取材&インタビュー

「30代、40代は迷走してた」長渕剛『太陽の家』記者会見

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『太陽の家』記者会見:長渕剛、飯島直子、山口まゆ、潤浩(ゆんほ)、広末涼子、瑛太、権野元監督

映画『太陽の家』記者会見:長渕剛、飯島直子、山口まゆ、潤浩(ゆんほ)、広末涼子、瑛太、権野元監督

アーティストとして常に第一線で活躍してきた長渕剛。俳優としては、テレビドラマ『家族ゲーム』(1983年/TBS)、『親子ゲーム』(1986年/TBS)、『とんぼ』(1988年/TBS)や『しゃぼん玉』(1991年/フジテレビ)、映画主演作『オルゴール』(1989年)、『ウォータームーン』(1989年)、『英二』(1999年)など、1980年代〜1990年代を中心にヒット作を生み出してきました。そんな長渕剛が20年ぶりに俳優として映画に主演するということで、注目されている本作の記者会見が、2019年4月25日に行われました。長渕剛と瑛太だけ、劇中の衣装を着用して登場。

映画『太陽の家』記者会見:長渕剛

エンタメ界のレジェンド、長渕剛との共演について、感想を聞かれた広末は、「ほんとに長渕さんと共演するなんて、小さい頃の自分は想像していなかったので、本当に光栄です。現場にいてもワクワクしています。お芝居の中の信吾さん(長渕剛が演じる役の名前)と、時々垣間見える長渕剛さんが出てくるところ、その何とも言えないライブ感を味わわせて頂いてます。今メディアでは、家族でも手をあげちゃダメとか、ジェンダーレスだから男らしくって言っちゃダメとか、あれはダメ、これはダメと、いろいろなことがあるなかで、そういうのを取っ払って、熱くしつこく恩着せがましいぐらいの信吾さんの情熱で、綺麗事じゃない家族の愛情を伝えてくれるような気がします」と、長渕を絶賛しました。

映画『太陽の家』記者会見:広末涼子

続いて瑛太は、「僕自身、小学生の頃から長渕剛さんの映画や音楽に触れて、僕はその剛さんの生き様に小学生ながらすごく強烈な印象を受けました。そこからギターを覚え、剛さんの曲を歌い、そんな生活を今まで続けてきて、どんなに苦しい時も、弱い自分が出てきた時も、剛さんの曲に支えられて、やっぱり這い上がらなくちゃいけないんだっていうところでずっと生活してきました。2年前くらいに剛さんと実際にお会いすることができて、そこからたまに食事とかトレーニングを一緒にさせて頂いてるんですけど、長渕剛さんの世間的なイメージとか、僕が抱いていたイメージと合致しているところももちろんあります。でも、それよりも自分が求めている…、僕の父親は亡くなったんですけど、父も鹿児島の人で、剛さんと会うとすごく父親ってこういう人であって欲しいっていう、強く、優しく、いつも笑ってる、そういったところを感じます。現場に入ってからも、信吾というキャラクターを演じるために、アイデアとか僕とのディスカッションとか、すごくそういった取り組みで、より台本は立体的になっていくというか。ドキドキする部分もあるんですけど、お芝居をする、映画を作っていくという作業の上で、すごく楽しい毎日を過ごさせてもらってます」とコメント。司会から「共演できて、ある意味、感無量的な?」という言葉が出ると、「そうですね。もう今泣きそうになっちゃって」と、感動を露わにしました。

映画『太陽の家』記者会見:瑛太

その瑛太の様子を受けて、司会から「どうですか?」と振られると、長渕は「どこからどこまでが芝居か本気かわからないんだけど(笑)。僕は30代、40代は迷走の日々だったんです。迷走の中で見つけ出すものって、端から見たらわからないくらいに苦しいことだったり、悩み抜いたりしてるんですね。その渦中に瑛太がいて、(若い人達を見ると)僕はどこかであの時の自分を回顧するんですね。皆さんやっぱり1つの台本にいろんな思いと情熱と愛をいっぱい抱いてこられるんですよ。でも感情って台本通りにはいかないんです。そこに何かリアリティがあって、その毎日の連続で、もちろん微笑むこともそうだし、叱ることもそうだし、怒ることもそうなんだけど、役者さんがそれぞれのプロ根性で、この台本をいかに立体的に仕上げていくかというところに情熱と愛がある。もちろんコンサートもそうなんですけど、映画っていうのは共同芸術でね。毎日毎日共演者の方々と、本当のファミリー、ある種の家族愛に包まれながら、約1ヶ月間過ごさせてもらってます。実は人知れず待ち時間に、“今の良かったな〜。俺の実人生にもこういうこともうちょっとあるかな〜”って思いながら、ちょっと涙が出たりね。昔の父母を思い出したり、妻や子どものことを思い出したり、そういうんでね、涙がやばいってぐらい出てくるのね。こんなに愛って、真綿でくるむようにデリケートで優しくてフワフワしてて、掴みどころがないんだけど、だからこそギュ〜ッと掴まなきゃいけないって、そんな思いで毎日現場に行かせてもらってます。幸せです」と熱く語りました。

映画『太陽の家』記者会見:長渕剛、飯島直子、山口まゆ

妻役を演じた飯島は、「何てことのないシーンだったんですけど、それが長渕さんが引き出しをたくさん持ってらっしゃるので、いろんなアイデアを出して頂いて、“あ!こんな素敵なシーンになったんだ”っていうことが結構ありました。あの時初めて、夫婦なんだなと思いました」と振り返ると、長渕は飯島に頬をひっぱたかれるシーンについて語り始めました。「僕をひっぱたくシーンがあったんですよ。朝早く。普通、スイングがここから(身振りで程度を表現しながら)くるじゃないですか。でもね、こう…(飯島はもっとスイングが大きかったことを示すジェスチャーをしました)。1回目NGで、2発目は、来るのはわかってるし痛くないんだけど、人間の防衛本能でね、手前で目をつむっちゃったんです。次の3発目は思いっきりヒットしましたね」と、撮影秘話を明かしました。

映画『太陽の家』記者会見:飯島直子
相変わらずの美脚!

まだ撮影中の本作ですが、登壇者の会話から、とても温かい作品に仕上がりそうだなと伝わってきましたが、最後に権野監督は「今の時代のどこか普遍的ではあるけど、新しい家族の形が見えるような映画になると良いなと、まだまだ絶賛撮影しているところです。すごく良いものがお届けできると思うので、よろしくお願いします」と挨拶。長渕は「たくさん泣いて、たくさん笑って、観終わった後に誰かの手を繋ぎたくなるような、そんな気分になってくれれば良いなと思います。そんな映画です」と締めました。登壇中に長渕がうっかりストーリーをネタバレしそうになり、権野監督が慌てる様子もありましたが(笑)、どんな作品になるのかとても楽しみですね。

映画『太陽の家』記者会見:長渕剛
映画『太陽の家』記者会見:長渕剛、飯島直子、山口まゆ、潤浩(ゆんほ)、広末涼子、瑛太、権野元監督

映画『太陽の家』記者会見:2019年4月25日取材 PHOTO&TEXT by Myson

『太陽の家』
2020年、全国公開
配給:REGENTS
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

©2019映画「太陽の家」製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結』マーゴット・ロビー/イドリス・エルバ/ジョン・シナ/ジョエル・キナマン ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結

前作から一気にキャラクターが増えて、最初から賑やかなムードが漂う今作は、最初から容赦なくどんどんキ…

映画『キネマの神様』菅田将暉/野田洋次郎 野田洋次郎(のだ ようじろう)

1985年7月5日東京都生まれ。ロックバンドRADWIMPSのヴォーカル、ギター、ピアノを担当。2016年の映画『君の名は。』では…

【JIM JARMUSCH Retrospective 2021】ジム・ジャームッシュ監督 ジム・ジャームッシュ監督初となる大規模特集上映【JIM JARMUSCH Retrospective 2021】全国で拡大上映!

現在、好評開催中のジム・ジャームッシュ監督の特集上映【JIM JARMUSCH Retrospective 2021】。8月6日より、新たにヒューマントラストシネマ渋谷、アップリンク吉祥寺、8月13日より池袋シネマ・ロサでの拡大上映が決定。さらに、全国各地の劇場で続々と上映開始!

映画『すべてが変わった日』ダイアン・レイン/ケビン・コスナー すべてが変わった日

物語の舞台は1963年。冒頭では主人公のマーガレット(ダイアン・レイン)とジョージ(ケビン・コスナー)が、息子夫婦と孫と共にモンタナ州の牧場でのどかに暮らす姿が映し出されます。でも…

海外ドラマ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー シーズン1』ワイアット・ラッセル ワイアット・ラッセル

1986年7月10日アメリカ生まれ。俳優のカート・ラッセルとゴールディ・ホーンを両親に持つ。ドラマ…

映画『オールド』NYプレミア、M.ナイト・シャマラン/ガエル・ガルシア・ベルナル/ヴィッキー・クリープス/アレックス・ウルフ/トーマシン・マッケンジー M.ナイト・シャマラン監督、ガエル・ガルシア・ベルナルらが登場!『オールド』NYプレミア開催

M.ナイト・シャマラン監督の最新作『オールド』が、8月27日より全国公開となります。先日本作のNYプレミアが開催され、M.ナイト・シャマラン監督をはじめ、ガエル・ガルシア・ベルナル、アレックス・ウルフ、エリザ・スカンレン、トーマシン・マッケンジーらが登場しました。

映画『スペース・プレイヤーズ』レブロン・ジェームズ 『スペース・プレイヤーズ』5組10名様 試写会ご招待

映画『スペース・プレイヤーズ』5組10名様 試写会ご招待

映画『明日に向かって笑え!』リカルド・ダリン/ルイス・ブランドーニ/ベロニカ・ジナス 明日に向かって笑え!

舞台は2001年のアルゼンチンの田舎町で、主人公のフェルミン(リカルド・ダリン)と町民達は…

映画『ファーザー』イモージェン・プーツ イモージェン・プーツ

1989年6月3日イギリス、ロンドン生まれ。2007年、傑作ホラー『28週後…』の演技で…

映画『マイ・プレシャス・リスト』コリン・オドナヒュー コリン・オドナヒュー

1981年1月26日アイルランド、ドロヘダ生まれ。ダブリンの演劇学校を卒業後…

部活・イベント

  1. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  2. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  3. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  4. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  5. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年

おすすめ記事

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

REVIEW

  1. 映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結』マーゴット・ロビー/イドリス・エルバ/ジョン・シナ/ジョエル・キナマン
  2. 映画『すべてが変わった日』ダイアン・レイン/ケビン・コスナー
  3. 映画『明日に向かって笑え!』リカルド・ダリン/ルイス・ブランドーニ/ベロニカ・ジナス
  4. 映画『サマーフィルムにのって』伊藤万理華/河合優実/祷キララ
  5. 映画『キネマの神様』沢田研二/菅田将暉
  6. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  7. 映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』ヴィン・ディーゼル/ミシェル・ロドリゲス
  8. 映画『ジャングル・クルーズ』ドウェイン・ジョンソン/エミリー・ブラント/ジャック・ホワイトホール
  9. 映画『返校 言葉が消えた日』ワン・ジン
  10. 映画『アウシュヴィッツ・レポート』ノエル・ツツォル/ペテル・オンドレイチカ
PAGE TOP