キッズ&ティーン向き映画判定

トーキョー親子映画部

  • follow us in feedly
  • RSS
トーキョー親子映画部(in トーキョー女子映画部)

キッズやティーンの頃に観る映画は、大きな影響があります。良い映画から良い影響を受けるのはもちろんですが、暗い、辛い物語の映画からも得るものがあったり、映画は鑑賞の仕方次第でステキな経験をもたらしてくれます。
【トーキョー親子映画部】では、子ども向けの映画をご紹介するというよりも、お子さんにオススメの映画、親子で一緒に観て考えて欲しい映画、ティーンのお子さんが自分で作品選びをするようになったらちょっと注意が必要な映画…という目線で、いろいろな作品をご紹介していきます。

これまでの特集一覧(2017年以前に掲載:旧デザインのページに飛びます)

アニメ映画豊作時代!ティーンの反応は? 昨年大盛り上がりだったアニメ映画界!2017年もまだまだその勢いは止まりませんよ。そこで今回は、トーキョー女子映画部の10代のユーザーに、今どのアニメ映画が一番観たいかアンケートを採りました。そのほか、今後注目のアニメ映画もご紹介!…特集

10代女子が選んだ“今一番イケてる俳優” 今若手俳優達が映画界で大活躍中!そこで今回、トーキョー女子映画部のティーンの皆さんに今どの俳優に注目しているのか調査しました。話題の人気俳優がたくさんいますが、そのなかでも特に好きなのは誰?…特集

今、ティーンにウケる映画ってどんなの?10代女子の本音 2017年はティーンムービーが大盛況!春までの公開作品だけでも、盛りだくさんです。そこで今回、トーキョー女子映画部の10代のユーザーに何が一番観たいかアンケートを採ってみました。同世代の彼らはどの映画により注目しているのでしょうか?…特集

短編映画『ERASER WARS』AKIRA監督&artegg-yumiさん親子にメールインタビュー 2017年3月2日より開催の“ゆうばり国際ファンタスティック映画祭”で上映が決定している短編映画『ERASER WARS』を撮った、現在中学1年生のAKIRA監督と、監督の母で、ご自身も映画製作を行っているartegg-yumiさんにメールにて親子インタビューをさせて頂きました!中学生にして映画監督を務めることとなった経緯や、制作過程でどんな親子のやり取りがあったのか直撃…特集

癒されたり、励まされたり、動物映画は見どころいっぱい! 2016年は、動物が活躍する映画がたくさん公開されます。そこで今回は要注目の作品をご紹介します…特集

親子映画部第2回部活『ミニオンズ』ドルビーアトモス体験 今回で第2回目となる親子映画部の部活では、“空間に音を配置する”画期的な音響技術、ドルビーアトモスで『ミニオンズ』を観て頂きました。映画を観る前に、ヘリコプターが飛ぶ音で、ドルビーアトモスの場合、そうでない場合の音声の聞き比べをしてもらいましたが、ドルビーアトモスで制作された音声はまるで頭上にヘリコプターが飛んでいるような臨場感で…特集

『アマゾン大冒険~世界最大のジャングルを探検しよう!~』ナレーター田中直樹オフィシャルインタビュー 世界最大面積を誇る熱帯雨林ジャングル、アマゾンをフランス人ティエリー・ラコベール監督が2年の歳月を費やし撮影に挑んだアドベンチャー大作『アマゾン大冒険~世界最大のジャングルを探検しよう!~』。そんな本作のナレーションを務めたココリコの田中直樹のオフィシャルインタビューを掲載…特集

親子映画部第1回部活『ティーン・ビーチ・ムービー』 ついに初の親子部活を実施しました!今回はお子さんの年齢は小学校高学年をメインに集まって頂き、保護者の方にも一緒に観て頂きました。最後は子供たちだけでミニ座談会をしてみましたが、みなさん改まって発言するのは恥ずかしかったようで(笑)、一言ずつ印象に残るシーンを発表してもらい、あとはアンケートにて答えて頂きました…特集

氷上で行われた会見でディズニー初の女性監督が涙『アナと雪の女王』 ★映画『アナと雪の女王』来日記者会見、クリス・パック監督、ジェニファー・リー監督、ピーター・デル・ヴェッコ(プロデューサー)、神田沙也加(日本語吹替声優:アナ役)、本田望結&紗来(応援ゲスト)…取材リポート

大物俳優に負けず劣らず、子ども声優が大活躍『ジョバンニの島』 ★映画『ジョバンニの島』初日舞台挨拶、市村正親、仲間由紀恵、横山幸汰、谷合純矢、杉田成道(原作、脚本)、西久保瑞穂監督…取材リポート

小学生は鑑賞料0円!『ハロー!純一』小学生キャストが司会の記者会見 ★映画『ハロー!純一』記者会見、満島ひかり、森下能幸、森岡龍、加部亜門(子役)石井克人監督、芳岡篤史監督、川口花乃子監督他…取材リポート

恐竜博士もビックリ!今も生きているかのような恐竜の映像が観られる『ウォーキング with ダイナソー』 映画『ウォーキング with ダイナソー』木梨憲武(声優)、鈴木福(ダイナソーこども大使)、真鍋真(日本語版監修、国立科学博物館・研究主幹)…記者会見リポート

かわいいだけじゃ務まらない!名子役特集Vol.1
子どもたちが登場する映画に癒されたり、笑ったり、涙したり…。子役にしか出せない味があります…特集

『ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ』ミコ・フォーガティさん&お母様サトコさんに親子インタビュー! 今回は映画『ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ』に出演しているバレリーナのミコ・フォーガティさんとそのお母様のサトコさんに親子インタビューしました。映画の撮影当時は12歳でまだあどけない感じが残る小さなかわいい女の子でしたが…特集

子ども向け映画イベントに行ってみよう! 各国から子ども向けの名作を集めて上映しているキンダー・フィルム・フェスティバルや、子ども向け映画を年齢別、上映時間等で検索できるサイト【こども映画プラス】こちらをCHECK…特集

キッズ向け夏休み映画特集2013 子どもたちの夏休みは長いので、いろいろとイベントを用意してあげたいところですよね。涼しいところで観られる映画はそんな夏のおでかけにピッタリです。今年の夏は何を観ようか迷ったら、こちらをCHECK…特集 『モンスターズ・ユニバーシティ』『忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段』『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』ほか

大人より過酷で残酷 ティーンたちの日常  子どもから大人へと変化する10代は、生きるのが難しい。無垢だからこそ美しく、無垢だからこそ残酷なティーンだけの世界。大人の前で見せる子どもたちの姿は、ホンモノでしょうか?
この特集では、ティーンたちの日常や、心の闇に迫る作品をご紹介します。…特集ページへ 『ウィ・アンド・アイ』『スプリング・ブレイカーズ』『ふがいない僕は空を見た』『ヒミズ』ほか

親の思い、子どもの本音…親子で観たい『ヒックとドラゴン』 TV シリーズ『ヒックとドラゴン~バーク島の冒険~カートゥーン ネットワークにて毎週日曜放送
2010年公開映画『ヒックとドラゴン』では、ヒックがトゥースというドラゴンと出会い、尾翼を怪我して飛べずにいたトゥースを助けたことで友情が芽生え、ドラゴンと共生するために奮闘する姿が描かれていました。屈強なバイキングの族長である父と、父とは正反対とも言える息子の葛藤…特集ページへ

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

Netflix映画『ラストデイズ・オブ・アメリカン・クライム』エドガー・ラミレス ラストデイズ・オブ・アメリカン・クライム

本作は、リック・リメンダーとグレッグ・トッキーニのグラフィックノベルを原作に、『トランスポーター3 アンリミテッド』や『96時間/リベンジ』などを手掛けたオリヴィエ・メガトン監督が映画化。舞台は…

映画『SKIN/スキン』ジェイミー・ベル SKIN/スキン

本作の前に作られた短編も観ることができたのですが、短い間にドラマが凝縮されていて、この物語が伝えたいことがバシッと表現された衝撃的なラストに圧倒されました。そして、その世界に存在する…

映画『WAVES/ウェイブス』ケルヴィン・ハリソン・Jr/テイラー・ラッセル WAVES/ウェイブス

2部構成となっている本作の前半は“タイラーの罪”と題して、裕福な家庭に長男として生まれたタイラーの物語が綴られています。一家が裕福であるのは父の苦労と努力の…

映画『ルース・エドガー』ナオミ・ワッツ/オクタヴィア・スペンサー/ケルヴィン・ハリソン・Jr. ルース・エドガー

人種差別に関する映画はたくさんありますが、こういった視点のものはあまりなかったのではないでしょうか。勉強もスポーツも万能で…

水間ロン、アーティスト写真 『燕 Yan』水間ロンさんインタビュー

日本と台湾の高雄を舞台に、離ればなれになった家族がそれぞれの苦しく切ない感情を抱えながら、もがき成長する姿が描かれたヒューマンドラマ『燕 Yan』。今回は本作で初主演を飾り、さらに企画と脚本にも携わっている水間ロンさんにリモート取材させて頂きました。企画段階から本作へ参加した感想や、また、水間さん自身、中国の大連出身で、日本の大阪育ちという経歴をお持ちということで、ご自身のアイデンティティ形成についても聞いてみました。

映画『罪と女王』トリーヌ・ディルホム/グスタフ・リン 罪と女王

いや〜いろんな意味でゾッとしました。それくらいドラマチックで、映画だからこそ描ける“罪”であって欲しい衝撃的な内容です。主人公は…

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

映画『燕 Yan』水間ロン 水間ロン(みずま ろん)

1989年生まれ。中国、大連出身、大阪育ち。大学を卒業後に上京し、俳優活動を始める。主なテレビドラマ出演作に…

映画『生きてるだけで、愛。』趣里/菅田将暉 心理学から観る映画12-2:自己注目が抑うつを引き起こす

人間というものを理解しようとする時、“自己”という概念がとても重要になります。自分をどう認知しているか、自分をどう見せたいか、自分はどう見られていると思うか…など、あらゆる視点やとらえ方が、心の健康及び病に影響をもたらします。そこで今回は自己注目と抑うつの関係について考察します。

映画『未成年』キム・ヘジュン/パク・セジン 未成年

不倫の末に妊娠してしまった女性の子どもと、不倫相手の娘が高校で同級生というなさそうでありそうな…

おすすめ記事

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

映画『レヴェナント:蘇えりし者』ジャパンプレミア、レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 演技力部門編>

今回は演技力部門のランキングを発表します!これだけ演技派揃いの俳優の中でトップに輝いたのは誰だった…

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ禍のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ禍の映画生活について、調査しました。

銃イメージ画像 あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『レオン』

「勝手にキャスティング企画!」第3回は『レオン』。まだ子役だったナタリー・ポートマンが、当時から可愛くて、演技も素晴らしく、虜になった方も多かったのではないでしょうか?今回はそんな本作をリメイクするとしたら、ジャン・レノが演じたレオン・モンタナ、ナタリー・ポートマンが演じたマチルダ・ランドーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『エジソンズ・ゲーム』ベネディクト・カンバーバッチ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 個性・ユーモア部門編>

今回は個性・ユーモア部門のランキングを発表します。どの俳優もなかなかの個性派ですが、果たして結果はどうなったのでしょうか!?

映画『ケープタウン』来日会見、オーランド・ブルーム イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 ルックス・セクシー部門編>

今回からイイ男セレクションランキング海外40代俳優編の結果を発表!編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている海外40代(1971年以降、1980年以前の生まれ=数え年で40代)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい方を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。まずは、ルックス・セクシー部門の結果を発表します!

映画『アトミック・ブロンド』シャーリーズ・セロン 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜アクション俳優編〜

楽しい妄想シリーズとして、新たに「1日あの人になってみたい!」企画をスタート。第1弾は“アクション俳優編”です。皆さんがもし1日だけアクション俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想しながら回答頂きました!

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『タイタニック』

「勝手にキャスティング企画!」第2回は『タイタニック』。名作中の名作で、日本でも一大ムーブメントを起こしたあの頃が懐かしいですね。今回はそんな本作をリメイクするとしたら、レオナルド・ディカプリオが演じたジャック・ドーソン、ケイト・ウィンスレットが演じたローズ・デウィット・ブカターを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『ルーム』ブリー・ラーソン/ジェイコブ・トレンブレイ ここが手掛ける映画は間違いない!映画好き女子が選んだ【A24】ランキング

皆さんは“A24”というスタジオをご存知でしょうか?「あれもこれもここが手掛けたの!」と驚くほど、…

REVIEW

  1. Netflix映画『ラストデイズ・オブ・アメリカン・クライム』エドガー・ラミレス
  2. 映画『SKIN/スキン』ジェイミー・ベル
    SKIN/スキン

  3. 映画『WAVES/ウェイブス』ケルヴィン・ハリソン・Jr/テイラー・ラッセル
  4. 映画『ルース・エドガー』ナオミ・ワッツ/オクタヴィア・スペンサー/ケルヴィン・ハリソン・Jr.
  5. 映画『罪と女王』トリーヌ・ディルホム/グスタフ・リン
    罪と女王

  6. 映画『未成年』キム・ヘジュン/パク・セジン
    未成年

  7. 映画『アンティークの祝祭』カトリーヌ・ドヌーヴ
  8. 映画『デッド・ドント・ダイ』ビル・マーレイ/アダム・ドライバー/クロエ・セヴィニー
  9. 映画『エジソンズ・ゲーム』ベネディクト・カンバーバッチ
  10. 映画『ポップスター』ナタリー・ポートマン
    ポップスター

部活・イベント

  1. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  2. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP