NEWS

『ウルフウォーカー』のトム・ムーア&ロス・スチュアート監督と細田守監督が日本とアイルランドのアニメーション制作手法の違いを語る!スペシャル対談

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ウルフウォーカー』スペシャル対談、細田守監督/トム・ムーア監督/ロス・スチュワート監督

製作した長編すべてが米国アカデミー賞にノミネートしているアニメーションスタジオ“カートゥーン・サルーン”の最新作『ウルフウォーカー』が、10月30日より全国公開となります。その公開を記念し、【東京アニメアワードフェスティバル2021】(=TAAF2021/2021年3月12日〜15日開催)のプレイベントとして、アニメーション映画監督細田守と『ウルフウォーカー』のトム・ムーア&ロス・スチュアート監督とのスペシャル対談が行われました。今回の対談は、2015年にカートゥーン・サルーンの『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』が、TAAFでグランプリを受賞したことをきっかけに、『ウルフウォーカー』のトム・ ムーア&ロス・スチュアート監督から、同じ“狼と子ども”をモチーフにした『おおかみこどもの雨と雪』を手掛けた細田守監督へのラブコールがあり実現しました!日本とアイルランドのアニメーション制作手法の違いや、お互いの作品について熱く語り合っています。

映画『ウルフウォーカー』スペシャル対談、細田守監督/トム・ムーア監督/ロス・スチュワート監督

今回の対談にあたり、事前に『ウルフウォーカー』を観たという細田監督は、「本当に素晴らしい作品でした。『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』は誰も観たことのないようなアニメーションで感動しましたが、この作品も期待を上回りました。当たり前なカットがない。1カット1カットが驚きの連続で、森と町との対比が素晴らしかった」と絶賛しました。細田監督から「児童文学的な要素も含まれた、叙事史的な物語がとても力強かった。どんな風にして作ったのですか?」と尋ねられると、ムーア監督は「今回はアクション満載の映画にしたいと思ったんです。これまでの作品で学んだテクニックを詰め込みました」と回答。続いてスチュアート監督は「民話的なムード、古典的なムードは狙って作ったんです。町は檻に閉じ込められているように見せるために平面的に描いて、森では自由な印象を与えるような線を意識して描きました。線にエネルギーを残すということも意識しました」と作品の制作意図を説明しました。

司会より細田監督とムーア&スチュアート監督に共通するのが、オオカミや人が何かに変身するという点があるとの指摘に、細田監督は「オオカミが悪者にされたのはヨーロッパ的な人間中心主義のせいです。人間が発展していく上で動物を森に追いやる必要があった。でも僕は、追いやられたオオカミや動物のほうに興味があるし、肩入れしたくなる。人間中心主義的な傲慢さではない考え方を通して、現代の僕達に本当に必要なものを考え直して行くことが大事なんです」と答えました。ムーア監督は「自然との付き合い方、人間の中にある“野生”をもう1回我々は抱き直す必要があるのかもしれない。またアイルランドと日本は、アミニズムという観点から似ている気がします」と回答し、スチュアート監督は「古い民話には共通点があって、何かしら普遍性があるのかもしれない。アイルランドでは昔からオオカミと人間は共存する関係性だったのですが、キリスト教が浸透してからそれが変わってしまった。古の考え方が今後人間が生き残るために必要なのかもしれない」と話しました。

映画『ウルフウォーカー』スペシャル対談、細田守監督/トム・ムーア監督/ロス・スチュワート監督

細田監督から、カートゥーン・サルーンの今後の制作に関してCGを使っていく予定があるか尋ねられると、ムーア監督は「個人的には手描きにこだわっていきたいが、CGを使うことで表現の豊かさが増えるので必要なところでは使っていきたい。手ではできないことをCGで補う。それは細田監督の作風とも似てますよね」と答え、日本アニメーションからの影響については「世界中で唯一手描きを続けているのは日本とフランスだけですよね。日本のアニメは大変に参考にさせていただいております」と話し、スチュアート監督は「最近のアニメーションはリアリティの追求に向かい過ぎていますよね」と語りました。

映画『ウルフウォーカー』スペシャル対談、細田守監督/トム・ムーア監督/ロス・スチュワート監督

ムーア監督から「アニメを作る上で何を大切にしていますか?」と尋ねられると、細田監督は「家族をテーマに作品を作ることが多いけど、本当に描きたいのは、どうやって子どもは成長していくのかということなんです」と答えました。他にもムーア&スチュアート監督は憧れの細田監督を前に次々と質問を投げかけ、大盛り上がりだったようです。最後に日本のファンに向けて、ムーア監督は「過去の作品を含めて自分たちの作品を受け止めてくれて嬉しいです。ぜいひ最新作『ウルフウォーカー』も楽しんでください!」とコメントし、スチュアート監督は「このような機会が設けられて大変光栄でした。日本とアイルランドのアニメーション産業との交流がこれからも活発になって欲しい」と語りました。細田監督も「彼らの作品はすごく日本人好みだと思う。ぜひ皆さん観てください」と太鼓判を押しました。

なお、今回の対談中にちょうど細田監督が次回作の絵コンテが終わったところだという嬉しい情報も明かしていたそうです!そちらも楽しみですね。『ウルフウォーカー』は10月30日より全国公開!!ぜひ劇場へ足を運んでご覧ください。

映画『ウルフウォーカー』

『ウルフウォーカー』
2020年10月30日より全国公開
配給:チャイルド・フィルム
公式サイト

© WolfWalkers 2020

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『21ブリッジ』テイラー・キッチュ テイラー・キッチュ

1981年4月8日カナダ、ブリティッシュ・コロンビア生まれ。バンクーバーで育ち、2002年に演技の勉強のため…

映画『地獄の花園』永野芽郁/広瀬アリス/菜々緒/川栄李奈/大島美幸/勝村政信/松尾諭/丸山智己/遠藤憲一/小池栄子 地獄の花園

OL版“クローズ”といった設定で、現実ではあり得ない世界観でありつつ…

映画『ロード・オブ・カオス』ロリー・カルキン ロリー・カルキン

1989年7月21日生まれ。アメリカ、ニューヨーク州出身。俳優一家に生まれ…

映画『しあわせのマスカット』福本莉子さんインタビュー 『しあわせのマスカット』福本莉子さんインタビュー

映画『しあわせのマスカット』で、主演を務めた福本莉子さんにインタビューをさせていただきました。いろいろなお話に、福本さんの研究熱心な一面と強いチャレンジ精神がうかがえました。

映画『ファーザー』アンソニー・ホプキンス/オリヴィア・コールマン ファーザー

認知症を患う父と娘の物語ではありますが、ただ日々の様子を描いているに留まらない…

映画『ドリームランド』マーゴット・ロビー マーゴット・ロビー

1990年7月2日オーストラリア、クイーンズランド州出身。2000年代後半に母国で女優としての本格…

映画『TOMORROW パーマネントライフを探して』メラニー・ロラン 映画で“食”について考えてみよう11:家庭でできるエコの取り組み

前回は、私達の食が環境にどのような負荷を与えているのかをご紹介しましたが、今回は代替エネルギーや、私達が心掛けたいエコの取り組みについてご紹介します。

映画『ジェントルメン』マシュー・マコノヒー/ミシェル・ドッカリー ジェントルメン

今作もガイ・リッチー監督らしいスタイリッシュな作品になっている点が…

映画『なんのちゃんの第二次世界大戦』西めぐみ なんのちゃんの第二次世界大戦

本作は、太平洋戦争の平和記念館を設立させることで、ある人物の過去を改ざんしようとする市長(吹越満)と…

映画『AVA/エヴァ』コモン コモン

1972年3月13日シカゴ生まれ。1992年に、コモン・センスとしてミュージシャンデビュー。その後…

部活・イベント

  1. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  2. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  3. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  4. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  5. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

おすすめ記事

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『地獄の花園』永野芽郁/広瀬アリス/菜々緒/川栄李奈/大島美幸/勝村政信/松尾諭/丸山智己/遠藤憲一/小池栄子
    地獄の花園

  2. 映画『ファーザー』アンソニー・ホプキンス/オリヴィア・コールマン
    ファーザー

  3. 映画『ジェントルメン』マシュー・マコノヒー/ミシェル・ドッカリー
  4. 映画『なんのちゃんの第二次世界大戦』西めぐみ
  5. 映画『大綱引の恋』三浦貴大/中村優一
    大綱引の恋

  6. 海外ドラマ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー シーズン1』アンソニー・マッキー/セバスチャン・スタン
  7. 映画『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋の終わりから』フランソワ・シビル/ジョセフィーヌ・ジャピ
  8. 映画『ビーチ・バム まじめに不真面目』マシュー・マコノヒー
  9. 映画『くれなずめ』成田凌/若葉竜也/浜野謙太/藤原季節/目次立樹/高良健吾
    くれなずめ

  10. 映画『ブックセラーズ』
PAGE TOP