取材&インタビュー

トムス・エンタテインメント竹崎忠社長スペシャル・インタビューVol.4 

  • follow us in feedly
  • RSS
トムス・エンタテインメント竹崎忠社長スペシャル・インタビューVol.4

4回連載の本インタビューも今回で最終回です。全4回で竹崎社長が、表現が難しい事柄も含めて関係者に配慮しながらアニメ業界の内状を語っていただいたことに心から感謝します。ここまで語っていただいたのは、クリエイティブな仕事をする方々やその業界が本当に窮状に面していて、本気で改革を成し遂げたいと思われているからだと思います。今回は、トムス・エンタテインメントが掲げている「アニメSDGs」が最終的にどういう未来に繋がっていくのかというお話です。

Vol.1を読む Vol.2を読む Vol.3を読む

トムス・エンタテインメント
公式サイト

もっと自分達を取り巻く環境について議論する機会が増えればいい

竹崎社長:
ここまでお話したように、アニメ産業という大きな枠組みの中で、投資や企画、販売、制作など、必要な役割を担う各社が集まって良い作品を作り上げ、それを世界中のできるだけたくさんのお客様に観てもらって、その作品から生まれる収益を最大化して、その収益を関わった各社で役割に応じて適正に分配する。その結果、売り手だけでなく作り手にもきちんと収益配分がなされ、作り手を取り巻く環境も改善され、作り手になる人が増え、それでまた良い作品を作り続けることができる。そんな好循環が生まれればいいなと考えています。

狙って今の立場になったわけではありませんが、たまたまなのか運命なのか、これだけの歴史を持つアニメ会社の経営をさせてもらっているので、子どもの頃から自分を育ててくれた日本のアニメにきちんと恩返しをして、これから先もずっと日本の素晴らしいアニメが作り続けられ、”アニメで世界をもっと元気にカラフルに”できる未来を実現するために、自分にできること全部やろう! って、トムスの仲間と一緒に全力で走り続ける毎日です(笑)。

アニメ『LUPIN ZERO』
『LUPIN ZERO』より

マイソン:
素敵です!では、アニメ業界を支えていくために、まずベテランのクリエイターの方には、どんなことを期待しますか?

竹崎社長:
今のアニメのクオリティ、特に劇場作品は大画面で観るだけに高いクオリティが要求されるのですが、このクオリティを支えているのは多くがベテランのクリエイターなんです。ベテランの皆さんは何十年もかけて腕を磨いてきた超絶レベルの職人さんなので、なるべく元気に末永く頑張って欲しいです。そして、これまで日本アニメを支えてくれた彼らに少しでも報いたいと思います。本当はその凄い技術を若手に伝授してくださいってお願いしたいところですが。

マイソン:
そうですね。見て学ぶしかないところもありそうですが、できるだけ技を継承して欲しいですよね。一方若手の若いクリエイターの方には、どんなことを期待しますか?

竹崎社長:
若いクリエイターのみなさんは若い人だけでやっている分にはいいかもしれませんが、ベテランの方と同じ現場で仕事をしようとすると、そもそものやり方が違ってやりにくいんじゃないかなと思ったりします。昔から続いているアナログな制作手法と、新しいデジタルの制作手法は大きく異なりますしね。実際にアナログとデジタルが混在する現場が最も大変だし効率が悪い。これは新卒のみんなにもよく話すんですけど、昔から続く作品は昔ながらの伝統芸のような作り方が確立していて、その現場に入ったら、一定期間そのやり方に合わせなければならない。だから、最初は伝統芸、職人芸の世界に戸惑うだろうけど、それを一つの完成した型として学びつつ、片方でそうやって作られる最終的なアウトプットを違う方法で作るとすればどんなやり方があるのか常に考えるようにして欲しいって。

最初にアニメを作った人達はゼロからアニメを創り出しました。そこに立ち戻って、これだけ時代もテクノロジーも進んだ現在においてゼロからアニメを作るとしたら、どんな手法で作るのか。若い人達がアニメの黎明期と同じように、今の世界にあるあらゆるものを自由に使ってゼロベースから考えた、新しいアニメの作り方を考えてみて欲しいと思っています。そして、そこから次代のスタンダードが産まれるに違いないと。

マイソン:
今いろいろな技術がどんどん生まれてきているので、過渡期でもあり、ベテランと若手両方のアイデアが必要になりそうですね。

竹崎社長:
4週間にわたってインタビューしていただいて、いろいろなことを話しましたが、これがアニメ産業のすべてではないし、全部が全部正しいとは限らないし、同じアニメ制作会社でも規模によって抱えている課題は違っています。ただ、トムスという会社の経営責任を担っている立場として自分に見えているもの、課題だと思っていること、その課題に対してどんな取り組みをしようと考えているかを今回お話させていただきました。こうやって意見表明をすることで、日本のアニメ産業に関わっている人が「そうだよね」と賛同してくれたり、「それは違う」って意見してくれたり、「自分ならこうする」って建設的なアイデアを出してくれたりすることで、もっと自分達を取り巻く環境について議論する機会が増えればいいなと思います。

トムス・エンタテインメント竹崎忠社長スペシャル・インタビューVol.4

マイソン:
今回お話をお伺いしていて、アニメ業界だけではなく、エンタテインメント業界全体、クリエイティブなお仕事をされている方すべてに関わるお話だなと思いました。当サイトに掲載させていただいたのも関心のある方が多いと思ったし、ユーザーの皆さんも自分事として感じてもらえるのではないかと考えたからです。多くの方にまず「アニメSDGs」について知っていただけると良いなと思います。

竹崎社長:
「アニメSDGs」についてもう少し付け加えると、「SDGs」って流行り言葉にのせているだけのように思われるかもしれませんが、もともと2019年にセガサミーグループ全体で、各社がSDGsに関してどのような取り組みができるかを考える機会がありまして。アニメ産業でできることといえば、アナログからデジタルに制作手法を切り替えることにより紙、鉛筆、ガソリン(アナログの現場では、フリーのアニメーターさんが描いた絵を車で集めて回っています)の消費を減らすこと、リモートワークの導入などで多様な働き方を実現すること、居住地に関係なく地方からでも海外からでもアニメ制作に参画できる環境をつくること、アニメの作り手の不平等ともいえる待遇を改善すること、そしてアニメを作り続けることで社会に潤いを与えること…、なんて会話を社内でしていたんです。

でも、現実のアニメ産業が直面しているのは、とてもそんな悠長なことをいってる余裕がない危機的な状況で、何よりも最初にアニメを作り続けることができる、つまり「アニメ産業を持続可能な産業に改革する」ことが必要で、それができないなら産業としてのアニメは滅び、SDGsに貢献するどころではないという結論に至りました。しかも、そんな大きな改革は数年なんてスパンではできるわけがない。だから10年先を見据えた大きな目標を掲げよう。そこまで考えたときに「SDGs 2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標」に貢献するために、自分達で「2030年までに、持続可能な日本アニメ産業の未来を創る」という目標が見えて、これを「アニメSDGs」としたのです。なんだか、ピタッとはまって、進むべき道が見えたような瞬間でした。

マイソン:
結局は全部繋がっているんですね。先の先まで見通して考えると、最終的には社会全体で取り組む必要がある課題に行き着くんですね。では最後の質問です。竹崎社長は相当な映画ファンでいらっしゃるとお見受けしますが、これまでで大きな影響を受けた作品は何でしょうか?

竹崎社長:
この質問にはいつも同じ答えになってしまうんですが、人生のオールタイムベスト1は『雨に唄えば』です。これは不動の1位です。理由は、観た人を幸せにできる映画だから。初めて観た時に心の底から笑ったし、リバイバルで何度も観ていますが、観る毎に鑑賞後のお客さんが帰り路に笑顔でステップを踏んじゃう姿を見たりして、本当に多幸感溢れる映画だなって思うんです。ストーリーラインとしては、ちょうど映画がサイレントからトーキーに切り替わる時期を描いていて、物語として良くできている上に秀逸なコメディで、さらに豪華なミュージカルでもある。衣装もダンスもとてもポップでゴージャスでカラフルで。この映画を観ているととても幸せな気持ちになって、何度も元気をもらっています。映画を観て感動したり、映画から学ぶことも大切だけど、エンタテインメントが一番提供すべきものは、人を幸せにすることだと思っているんです。人を幸せにする映画はたくさんありますけど、その代表格として僕は『雨に唄えば』をおすすめします。
僕らも、そんな人を幸せにするアニメ作品を作らなくっちゃね!

マイソン:
貴重なお話をありがとうございました!

2022年10月7日取材 PHOTO&TEXT by Myson

トムス・エンタテインメント制作のアニメ

アニメ『LUPIN ZERO』

『LUPIN ZERO』
2022年12月16日(金)より配信開始
原作:モンキー・パンチ
監督:酒向⼤輔
シリーズ構成:⼤河内⼀楼
設定考証:⽩⼟晴⼀
キャラクターデザイン:⽥⼝⿇美
⾳楽:⼤友良英
アニメーション制作:テレコム・アニメーションフィルム
製作:トムス・エンタテインメント
公式サイト

モンキー・パンチ ©TMS

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ 『ネクスト・ゴール・ウィンズ』オリジナルトートバッグ 2名様プレゼント

映画『ウィッシュ』ポストイットパッド&ステッカーシート 3名様プレゼント

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』二階堂ふみ 二階堂ふみ【プロフィールと出演作一覧】

1994年9月21日生まれ。沖縄県出身。役所広司初監督作『ガマの油』(2009)のヒロイン役で…

映画『落下の解剖学』ザンドラ・ヒュラー/ミロ・マシャド・グラネール 落下の解剖学【レビュー】

雪山の山荘で暮らす家族に、ある日突然悲劇が起きます。目が不自由な息子ダニエルは…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  2. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  3. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  4. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮
  5. 映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム

PRESENT

  1. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  2. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
  3. 映画『パリ・ブレスト 〜夢をかなえたスイーツ〜』リアド・ベライシュ
PAGE TOP