NEWS

『ウルフウォーカー』のトム・ムーア&ロス・スチュアート監督と細田守監督が日本とアイルランドのアニメーション制作手法の違いを語る!スペシャル対談

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ウルフウォーカー』スペシャル対談、細田守監督/トム・ムーア監督/ロス・スチュワート監督

製作した長編すべてが米国アカデミー賞にノミネートしているアニメーションスタジオ“カートゥーン・サルーン”の最新作『ウルフウォーカー』が、10月30日より全国公開となります。その公開を記念し、【東京アニメアワードフェスティバル2021】(=TAAF2021/2021年3月12日〜15日開催)のプレイベントとして、アニメーション映画監督細田守と『ウルフウォーカー』のトム・ムーア&ロス・スチュアート監督とのスペシャル対談が行われました。今回の対談は、2015年にカートゥーン・サルーンの『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』が、TAAFでグランプリを受賞したことをきっかけに、『ウルフウォーカー』のトム・ ムーア&ロス・スチュアート監督から、同じ“狼と子ども”をモチーフにした『おおかみこどもの雨と雪』を手掛けた細田守監督へのラブコールがあり実現しました!日本とアイルランドのアニメーション制作手法の違いや、お互いの作品について熱く語り合っています。

映画『ウルフウォーカー』スペシャル対談、細田守監督/トム・ムーア監督/ロス・スチュワート監督

今回の対談にあたり、事前に『ウルフウォーカー』を観たという細田監督は、「本当に素晴らしい作品でした。『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』は誰も観たことのないようなアニメーションで感動しましたが、この作品も期待を上回りました。当たり前なカットがない。1カット1カットが驚きの連続で、森と町との対比が素晴らしかった」と絶賛しました。細田監督から「児童文学的な要素も含まれた、叙事史的な物語がとても力強かった。どんな風にして作ったのですか?」と尋ねられると、ムーア監督は「今回はアクション満載の映画にしたいと思ったんです。これまでの作品で学んだテクニックを詰め込みました」と回答。続いてスチュアート監督は「民話的なムード、古典的なムードは狙って作ったんです。町は檻に閉じ込められているように見せるために平面的に描いて、森では自由な印象を与えるような線を意識して描きました。線にエネルギーを残すということも意識しました」と作品の制作意図を説明しました。

司会より細田監督とムーア&スチュアート監督に共通するのが、オオカミや人が何かに変身するという点があるとの指摘に、細田監督は「オオカミが悪者にされたのはヨーロッパ的な人間中心主義のせいです。人間が発展していく上で動物を森に追いやる必要があった。でも僕は、追いやられたオオカミや動物のほうに興味があるし、肩入れしたくなる。人間中心主義的な傲慢さではない考え方を通して、現代の僕達に本当に必要なものを考え直して行くことが大事なんです」と答えました。ムーア監督は「自然との付き合い方、人間の中にある“野生”をもう1回我々は抱き直す必要があるのかもしれない。またアイルランドと日本は、アミニズムという観点から似ている気がします」と回答し、スチュアート監督は「古い民話には共通点があって、何かしら普遍性があるのかもしれない。アイルランドでは昔からオオカミと人間は共存する関係性だったのですが、キリスト教が浸透してからそれが変わってしまった。古の考え方が今後人間が生き残るために必要なのかもしれない」と話しました。

映画『ウルフウォーカー』スペシャル対談、細田守監督/トム・ムーア監督/ロス・スチュワート監督

細田監督から、カートゥーン・サルーンの今後の制作に関してCGを使っていく予定があるか尋ねられると、ムーア監督は「個人的には手描きにこだわっていきたいが、CGを使うことで表現の豊かさが増えるので必要なところでは使っていきたい。手ではできないことをCGで補う。それは細田監督の作風とも似てますよね」と答え、日本アニメーションからの影響については「世界中で唯一手描きを続けているのは日本とフランスだけですよね。日本のアニメは大変に参考にさせていただいております」と話し、スチュアート監督は「最近のアニメーションはリアリティの追求に向かい過ぎていますよね」と語りました。

映画『ウルフウォーカー』スペシャル対談、細田守監督/トム・ムーア監督/ロス・スチュワート監督

ムーア監督から「アニメを作る上で何を大切にしていますか?」と尋ねられると、細田監督は「家族をテーマに作品を作ることが多いけど、本当に描きたいのは、どうやって子どもは成長していくのかということなんです」と答えました。他にもムーア&スチュアート監督は憧れの細田監督を前に次々と質問を投げかけ、大盛り上がりだったようです。最後に日本のファンに向けて、ムーア監督は「過去の作品を含めて自分たちの作品を受け止めてくれて嬉しいです。ぜいひ最新作『ウルフウォーカー』も楽しんでください!」とコメントし、スチュアート監督は「このような機会が設けられて大変光栄でした。日本とアイルランドのアニメーション産業との交流がこれからも活発になって欲しい」と語りました。細田監督も「彼らの作品はすごく日本人好みだと思う。ぜひ皆さん観てください」と太鼓判を押しました。

なお、今回の対談中にちょうど細田監督が次回作の絵コンテが終わったところだという嬉しい情報も明かしていたそうです!そちらも楽しみですね。『ウルフウォーカー』は10月30日より全国公開!!ぜひ劇場へ足を運んでご覧ください。

映画『ウルフウォーカー』

『ウルフウォーカー』
2020年10月30日より全国公開
配給:チャイルド・フィルム
公式サイト

© WolfWalkers 2020

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ミセス・ノイズィ』篠原ゆき子 ミセス・ノイズィ

早朝から布団をバンバン叩くお隣さん。これは厄介な人に違いない…

映画『バクラウ 地図から消された村』ソニア・ブラガ バクラウ 地図から消された村

伝統を重んじ、村独自の文化を保ちながら人々が暮らすバクラウ。最初は…

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 信じる力と挑戦する勇気をくれる『映画 えんとつ町のプペル』を全力で応援しよう部活参加者募集!

コロナ禍が続く状況が映画界にとっても試練となっていますが、そんななか劇場公開に踏み切った本作の挑戦を、ぜひ映画好きの皆さんに応援していただきたく、この度部活を企画しました。

映画『ビューティフルドリーマー』升毅 升毅(ます たけし)

1955年12月9日東京都生まれ。近畿大学経済学部卒業。1976年…

映画『君の誕生日』ソル・ギョング/チョン・ドヨン 君の誕生日

ソル・ギョングとチョン・ドヨンが共演ということで、これは観ないわけにはいきません!結論から…

映画『ホテルローヤル』稲葉友 稲葉友(いなば ゆう)

1993年1月12日生まれ、神奈川県出身。2009年、第22回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで…

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『佐々木、イン、マイマイン』藤原季節/細川岳/遊屋慎太郎/森優作 佐々木、イン、マイマイン

目指すものがあったらあったで、そこに近づけない自分に…

映画『リトル・サブカル・ウォーズ 〜ヴィレヴァン!の逆襲〜』本多力 本多力(ほんだ ちから)

1979年6月12日生まれ、京都府出身。1999年、第2回公演よりヨーロッパ企画に…

映画『ばるぼら』稲垣吾郎/二階堂ふみ ばるぼら

本作は、1973年から1974年にかけて「ビッグコミック」で連載された、手塚治虫による大人向け漫画「ばるぼら」を…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 信じる力と挑戦する勇気をくれる『映画 えんとつ町のプペル』を全力で応援しよう部活参加者募集!

コロナ禍が続く状況が映画界にとっても試練となっていますが、そんななか劇場公開に踏み切った本作の挑戦を、ぜひ映画好きの皆さんに応援していただきたく、この度部活を企画しました。

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『オフィシャル・シークレット』マット・スミス/マシュー・グード ジャーナリズムの意義を問う映画特集

現代は情報に溢れており、不確かなニュースを判別することも難しくなってきました。でも、誰も正しい情報を伝えようとする努力をしなくなった時、世界はどうなって…

【恋のまち パリvsニューヨーク】特集イメージ:エッフェル塔&自由の女神 【恋のまち パリvsニューヨーク】特集

多くの恋愛映画の舞台となっているパリとニューヨーク。今回はそれぞれが舞台となっている恋愛映画の中で、どの作品が好きか投票を行い、ランキングと総合結果を出しました。パリvsニューヨークの結果はいかに!?

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

REVIEW

  1. 映画『ミセス・ノイズィ』篠原ゆき子
  2. 映画『バクラウ 地図から消された村』ソニア・ブラガ
  3. 映画『君の誕生日』ソル・ギョング/チョン・ドヨン
    君の誕生日

  4. 映画『佐々木、イン、マイマイン』藤原季節/細川岳/遊屋慎太郎/森優作
  5. 映画『ばるぼら』稲垣吾郎/二階堂ふみ
    ばるぼら

  6. 映画『エイブのキッチンストーリー』ノア・シュナップ
  7. 映画『滑走路』水川あさみ/浅香航大/寄川歌太
    滑走路

  8. 映画『おろかもの』笠松七海/村田唯
    おろかもの

  9. 映画『家なき子 希望の歌声』ダニエル・オートゥイユ/マロム・パキン
  10. 映画『フード・ラック!食運』EXILE NAOTO/土屋太鳳
PAGE TOP