アンケート特集

『セックス・アンド・ザ・シティ』ドラマ版鑑賞度とハイブランド所有に関連はある?【映画研究】映画人心解剖13

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』サラ・ジェシカ・パーカー/キム・キャトラル/クリスティン・デイビス/シンシア・ニクソン

前回に引き続き『セックス・アンド・ザ・シティ』のアンケートをもとに、調査結果を報告します。

『セックス・アンド・ザ・シティ』を観ていると、たくさんのハイブランドが出てきます。素人が持つには難しそうなアイテムから、自分も欲しいと思うアイテムまで出てくるわけですが、本シリーズを観ている方達は、少なからずハイブランドへの憧れや親近感があるのではないかという仮説を立てて分析しました。

そこで、ブランドは知名度の高さや女子が好きそうなブランドをランダムに選んで、所有しているかどうかを聞いてみました。コスメや香水を含む所有、複数選択可で答えてもらいました。

今回の回答者の年齢層割合です。
15歳以上20歳未満 0.39%
20歳以上25歳未満 6.64%
25歳以上30歳未満 6.64%
30歳以上35歳未満 12.11%
35歳以上40歳未満 9.38%
40歳以上45歳未満 15.63%
45歳以上50歳未満 11.72%
50歳以上60歳未満 24.22%
60歳以上 13.28%

まずは所有ブランドの回答によるクラスター分析の結果です。

【映画研究】映画人心解剖13:『セックス・アンド・ザ・シティ』ドラマ版鑑賞度とハイブランド所有に関連はある?
KHcorderによるクラスター分析の結果

次に『セックス・アンド・ザ・シティ』ドラマ版の視聴度との関連を見るために、対応分析を行いました。

【映画研究】映画人心解剖13:『セックス・アンド・ザ・シティ』ドラマ版鑑賞度とハイブランド所有に関連はある?
KHcorderによる対応分析の結果

横軸、縦軸の0から伸びる点線が交わるところが原点です。原点から各赤字のグループの方向に放射線状に見て、遠くにあればあるほど、そのグループの特徴語といえます。左上側「全話観た」のグループのみ、ジミーチュウとクロエが特徴的であると読み取れます。他のグループはあまり特徴的なブランドは見受けられません。

ブランド毎の本来の人気ももちろんあるでしょうし、劇中で登場したブランドの中でどのブランドが印象的だったかは視聴者によって異なります。私はリアルタイムで観ていたので、若干記憶が遠のいていますが、キャリーがマノロ ブラニクの靴をすごく崇めていたのは印象に残っています。そして、ジミーチュウもお気に入りとしてよく出てきていたイメージです。

劇中で出てきたからといって、キャリー達を真似して同じブランドを買うところまではいかなくとも、ニューヨークでバリバリ働く女性達がブランドものを使いこなす姿は、日本の多くの女性達にも輝いて見えたのではないでしょうか。本シリーズはTPOに合わせた使いこなし方も出てくるので、お手本の1つとなった印象もあります。

最後にドラマ鑑賞にまつわる調査結果もご報告。

みんなはドラマを何で観てる?

【映画研究】映画人心解剖13:『セックス・アンド・ザ・シティ』アンケート:ドラマ鑑賞時主要デバイス

配信で観るとしてもテレビで観ている方が約7割です。

テレビ、DVDプレイヤーを持っている人って本当に減ったの?

【映画研究】映画人心解剖13:『セックス・アンド・ザ・シティ』アンケート:テレビと再生機所有

今回の回答者でいうと、ほとんどの方はテレビや再生機を持っていました。年齢層で観ても、テレビがない人は、20代前半から60代までに点在していて、年齢が若いから持っていない、年齢層が高いから持っているという構図でもありませんでした。

一人暮らしではない:  テレビある 181名 / テレビない 9名
一人暮らし :      テレビある59名 /  テレビない7名
となっており、一人暮らしだからテレビを持っていないというわけではなさそうです。

ただし、テレビと再生機の所有については、そもそもトーキョー女子映画部正式部員の皆さんは映画好きというところで、ブルーレイやDVDを持っていたり、配信で映画を観るとしてもなるべく大きな画面で観たいと思う方が多いと考えられます。そもそもテレビや再生機の使用可能性が高い属性を持っているということです。なので、映画好きという属性に影響されない人を対象に調査をした場合は別の結果が出てくるかもしれません。

たかが映画(ドラマ)好き、されど映画(ドラマ)好き、といっても、こうして調査、分析してみると、ファンの生活や嗜好や見えてくるようで興味深いです。今後もいろいろな調査・分析を行っていきますので、ちょっとマニアックなコーナーではありますが、ぜひご覧いただければ嬉しいです。

データ:『セックス・アンド・ザ・シティ』における人気実態調査
回答期間:2023/11/17〜12/4 10:00AM
回答数:10代を含む名の女性256名

セックス・アンド・ザ・シティ

DVD『セックス・アンド・ザ・シティ』完全版 2-Film&TVシリーズ コンプリートBOXセット:出演:サラ・ジェシカ・パーカー/キム・キャトラル/クリスティン・デイビス/シンシア・ニクソン/クリス・ノース

R-15+
製作総指揮︓ダーレン・スター/マイケル・パトリック・キング/サラ・ジェシカ・パーカー他
出演:サラ・ジェシカ・パーカー/キム・キャトラル/クリスティン・デイビス/シンシア・ニクソン/クリス・ノース

DVD『セックス・アンド・ザ・シティ』完全版 2-Film&TVシリーズ コンプリートBOXセット:出演:サラ・ジェシカ・パーカー/キム・キャトラル/クリスティン・デイビス/シンシア・ニクソン/クリス・ノース

【初回限定⽣産】セックス・アンド・ザ・シティ 完全版 2-Film&TVシリーズ
コンプリートBOX セット(ブルーレイ2 枚組&DVD19 枚組/豪華封⼊特典付)
2023年12⽉6⽇発売中
¥32,780(税込)
発売元︓ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
販売元︓NBC ユニバーサル・エンターテイメント

Amazonで購入する

HBO® and related channels and service marks are the property of Home Box Office,
Inc. © 2023 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

ドラマ全章&新章・劇場版2作・ドキュメンタリーすべてU-NEXTで観る  

TEXT & ANALYSIS by Myson(武内三穂)

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2023年12月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット 『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李 52ヘルツのクジラたち【レビュー】

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を映画化した本作は、声に出して助けを求められない孤独な人々が出会い…

映画『夜明けのすべて』上白石萌音 上白石萌音【プロフィールと出演作一覧】

1998年1月27日生まれ。鹿児島県出身。2011年、第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞。同年…

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李
  2. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  3. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  4. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  5. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮

PRESENT

  1. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  2. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  3. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
PAGE TOP