますよね。

広末涼子さん:
そうですね。以前3歳と5歳の役で本当なら別の子役にしたいんだけど、「子どもが変わった」って思わせたくないから、「4歳の子にしようと思う」と言われたことがあったんです。子役の場合、自分の実年齢よりも小さい子の役をやることが多いのですが、4歳で5歳のセリフを言わないといけない。しかも4歳ってまだまだ幼いですからね。別の現場では、2歳の男の子を起用する際に、「絶妙に可愛くて、10回に1回はできるんです」と言われて、「10回やるんだ〜!!」って(笑)。それくらい子どもの存在って魅力的で、映画の中でも大きいんだろうなと感じて、その10回に1回の子役が成功した時に自分が失敗したことを考えたら恐ろしかったのですが…(笑)。私もそういう年になってきたのだと思って、責任とプレッシャーを感じながら頑張っています。

マイソン:
今回職人さんが主人公ということで、俳優さんで職人と思える要素ってどういうところだと思いますか?

映画『太陽の家』長渕剛/広末涼子

広末涼子さん:
やっぱり役作りに対しての姿勢じゃないかなと思います。体重を何キロ落とすとかだけがすべてじゃないと思うのですが、それくらいの思い入れや、力を注いで時間をかけて役に挑むことだったり。単純に技術的なこと、例えば和服の所作など。『嘘八百 京町ロワイヤル』(2020年1月31日より全国公開)では、人生で初めて茶道をやらせて頂いたんです。今までもポールダンスや、盲目の役だったら点字の勉強、楽器だと三線(さんしん)を覚えたり、そういう身に付けないといけないものをフル装備して挑むというのは、職人的な部分かなと思います。セリフを覚えるとか、役の感情になるのは当たり前で、それを自然体でできるようにそこまでの準備を重ねて形作っていくのは独特な仕事だと思います。私も基本的なことが身に付いていないと不安で、集中できなくて感情が入らなかったりするので、そこはいくらでも時間をかけてレッスンしていきたいと思っています。でも終わるとビックリするくらいすぐ忘れちゃうんです(笑)。それこそ三線は、弦楽器をやったことがなかったので、すごく練習しました。歌いながら弾かないといけなかったので、頑張って練習して、吹き替えではなく自分で弾いて歌ったんです。それで三線を頂いて、数ヶ月後にお友達と家でパーティーをした時に、「せっかくだから三線で歌って」って言われたんですけど、すっかり忘れていて(笑)。新しいものを入れて出すという癖が付いていて、職業病だなと思いました。

マイソン:
脳がすごく活性化されそうですね。では、俳優さんをされていて自分のなかで変わる瞬間があるとしたらどんな時でしょうか?

広末涼子さん:
役を通して自分の人生では経験できないようなことをさせてもらったり、感情が生まれたりすることで成長させてもらっているなと思います。日常的に自分ならそんな感情の出し方はできないと思いつつも、すごく怒らなきゃいけなかったり。怒ったり泣いたりするのは、普段だと人目を気にしたり、抑制したりして、そんなに日常でできないと思うんです。でも、それを解放していくことで、自分の中にもこういう自分がいるのかなとか、そういう人はこういう気持ちなのかなと知ることにもなります。時代背景が違うことで、背負ってきたものや、自分の時代とは違う女性の立ち位置など、想像でしかないのですが、体感できるというのは、すごく人としても成長させてもらえるなって思います。

映画『太陽の家』長渕剛/広末涼子

マイソン:
ストレス発散になる時もありますか?

広末涼子さん:
大人になると泣いて良い場所ってどんどん減ってきませんか?皆そうだと思うし、特に自分も女優という仕事をしていると、人の目も気になるので、普段は泣いちゃいけないと我慢することが多いです。でも、それが間違っていると指摘されることもあります。例えば出産の時に、すごく涙が出そうになったんですけど、ふと「ここで泣いたらドラマみたい」って思って我慢しちゃったんです。それを妹に話したら、「お姉ちゃん、そこは泣いて良いところだから」って言われて(笑)。そういうこととか、やっぱりすごく抑えてしまう癖が付いているので、お芝居の中で感情を解放できるのはもしかしたら発散になっているかも知れないですね。

映画『太陽の家』広末涼子さんインタビュー
ヘアメイク:山下景子/スタイリスト:道端亜未

マイソン:
最後に広末さんご自身に1番影響を与えた映画を教えてください。

広末涼子さん:
どれも毎回刺激をもらっていますが、『WASABI』は初めて出させて頂いた海外との合作映画で、当時まだ10代と20代の境目くらいでした。10代だと清純派の娘役とか妹役とか真面目な役が多かったんです。あまりハジけた役がなかった時に新しい役をもらって、しかも日本じゃなくて、誰も私のことを知らない現場で仕事をさせてもらえることがすごく楽しくて、一度日本から離れられて本当に良かったと思いました。皆からのイメージがすごく重荷になっていた年頃だったので、海外に行けたことで視点が変わりました。

マイソン:
もう一度『WASABI』を振り返って拝見させて頂きます。本日はありがとうございました!

2019年12月23日取材 PHOTO & TEXT by Myson

映画『太陽の家』長渕剛/飯島直子/山口まゆ/潤浩(ゆんほ)/広末涼子/瑛太

『太陽の家』
2020年1月17日(金)より全国公開
監督:権野元
出演:長渕剛/飯島直子 山口まゆ 潤浩/柄本明 上田晋也(友情出演)/瑛太 広末涼子
配給:REGENTS

大工の棟梁である川崎信吾は、ひょんなことからシングルマザーの池田芽衣と知り合い、彼女の息子、龍生の面倒をたまに見るようになる。父親を知らずに育った龍生は最初人見知りの素振りを見せていたが、信吾の豪快で明るい人柄にどんどん心を開いていく。一方芽衣は1人で息子を育てていかなければいけない状況のなか、大きな問題を抱えていて…。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

©2019映画「太陽の家」製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『サムライマラソン』中川大志 中川大志(なかがわ たいし)

1998年6月14日、東京都生まれ。2009年にNHK BS-hiで放送された『わたしが子どもだったころ』の再現VTRで俳優デビュー。その後2010年に…

映画『ぶあいそうな手紙』アナ・ルイーザ・アゼヴェード監督 『ぶあいそうな手紙』アナ・ルイーザ・アゼヴェード監督インタビュー

手紙の代読をきっかけに、老人と若者の心の触れ合いと変化を描いた映画『ぶあいそうな手紙』。今回は、本作で監督と脚本を務めたアナ・ルイーザ・アゼヴェードさんにリモート取材をさせて頂きました。大きな年齢差のある登場人物のキャラクター設定や、理想の老後、さらに手紙の良さについて伺いました。

映画『ステップ』山田孝之/白鳥玉季 ステップ

女性だと娘目線で観られるからこそ、シングルファザーの大変さが伝わってきます。母親でも子育てはすごく大変というのは…

映画『悪の偶像』ソル・ギョング ソル・ギョング

1968年5月1日、韓国生まれ。舞台役者としてキャリアをスタートさせ、第37回韓国大鐘賞の主要5部門を独占したイ・チャンドン監督の社会派ドラマ『ペパーミント・キャンディー』(2000)で注目を集める。2004年…

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

映画『グッド・ワイフ』イルセ・サラス グッド・ワイフ

物語の舞台は1982年、メキシコシティの高級地区ラスロマス。ソフィアは、ここで暮らすセレブ妻達も羨むような生活を送っていましたが…

映画『ブリット=マリー幸せなひとりだち』インタビュー:ツヴァ・ノヴォトニー監督 『ブリット=マリー幸せなひとりだち』ツヴァ・ノヴォトニー監督インタビュー

結婚してから40年間、毎日完璧に家事をこなしてきた63歳の主婦が、突然家出!この63歳の女性の“冒険”を描いたベストセラーを映画化したツヴァ・ノヴォトニー監督に、メールインタビューをさせて頂きました。誰でもいつからだって人生をやり直せることを教えてくれる本作を撮った監督はどんな価値観をもっていらっしゃるのでしょうか。

映画『ドンテンタウン』佐藤玲/笠松将 ドンテンタウン

すごく身近な日常を描いていながら、いつの間にか観る者を“ドンテンタウン(曇天街)”に誘い込んでしまう、ファンタジックでどこかSF的な物語です。スランプに陥ったシンガーソングライターのソラが…

映画『グッド・ボーイズ』ジェイコブ・トレンブレイ/ブレイディ・ヌーン/キース・L・ウィリアムズ 心理学から観る映画16:グループ行動からみる心の成長

新型コロナウィルス感染症の影響で家庭学習がメインの日々が続いていたなか、最近ようやく通学が解禁となり、徐々に通常登校に戻している学校も出てきたようです。学校に行けないことが学業に影響することはもちろんですが、友達との接触もないわけで、そのことも子ども達の心理的発達に影響を及ぼします。そこで今回は、仲間関係の変化と成長について取り上げます。

映画『リトル・ジョー』エミリー・ビーチャム リトル・ジョー

エミリー・ビーチャムとベン・ウィショーの怪しげな白衣姿にも興味をそそられる本作は、あるバイオ企業で新種の植物開発に取り組む研究者のアリスが、持ち主に幸せをもたらす特殊な花の開発に成功するも…

おすすめ記事

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ禍のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ禍の映画生活について、調査しました。

銃イメージ画像 あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『レオン』

「勝手にキャスティング企画!」第3回は『レオン』。まだ子役だったナタリー・ポートマンが、当時から可愛くて、演技も素晴らしく、虜になった方も多かったのではないでしょうか?今回はそんな本作をリメイクするとしたら、ジャン・レノが演じたレオン・モンタナ、ナタリー・ポートマンが演じたマチルダ・ランドーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『アトミック・ブロンド』シャーリーズ・セロン 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜アクション俳優編〜

楽しい妄想シリーズとして、新たに「1日あの人になってみたい!」企画をスタート。第1弾は“アクション俳優編”です。皆さんがもし1日だけアクション俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想しながら回答頂きました!

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『タイタニック』

「勝手にキャスティング企画!」第2回は『タイタニック』。名作中の名作で、日本でも一大ムーブメントを起こしたあの頃が懐かしいですね。今回はそんな本作をリメイクするとしたら、レオナルド・ディカプリオが演じたジャック・ドーソン、ケイト・ウィンスレットが演じたローズ・デウィット・ブカターを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『ルーム』ブリー・ラーソン/ジェイコブ・トレンブレイ ここが手掛ける映画は間違いない!映画好き女子が選んだ【A24】ランキング

皆さんは“A24”というスタジオをご存知でしょうか?「あれもこれもここが手掛けたの!」と驚くほど、…

REVIEW

  1. 映画『ステップ』山田孝之/白鳥玉季
    ステップ

  2. 映画『グッド・ワイフ』イルセ・サラス
  3. 映画『ドンテンタウン』佐藤玲/笠松将
  4. 映画『リトル・ジョー』エミリー・ビーチャム
  5. 映画『悪人伝』マ・ドンソク
    悪人伝

  6. Netflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』荒川良々
  7. 映画『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』ペルニラ・アウグスト
  8. 映画『透明人間』エリザベス・モス
    透明人間

  9. 映画『タッチ・ミー・ノット~ローラと秘密のカウンセリング〜』ローラ・ベンソン
  10. Netflixアニメシリーズ『日本沈没2020』
    日本沈没2020

部活・イベント

  1. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  2. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  3. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  4. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  5. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
PAGE TOP