取材&インタビュー

「30代、40代は迷走してた」長渕剛『太陽の家』記者会見

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『太陽の家』記者会見:長渕剛、飯島直子、山口まゆ、潤浩(ゆんほ)、広末涼子、瑛太、権野元監督

映画『太陽の家』記者会見:長渕剛、飯島直子、山口まゆ、潤浩(ゆんほ)、広末涼子、瑛太、権野元監督

アーティストとして常に第一線で活躍してきた長渕剛。俳優としては、テレビドラマ『家族ゲーム』(1983年/TBS)、『親子ゲーム』(1986年/TBS)、『とんぼ』(1988年/TBS)や『しゃぼん玉』(1991年/フジテレビ)、映画主演作『オルゴール』(1989年)、『ウォータームーン』(1989年)、『英二』(1999年)など、1980年代〜1990年代を中心にヒット作を生み出してきました。そんな長渕剛が20年ぶりに俳優として映画に主演するということで、注目されている本作の記者会見が、2019年4月25日に行われました。長渕剛と瑛太だけ、劇中の衣装を着用して登場。

映画『太陽の家』記者会見:長渕剛

エンタメ界のレジェンド、長渕剛との共演について、感想を聞かれた広末は、「ほんとに長渕さんと共演するなんて、小さい頃の自分は想像していなかったので、本当に光栄です。現場にいてもワクワクしています。お芝居の中の信吾さん(長渕剛が演じる役の名前)と、時々垣間見える長渕剛さんが出てくるところ、その何とも言えないライブ感を味わわせて頂いてます。今メディアでは、家族でも手をあげちゃダメとか、ジェンダーレスだから男らしくって言っちゃダメとか、あれはダメ、これはダメと、いろいろなことがあるなかで、そういうのを取っ払って、熱くしつこく恩着せがましいぐらいの信吾さんの情熱で、綺麗事じゃない家族の愛情を伝えてくれるような気がします」と、長渕を絶賛しました。

映画『太陽の家』記者会見:広末涼子

続いて瑛太は、「僕自身、小学生の頃から長渕剛さんの映画や音楽に触れて、僕はその剛さんの生き様に小学生ながらすごく強烈な印象を受けました。そこからギターを覚え、剛さんの曲を歌い、そんな生活を今まで続けてきて、どんなに苦しい時も、弱い自分が出てきた時も、剛さんの曲に支えられて、やっぱり這い上がらなくちゃいけないんだっていうところでずっと生活してきました。2年前くらいに剛さんと実際にお会いすることができて、そこからたまに食事とかトレーニングを一緒にさせて頂いてるんですけど、長渕剛さんの世間的なイメージとか、僕が抱いていたイメージと合致しているところももちろんあります。でも、それよりも自分が求めている…、僕の父親は亡くなったんですけど、父も鹿児島の人で、剛さんと会うとすごく父親ってこういう人であって欲しいっていう、強く、優しく、いつも笑ってる、そういったところを感じます。現場に入ってからも、信吾というキャラクターを演じるために、アイデアとか僕とのディスカッションとか、すごくそういった取り組みで、より台本は立体的になっていくというか。ドキドキする部分もあるんですけど、お芝居をする、映画を作っていくという作業の上で、すごく楽しい毎日を過ごさせてもらってます」とコメント。司会から「共演できて、ある意味、感無量的な?」という言葉が出ると、「そうですね。もう今泣きそうになっちゃって」と、感動を露わにしました。

映画『太陽の家』記者会見:瑛太

その瑛太の様子を受けて、司会から「どうですか?」と振られると、長渕は「どこからどこまでが芝居か本気かわからないんだけど(笑)。僕は30代、40代は迷走の日々だったんです。迷走の中で見つけ出すものって、端から見たらわからないくらいに苦しいことだったり、悩み抜いたりしてるんですね。その渦中に瑛太がいて、(若い人達を見ると)僕はどこかであの時の自分を回顧するんですね。皆さんやっぱり1つの台本にいろんな思いと情熱と愛をいっぱい抱いてこられるんですよ。でも感情って台本通りにはいかないんです。そこに何かリアリティがあって、その毎日の連続で、もちろん微笑むこともそうだし、叱ることもそうだし、怒ることもそうなんだけど、役者さんがそれぞれのプロ根性で、この台本をいかに立体的に仕上げていくかというところに情熱と愛がある。もちろんコンサートもそうなんですけど、映画っていうのは共同芸術でね。毎日毎日共演者の方々と、本当のファミリー、ある種の家族愛に包まれながら、約1ヶ月間過ごさせてもらってます。実は人知れず待ち時間に、“今の良かったな〜。俺の実人生にもこういうこともうちょっとあるかな〜”って思いながら、ちょっと涙が出たりね。昔の父母を思い出したり、妻や子どものことを思い出したり、そういうんでね、涙がやばいってぐらい出てくるのね。こんなに愛って、真綿でくるむようにデリケートで優しくてフワフワしてて、掴みどころがないんだけど、だからこそギュ〜ッと掴まなきゃいけないって、そんな思いで毎日現場に行かせてもらってます。幸せです」と熱く語りました。

映画『太陽の家』記者会見:長渕剛、飯島直子、山口まゆ

妻役を演じた飯島は、「何てことのないシーンだったんですけど、それが長渕さんが引き出しをたくさん持ってらっしゃるので、いろんなアイデアを出して頂いて、“あ!こんな素敵なシーンになったんだ”っていうことが結構ありました。あの時初めて、夫婦なんだなと思いました」と振り返ると、長渕は飯島に頬をひっぱたかれるシーンについて語り始めました。「僕をひっぱたくシーンがあったんですよ。朝早く。普通、スイングがここから(身振りで程度を表現しながら)くるじゃないですか。でもね、こう…(飯島はもっとスイングが大きかったことを示すジェスチャーをしました)。1回目NGで、2発目は、来るのはわかってるし痛くないんだけど、人間の防衛本能でね、手前で目をつむっちゃったんです。次の3発目は思いっきりヒットしましたね」と、撮影秘話を明かしました。

映画『太陽の家』記者会見:飯島直子
相変わらずの美脚!

まだ撮影中の本作ですが、登壇者の会話から、とても温かい作品に仕上がりそうだなと伝わってきましたが、最後に権野監督は「今の時代のどこか普遍的ではあるけど、新しい家族の形が見えるような映画になると良いなと、まだまだ絶賛撮影しているところです。すごく良いものがお届けできると思うので、よろしくお願いします」と挨拶。長渕は「たくさん泣いて、たくさん笑って、観終わった後に誰かの手を繋ぎたくなるような、そんな気分になってくれれば良いなと思います。そんな映画です」と締めました。登壇中に長渕がうっかりストーリーをネタバレしそうになり、権野監督が慌てる様子もありましたが(笑)、どんな作品になるのかとても楽しみですね。

映画『太陽の家』記者会見:長渕剛
映画『太陽の家』記者会見:長渕剛、飯島直子、山口まゆ、潤浩(ゆんほ)、広末涼子、瑛太、権野元監督

映画『太陽の家』記者会見:2019年4月25日取材 PHOTO&TEXT by Myson

『太陽の家』
2020年、全国公開
配給:REGENTS
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

©2019映画「太陽の家」製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アングスト/不安』アーウィン・レダー アーウィン・レダー

1951年7月30日オーストリア生まれ。音楽と医学について学んでいたが、ウィーンの演劇学校に入学し役者としての道を選ぶ。TV映画などに出演した後…

映画『サムライマラソン』中川大志 中川大志(なかがわ たいし)

1998年6月14日、東京都生まれ。2009年にNHK BS-hiで放送された『わたしが子どもだったころ』の再現VTRで俳優デビュー。その後2010年に…

映画『ぶあいそうな手紙』アナ・ルイーザ・アゼヴェード監督 『ぶあいそうな手紙』アナ・ルイーザ・アゼヴェード監督インタビュー

手紙の代読をきっかけに、老人と若者の心の触れ合いと変化を描いた映画『ぶあいそうな手紙』。今回は、本作で監督と脚本を務めたアナ・ルイーザ・アゼヴェードさんにリモート取材をさせて頂きました。大きな年齢差のある登場人物のキャラクター設定や、理想の老後、さらに手紙の良さについて伺いました。

映画『ステップ』山田孝之/白鳥玉季 ステップ

女性だと娘目線で観られるからこそ、シングルファザーの大変さが伝わってきます。母親でも子育てはすごく大変というのは…

映画『悪の偶像』ソル・ギョング ソル・ギョング

1968年5月1日、韓国生まれ。舞台役者としてキャリアをスタートさせ、第37回韓国大鐘賞の主要5部門を独占したイ・チャンドン監督の社会派ドラマ『ペパーミント・キャンディー』(2000)で注目を集める。2004年…

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

映画『グッド・ワイフ』イルセ・サラス グッド・ワイフ

物語の舞台は1982年、メキシコシティの高級地区ラスロマス。ソフィアは、ここで暮らすセレブ妻達も羨むような生活を送っていましたが…

映画『ブリット=マリー幸せなひとりだち』インタビュー:ツヴァ・ノヴォトニー監督 『ブリット=マリー幸せなひとりだち』ツヴァ・ノヴォトニー監督インタビュー

結婚してから40年間、毎日完璧に家事をこなしてきた63歳の主婦が、突然家出!この63歳の女性の“冒険”を描いたベストセラーを映画化したツヴァ・ノヴォトニー監督に、メールインタビューをさせて頂きました。誰でもいつからだって人生をやり直せることを教えてくれる本作を撮った監督はどんな価値観をもっていらっしゃるのでしょうか。

映画『ドンテンタウン』佐藤玲/笠松将 ドンテンタウン

すごく身近な日常を描いていながら、いつの間にか観る者を“ドンテンタウン(曇天街)”に誘い込んでしまう、ファンタジックでどこかSF的な物語です。スランプに陥ったシンガーソングライターのソラが…

映画『グッド・ボーイズ』ジェイコブ・トレンブレイ/ブレイディ・ヌーン/キース・L・ウィリアムズ 心理学から観る映画16:グループ行動からみる心の成長

新型コロナウィルス感染症の影響で家庭学習がメインの日々が続いていたなか、最近ようやく通学が解禁となり、徐々に通常登校に戻している学校も出てきたようです。学校に行けないことが学業に影響することはもちろんですが、友達との接触もないわけで、そのことも子ども達の心理的発達に影響を及ぼします。そこで今回は、仲間関係の変化と成長について取り上げます。

おすすめ記事

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ禍のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ禍の映画生活について、調査しました。

銃イメージ画像 あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『レオン』

「勝手にキャスティング企画!」第3回は『レオン』。まだ子役だったナタリー・ポートマンが、当時から可愛くて、演技も素晴らしく、虜になった方も多かったのではないでしょうか?今回はそんな本作をリメイクするとしたら、ジャン・レノが演じたレオン・モンタナ、ナタリー・ポートマンが演じたマチルダ・ランドーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『アトミック・ブロンド』シャーリーズ・セロン 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜アクション俳優編〜

楽しい妄想シリーズとして、新たに「1日あの人になってみたい!」企画をスタート。第1弾は“アクション俳優編”です。皆さんがもし1日だけアクション俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想しながら回答頂きました!

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『タイタニック』

「勝手にキャスティング企画!」第2回は『タイタニック』。名作中の名作で、日本でも一大ムーブメントを起こしたあの頃が懐かしいですね。今回はそんな本作をリメイクするとしたら、レオナルド・ディカプリオが演じたジャック・ドーソン、ケイト・ウィンスレットが演じたローズ・デウィット・ブカターを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『ルーム』ブリー・ラーソン/ジェイコブ・トレンブレイ ここが手掛ける映画は間違いない!映画好き女子が選んだ【A24】ランキング

皆さんは“A24”というスタジオをご存知でしょうか?「あれもこれもここが手掛けたの!」と驚くほど、…

REVIEW

  1. 映画『ステップ』山田孝之/白鳥玉季
    ステップ

  2. 映画『グッド・ワイフ』イルセ・サラス
  3. 映画『ドンテンタウン』佐藤玲/笠松将
  4. 映画『リトル・ジョー』エミリー・ビーチャム
  5. 映画『悪人伝』マ・ドンソク
    悪人伝

  6. Netflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』荒川良々
  7. 映画『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』ペルニラ・アウグスト
  8. 映画『透明人間』エリザベス・モス
    透明人間

  9. 映画『タッチ・ミー・ノット~ローラと秘密のカウンセリング〜』ローラ・ベンソン
  10. Netflixアニメシリーズ『日本沈没2020』
    日本沈没2020

部活・イベント

  1. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  2. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  3. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  4. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  5. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
PAGE TOP