取材&インタビュー

Huluオリジナル『THE LIMIT』第6話「高速夜行バス」主演、浅香航大さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
Huluオリジナル『THE LIMIT』第6話「高速夜行バス」主演、浅香航大さんインタビュー

このドラマは、半径3メートルの1シチュエーションで描かれ、1話完結のオムニバス形式となっています。その第6話で主演した浅香航大さんにインタビューをさせて頂きました。浅香航大さんといえば、これまで数々の作品で名演、怪演をみせてくれていますが、演技についてのお話や、印象に残っている映画のお話などいろいろとお聞きしました。

<PROFILE>
浅香航大(あさか こうだい):鎌田健吾 役
1992年8月24日、神奈川県生まれ。2008年から俳優として活動し、ドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』で連続ドラマ初出演を果たす。その他、NHK連続テレビ小説『マッサン』(2014)、『ひよっこ』(2017)、テレビドラマ『あなたの番です』(2019)など話題作に出演。映画でも『桐島、部活やめるってよ』(2012)、『悪の教典』(2012)、『南瓜とマヨネーズ』(2017)、『チア男子!!』(2019)、『見えない目撃者』(2019)、『劇場』(2020)『とんかつDJアゲ太郎』(2020)など多数出演。

こういう勇気がいる作品をやらせてもらったのはすごく良かった

Huluオリジナル『THE LIMIT』第6話「高速夜行バス」浅香航大/木野花

マイソン:
最初に脚本を読んだ時の感想を教えてください。

浅香航大さん:
脚本が本当におもしろかったんです。荻上直子さんの脚本は初めてだったんですけど、会話劇としてすごくおもしろいし、1シチュエーションなので台詞量も多かったのですが、脚本にすごく没入感がありました。それでいてドラマ性も備えていて、この脚本はおもしろいな、ぜひやりたいなと思いました。

マイソン:
そうなんですね。あの短い中にすごく展開があって、最初にお茶を差し出されるところとかすごく怖いって思いました(笑)。

浅香航大さん:
お化けなのかなって思いましたよね(笑)。

マイソン:
ツッコミどころもたくさんあって(笑)。

Huluオリジナル『THE LIMIT』第6話「高速夜行バス」主演、浅香航大さんインタビュー

浅香航大さん:
そうですよね。本当におもしろいんですよ。どこまで狙っているのかわからないんですけど、どこまで表現できるのかなっていうくらい繊細なものがたくさん散りばめられていて、それを2人で1シチュエーションで見せるっていうのは、役者の技量が問われると思うのでプレッシャーがありました。

マイソン:
演技力が伝わってくる構成だったので、すごく見応えがありました。楽しかった部分と難しかった部分はありますか?

浅香航大さん:
あの莫大な台詞量と、僕の長台詞を15分以上の1カットでいくっていうプレッシャーと緊張感はありましたけど、結局それは紙一重で、楽しいっていうことだと思うんですよね。あれだけの量にチャレンジするというのは楽しかったですし、あとはたった2人の1シチュエーションで会話劇っていうドラマはなかなか作れないと思うんです。今のお客さんは展開、展開で見せられるので、こういった作品は勇気がいると思うんです。今回はHuluで配信だからこそっていうのもきっとあると思いますし、地上波で流れて“ながら見”されちゃうと、お客さんはついてこないんじゃないかなって。だからそんな脚本は怖くて書けない、作ろうってならないと思うんですよ。映画だったら別ですけど。それをやらせてもらえたっていうのはすごく良かったなと思います。

Huluオリジナル『THE LIMIT』第6話「高速夜行バス」浅香航大

マイソン:
1人芝居とか2人芝居でお客さんを惹きつけるって本当にすごいなと思うのですが、この作品を機に他にやってみたくなったことはありますか?

浅香航大さん:
究極でいうと、『レヴェナント:蘇えりし者』という映画。あれは、ほぼずっとレオナルド・ディカプリオの1人芝居じゃないですか。森の中で動物と戦って、あれもなかなか静かだし、ああいうのをやりたいですね。さらに突き詰めるとしたら1人でというか、1人でサバイバルをする、それこそトム・ハンクスの『キャスト・アウェイ』とか。ああいうのをやりたいです。

マイソン:
やって欲しいです!!

浅香航大さん:
サバイバルが好きだし、真っ黒に日焼けをして、髭を生やして、本当に火起こしとかして、肌もカピカピになって、火が起きただけで「うわー!!」みたいな。そういうのをやりたいですね。

Huluオリジナル『THE LIMIT』第6話「高速夜行バス」主演、浅香航大さんインタビュー

マイソン:
良いですね!浅香さんが出演されている作品をいろいろ拝見して、毎回別々の方が演じているのかと思うくらい役によって全然違うのですごいなと思います。俳優は感情や内面を動かして、気持ちの切替も必要なお仕事だと思うんですけど、上手い切り替え方ってありますか?役を家まで持って帰る方と、スパッと終わる方と両方いらっしゃると思うんですけど、どうでしょうか?

浅香航大さん:
そんなにプライベートまで影響しちゃうタイプではないです。連ドラとか映画は2〜3ヶ月かかるので、ずっとそのことが頭にありますから多少はあるかもしれないですけど、切り替えをそんなに意識しないですね。慣れちゃったというか、無意識なくらいですね。あとは、本当にお芝居をする瞬間の集中力というか、整ったなという感覚はあります。お芝居をしていて、「今整ってた」っていう。本番までにそこに持っていくというのはありますけど、結局のところ感覚なんですよね。

マイソン:
それは積み重ねてきてだんだんわかってきたという感じですか?

浅香航大さん:
だんだんわかってきたというか、いかにその状況を信じられるのかということですね。環境とか場所、美術とかもすごく大事だと思いますし、衣装とかそういうことを積み重ねて、どれだけ信じられる環境に自分を置くのかみたいな。急に「はい、どうぞ」って言われてもやっぱりできないですし、頭の整理がついて、皆で作り上げた環境とか空気ですかね。そういうのを感じるんでしょうね。

マイソン:
なるほど。では、今までで大きな影響を受けた映画や、俳優、監督がいらっしゃったら教えてください。

Huluオリジナル『THE LIMIT』第6話「高速夜行バス」主演、浅香航大さんインタビュー

浅香航大さん:
1番最近でいうと『すばらしき世界』が本当に良かったです。観終わってすぐに仲野太賀に連絡して、プロデューサーにも連絡して「本当に良かった!」と伝えました。すごく集中力の高さを感じる作品で、ちゃんと遊びもあって、役所広司さんもだし作品としてもチャーミングさがあるし、無骨だし、見応えがありました。あとは、小さい頃に観て大好きだった映画が『ネバーエンディング・ストーリー』で、あれは子どもの頃にすごい映画だなと思って大好きだったんですけど、大人になって観返したら、「何だ、これは!人形が動いているだけじゃないか」って(笑)。あれはビックリしました。脳の中で良いものって美化されてしまっているんですね。

マイソン:
確かに(笑)!技術もだいぶ進化しているので、大人になってから子どもの頃に観た作品を観ると「??!」ってなりますよね。

浅香航大さん:
完全に職業的な観方が入ってきてしまって、ファルコンのまばたきの仕方からして、あの中に誰か入っているのかなって(笑)。

マイソン:
ハハハハ!でもあれは子どもの頃は超大作に見えていましたよね。

浅香航大さん:
そうですよね。当時はどうだったんですかね?今考えると低予算だったんじゃないかなって思いました。

マイソン:
今の映画もすごいですけど、昔の映画って工夫してなんぼみたいなところがおもしろかったですよね。

浅香航大さん:
1周回っておもしろいのかも知れないですね、もう1回観てみようかな。

マイソン:
こうして振り返るともう1回観たくなりますよね。では最後の質問なのですが、これから挑戦してみたい役柄はありますか?あと浅香さんが出演したいと思う作品や役柄って共通点はありますか?

Huluオリジナル『THE LIMIT』第6話「高速夜行バス」浅香航大/木野花

浅香航大さん:
共通点はないですね。いただいたお話はなるべくお受けして、いろいろなことをやりたいし、今後もいただいたものにはチャレンジしたいです。これは渡辺謙さんの受け売りになっちゃうんですけど、「自分がやりたいものをやるより、誰かが僕にやらせたいと思ったようなものをやっていくほうが良い」っておっしゃっていたんです。テレビで観ただけなんですけどね(笑)。それがすごく自分にしっくりきたんです。何かをやらなきゃとか、何か信念を持ってとか、そういうことを探しがちなんですけど、その辺に関しては受け身でも良いのかなって。もちろんちゃんと本を読んでしっかり信念を持って責任感を持って丁寧にやりますけど、受け身でも良いのかなと思います。でも、個人的にはすごくカッコ良いスパイアクションとかやりたいですね!

マイソン:
スパイ映画だと、海外作品はどうですか?

浅香航大さん:
無茶苦茶やりたいですけどね。今のところは全然で、それこそ海外の場合は自分から動かないと始まらないですよね。どんな役でも良いからクリストファー・ノーランの作品とか出たいですけどね。

マイソン:
ぜひ出て欲しいです!

浅香航大さん:
大きいこと言っちゃった(笑)。

マイソン:
楽しみにしています!ありがとうございました。

Huluオリジナル『THE LIMIT』第6話「高速夜行バス」主演、浅香航大さんインタビュー

2021年3月25日取材 PHOTO&TEXT by Myson

Huluオリジナル『THE LIMIT』
Huluにて全話独占配信中

第6話「高速夜行バス」
脚本:荻上直子
出演:浅香航大/木野花

半径3メートルの1シチュエーション、1話完結で描かれるオムニバスドラマ。第6話「高速夜行バス」は、高速夜行バスに乗る、訳ありげな男性と彼に優しく声をかける老婆の物語。2人の不穏な会話の行き着く先は…。

公式サイト

©︎ HJホールディングス

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『サマーフィルムにのって』伊藤万理華/河合優実/祷キララ サマーフィルムにのって

これは高校最後の夏休みに映画作りに励む若者達の青春ドラマで、一見素朴な日常を描いたほのぼのとした作品に思えますが…

映画『キャラクター』Fukase(SEKAI NO OWARI) Fukase(ふかせ)

1985年10月13日東京都生まれ。SEKAI NO OWARIのメンバーでボーカリスト。数々の楽曲…

映画『キネマの神様』沢田研二/菅田将暉 キネマの神様

“キネマの神様”というタイトルがストーリーの中のどんな作用を示しているのか想像しながら観て、改めてこれは広い意味で…

映画『女たち』篠原ゆき子 篠原ゆき子(しのはら ゆきこ)

1981年1月21日神奈川県出身。2005年、映画『中学生日記』で俳優デビュー。2011年、劇団ポツドールの舞台“おしまいのとき”で…

映画『サマーフィルムにのって』伊藤万理華さん&金子大地さんインタビュー 『サマーフィルムにのって』伊藤万理華さん&金子大地さんインタビュー

『サマーフィルムにのって』で、主人公ハダシを演じた伊藤万理華さんと、謎の青年、凛太郎を演じた金子大地さんにインタビューをさせて頂きました。お2人のお話から映画作りに対する姿勢や思い、いち映画ファンとしての熱が伝わってきました。

映画『モロッコ、彼女たちの朝』タイアップキャンペーン、料理 本格タジン鍋や、おしゃれなモロッコ雑貨を楽しめる!『モロッコ、彼女たちの朝』豪華タイアップキャンペーン

映画『モロッコ、彼女たちの朝』が、2021年8月13日より全国公開となります。そしてこのたび、映画の世界観を食と雑貨で楽しめる、人気店とのタイアップキャンペーンが決定!気になる内容をご紹介。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 映画 太陽の子

日本の原爆開発を背景に、若者達の揺れる想いと決意が描かれた本作。柳楽優弥、有村架純、三浦春馬、國村隼、田中裕子ら…

映画『シンプルな情熱』レティシア・ドッシュ レティシア・ドッシュ

1980年9月1日フランス、パリ生まれ。俳優、ダンサー、作家、演劇監督として…

映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』ヴィン・ディーゼル/ミシェル・ロドリゲス ワイルド・スピード/ジェットブレイク

毎回ぶっ飛んだカーアクションシーンを披露してくれる本シリーズは、もうこれ以上の離れ技は残ってないんじゃないかなと…

映画『暮れ逢い』レベッカ・ホール レベッカ・ホール

1982年5月19日生まれ。イギリス系アメリカ人。2009年、ウディ・アレン監督の『それでも恋するバルセロナ』で…

部活・イベント

  1. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  2. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  3. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  4. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  5. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年

おすすめ記事

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

REVIEW

  1. 映画『サマーフィルムにのって』伊藤万理華/河合優実/祷キララ
  2. 映画『キネマの神様』沢田研二/菅田将暉
  3. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  4. 映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』ヴィン・ディーゼル/ミシェル・ロドリゲス
  5. 映画『ジャングル・クルーズ』ドウェイン・ジョンソン/エミリー・ブラント/ジャック・ホワイトホール
  6. 映画『返校 言葉が消えた日』ワン・ジン
  7. 映画『アウシュヴィッツ・レポート』ノエル・ツツォル/ペテル・オンドレイチカ
  8. 海外ドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1』ジェニファー・モリソン
  9. 映画『イン・ザ・ハイツ』
  10. 映画『復讐者たち』アウグスト・ディール
    復讐者たち

PAGE TOP