特集

後味スッキリ派かモヤモヤ派か、鑑賞頻度で異なる?【映画研究】映画人心解剖2

  • follow us in feedly
  • RSS
Netflix映画『グッド・ナース』ジェシカ・チャステイン/エディ・レッドメイン

観た後にスッキリする映画と、モヤモヤが残る映画ってありますよね。今回はその2つのタイプについて、鑑賞頻度によって好みが変わるのか調べてみました。

データ:映画研究1アンケート
回答期間:2022/5/26 18:00〜2022/6/26 23:59
回答数:10代を含む195名の女性
<方法>
アンケートの中で、「Q:観終わった後、強いていうとしたら、どちらの感覚になるのが好きですか?」という質問に、「スッキリ」「モヤモヤ」の2択で答えていただきました。
さらに、「Q:あなたが1番頻繁に映画を観ていた頃の鑑賞頻度を教えてください。※映画館か配信かなどは問いません。」という質問で、下記の4択から選んでいただきました。
・年に1,2作品
・月に1,2作品
・週に1,2作品
・ほぼ毎日
上記の結果から、カイ二乗検定を行い、下記のように解釈しました。

映画と人の研究2:映画と人の研究2:スッキリ好きかモヤモヤ好きか、鑑賞頻度で異なる?カイ二乗検定結果

表の数字の後に▽もしくは▲が付いているところは、有意ということを示しています。統計学的な表現なので少々わかりづらいですが、ざっくりいうと文字通り「有意=意味がある」ということです。
表を見ていただくと、「ほぼ毎日」「月に1、2作品」観る人は、「スッキリ」を好む人も「モヤモヤ」を好む人もいずれかの三角がついています。これはこの結果には意味があるということです。

「ほぼ毎日」映画を観ていて「スッキリ」を好む人は、▽(=有意に少ない)が付いています。一方、同じ「ほぼ毎日」映画を観ていて「モヤモヤ」を好む人は、▲(=有意に多い)が付いています。ということは、「ほぼ毎日」映画を観る人に「スッキリ」を好む人が少ないことには意味があると解釈できそうです。逆にいうと、「ほぼ毎日」映画を観る人に「モヤモヤ」を好む人が多いことには意味があると解釈できます。

映画『チケット・トゥ・パラダイス』ジュリア・ロバーツ/ジョージ・クルーニー

そして、「月に1、2作品」観ていて「スッキリ」を好む人は、▲(=有意に多い)、「モヤモヤ」を好む人は、▽(=有意に少ない)が付いています。これにも意味があるということです。

「ほぼ毎日」映画を観る人と、「月に1、2作品」観る人では、「スッキリ」を好む人、「モヤモヤ」を好む人の傾向が逆であることがわかりました。一般的に「月に1、2作品」でも、映画を観る頻度は高いといえます。ただ、「ほぼ毎日」と比較すると、「ほぼ毎日」のほうが圧倒的に頻度が高いといえます。そう考えると、頻度が鑑賞後の後味の好みに関係しているといえそうです。そこから「ほぼ毎日」映画を観る人と、「月に1、2作品」観る人のスタンス、映画鑑賞に求めるものが異なると解釈しました。

この分析から背景まで探ることはできませんが、今回の結果から「ほぼ毎日」映画を観る人は気分転換に映画を観ることはあるにしても、基本的に映画を観ることで物事や人について考察したり、そこから何かを得ようというスタンスで観ているという新たな仮説を立てられます。一方、「月に1、2作品」観る人は主に気分転換として映画鑑賞をしていて「スッキリ」を好む傾向が強いという仮説も立てられます。

ここで立てた新たな仮説については、別途また調査、分析してみたいと思います。

後味スッキリ派の皆さん、モヤモヤ派の皆さん、上記の分析結果と新たな仮説についてどう思われますでしょうか?ご自身がどちらを好むかにどんな理由があるのかこれを機に考えてみると、一層好みの映画を選びやすくなるかもしれません。

Netflix映画『グッド・ナース』ジェシカ・チャステイン/エディ・レッドメイン

『グッド・ナース』
2022年10月21日より一部劇場にて公開中/10月26日よりNetflixにて配信中
劇場用公式サイト Netflix公式サイト
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

事件は解決しますが、真相は謎の部分を残します。観た後に自分であれこれ考えるおもしろさがあります。

映画『チケット・トゥ・パラダイス』ジュリア・ロバーツ/ジョージ・クルーニー

『チケット・トゥ・パラダイス』
2022年11月3日より全国公開中
公式サイト
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

観てスッキリ、気持ちもハッピーになるハリウッドの王道ラブコメ。

© 2022 Universal Studios. All Rights Reserved.

TEXT & ANALYSIS by Myson(武内三穂)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

海外ドラマ『グレイズ・アナトミー シーズン19』スコット・スピードマン スコット・スピードマン【プロフィールと出演作一覧】

1975年9月1日生まれ。イギリス、ロンドン出身。 主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『ザ・タワー』
  2. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  3. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  4. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー
  5. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP