イイ俳優セレクション

仲野太賀(なかの たいが)

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『あの頃。』仲野太賀

※「太賀」より改名

1993年2月7日、東京都生まれ。2006年に俳優デビュー。その後『桐島、部活やめるってよ』『私の男』『アゲイン28年目の甲子園』『あん』など多くの作品に出演し、『走れ、絶望に追いつかれない速さで』では主演を飾った。2016年は、TVドラマ『ゆとりですがなにか』で演じた強烈なキャラクターで話題となった。

イイ男セレクション/出演作

『バッテリー』『那須少年記』『青い鳥』『魔法遣いに大切なこと』『感染列島』『真夏のオリオン』『RISE UP』『孤高のメス』『さんかく』『エクレール・お菓子放浪記』『スイッチを押すとき』『アントキノイノチ』『桐島、部活やめるってよ』『男子高校生の日常』『人狼ゲーム』『ほとりの朔子』『MONSTERZ モンスターズ』『私の男』『スイートプールサイド』『アゲイン28年目の甲子園』『あん』『マンガ肉と僕 Kyoto Elegy』『壊れ始めてる、ヘイヘイヘイ』『走れ、絶望に追いつかれない速さで』『淵に立つ』『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』『アズミ・ハルコは行方不明』『追憶』『南瓜とマヨネーズ』『50回目のファーストキス』『十年 Ten Years Japan』『母さんがどんなに僕を嫌いでも』『来る』『町田くんの世界』『タロウのバカ』『静かな雨』『MOTHER マザー』『今日から俺は!!劇場版』『泣く子はいねぇが』『すばらしき世界』『あの頃。』『ある男』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

イケメンというカテゴリーに入れていいのかどうか微妙で、好みが分かれそうなタイプですが、素朴で少年のような雰囲気、私は嫌いじゃないですよ(上から・笑)。役柄によって印象が全然違っていて、『淵に立つ』の役柄と、『アズミハルコは行方不明』の役柄で比較しても全く別人で驚きました。13歳で芸能界入りしたとあって、出演作も既にたくさん。既に演技派俳優と言ってもおかしくないと思います。これからがとても楽しみな俳優です。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『あの頃。』
2021年2月19日より全国公開

映画『あの頃。』松坂桃李/仲野太賀/山中崇/若葉竜也/芹澤興人/コカドケンタロウ

『すばらしき世界』
2021年2月11日より全国公開

映画『すばらしき世界』役所広司

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『バッテリー』

『感染列島』

『真夏のオリオン』

『桐島、部活やめるってよ』

『男子高校生の日常』

『私の男』

『スイートプールサイド』

『あん』

『淵に立つ』

『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』

『アズミ・ハルコは行方不明』

『50回目のファーストキス』

『十年 Ten Years Japan』

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』

『来る』

『町田くんの世界』

『タロウのバカ』

『静かな雨』

『今日から俺は!!劇場版』

『泣く子はいねぇが』

©2016映画「淵に立つ」製作委員会/COMME DES CINEMAS
©2016「アズミ・ハルコは行方不明」製作委員会
©魚喃キリコ/祥伝社・2017「南瓜とマヨネーズ」製作委員会
©2018 『50回目のファーストキス』製作委員会
©2018 “Ten Years Japan” FilmPartners
©2018 「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
©2018「来る」製作委員会
©安藤ゆき/集英社 ©2019 映画「町田くんの世界」製作委員会
© 2019「タロウのバカ」製作委員会
©2019「静かな雨」製作委員会 / 宮下奈都・文藝春秋
© 2020「MOTHER」製作委員会
©2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会
©2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
©佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会
©2020『あの頃。』製作委員会

関連記事

from 2016/9/27

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット 『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李 52ヘルツのクジラたち【レビュー】

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を映画化した本作は、声に出して助けを求められない孤独な人々が出会い…

映画『夜明けのすべて』上白石萌音 上白石萌音【プロフィールと出演作一覧】

1998年1月27日生まれ。鹿児島県出身。2011年、第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞。同年…

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李
  2. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  3. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  4. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  5. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮

PRESENT

  1. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  2. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  3. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
PAGE TOP