取材&インタビュー

リリー・フランキーとシュナーベル監督の言葉に、デフォーは「自分のお葬式にいるみたい」と照れ笑い『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア:ウィレム・デフォー、ジュリアン・シュナーベル監督/リリー・フランキー(花束ゲスト)

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア:ウィレム・デフォー、ジュリアン・シュナーベル監督/リリー・フランキー(花束ゲスト)

名優ウィレム・デフォーと、『潜水服は蝶の夢を見る』のジュリアン・シュナーベル監督がタッグを組んだ『永遠の門 ゴッホの見た未来』が2019年11月8日より劇場公開。今回、本作のPRのために、2人が来日しました。登壇したシュナーベル監督は「アリガトウ(日本語で)。ゴッホはずっと日本に来たがっていました。彼の代わりに私が日本に来ました。ある意味でゴッホを一緒に連れてきました。私の隣の人(ウィレム・デフォー)はスーツを着ていて麦わら帽子じゃないんですけどね」と挨拶しました。そして、脚本を書いて演出を一緒にやった奥様のルイーズさんが3階席にいたので、彼女の功績を称えました。監督ご自身が「美女と野獣ですけども」というジョークを飛ばしていましたが、舞台挨拶中のお話には愛妻家ぶりが溢れていました。

画家としても著名なシュナーベル監督は、ゴッホをテーマに映画を撮ろうと思ったきっかけを聞かれると、「作らざるを得なかったんです。実は最初はフィンセント・ファン・ゴッホの作品は作りたくなかったんです。というのは既にゴッホについての映画がたくさん作られていたので、それ以上必要ないと思ったんです。でも必然的にやらなければいけないということになりました。彼の作品は何かとても純粋なものにたどり着くまでの乗り物だと思うんです。妥協が全くない。それがアートの本質だと思うんです。純粋にそれをやりたいという欲望だけ。このゴッホについての映画を作るプロセスのなかで、芸術を作るプロセスについての映画を作りました。絵画であれ、演技であれ、映画作りであれ、私達は自分達をその本質に差し出すんですね。それが芸術です。つまり芸術があり、それ以外があるということです。皆さんはこの映画を観て、フィンセント・ファン・ゴッホの映画ではないとおわかりになると思います。皆さんがフィンセント・ファン・ゴッホになるんです。なので皆さんご自身の映画です。フィンセント・ファン・ゴッホの映画を観るというのではないんです。それがこの映画を作るのに重要な理由だと思いました」と答えました。

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア:ウィレム・デフォー

世界中誰もが知るゴッホを演じたウィレム・デフォーは、感想を聞かれると「ジュリアンとは長いこと友人関係です。実際に撮影に入ったら、自分で絵を描かなくてはいけない。絵を描くシーンがたくさんあるんですが、吹き替えの方がやっているのではなく、自分でやっています。そして実際にゴッホがいた場所で撮影ができるということを知っていました。ジュリアンに絵を描くことを教えてもらったのですが、そのプロセスのなかで、自分はモノの見方が変わりました。それがこの役を演じる上で、核の部分となっていったんです」と振り返りました。

37歳のゴッホを演じたことについて、現在64歳のデフォーは「まったく年齢差のことは考えませんでした」と話すと、シュナーベル監督も「私も考えませんでした」と返答。デフォーは「彼は若い男ではなかったからです」と付け足しました。現場での印象的な出来事については「ジュリアンに絵を描くことを教わった時に、光を捉える、描くということを教わりました。1マークずつ絵筆を使っていく(印をつけていく)、自分で確固たる意志をもったマークを重ねていきます。そうするとマーク同士がお互いに振動し、語り合い始めるんですね。そこから何かが生まれてくる、自分の想像を超えたような。だから絵を描く時は、1つの印を1回ずつ重ねていくのだと学びましたし、何かモノを見た時に、その形状っていうことではなく、その光をまず見るようになりました。それを経験するということが、この映画作りでも自分にとって、同じようなものでした。作品自体も実際にゴッホがいた風景に我々は身を置いて、その風景を見ながら、このゴッホはどんな人物だったんだろうと我々なりに想像して作っていき、それを表現したのがこの映画になっています」と語りました。

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア:ジュリアン・シュナーベル監督

デフォーをゴッホ役に起用したシュナーベル監督は、その理由を聞かれると「彼は素晴らしい役者で、私が信頼する人でもあります。彼みたいな人は他にいません。彼しかいないんです。協力的な仕事ですよね、自分ではゴッホはできません。彼は私以外に2番目に良いと。30年来の友人なんですね、お互い良く知っているし、信頼し合っていて、頼りにしています。そして親交を持って、信頼を持って、一緒に作り上げることができました。彼は私を失望させませんでした。このテーマを取り扱うのであれば、彼がこういうことができるんだというのを見せるのが私の責任だと思ったんです。それをやるなかで、彼は私が見たことがない誰かに変身しました。見れば彼だとわかるんですけどね」とデフォーを絶賛しました。

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア:ウィレム・デフォー/リリー・フランキー(花束ゲスト)

そして、この日はリリー・フランキーが登壇し、ゴッホにちなんでひまわりを贈呈。リリーはまず「最初に皆さんにお伝えしておかなくてはいけないんですが、花を持ってくるのが女優でなくてすみません」とお詫びし、会場を沸かせました。すると、監督とデフォーは「大丈夫ですよ、嬉しかったですよ」「帽子がステキです」とフォロー(笑)。おじさま達の優しいやり取りに、観ている側も癒されました。

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア:リリー・フランキー(花束ゲスト)

リリーは「監督の映画、アート、音楽とさまざまなことですごく影響を受けてますし、デフォーさんの映画を観る度に役者を超えた人間の可能性を毎回教えてくれるし、今回すごく嬉しいです。最近毎日家で寂しい生活をしてるんですけど、今日はお2人に会えて、ゴーギャンが来てくれた時のゴッホの気持ちです」とコメントし、シュナーベル監督が「美しいことを言って頂いてありがとう」と返しました。シュナーベル監督がリリーについて「『万引き家族』のなかで素晴らしい演技だったと思います」と褒めると、リリーは「僕の話はいいです」と謙遜しましたが、シュナーベル監督は「褒め言葉を受け取るのは難しいけど、出したから受け取らないとね。私はあんまりそんなに軽々しく褒めるタイプじゃないので。あれは素晴らしい演技で、本当に深い映画だったと思います」と続けました。

リリーは本作について、「日本人はすごく美術館に行く民族だし、その中でも印象派が好きで、とりわけゴッホが大好きな国だと思うんです。僕この映画を3日前に観たんですけど、未だにまだ映画の中から出てこられないというか。今もゴッホの目線の先にいるのか、ゴッホの絵の中にいるのか、わからなくて、こんなにゴッホの映画を愛おしく感じたのは初めてです」と絶賛しました。

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア:ウィレム・デフォー、ジュリアン・シュナーベル監督/リリー・フランキー(花束ゲスト)

次にリリーもイラストを描いているということで、話を振ると、「監督の前で絵の話するのやめて!俺おでんの絵を描いてる人だから」と司会の言葉を制止し、また会場から笑いを誘いました。改めて、本作でゴッホの印象が変わったかと聞かれたリリーは、「ゴッホは皆さんもそうだと思うんですけど、いろんな画家の中で一番知ってるつもりだったけど、このお2人の視線を通したゴッホを知ることで、一番にひまわりの見え方が違うというか、でも何かデフォーさんが日の出を待って、スケッチに出かける時に微笑んだゴッホの顔が、ゴッホの寂しいエピソードを救ってくれて、すごくハッピーになりました」とコメント。するとデフォーは「ほんと美しい言葉でずっと聞いていたいです」と喜びと感謝を表現しました。シュナーベル監督は「あそこは映画の中でも特に重要なんですね。私はゴッホを可哀相な人とは思っていないんです。あの瞬間にデフォーが演じるゴッホは、まさに自分がいたい場所にいたということがわかります。ですが、誰にとっても見つけるのが難しい場所なんですね。私達皆、あのシーンがすごく好きなんですけども、そこを観ててくださってとても嬉しいです。実はあそこにいる妻のルイーズに感謝しなければいけないんですけど、あそこの場所まで私達を引きずり出してくれたのは彼女なんです。デフォーの顔に浮かんだ微笑みは計りきれないですよね」と語りました。すると、デフォーは「なんか自分のお葬式にいるような気分になりました」と照れた様子でした。

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア:ウィレム・デフォー/リリー・フランキー(花束ゲスト)

シュナーベル監督は表情はクールながらジョークを交えながらの会話が印象的で、デフォーは穏やかな笑顔がとても素敵でした。本作はシュナーベル監督とウィレム・デフォーという最強のコンビの他に、ルパート・フレンド、マッツ・ミケルセン、オスカー・アイザック、マチュー・アマルリックなど実力派俳優が勢ぞろいしているので、美術ファンだけでなく、映画ファン必見です!

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア:
2019年9月26日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』ウィレム・デフォー

『永遠の門 ゴッホの見た未来』
2019年11月8日より全国公開
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定
ギャガ、松竹

© Walk Home Productions LLC 2018

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『悪人伝』マ・ドンソク 悪人伝

ヤクザと刑事が手を組んで、無差別連続殺人犯を追い詰めるという奇想天外なお話ですが、本作は実際の事件に基づいて創作されたというから驚き。どこまでが実際の事件の部分で、どこからがフィクションなのかとても気になりますが…

Netflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』荒川良々 呪怨:呪いの家

映画の“呪怨”シリーズは、清水崇監督の邦画版と洋画版(サム・ライミ製作)の両方で何作も作られたので、もう慣れたつもりで最初は余裕をぶっこいて観てましたが…

映画『チア・アップ!』チャーリー・ターハン チャーリー・ターハン

1998年6月11日アメリカ、ニュージャージー州生まれ。2007年から子役としてキャリアをスタートさせ、8歳の時にウィル・スミス主演『アイ・アム・レジェンド』で長編映画デビューを飾る。2010年の映画『きみがくれた未来』では…

映画『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』ペルニラ・アウグスト ブリット=マリーの幸せなひとりだち

具体的に何がと言い表すのは難しいですが、スウェーデン映画独特の空気感がとても心地良く感じられる作品。原作者は『幸せなひとりぼっち』のフレドリック・バックマンで…

映画『MOTHER マザー』長澤まさみ/奥平大兼 心理学から観る映画15-2:人格や人間関係に大きく影響する“愛着”の問題

前回の“移行対象”のお話の中で少し“愛着”について触れました。愛着(アタッチメント)とは「特定の人と結ぶ情緒的なこころの絆」(米澤好史 2020)と定義されていて、愛着形成の3つの基地機能として、安全基地、安心基地、探索基地という機能があるということをご紹介しました。今回はさらに“愛着”について掘り下げます。

映画『透明人間』エリザベス・モス 透明人間

この物語には2種類の怖さがあり、1つは透明人間にまでなって主人公セシリアを追ってくるエイドリアンという男の…

映画『タッチ・ミー・ノット~ローラと秘密のカウンセリング〜』ローラ・ベンソン タッチ・ミー・ノット~ローラと秘密のカウンセリング〜

ルーマニア出身の女性監督アディナ・ピンティリエが手掛けた初めての長編映画となる本作が、世界三大映画祭の1つとされるベルリン国際映画祭2018で金熊賞(最高賞)と最優秀新人作品賞をW受賞し…

Netflixアニメシリーズ『日本沈没2020』 日本沈没2020

原作となる小松左京の「日本沈没」という小説は知っていましたが未読なので、内容は詳しく知らずに観ました。まず、こんなに序盤からどんどん重要キャラクターがいなくなるのかという驚きで釘付けになり…

映画『悪の偶像』ハン・ソッキュ ハン・ソッキュ

1964年11月3日韓国、ソウル市生まれ。東国大学演劇映画科で学び、いくつかのTVドラマ出演を経て、1995年に『ママと星とイソギンチャク』で映画デビューを果たした。1997年、イ・チャンドン監督のデビュー作…

映画『ソニック・ザ・ムービー』ジム・キャリー ジム・キャリー

1962年1月17日カナダ、オンタリオ州ニューマーケット生まれ。10代の頃にスタンダップコメディア…

おすすめ記事

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ禍のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ禍の映画生活について、調査しました。

銃イメージ画像 あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『レオン』

「勝手にキャスティング企画!」第3回は『レオン』。まだ子役だったナタリー・ポートマンが、当時から可愛くて、演技も素晴らしく、虜になった方も多かったのではないでしょうか?今回はそんな本作をリメイクするとしたら、ジャン・レノが演じたレオン・モンタナ、ナタリー・ポートマンが演じたマチルダ・ランドーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『アトミック・ブロンド』シャーリーズ・セロン 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜アクション俳優編〜

楽しい妄想シリーズとして、新たに「1日あの人になってみたい!」企画をスタート。第1弾は“アクション俳優編”です。皆さんがもし1日だけアクション俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想しながら回答頂きました!

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『タイタニック』

「勝手にキャスティング企画!」第2回は『タイタニック』。名作中の名作で、日本でも一大ムーブメントを起こしたあの頃が懐かしいですね。今回はそんな本作をリメイクするとしたら、レオナルド・ディカプリオが演じたジャック・ドーソン、ケイト・ウィンスレットが演じたローズ・デウィット・ブカターを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『ルーム』ブリー・ラーソン/ジェイコブ・トレンブレイ ここが手掛ける映画は間違いない!映画好き女子が選んだ【A24】ランキング

皆さんは“A24”というスタジオをご存知でしょうか?「あれもこれもここが手掛けたの!」と驚くほど、…

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

「勝手にキャスティング企画!」ということで、あの名作をリメイクするとしたら誰をキャスティングしたら良いか、皆さんと妄想してみました。第1回は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。主人公マーティ・マクフライと、ドクことエメット・ブラウン博士は、誰が演じるのが良いか、俳優の名前とキャスティング理由を挙げて頂きました。

REVIEW

  1. 映画『悪人伝』マ・ドンソク
    悪人伝

  2. Netflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』荒川良々
  3. 映画『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』ペルニラ・アウグスト
  4. 映画『透明人間』エリザベス・モス
    透明人間

  5. 映画『タッチ・ミー・ノット~ローラと秘密のカウンセリング〜』ローラ・ベンソン
  6. Netflixアニメシリーズ『日本沈没2020』
    日本沈没2020

  7. 映画『チア・アップ!』ダイアン・キートン
  8. 映画『アングスト/不安』アーウィン・レダー
  9. 映画『MOTHER マザー』長澤まさみ/奥平大兼
    MOTHER マザー

  10. 映画『ワイルド・ローズ』ジェシー・バックリー

部活・イベント

  1. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  2. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  3. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  4. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  5. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
PAGE TOP