取材&インタビュー

リリー・フランキーとシュナーベル監督の言葉に、デフォーは「自分のお葬式にいるみたい」と照れ笑い『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア:ウィレム・デフォー、ジュリアン・シュナーベル監督/リリー・フランキー(花束ゲスト)

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア:ウィレム・デフォー、ジュリアン・シュナーベル監督/リリー・フランキー(花束ゲスト)

名優ウィレム・デフォーと、『潜水服は蝶の夢を見る』のジュリアン・シュナーベル監督がタッグを組んだ『永遠の門 ゴッホの見た未来』が2019年11月8日より劇場公開。今回、本作のPRのために、2人が来日しました。登壇したシュナーベル監督は「アリガトウ(日本語で)。ゴッホはずっと日本に来たがっていました。彼の代わりに私が日本に来ました。ある意味でゴッホを一緒に連れてきました。私の隣の人(ウィレム・デフォー)はスーツを着ていて麦わら帽子じゃないんですけどね」と挨拶しました。そして、脚本を書いて演出を一緒にやった奥様のルイーズさんが3階席にいたので、彼女の功績を称えました。監督ご自身が「美女と野獣ですけども」というジョークを飛ばしていましたが、舞台挨拶中のお話には愛妻家ぶりが溢れていました。

画家としても著名なシュナーベル監督は、ゴッホをテーマに映画を撮ろうと思ったきっかけを聞かれると、「作らざるを得なかったんです。実は最初はフィンセント・ファン・ゴッホの作品は作りたくなかったんです。というのは既にゴッホについての映画がたくさん作られていたので、それ以上必要ないと思ったんです。でも必然的にやらなければいけないということになりました。彼の作品は何かとても純粋なものにたどり着くまでの乗り物だと思うんです。妥協が全くない。それがアートの本質だと思うんです。純粋にそれをやりたいという欲望だけ。このゴッホについての映画を作るプロセスのなかで、芸術を作るプロセスについての映画を作りました。絵画であれ、演技であれ、映画作りであれ、私達は自分達をその本質に差し出すんですね。それが芸術です。つまり芸術があり、それ以外があるということです。皆さんはこの映画を観て、フィンセント・ファン・ゴッホの映画ではないとおわかりになると思います。皆さんがフィンセント・ファン・ゴッホになるんです。なので皆さんご自身の映画です。フィンセント・ファン・ゴッホの映画を観るというのではないんです。それがこの映画を作るのに重要な理由だと思いました」と答えました。

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア:ウィレム・デフォー

世界中誰もが知るゴッホを演じたウィレム・デフォーは、感想を聞かれると「ジュリアンとは長いこと友人関係です。実際に撮影に入ったら、自分で絵を描かなくてはいけない。絵を描くシーンがたくさんあるんですが、吹き替えの方がやっているのではなく、自分でやっています。そして実際にゴッホがいた場所で撮影ができるということを知っていました。ジュリアンに絵を描くことを教えてもらったのですが、そのプロセスのなかで、自分はモノの見方が変わりました。それがこの役を演じる上で、核の部分となっていったんです」と振り返りました。

37歳のゴッホを演じたことについて、現在64歳のデフォーは「まったく年齢差のことは考えませんでした」と話すと、シュナーベル監督も「私も考えませんでした」と返答。デフォーは「彼は若い男ではなかったからです」と付け足しました。現場での印象的な出来事については「ジュリアンに絵を描くことを教わった時に、光を捉える、描くということを教わりました。1マークずつ絵筆を使っていく(印をつけていく)、自分で確固たる意志をもったマークを重ねていきます。そうするとマーク同士がお互いに振動し、語り合い始めるんですね。そこから何かが生まれてくる、自分の想像を超えたような。だから絵を描く時は、1つの印を1回ずつ重ねていくのだと学びましたし、何かモノを見た時に、その形状っていうことではなく、その光をまず見るようになりました。それを経験するということが、この映画作りでも自分にとって、同じようなものでした。作品自体も実際にゴッホがいた風景に我々は身を置いて、その風景を見ながら、このゴッホはどんな人物だったんだろうと我々なりに想像して作っていき、それを表現したのがこの映画になっています」と語りました。

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア:ジュリアン・シュナーベル監督

デフォーをゴッホ役に起用したシュナーベル監督は、その理由を聞かれると「彼は素晴らしい役者で、私が信頼する人でもあります。彼みたいな人は他にいません。彼しかいないんです。協力的な仕事ですよね、自分ではゴッホはできません。彼は私以外に2番目に良いと。30年来の友人なんですね、お互い良く知っているし、信頼し合っていて、頼りにしています。そして親交を持って、信頼を持って、一緒に作り上げることができました。彼は私を失望させませんでした。このテーマを取り扱うのであれば、彼がこういうことができるんだというのを見せるのが私の責任だと思ったんです。それをやるなかで、彼は私が見たことがない誰かに変身しました。見れば彼だとわかるんですけどね」とデフォーを絶賛しました。

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア:ウィレム・デフォー/リリー・フランキー(花束ゲスト)

そして、この日はリリー・フランキーが登壇し、ゴッホにちなんでひまわりを贈呈。リリーはまず「最初に皆さんにお伝えしておかなくてはいけないんですが、花を持ってくるのが女優でなくてすみません」とお詫びし、会場を沸かせました。すると、監督とデフォーは「大丈夫ですよ、嬉しかったですよ」「帽子がステキです」とフォロー(笑)。おじさま達の優しいやり取りに、観ている側も癒されました。

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア:リリー・フランキー(花束ゲスト)

リリーは「監督の映画、アート、音楽とさまざまなことですごく影響を受けてますし、デフォーさんの映画を観る度に役者を超えた人間の可能性を毎回教えてくれるし、今回すごく嬉しいです。最近毎日家で寂しい生活をしてるんですけど、今日はお2人に会えて、ゴーギャンが来てくれた時のゴッホの気持ちです」とコメントし、シュナーベル監督が「美しいことを言って頂いてありがとう」と返しました。シュナーベル監督がリリーについて「『万引き家族』のなかで素晴らしい演技だったと思います」と褒めると、リリーは「僕の話はいいです」と謙遜しましたが、シュナーベル監督は「褒め言葉を受け取るのは難しいけど、出したから受け取らないとね。私はあんまりそんなに軽々しく褒めるタイプじゃないので。あれは素晴らしい演技で、本当に深い映画だったと思います」と続けました。

リリーは本作について、「日本人はすごく美術館に行く民族だし、その中でも印象派が好きで、とりわけゴッホが大好きな国だと思うんです。僕この映画を3日前に観たんですけど、未だにまだ映画の中から出てこられないというか。今もゴッホの目線の先にいるのか、ゴッホの絵の中にいるのか、わからなくて、こんなにゴッホの映画を愛おしく感じたのは初めてです」と絶賛しました。

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア:ウィレム・デフォー、ジュリアン・シュナーベル監督/リリー・フランキー(花束ゲスト)

次にリリーもイラストを描いているということで、話を振ると、「監督の前で絵の話するのやめて!俺おでんの絵を描いてる人だから」と司会の言葉を制止し、また会場から笑いを誘いました。改めて、本作でゴッホの印象が変わったかと聞かれたリリーは、「ゴッホは皆さんもそうだと思うんですけど、いろんな画家の中で一番知ってるつもりだったけど、このお2人の視線を通したゴッホを知ることで、一番にひまわりの見え方が違うというか、でも何かデフォーさんが日の出を待って、スケッチに出かける時に微笑んだゴッホの顔が、ゴッホの寂しいエピソードを救ってくれて、すごくハッピーになりました」とコメント。するとデフォーは「ほんと美しい言葉でずっと聞いていたいです」と喜びと感謝を表現しました。シュナーベル監督は「あそこは映画の中でも特に重要なんですね。私はゴッホを可哀相な人とは思っていないんです。あの瞬間にデフォーが演じるゴッホは、まさに自分がいたい場所にいたということがわかります。ですが、誰にとっても見つけるのが難しい場所なんですね。私達皆、あのシーンがすごく好きなんですけども、そこを観ててくださってとても嬉しいです。実はあそこにいる妻のルイーズに感謝しなければいけないんですけど、あそこの場所まで私達を引きずり出してくれたのは彼女なんです。デフォーの顔に浮かんだ微笑みは計りきれないですよね」と語りました。すると、デフォーは「なんか自分のお葬式にいるような気分になりました」と照れた様子でした。

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア:ウィレム・デフォー/リリー・フランキー(花束ゲスト)

シュナーベル監督は表情はクールながらジョークを交えながらの会話が印象的で、デフォーは穏やかな笑顔がとても素敵でした。本作はシュナーベル監督とウィレム・デフォーという最強のコンビの他に、ルパート・フレンド、マッツ・ミケルセン、オスカー・アイザック、マチュー・アマルリックなど実力派俳優が勢ぞろいしているので、美術ファンだけでなく、映画ファン必見です!

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア:
2019年9月26日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』ウィレム・デフォー

『永遠の門 ゴッホの見た未来』
2019年11月8日より全国公開
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定
ギャガ、松竹

© Walk Home Productions LLC 2018

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ずっと独身でいるつもり?』田中みな実 田中みな実(たなか みなみ)

1986年11月23日生まれ。埼玉県出身。2009年にアナウンサーとしてTBSに入社。退社後はフリーアナウンサー、モデルとして…

映画『彼女が好きなものは』神尾楓珠/山田杏奈 彼女が好きなものは

多様性という言葉が徐々に浸透してきている昨今ですが、まだまだそれぞれの方の心の奥にあるものまで…

映画『あなたの番です 劇場版』福原充則さんインタビュー 『あなたの番です 劇場版』福原充則さんインタビュー

大ヒットドラマ『あなたの番です』と、この度映画化された『あなたの番です 劇場版』の脚本を担当された福原充則さんにインタビューをさせていただきました。視聴者や観客が「犯人は誰?」「あそこに伏線があった?」と盛り上がる作品ということで、以前から脚本家の方に聞いてみたかった質問もぶつけてみました。

『コーダ あいのうた』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『コーダ あいのうた』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『軍艦少年』佐藤寛太 軍艦少年

世界文化遺産に登録された軍艦島が物語の鍵を握る本作は、軍艦島が見える街が…

映画『花椒(ホアジャオ)の味』サミー・チェン サミー・チェン

1972年8月19日香港生まれ。アジア中にファンを持つトップアーティストで俳優としても輝かしい成績を残し…

映画『成れの果て』萩原みのり 成れの果て

絶対に許せない罪を犯した人物が姉と結婚しようとしているという設定だけ聞くと、いろいろな疑問が湧きますが、最後に…

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』ワールドプレミア、アンセル・エルゴート/レイチェル・ゼグラー/アリアナ・デボーズ/デヴィット・アルヴァレス/マイク・ファイスト/リタ・モレノ/スティーブン・スピルバーグ監督 スティーヴン・スピルバーグ監督&豪華キャスト集結!『ウエスト・サイド・ストーリー』聖地ニューヨークにてワールドプレミア開催

2022年2月11日より全国公開となる映画『ウエスト・サイド・ストーリー』。先日、物語の舞台にもなった聖地ニューヨーク・ウエストサイドにてワールドプレミアが行われました。会場には、スティーヴン・スピルバーグ監督をはじめ、アンセル・エルゴート、レイチェル・ゼグラーら豪華キャスト&スタッフが登場しました。

映画『ベロゴリア戦記 第2章:劣等勇者と暗黒の魔術師』ヴィクトル・ホリニャック/ミラ・シヴァツカヤ ベロゴリア戦記 第2章:劣等勇者と暗黒の魔術師

前作で一件落着したと思ったら、今度は新たな敵が出現。そして、本作では主人公イワンが本当の…

映画『アンテベラム』ジャネール・モネイ ジャネール・モネイ

1985年12月1日アメリカ、カンザス州出身。高校卒業後、ニューヨークのアメリカン・ミュージカル・アンド・ドラマ・アカデミーに進学し…

部活・イベント

  1. 映画『あまくない砂糖の話』
  2. 映画『おとなの事情』
  3. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)zoom開催イメージ
  4. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  5. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶

おすすめ記事

映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』 娘との距離を感じたエピソードや娘についての悩みを大募集!『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』企画

これは、娘の成長は嬉しいけれど親離れは寂しいなと思っているお父さんに向けた企画です!記事に採用された方には、『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』の劇場鑑賞券(ペア)をプレゼント!小学生のタビサと同じ年頃の娘さんがいらっしゃる方から思春期の娘さんがいらっしゃる方まで、どんなエピソード、メッセージ、お悩みでもOKですのでぜひご応募ください。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン お気に入りのスパイ映画はどれ?スパイ映画人気ランキング

シリアスな展開やハラハラドキドキするアクションシーンも楽しめるスパイ映画。今年は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『キングスマン:ファースト・エージェント』など超目玉作品の公開が続きます。そこで今回は、編集部独断でスパイ映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品を聞いてみました!

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』佐藤健 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜演技派俳優編〜

楽しい妄想シリーズ第3弾!今回は、皆さんがもし1日だけ演技派俳優になって映画に出られるとしたら、誰…

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『彼女が好きなものは』神尾楓珠/山田杏奈
  2. 映画『軍艦少年』佐藤寛太
    軍艦少年

  3. 映画『成れの果て』萩原みのり
    成れの果て

  4. 映画『ベロゴリア戦記 第2章:劣等勇者と暗黒の魔術師』ヴィクトル・ホリニャック/ミラ・シヴァツカヤ
  5. 映画『グロリア 永遠の青春』ジュリアン・ムーア/ジョン・タトゥーロ
  6. 映画『天才ヴァイオリニストと消えた旋律』ルーク・ドイル/ミシャ・ハンドリー
  7. 映画『スパゲティコード・ラブ』倉悠貴/三浦透子/清水尋也/八木莉可子/古畑新之/青木柚/xiangyu/香川沙耶/上大迫祐希/三谷麟太郎/佐藤睦/ゆりやんレトリィバァ/土村芳
  8. 映画『悪なき殺人』ダミアン・ボナール
    悪なき殺人

  9. 映画『tick, tick... BOOM!: チック、チック...ブーン!』アンドリュー・ガーフィールド
  10. 映画『ベロゴリア戦記 第1章:異世界の王国と魔法の剣』ヴィクトル・ホリニャック/ミラ・シヴァツカヤ
PAGE TOP