取材&インタビュー

『うちの執事が言うことには』清原翔さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『うちの執事が言うことには』清原翔さんインタビュー

今回は本作で執事の役を演じた、清原翔さんに取材をさせて頂きました。モデルとしても活躍されている清原さんに、俳優とモデルのお仕事についていろいろとお聞きしました。

<PROFILE>
清原翔(きよはら しょう):衣更月蒼馬(きさらぎ そうま) 役
1993年2月2日生まれ、神奈川県出身。2013年より雑誌「MEN’S NON-NO」の専属モデルとして活躍。2016年より俳優活動を開始。主な出演作に、映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』『リベンジgirl』『PRINCE OF LEGEND』、ドラマ『いつまでも白い羽根』などがあり、NHK連続テレビ小説『なつぞら』(2019年4〜9月放送)にも出演中。映画『うちの執事が言うことには』では、主人公の執事、衣更月蒼馬役を好演。

俳優とモデルの仕事は全く違うけど、どちらも“表現”だと思います

映画『うちの執事が言うことには』清原翔さんインタビュー

マイソン:
執事を演じてみて新鮮だったことはありますか?

清原翔さん:
今まで動きに縛りがある役を演じることがあまりなかったので、そこは新鮮でした。見映え的に所作が綺麗じゃないといけないので、今回は細かい動作にも注意を払いました。この作品に携わった後は、以前より動き方を意識するようになったかも知れないですね。経験できて良かったです。

マイソン:
モデルさんもされているので、姿勢の取り方とかすごく役に立ったんじゃないですか?

清原翔さん:
どうなんですかね(笑)。でもスーツの撮影の時はこのくらいピシッとしますね。

映画『うちの執事が言うことには 』清原翔

マイソン:
執事の格好って特別な感じがしますが、演じる上で、衣装による効果は何か感じられましたか?

清原翔さん:
僕はずっとこの格好と髪型だったので多少なりともピシッとなるスイッチみたいな効果はあったと思います。格好自体が窮屈だったので、背筋が伸びる感じはありました。

マイソン:
終わった後はどんな感じでしたか?

清原翔さん:
腰を曲げたくてしょうがなかったです(笑)。

映画『うちの執事が言うことには 』

マイソン:ハハハハ(笑)。では、モデルと俳優それぞれのお仕事の魅力はどんなところですか?

清原翔さん:
単純にはっきり違うなと思うのは、モデル業は服がメインでそれをどうカッコ良く見せるかがメインですけど、俳優業は違う人の人生を生きたり、それぞれ見せるものが全く違うけど、どちらも“表現”だと思います。そこがおもしろいですね。

マイソン:
俳優のお仕事を始めてからご自身の中で何か変化や気付いたことはありましたか?

清原翔さん:
結構あります。モデル業は服がメインで撮られますけど、こうやって取材の際に写真を撮って頂く機会が増えて、僕自身がメインに撮られるのがなんだか恥ずかしいんですよね。

マイソン:
そういう感覚の違いもあるんですね。

映画『うちの執事が言うことには 』永瀬廉(King & Prince)/清原翔

清原翔さん:
そうですね。役のイメージで撮られる場合はまだ良いんですけど、自分自身を撮られるのは本当に慣れないです…。

マイソン:
なるほど〜。モデルさんとしても俳優さんとしても海外に行く可能性があると思うんですが、海外でお仕事をすることにご興味はありますか?

清原翔さん:
興味はあります。モデルだけやっていた時は、いつか海外のファッションショーに出てみたいという憧れがありました。役者としては何か縁があったら挑戦してみたいです。

マイソン:
ぜひ海外進出して頂きたいです!で、劇中で料理を作る設定がありましたが、普段料理を作ったりされますか?

映画『うちの執事が言うことには 』

清原翔さん:
しないですね。作ったとしても、鍋料理を作るくらいで、具材もカットされているのを買ってきちゃいます。

マイソン:
体型を維持しなければいけない時はどうされてるんですか?

清原翔さん:
今は痩せるより筋肉を付けることを意識しているのでささみとかを多めに食べるようにしています。筋力が足りないからこうなってしまったんだなと思う場面があったので、きちんと準備しておこうと思い立ったのと、単純に見た目が良いっていうのもありますね(笑)。ガンガン鍛えるわけではないですけど、それなりにあればと思って、ちょこちょこやっています。

マイソン:
筋肉はあって損はなさそうですものね。少し話題が変わりますが、好きな映画とか普段からよく観る映画のジャンルはありますか?

映画『うちの執事が言うことには 』永瀬廉(King & Prince)/清原翔/村上淳/原日出子

清原翔さん:
僕は邦画が結構好きなので、日本の作品ばかり観ていますね。伊坂幸太郎さんの作品がすごく好きで、実写化されている映画はほとんど観ています。

マイソン:
今は劇場で観るだけでなく、配信などでも観られますが、映画を観るなら…というこだわりはありますか?

清原翔さん:
あまりないかもです。スケジュール的に映画館に行く機会が減ってきてしまってて…。でも、やっぱりあの大きなスクリーンで良い設備で観ると、伝わるものも違ってくるのではないかと感じるので、なるべく劇場に行けたらと思ってます。特に単館上映の作品などは劇場で観たくなります。

マイソン:
映画館の雰囲気も含めて楽しむみたいな。

清原翔さん:
そうですね。環境も重要ですよね。

映画『うちの執事が言うことには 』清原翔

マイソン:
そうですね。あと本作含め、これまでいろいろ女子がキュンキュンする映画に出ていらっしゃいますが、逆に男性がキュンキュンする映画ってありますか?

清原翔さん:
僕達がキュンキュンするってことですよね?うーん…、パッとは思い浮かびませんが、あると思います。僕が学生の時にハマっていたのは、ラブコメ系だったので、そういうのはキュンキュンきていたんじゃないかと。

マイソン:
特に印象に残っている作品はありますか?

清原翔さん:
『ラブ☆コン』っていうアニメなんですけど、土日の夕方あたりにやっていて、遭遇率が高かったので観てました。

映画『うちの執事が言うことには』清原翔さんインタビュー

マイソン:
そうなんですね。じゃあ男子にもキュンキュンする作品はあるってことですね。では最後にトーキョー女子映画部の映画好き女子に向けて、本作のここを観て欲しいというポイントを教えてください。

清原翔さん:
いろいろあるんですけど、花穎(永瀬廉さんの役名)と衣更月(清原翔さんの役名)が決裂しちゃうシーンは特に注目して欲しいです。監督から「あのシーン良かったよ」と言って頂けたのと、物語上も鍵になるシーンと言えると思います。

マイソン:
わかりました。ありがとうございました!

2019年3月14日取材 PHOTO & TEXT by Myson

映画『うちの執事が言うことには 』永瀬廉(King & Prince)/清原翔/神宮寺勇太(King & Prince)

『うちの執事が言うことには』
2019年5月17日より全国公開
監督:久万真路
出演:永瀬廉(King & Prince)/清原翔/神宮寺勇太(King & Prince)
優希美青/神尾楓珠/前原滉/田辺桃子/矢柴俊博/村上淳
原日出子/嶋田久作/吹越満/奥田瑛二
配給:東映

名門と言われる烏丸家の御曹司である花穎は、18歳にして飛び級で大学を卒業し、5年ぶりに留学先から戻ってきた。彼は幼少時代から全幅の信頼を寄せていた老執事の鳳に会うのを心待ちにしていたが、朝目覚めた彼の前に現れたのは、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青年、衣更月蒼馬。父と老執事の鳳は屋敷におらず、2人の間には微妙な空気が流れる。それから数日経った頃、招待された芽雛川家でのパーティに出席した花穎。それ以降彼の周りで不可解な出来事が周りで起き始める…。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

©2019「うちの執事が言うことには」製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』 『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』10組20名様 一般試写会ご招待

映画『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』10組20名様 一般試写会ご招待

映画『草間彌生∞INFINITY』草間彌生 草間彌生∞INFINITY

以前から、草間彌生さんのことは知っていましたが、彼女の作品を実際に目の前にしたのは、数年前に東京国立近代美術館に行った時でした。そこで観た作品は「冥界への道標」…

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』ウィレム・デフォー ウィレム・デフォー

1955年アメリカ、ウィスコンシン州生まれ。1986年に出演した『プラトーン』でアカデミー賞にノミネート、『シャドウ・オブ・ヴァンパイア』では…

映画『アナと雪の女王2』ワールドブレミア 本編映像に観客から絶賛の嵐!イディナ・メンゼル&クリステン・ベルらが登場『アナと雪の女王2』ワールドプレミア

『アナと雪の女王』待望の最新作『アナと雪の女王2』が、11月22日より全国公開となります。世界中がその公開を待ち望むなか、先日ロサンゼルスにて本作のワールドプレミアが開催され、イディナ・メンゼル、クリステン・ベルらが登場しました。

映画『マレフィセント2』ジャパンプレミア、MIYAVI MIYAVI(みやび)

1981年、大阪府生まれ。“サムライ・ギタリスト”の異名を持つミュージシャン。ピックを使わずすべて指で弾くという独自のスタイルで世界中から注目を集め…

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』ウディ・ハレルソン/ジェシー・アイゼンバーグ/エマ・ストーン/アビゲイル・ブレスリン ゾンビランド:ダブルタップ

悲壮感が漂うゾンビモノもたくさんありますが、本作のメインキャラクターである、コロンバス、タラハシー、ウィチタ、リトルロックは、ゾンビの知識を豊富に持ち…

映画『閉鎖病棟—それぞれの朝—』渋川清彦 渋川清彦(しぶかわ きよひこ)

1974年7月2日、群馬県渋川市生まれ。“KEE”名義でモデルとして活動後、1998年『ポルノスター』で映画デビュー。2015年…

脳イメージ写真AC 退化させるわけにはいかん!脳を鍛え中

100歳まで生きるとリアルに想像し始めると、100歳まで楽しめる自分でいられるようにメンテナンスが必要…

映画『決算!忠臣蔵』堤真一/岡村隆史 決算!忠臣蔵

公式資料の言葉をそのまま借りると、本作は「大石内蔵助が実際に残した帳簿をもとに、忠臣蔵の予算を切り口としたコメディ」です。なので…

映画『マレフィセント2』ジャパンプレミア、サム・ライリー サム・ライリー

1980年イギリス、ヨークシャー州生まれ。2007年アントン・コービン監督の『コントロール』への出演で、数々の賞を受賞。有望な若手演技派として注目され、英国アカデミー賞ライジング・スター賞に輝く。2014年…

おすすめ記事

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』完成披露試写会舞台挨拶、竹野内豊 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 ルックス・セクシー部門編>

ついに国内俳優編ラストに突入!今回から国内40代&50代俳優についてのランキングを発表します。編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている40代から50代(1960年以降、1979年以前の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい下記30名を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。まずは、ルックス部門TOP20&セクシー部門TOP15を発表します!

映画『ドクター・スリープ』原作者:スティーヴン・キング これほど多く作品が映画化された作家はいない!スティーヴン・キング特集

2019年は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』、2020年1月には『ペット・セメタリー』と、立て続けにスティーヴン・キング原作の映画化が公開されます…

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

映画『50回目のファーストキス』完成披露試写会舞台挨拶、山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 総合ランキング>

今回は、いよいよ30代俳優の総合ランキングを発表します!20代の各部門ランキングに比べると、30代のランキングは部門毎で変動が多かった印象ですが、果たして総合ランキングはどのような結果になったのでしょうか?

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

トーキョー女子映画部ロゴ バックナンバーや一覧はこちら

まだまだたくさんの記事を掲載しています!それぞれの一覧から探してみてください。

REVIEW

  1. 映画『草間彌生∞INFINITY』草間彌生
  2. 映画『ゾンビランド:ダブルタップ』ウディ・ハレルソン/ジェシー・アイゼンバーグ/エマ・ストーン/アビゲイル・ブレスリン
  3. 映画『決算!忠臣蔵』堤真一/岡村隆史
    決算!忠臣蔵

  4. 映画『殺さない彼と死なない彼女』間宮祥太朗/桜井日奈子
  5. 映画『盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~』アーユシュマーン・クラーナー/タブー
  6. 映画『地獄少女』玉城ティナ
    地獄少女

  7. 映画『マイ・ビューティフル・デイズ』ティモシー・シャラメ
  8. 映画『ベル・カント とらわれのアリア』ジュリアン・ムーア/渡辺謙/加瀬亮
  9. 海外ドラマ『9-1-1 LA救命最前線 シーズン2』ピーター・クラウス/アンジェラ・バセット/オリヴァー・スターク/ジェニファー・ラヴ・ヒューイット/ライアン・グスマン
  10. 映画『影踏み』山崎まさよし/北村匠海
    影踏み

部活・イベント

  1. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  2. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  3. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  4. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP