NEWS

今年90歳を迎えるクリント・イーストウッド監督作を観よう!

  • follow us in feedly
  • RSS
クリント・イーストウッドーザ・シネマ特集放送

俳優としても監督としても長年第一線で活躍を続けるクリント・イーストウッドが、5月31日に90歳を迎えます。90歳ってどんな感覚なんだろうかと想像がつきませんが(笑)、彼の活躍ぶりを見ていると、「年を取ってもまだまだ人生楽しめるんだ」と希望が持てますよね。

イーストウッドは、『荒野の用心棒』『夕陽のガンマン』『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』『奴らを高く吊るせ!』『真昼の死闘』といった伝説の西部劇に出演し、まずは俳優として頭角を現しました。そして1971年、『恐怖のメロディ』で監督デビューを果たし、主演も務めました。監督に徹する作品もあれば、主演を兼ねる作品もありますが、その多くは映画賞を賑わせ、これまでに米アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、放送映画批評家協会賞など数多く受賞しています。ノミネート作品まで入れたら数えきれないほどです。

イイ男セレクション:クリント・イーストウッド

そんなクリント・イーストウッドですが、この度、洋画専門CS放送ザ・シネマでは、90歳の誕生日を記念する企画が実施されるとのことです。また、特設サイトでは彼が40年以上にわたり監督を務めた全38作品を徹底解説した、イーストウッド監督全仕事解説(全38作品)やコラムなども掲載されているとのことで必見ですよ。ぜひ放送と合わせてご覧ください。

特設サイト

【ザ・シネマ】にて放送される5作品はこちら

映画『恐怖のメロディ』クリント・イーストウッド

『恐怖のメロディ』

放送日:6月8日(月)17:15~、6月14日(日)8:00~、6月17日(水)19:00~

ストーカー女に追い詰められるラジオDJの恐怖を描いた、クリント・イーストウッドの初監督作

<ザ・シネマ解説>今やアカデミー常連のクリント・イーストウッドの初監督作で、ストーカーに付きまとわれる恐怖をヒッチコック・タッチで描いた一級のサスペンス。彼の師である映画監督ドン・シーゲルが、バーテン役でカメオ出演している。

© 1971 Universal City Studios, Inc. Copyright Renewed. All Rights Reserved.

映画『アイガー・サンクション』クリント・イーストウッド

『アイガー・サンクション』

放送日:6月2日(火)16:45~、6月17日(水)23:30~、6月28日(日)7:45~

“魔の山”で壮絶な死闘が始まる──クリント・イーストウッド監督・主演のスパイ・アクション

<ザ・シネマ解説>クリント・イーストウッドがスタントマンに頼らず、危険な山岳アクションに自ら挑戦。物語の舞台となるモニュメントバレーやアイガー北壁でロケ撮影を敢行し、本物ならではの迫力とリアリティを醸し出している。

© 1975 Universal Pictures, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『許されざる者』(1992版)クリント・イーストウッド

『許されざる者(1992)』

放送日:【字幕】5月23日(土)21:00~、5月29日(金)21:00~、 6月17日(水)21:00~、6月20日(土)16:30~
    【吹替】5月29日(金)12:30~、6月17日(水)8:15~

1992年のアカデミー賞作品賞、監督賞、助演男優賞(ジーン・ハックマン)等に輝く、西部劇の傑作

<ザ・シネマ解説>TVの西部劇ドラマでお茶の間に認知され、マカロニ・ウエスタンで映画界に進出したイーストウッドの集大成とも言うべき監督・主演作。92年アカデミー賞で作品賞等を受賞。巨匠への道のスタートラインとなった。

© Warner Bros. Entertainment Inc.

映画『ミスティック・リバー』ショーン・ペン/ケヴィン・ベーコン

『ミスティック・リバー』

放送日:5月28日(木)21:00~、6月18日(木)18:30~、6月20日(土)7:45~

ある事件の闇を背負う男たちの運命を、監督としても名高いイーストウッドが描いたミステリー

<ザ・シネマ解説>監督としても名高いクリント・イーストウッドが、ショーン・ペン、ティム・ロビンス、そしてケヴィン・ベーコンというオールスター・キャストで、闇を背負う男たちの運命を重厚に描いたミステリー

© Warner Bros. Entertainment Inc.

映画『15時17分、パリ行き』

『15時17分、パリ行き』

放送日:【字幕】5月30日(土)21:00~、6月5日(金)21:00~、6月18日(木)21:00~、
    【吹替】6月5日(金)12:30~

列車テロを阻止した勇気ある青年3人が本人役で出演! 迫真の実録ドラマ

<ザ・シネマ解説>2015年にパリ行き高速列車内で実際に起きた銃乱射事件を、犯人を取り押さえた米国人青年3人をはじめ当事者たちを本人役に起用して再現。さらに事件と同じ列車の中で撮影し、リアリティを徹底的に追求している。

© Warner Bros. Entertainment Inc.

ザ・シネマとは:ハリウッド最新作から懐かしのクラシック映画、日本未公開含む激レア作品までにこだわった、映画ファン必見のCS放送チャンネルです。スカパー!、J:COM、ケーブルTV、ひかりTV、au ひかり 等でご視聴いただけます。
公式サイト


編集部マイソンがおすすめするクリント・イーストウッド作品

実は私、クリント・イーストウッドと誕生日が一緒なんです(幸・笑)。…って、それはどうでも良いとして、私もクリント・イーストウッドが大好きです。作品で取り上げるテーマもいつも考えさせられるもので、観た後に必ず何か残してくれます。前述の通り、クリント・イーストウッド作品はたくさんありますが、ここでは私が個人的に特に好きな作品を5作品オススメさせて頂きます!

『マディソン郡の橋』

結婚15年目の女性が、家族が不在の4日間という短い間に運命の恋をします。大人になればなるほどわかるラブストーリーな気もしますが、大人になればなるほど「短いからこそ綺麗な恋愛なのでは?」とも思えて、いろいろな意味で深いと思います(笑)。

マディソン郡の橋(字幕版)

『チェンジリング』

一瞬目を離した隙に息子が行方不明になってしまった母親にまつわる実際の事件をモチーフにした作品。アンジェリーナ・ジョリーが絶対に息子のことを諦めない母を熱演。

関連記事

チェンジリング (字幕版)

『運び屋』

90歳のおじいちゃんがドラッグの運び屋をやっていたという実話を、クリント・イーストウッドが自ら主演で映画化。「おじいちゃん、やってもうたね!」という問題行動や言動がユーモラスでどうも憎めません(笑)。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

運び屋(字幕版)

『J・エドガー』

大統領にすら支配されない力を持っていた、FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーとはどんな男だったのか?レオナルド・ディカプリオがジョン・エドガーを好演。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

J.エドガー (字幕版)

『インビクタス/負けざる者たち』

アパルトヘイトによって27年間もの間投獄されたネルソン・マンデラは、その後、黒人初の南アフリカ共和国大統領となり、世の中にすくう人種差別や格差をスポーツを通して解決しようと試みます。マンデラの不屈の精神に心を打たれると同時に、黒人と白人が所属するラグビーチームがどんどん心を1つにしていく様子に胸が熱くなります。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

インビクタス 負けざる者たち (字幕版)

この他にもたくさんクリント・イーストウッド作品はありますので、ぜひこれを機に観てみてください!

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

Netflixドラマ『ハリウッド シーズン1』ジョー・マンテロ ジョー・マンテロ

1962年12月27日アメリカ生まれ。俳優、監督として活躍中。“ The Normal Heart(原題)”など…

映画『ミナリ』スティーヴン・ユァン 『ミナリ』10組20名様 特別試写会ご招待

映画『ミナリ』10組20名様 特別試写会ご招待

映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥 ターコイズの空の下で

裕福な家庭で甘やかされて育った日本人青年のタケシは、ある日、実業家の祖父により外モンゴルの草原へ送り込まれ…

Netflixドラマ『ハリウッド シーズン1』ディラン・マクダーモット ディラン・マクダーモット

1961年10月26日アメリカ生まれ。ゴールデン・グローブ賞やエミー賞に…

映画『ステージ・マザー』ジャッキー・ウィーヴァー ステージ・マザー

テキサスの田舎町に住むごく普通の主婦メイベリンは、ある⽇、⻑らく疎遠だった息⼦のリッキーの訃報を受け…

Netflixドラマ『ハリウッド シーズン1』ダレン・クリス ダレン・クリス

1987年2月5日アメリカ、カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ。『glee/グリー』…

映画『ガンズ・アキンボ』ダニエル・ラドクリフ ガンズ・アキンボ

ダニエル・ラドクリフが演じる主人公マイルズが、ある日、殺し合いを生配信する闇サイトで…

海外ドラマ『殺人を無罪にする方法 シーズン1』ヴィオラ・デイヴィス 殺人を無罪にする方法

ヴィオラ・デイヴィス主演、『グレイズ・アナトミー』や『スキャンダル』を手掛けるションダ・ライムズが製作総指揮のドラマです。

Netflixドラマ『ハリウッド シーズン1』デヴィッド・コレンスウェット デヴィッド・コレンスウェット

1993年7月8日アメリカ生まれ。俳優、脚本家として活躍中。2016年に…

映画『MISS ミス・フランスになりたい!』アレクサンドル・ヴェテール MISS ミス・フランスになりたい!

本作は、「ミス・フランスになりたい」という幼い頃からの夢を叶えるために…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

REVIEW

  1. 映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥
  2. 映画『ステージ・マザー』ジャッキー・ウィーヴァー
  3. 映画『ガンズ・アキンボ』ダニエル・ラドクリフ
  4. 海外ドラマ『殺人を無罪にする方法 シーズン1』ヴィオラ・デイヴィス
  5. 映画『MISS ミス・フランスになりたい!』アレクサンドル・ヴェテール
  6. 映画『あのこは貴族』門脇麦/水原希子
    あのこは貴族

  7. 映画『カポネ』トム・ハーディ
    カポネ

  8. 映画『モンテッソーリ 子どもの家』
  9. 映画『藁にもすがる獣たち』ペ・ソンウ
  10. 映画『ミアとホワイトライオン 奇跡の1300日』ダニア・デ・ヴィラーズ
PAGE TOP