取材&インタビュー

『うちの執事が言うことには』清原翔さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『うちの執事が言うことには』清原翔さんインタビュー

今回は本作で執事の役を演じた、清原翔さんに取材をさせて頂きました。モデルとしても活躍されている清原さんに、俳優とモデルのお仕事についていろいろとお聞きしました。

<PROFILE>
清原翔(きよはら しょう):衣更月蒼馬(きさらぎ そうま) 役
1993年2月2日生まれ、神奈川県出身。2013年より雑誌「MEN’S NON-NO」の専属モデルとして活躍。2016年より俳優活動を開始。主な出演作に、映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』『リベンジgirl』『PRINCE OF LEGEND』、ドラマ『いつまでも白い羽根』などがあり、NHK連続テレビ小説『なつぞら』(2019年4〜9月放送)にも出演中。映画『うちの執事が言うことには』では、主人公の執事、衣更月蒼馬役を好演。

俳優とモデルの仕事は全く違うけど、どちらも“表現”だと思います

映画『うちの執事が言うことには』清原翔さんインタビュー

マイソン:
執事を演じてみて新鮮だったことはありますか?

清原翔さん:
今まで動きに縛りがある役を演じることがあまりなかったので、そこは新鮮でした。見映え的に所作が綺麗じゃないといけないので、今回は細かい動作にも注意を払いました。この作品に携わった後は、以前より動き方を意識するようになったかも知れないですね。経験できて良かったです。

マイソン:
モデルさんもされているので、姿勢の取り方とかすごく役に立ったんじゃないですか?

清原翔さん:
どうなんですかね(笑)。でもスーツの撮影の時はこのくらいピシッとしますね。

映画『うちの執事が言うことには 』清原翔

マイソン:
執事の格好って特別な感じがしますが、演じる上で、衣装による効果は何か感じられましたか?

清原翔さん:
僕はずっとこの格好と髪型だったので多少なりともピシッとなるスイッチみたいな効果はあったと思います。格好自体が窮屈だったので、背筋が伸びる感じはありました。

マイソン:
終わった後はどんな感じでしたか?

清原翔さん:
腰を曲げたくてしょうがなかったです(笑)。

映画『うちの執事が言うことには 』

マイソン:ハハハハ(笑)。では、モデルと俳優それぞれのお仕事の魅力はどんなところですか?

清原翔さん:
単純にはっきり違うなと思うのは、モデル業は服がメインでそれをどうカッコ良く見せるかがメインですけど、俳優業は違う人の人生を生きたり、それぞれ見せるものが全く違うけど、どちらも“表現”だと思います。そこがおもしろいですね。

マイソン:
俳優のお仕事を始めてからご自身の中で何か変化や気付いたことはありましたか?

清原翔さん:
結構あります。モデル業は服がメインで撮られますけど、こうやって取材の際に写真を撮って頂く機会が増えて、僕自身がメインに撮られるのがなんだか恥ずかしいんですよね。

マイソン:
そういう感覚の違いもあるんですね。

映画『うちの執事が言うことには 』永瀬廉(King & Prince)/清原翔

清原翔さん:
そうですね。役のイメージで撮られる場合はまだ良いんですけど、自分自身を撮られるのは本当に慣れないです…。

マイソン:
なるほど〜。モデルさんとしても俳優さんとしても海外に行く可能性があると思うんですが、海外でお仕事をすることにご興味はありますか?

清原翔さん:
興味はあります。モデルだけやっていた時は、いつか海外のファッションショーに出てみたいという憧れがありました。役者としては何か縁があったら挑戦してみたいです。

マイソン:
ぜひ海外進出して頂きたいです!で、劇中で料理を作る設定がありましたが、普段料理を作ったりされますか?

映画『うちの執事が言うことには 』

清原翔さん:
しないですね。作ったとしても、鍋料理を作るくらいで、具材もカットされているのを買ってきちゃいます。

マイソン:
体型を維持しなければいけない時はどうされてるんですか?

清原翔さん:
今は痩せるより筋肉を付けることを意識しているのでささみとかを多めに食べるようにしています。筋力が足りないからこうなってしまったんだなと思う場面があったので、きちんと準備しておこうと思い立ったのと、単純に見た目が良いっていうのもありますね(笑)。ガンガン鍛えるわけではないですけど、それなりにあればと思って、ちょこちょこやっています。

マイソン:
筋肉はあって損はなさそうですものね。少し話題が変わりますが、好きな映画とか普段からよく観る映画のジャンルはありますか?

映画『うちの執事が言うことには 』永瀬廉(King & Prince)/清原翔/村上淳/原日出子

清原翔さん:
僕は邦画が結構好きなので、日本の作品ばかり観ていますね。伊坂幸太郎さんの作品がすごく好きで、実写化されている映画はほとんど観ています。

マイソン:
今は劇場で観るだけでなく、配信などでも観られますが、映画を観るなら…というこだわりはありますか?

清原翔さん:
あまりないかもです。スケジュール的に映画館に行く機会が減ってきてしまってて…。でも、やっぱりあの大きなスクリーンで良い設備で観ると、伝わるものも違ってくるのではないかと感じるので、なるべく劇場に行けたらと思ってます。特に単館上映の作品などは劇場で観たくなります。

マイソン:
映画館の雰囲気も含めて楽しむみたいな。

清原翔さん:
そうですね。環境も重要ですよね。

映画『うちの執事が言うことには 』清原翔

マイソン:
そうですね。あと本作含め、これまでいろいろ女子がキュンキュンする映画に出ていらっしゃいますが、逆に男性がキュンキュンする映画ってありますか?

清原翔さん:
僕達がキュンキュンするってことですよね?うーん…、パッとは思い浮かびませんが、あると思います。僕が学生の時にハマっていたのは、ラブコメ系だったので、そういうのはキュンキュンきていたんじゃないかと。

マイソン:
特に印象に残っている作品はありますか?

清原翔さん:
『ラブ☆コン』っていうアニメなんですけど、土日の夕方あたりにやっていて、遭遇率が高かったので観てました。

映画『うちの執事が言うことには』清原翔さんインタビュー

マイソン:
そうなんですね。じゃあ男子にもキュンキュンする作品はあるってことですね。では最後にトーキョー女子映画部の映画好き女子に向けて、本作のここを観て欲しいというポイントを教えてください。

清原翔さん:
いろいろあるんですけど、花穎(永瀬廉さんの役名)と衣更月(清原翔さんの役名)が決裂しちゃうシーンは特に注目して欲しいです。監督から「あのシーン良かったよ」と言って頂けたのと、物語上も鍵になるシーンと言えると思います。

マイソン:
わかりました。ありがとうございました!

2019年3月14日取材 PHOTO & TEXT by Myson

映画『うちの執事が言うことには 』永瀬廉(King & Prince)/清原翔/神宮寺勇太(King & Prince)

『うちの執事が言うことには』
2019年5月17日より全国公開
監督:久万真路
出演:永瀬廉(King & Prince)/清原翔/神宮寺勇太(King & Prince)
優希美青/神尾楓珠/前原滉/田辺桃子/矢柴俊博/村上淳
原日出子/嶋田久作/吹越満/奥田瑛二
配給:東映

名門と言われる烏丸家の御曹司である花穎は、18歳にして飛び級で大学を卒業し、5年ぶりに留学先から戻ってきた。彼は幼少時代から全幅の信頼を寄せていた老執事の鳳に会うのを心待ちにしていたが、朝目覚めた彼の前に現れたのは、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青年、衣更月蒼馬。父と老執事の鳳は屋敷におらず、2人の間には微妙な空気が流れる。それから数日経った頃、招待された芽雛川家でのパーティに出席した花穎。それ以降彼の周りで不可解な出来事が周りで起き始める…。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

©2019「うちの執事が言うことには」製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『呪呪呪/死者をあやつるもの』オム・ジウォン/チョン・ジソ 呪呪呪/死者をあやつるもの

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』『新感染半島 ファイナル・ステージ』や、Netflixオリジナルドラマ『地獄が呼んでいる』のヨン・サンホ監督が、原作、脚本を務める本作…

映画『イニシェリン島の精霊』ブレンダン・グリーソン ブレンダン・グリーソン

1955年3月29日アイルランド、ダブリン生まれ。1995年『ブレイブハート』の出演をきっかけに…

映画『コンパートメントNo.6』セイディ・ハーラ 映画に隠された恋愛哲学とヒント集71:住む世界が違う相手との恋愛

憧れの相手と相思相愛になりつつも、実際に交際してみると、相手と“住む世界”が違うと感じることだってあり得ます。今回は、そんな恋愛に心の折り合いをつけていく主人公の物語『コンパートメントNo.6』を例に考えてみました。

映画『Sin Clock』窪塚洋介 Sin Clock

会社をクビになり、離婚して息子とも離れて暮らす主人公の高木(窪塚洋介)は…

海外ドラマ『ウォーキング・デッド ファイナル・シーズン』ジェフリー・ディーン・モーガン ジェフリー・ディーン・モーガン

1966年4月22日アメリカ生まれ。1991年に『赤いドレスの女』でデビュー。テレビを中心にキャリ…

映画『FALL/フォール』グレイス・フルトン どっちも勘弁!高さの恐怖と深さの恐怖特集

今回は、高さや深さで魅せる映画をご紹介。高い、低い、深いというシンプルな設定だけで、こんなにドラマチックになるのだなと感心します。

映画『七人の秘書 THE MOVIE』室井滋 室井滋(むろい しげる)

1958年10月22日生まれ。富山県出身。 1981年、『風の歌を聴け』でデビュー。『居酒屋ゆうれい』(1995)…

映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ 崖上のスパイ

『紅いコーリャン』をはじめ、数々の大ヒット作を手掛けてきたチャン・イーモウ監督が手掛けた本格スパイ・サスペンス。1934年…

中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン 『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『君だけが知らない』キム・ガンウ キム・ガンウ

1978年7月11日、韓国生まれ。2001年にドラマ『あなたは愛と言う 私は欲望だと思う』でデビュー。映画『シルミド』…

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

映画『恋とニュースのつくり方』レイチェル・マクアダムス 新年にやる気がわくサクセスストーリー特集

今回は、新年にやる気がわくサクセスストーリーのオススメ作品を正式部員の皆さんから募りました。素敵なサクセスストーリーを観て、やる気をアップしましょう!

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ トーキョー女子映画部が選ぶ 2022年ベスト10

年末恒例の本企画は、今回から作品はBEST10に変更、俳優はMVPとして1名選出することにしましたマイソンとシャミがそれぞれ選んだ作品を、ぜひ冬休みにご覧ください。

映画『ドリーム・ホース』トニ・コレット 十数億円を稼ぐ名馬を逃す!?リアル一口馬主が語る醍醐味&新人騎手『ドリーム・ホース』に感動のコメント!!

実は日本でもジャンのように馬主になれるってご存じでしたか?今回は『ドリーム・ホース』をリアル体験中ともいえる…

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』メイキング、ジェームズ・キャメロン監督、サム・ワーシントン 映画好きが選んだジェームズ・キャメロン監督人気作品ランキング

『ターミネーター』『タイタニック』『アバター』など、数々の名作を手掛てきたジェームズ・キャメロン。今回は、これまでジェームズ・キャメロンが監督を務めた作品で、どの作品が好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『呪呪呪/死者をあやつるもの』オム・ジウォン/チョン・ジソ
  2. 映画『Sin Clock』窪塚洋介
    Sin Clock

  3. 映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ
  4. 映画『スクロール』北村匠海/中川大志
    スクロール

  5. 映画『エゴイスト』鈴木亮平/宮沢氷魚
    エゴイスト

  6. 映画『バビロン』ブラッド・ピット/ディエゴ・カルバ
    バビロン

  7. 映画『すべてうまくいきますように』ソフィー・マルソー/アンドレ・デュソリエ
  8. 映画『バイオレント・ナイト』デヴィッド・ハーバー/アレックス・ハッセル
  9. 映画『ピンク・クラウド』ヘナタ・ジ・レリス
  10. 映画『金の国 水の国』

PRESENT

  1. 中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン
  2. 映画『レッドシューズ』朝比奈彩
  3. 映画『いつかの君にもわかること』ジェームズ・ノートン/ダニエル・ラモント
PAGE TOP