NEWS

スティーヴン・スピルバーグ監督&豪華キャスト集結!『ウエスト・サイド・ストーリー』聖地ニューヨークにてワールドプレミア開催

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ウエスト・サイド・ストーリー』ワールドプレミア、アンセル・エルゴート/レイチェル・ゼグラー/アリアナ・デボーズ/デヴィット・アルヴァレス/マイク・ファイスト/リタ・モレノ/スティーブン・スピルバーグ監督

世代を超えて人々を魅了し続ける伝説のミュージカルを巨匠スティーヴン・スピルバーグが念願の映画化し、映画『ウエスト・サイド・ストーリー』として2022年2月11日より全国公開となります。アメリカでの公開を目前に控えた現地時間11月29日(※日本時間11月30日)に、物語の舞台にもなった聖地ニューヨーク・ウエストサイドにてワールドプレミアが行われました。会場には、スティーヴン・スピルバーグ監督をはじめ、主人公のトニー役を演じたアンセル・エルゴートや、約3万人が参加したオーディションで見事マリア役に抜擢されたレイチェル・ゼグラーの他、1961年版『ウエスト・サイド・物語』でアニータ役を演じ、アカデミー賞助演女優賞に輝いたリタ・モレノなど、超豪華キャスト&スタッフが集結しました。

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』ワールドプレミア、リタ・モレノ/スティーブン・スピルバーグ監督

また、本プレミアは11月26日に逝去したミュージカル界の巨匠スティーブン・ソンドハイムに哀悼の意を表したワールドプレミアとなりました。ソンドハイムは1957年に初演を迎えたミュージカル“ウエスト・サイド物語”で作詞を務め、60年以上経た本作の音楽面で欠かせない存在でした。ソンドハイムは完成した映画『ウエスト・サイド・ストーリー』を既に鑑賞しており、「素晴らしい作品でした。本当に幸せな時間を過ごせますので、皆様ぜひ劇場に足を運んでください。全体に輝きとエネルギーがあり、新鮮に感じられます。スティーヴン・スピルバーグ監督と脚本を担当したトニー・クシュナーは本当に作品を完璧に仕上げてくれました」と本作への言葉を遺しています。スピルバーグ監督は、ソンドハイムの訃報に対し、「ソンドハイムは、アメリカで最も偉大なソングライターの一人であり、天才的な作詞家、作曲家であり、これまでも最も輝かしいミュージカルドラマをいくつも生み出したアメリカ文化における偉大な人物です。彼がいなくなるのはとても寂しいですが、彼は私達に愛することがどれほど偉大で必要なことなのかを教えてくれる作品群を残してくれましたし、これからも教えてくれるでしょう」とコメントを発表しました。

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』ワールドプレミア、アンセル・エルゴート/スティーブン・スピルバーグ監督

今回のプレミアの会場には、ウエスト・サイドの街並みをイメージしたレンガ調の壁と、劇中でトニーとマリアが名曲“Tonight”を披露する非常階段が設置され、本作の世界観が演出されました。本作を自身の手で映画化することを願ってきたスピルバーグ監督は「これは僕が生涯ずっとやりたいことだったんだ。何十年間にも渡って、人々が愛し続けてきたこの楽曲を僕達の映画でも気に入ってくれると良いなと願っているよ」と語りました。トニー役のアンセルは本作の見どころについて「“Tonight”を歌うところさ!あのシーンが僕は大好きなんだ。レイチェルの歌声は本当に信じられないほど素晴らしい」とコメントし、レイチェルを絶賛。さらに日本が大好きだということで「こんにちは!アンセル・エルゴートです。トニー役です。『ウエスト・サイド・ストーリー』が間もなく公開されます。ぜひ観てください!」と流暢な日本語でファンへコメントを送りました。マリア役のレイチェルは、ゴージャスなベージュのドレス姿で登場し、「ミュージカルは私にとってとても重要なの。スティーブン・ソンドハイムがミュージカルの素晴らしさを教えてくれました」と、ソンドハイムとの思い出を語りました。

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』ワールドプレミア、レイチェル・ゼグラー/スティーブン・スピルバーグ監督

その他にも、1961年版『ウエスト・サイド物語』にも出演し、本作ではバレンティーナ役で舞い戻ってきたリタ・モレノ、さらにデヴィット・アルヴァレス、アリアナ・デボーズ、マイク・ファイストなど豪華キャスト陣が登場し、伝説のミュージカルに相応しい大盛況のプレミアイベントとなりました。
混沌とした時代の中、偏見と闘いながら夢を追いかける、今を生きる若者達の禁断のラブストーリーを描くミュージカル・エンタテインメント『ウエスト・サイド・ストーリー』は2022年2月11日より全国公開!日本での公開まで楽しみに待ちましょう!

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』アンセル・エルゴート/レイチェル・ゼグラー

『ウエスト・サイド・ストーリー』
2022年2月11日より全国公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

©2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン 『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎 もしも徳川家康が総理大臣になったら【レビュー】

タイトルを聞いただけでも興味をそそりつつ、どうやって徳川家康が現代の総理大臣になるのかなと…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  2. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  3. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  4. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム
  5. 映画『呪葬』セリーナ・レン

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP