取材&インタビュー

リリー・フランキーとシュナーベル監督の言葉に、デフォーは「自分のお葬式にいるみたい」と照れ笑い『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア:ウィレム・デフォー、ジュリアン・シュナーベル監督/リリー・フランキー(花束ゲスト)

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア:ウィレム・デフォー、ジュリアン・シュナーベル監督/リリー・フランキー(花束ゲスト)

名優ウィレム・デフォーと、『潜水服は蝶の夢を見る』のジュリアン・シュナーベル監督がタッグを組んだ『永遠の門 ゴッホの見た未来』が2019年11月8日より劇場公開。今回、本作のPRのために、2人が来日しました。登壇したシュナーベル監督は「アリガトウ(日本語で)。ゴッホはずっと日本に来たがっていました。彼の代わりに私が日本に来ました。ある意味でゴッホを一緒に連れてきました。私の隣の人(ウィレム・デフォー)はスーツを着ていて麦わら帽子じゃないんですけどね」と挨拶しました。そして、脚本を書いて演出を一緒にやった奥様のルイーズさんが3階席にいたので、彼女の功績を称えました。監督ご自身が「美女と野獣ですけども」というジョークを飛ばしていましたが、舞台挨拶中のお話には愛妻家ぶりが溢れていました。

画家としても著名なシュナーベル監督は、ゴッホをテーマに映画を撮ろうと思ったきっかけを聞かれると、「作らざるを得なかったんです。実は最初はフィンセント・ファン・ゴッホの作品は作りたくなかったんです。というのは既にゴッホについての映画がたくさん作られていたので、それ以上必要ないと思ったんです。でも必然的にやらなければいけないということになりました。彼の作品は何かとても純粋なものにたどり着くまでの乗り物だと思うんです。妥協が全くない。それがアートの本質だと思うんです。純粋にそれをやりたいという欲望だけ。このゴッホについての映画を作るプロセスのなかで、芸術を作るプロセスについての映画を作りました。絵画であれ、演技であれ、映画作りであれ、私達は自分達をその本質に差し出すんですね。それが芸術です。つまり芸術があり、それ以外があるということです。皆さんはこの映画を観て、フィンセント・ファン・ゴッホの映画ではないとおわかりになると思います。皆さんがフィンセント・ファン・ゴッホになるんです。なので皆さんご自身の映画です。フィンセント・ファン・ゴッホの映画を観るというのではないんです。それがこの映画を作るのに重要な理由だと思いました」と答えました。

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア:ウィレム・デフォー

世界中誰もが知るゴッホを演じたウィレム・デフォーは、感想を聞かれると「ジュリアンとは長いこと友人関係です。実際に撮影に入ったら、自分で絵を描かなくてはいけない。絵を描くシーンがたくさんあるんですが、吹き替えの方がやっているのではなく、自分でやっています。そして実際にゴッホがいた場所で撮影ができるということを知っていました。ジュリアンに絵を描くことを教えてもらったのですが、そのプロセスのなかで、自分はモノの見方が変わりました。それがこの役を演じる上で、核の部分となっていったんです」と振り返りました。

37歳のゴッホを演じたことについて、現在64歳のデフォーは「まったく年齢差のことは考えませんでした」と話すと、シュナーベル監督も「私も考えませんでした」と返答。デフォーは「彼は若い男ではなかったからです」と付け足しました。現場での印象的な出来事については「ジュリアンに絵を描くことを教わった時に、光を捉える、描くということを教わりました。1マークずつ絵筆を使っていく(印をつけていく)、自分で確固たる意志をもったマークを重ねていきます。そうするとマーク同士がお互いに振動し、語り合い始めるんですね。そこから何かが生まれてくる、自分の想像を超えたような。だから絵を描く時は、1つの印を1回ずつ重ねていくのだと学びましたし、何かモノを見た時に、その形状っていうことではなく、その光をまず見るようになりました。それを経験するということが、この映画作りでも自分にとって、同じようなものでした。作品自体も実際にゴッホがいた風景に我々は身を置いて、その風景を見ながら、このゴッホはどんな人物だったんだろうと我々なりに想像して作っていき、それを表現したのがこの映画になっています」と語りました。

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア:ジュリアン・シュナーベル監督

デフォーをゴッホ役に起用したシュナーベル監督は、その理由を聞かれると「彼は素晴らしい役者で、私が信頼する人でもあります。彼みたいな人は他にいません。彼しかいないんです。協力的な仕事ですよね、自分ではゴッホはできません。彼は私以外に2番目に良いと。30年来の友人なんですね、お互い良く知っているし、信頼し合っていて、頼りにしています。そして親交を持って、信頼を持って、一緒に作り上げることができました。彼は私を失望させませんでした。このテーマを取り扱うのであれば、彼がこういうことができるんだというのを見せるのが私の責任だと思ったんです。それをやるなかで、彼は私が見たことがない誰かに変身しました。見れば彼だとわかるんですけどね」とデフォーを絶賛しました。

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア:ウィレム・デフォー/リリー・フランキー(花束ゲスト)

そして、この日はリリー・フランキーが登壇し、ゴッホにちなんでひまわりを贈呈。リリーはまず「最初に皆さんにお伝えしておかなくてはいけないんですが、花を持ってくるのが女優でなくてすみません」とお詫びし、会場を沸かせました。すると、監督とデフォーは「大丈夫ですよ、嬉しかったですよ」「帽子がステキです」とフォロー(笑)。おじさま達の優しいやり取りに、観ている側も癒されました。

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア:リリー・フランキー(花束ゲスト)

リリーは「監督の映画、アート、音楽とさまざまなことですごく影響を受けてますし、デフォーさんの映画を観る度に役者を超えた人間の可能性を毎回教えてくれるし、今回すごく嬉しいです。最近毎日家で寂しい生活をしてるんですけど、今日はお2人に会えて、ゴーギャンが来てくれた時のゴッホの気持ちです」とコメントし、シュナーベル監督が「美しいことを言って頂いてありがとう」と返しました。シュナーベル監督がリリーについて「『万引き家族』のなかで素晴らしい演技だったと思います」と褒めると、リリーは「僕の話はいいです」と謙遜しましたが、シュナーベル監督は「褒め言葉を受け取るのは難しいけど、出したから受け取らないとね。私はあんまりそんなに軽々しく褒めるタイプじゃないので。あれは素晴らしい演技で、本当に深い映画だったと思います」と続けました。

リリーは本作について、「日本人はすごく美術館に行く民族だし、その中でも印象派が好きで、とりわけゴッホが大好きな国だと思うんです。僕この映画を3日前に観たんですけど、未だにまだ映画の中から出てこられないというか。今もゴッホの目線の先にいるのか、ゴッホの絵の中にいるのか、わからなくて、こんなにゴッホの映画を愛おしく感じたのは初めてです」と絶賛しました。

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア:ウィレム・デフォー、ジュリアン・シュナーベル監督/リリー・フランキー(花束ゲスト)

次にリリーもイラストを描いているということで、話を振ると、「監督の前で絵の話するのやめて!俺おでんの絵を描いてる人だから」と司会の言葉を制止し、また会場から笑いを誘いました。改めて、本作でゴッホの印象が変わったかと聞かれたリリーは、「ゴッホは皆さんもそうだと思うんですけど、いろんな画家の中で一番知ってるつもりだったけど、このお2人の視線を通したゴッホを知ることで、一番にひまわりの見え方が違うというか、でも何かデフォーさんが日の出を待って、スケッチに出かける時に微笑んだゴッホの顔が、ゴッホの寂しいエピソードを救ってくれて、すごくハッピーになりました」とコメント。するとデフォーは「ほんと美しい言葉でずっと聞いていたいです」と喜びと感謝を表現しました。シュナーベル監督は「あそこは映画の中でも特に重要なんですね。私はゴッホを可哀相な人とは思っていないんです。あの瞬間にデフォーが演じるゴッホは、まさに自分がいたい場所にいたということがわかります。ですが、誰にとっても見つけるのが難しい場所なんですね。私達皆、あのシーンがすごく好きなんですけども、そこを観ててくださってとても嬉しいです。実はあそこにいる妻のルイーズに感謝しなければいけないんですけど、あそこの場所まで私達を引きずり出してくれたのは彼女なんです。デフォーの顔に浮かんだ微笑みは計りきれないですよね」と語りました。すると、デフォーは「なんか自分のお葬式にいるような気分になりました」と照れた様子でした。

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア:ウィレム・デフォー/リリー・フランキー(花束ゲスト)

シュナーベル監督は表情はクールながらジョークを交えながらの会話が印象的で、デフォーは穏やかな笑顔がとても素敵でした。本作はシュナーベル監督とウィレム・デフォーという最強のコンビの他に、ルパート・フレンド、マッツ・ミケルセン、オスカー・アイザック、マチュー・アマルリックなど実力派俳優が勢ぞろいしているので、美術ファンだけでなく、映画ファン必見です!

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア:
2019年9月26日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』ウィレム・デフォー

『永遠の門 ゴッホの見た未来』
2019年11月8日より全国公開
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定
ギャガ、松竹

© Walk Home Productions LLC 2018

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『パリの恋人たち』ルイ・ガレル/リリー=ローズ・デップ パリの恋人たち

海外ではそうなのか、フランスでは特にそうなのかわかりませんが、とにかく恋愛に奔放!同じ展開を日本に置きかえたら…

映画『リチャード・ジュエル』サム・ロックウェル/キャシー・ベイツ/ポール・ウォルター・ハウザー 『リチャード・ジュエル』20組40名様 一般試写会ご招待

映画『リチャード・ジュエル』20組40名様 一般試写会ご招待

映画『his』宮沢氷魚 /藤原季節 『his』10組20名様 完成披露試写会ご招待

映画『his』10組20名様 完成披露試写会ご招待

映画『サヨナラまでの30分』新田真剣佑/北村匠海 『サヨナラまでの30分』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『サヨナラまでの30分』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『魔法少年☆ワイルドバージン』前野朋哉さんインタビュー 『魔法少年☆ワイルドバージン』前野朋哉さんインタビュー

今回は、『魔法少年☆ワイルドバージン』で異色のヒーロー役を演じた前野朋哉さんに取材させて頂きました。“童貞”がテーマの一つなので、それに関わる質問を遠慮なく直球でさせて頂きましたが、とても優しく真摯に答えて頂いて本当に感謝です。

映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』フィン・ヴォルフハルト フィン・ヴォルフハルト

2002年12月23日、カナダ生まれ。Netflixオリジナルの大人気ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』に出演中。映画『IT/イット』シリーズでは…

映画『good people』ジェイ・ウェスト/今宿麻美/ダンテ・カーヴァー good people

夢を諦めかけた登場人物達が出会い、ぶつかりながらも寄り添っていく姿が静かに展開していく爽やかな作品でした。台詞の数は全編を通してそんなに多くないのですが、その分情景とピアノ音楽で伝わってくる部分が大きく…

映画『エクストリーム・ジョブ』リュ・スンリョン/イ・ハニ/チン・ソンギュ/イ・ドンフィ/コンミョン(5urprise) 『エクストリーム・ジョブ』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『エクストリーム・ジョブ』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『魔法少年☆ワイルドバージン』前野朋哉/芹澤興人 魔法少年☆ワイルドバージン

童貞のまま30歳を迎えると魔法使いになるという都市伝説の通りに…

映画『ある船頭の話』オダギリジョー監督 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 総合ランキング>

いよいよ今回は、40代&50代俳優の総合ランキングを発表!各部門でランキングの入れ替えが多かった40代50代俳優ですが、果たして栄冠は誰の手に!?

おすすめ記事

映画『ある船頭の話』オダギリジョー監督 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 総合ランキング>

いよいよ今回は、40代&50代俳優の総合ランキングを発表!各部門でランキングの入れ替えが多かった40代50代俳優ですが、果たして栄冠は誰の手に!?

映画『ドクター・スリープ』原作者:スティーヴン・キング これほど多く作品が映画化された作家はいない!スティーヴン・キング特集

2019年は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』、2020年1月には『ペット・セメタリー』と、立て続けにスティーヴン・キング原作の映画化が公開されます…

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

映画『50回目のファーストキス』完成披露試写会舞台挨拶、山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 総合ランキング>

今回は、いよいよ30代俳優の総合ランキングを発表します!20代の各部門ランキングに比べると、30代のランキングは部門毎で変動が多かった印象ですが、果たして総合ランキングはどのような結果になったのでしょうか?

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

トーキョー女子映画部ロゴ バックナンバーや一覧はこちら

まだまだたくさんの記事を掲載しています!それぞれの一覧から探してみてください。

REVIEW

  1. 映画『パリの恋人たち』ルイ・ガレル/リリー=ローズ・デップ
  2. 映画『good people』ジェイ・ウェスト/今宿麻美/ダンテ・カーヴァー
    good people

  3. 映画『魔法少年☆ワイルドバージン』前野朋哉/芹澤興人
  4. 映画『カツベン!』成田凌
    カツベン!

  5. 映画『ジョン・デロリアン』リー・ペイス
  6. 海外ドラマ『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/:ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/リリー・ジェームズ/マシュー・グード
  7. 映画『KIN/キン』マイルズ・トゥルイット
    KIN/キン

  8. 映画『ラスト・クリスマス』エミリア・クラーク/ヘンリー・ゴールディング
  9. 映画『“隠れビッチ”やってました。』佐久間由衣
  10. 映画『アナと雪の女王2』

部活・イベント

  1. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  2. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  3. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  4. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  5. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP